2015年11月30日

エティオピア物語 第八巻 12-1

  Και εκείνοι μεν αυτά σκέφτονταν, πότε υποστηρίζοντας με δάκρυα ότι καθένας απ’ τους δυό λυπάται περισσότερο και αγωνιά για τον άλλον παρά για τον εαυτό του, πότε εκφράζοντας τις τελευταίες επιθυμίες τους και πότε ορκιζόμενοι πίστη ερωτική μέχρι θανάτου με μάρτυρες τους θεούς και την τύχη που τους περίμενε・ έτσι πέρασε γι’ αυτούς η νύχτα.





 二人は、その様なことに思いを巡らしたのです。時には、二人のうちのどちらも、涙に暮れながら、自分のことよりも相手のことについて悲しんだり苦しんだりしていたと言い募ったり、時には、最期の望みを述べ合ったり、時には、二人を待ち構えている運命の中で、死ぬまで愛を貫くのだと神々を証人にして誓い合ったりしたのです。こうして、ふたりの夜は過ぎて行ったのです。
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の1 






  Έφτασαν στο Χλωρό αργά το δειλινό.  
  Οχτώ καλύβες μέσα στα πεύκα τους περίμεναν. Να το μικρό χωριό τους! Πόσο μικρές πόσο φτωχές τους φάνηκαν! Για μπει στην πόρτα ένας άνθρωπος έπρεπε να σκύψει το κεφάλι.  
≪ Μα τί; Εδώ θα καθίσουμε; ≫ ρωτούσαν.  
≪ Τι πόρτες είναι τούτες! ≫ είπε κάποιος.  
≪ Έτσι, με μια κάμαρη μόνο θα περάσουμε; ≫ ρωτούσαν άλλοι.  
≪ Πού είναι το κρεβάτι; ≫  
≪ Δεν έχει ούτε μια καρέκλα! ≫  
  Οι καλύβες αλήθεια δεν είχαν τίποτα απ' αυτά. Η κάθε καλύβα ήταν μια κάμαρη από κλαριά, ίσα-ίσα να φυλάει τον άνθρωπο από τον αέρα κι από τη βροχή.  
≪ Αντρέα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ πώς καθόσουν δω μέσα; ≫  





    森での最初の夜 

 子供たちは、夕方遅くにハロロに着いたのです。 
 八棟の小屋が松林の中で子供たちを待っていました。それが、子供たちの小さな村だったのです! それは、子供たちに、とても小さく、とても粗末に見えたのです。扉に入るのに、人は頭を曲げなければならなかったからなのですよ。 
 「でも、ここで休むの?」何人かが聞きました。 
 「この戸は何?」誰かが言いました。 
 「それで、一部屋だけで暮らすの?」他の何人かが聞きました。 
 「それに、椅子もひとつもない!」 
 小屋には、本当に、何もなかったのです。どの小屋も、丸太で出来た部屋がひとつだったのです。人を風や雨から守るのに、ちょうど人の大きさだったのです。
 「アンドレア、どうやって、中で休むんだい?」とコスタキスが言いました。
posted by kyotakaba at 15:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

エティオピア物語 第八巻 11-11

  Και μακάρι να μας καταδίκαζε να υποστούμε τον ίδιο θάνατο την ίδια ώρα・ κάτι τέτοιο δεν θα το θεωρούσα θάνατο, αλλά ανάπαυση από όλα τα δεινά μας ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ μην ανησυχείς ≫, είπε・ ≪ αντί για άλλη παντάρβη έχουμε την προφητεία : άν έχουμε την ελπίδα μας στους θεούς, θα είναι πιό γλυκιά η σωτηρία, και το κακό, άν μας τύχει, θα είναι πιό σύμφωνο με τον θείο νόμο ≫.





 「僕は、僕たち二人が同じ時に同じ死を受ける様に、アルサキが宣言してくれたらなあ、と思うんだ。僕はね、それを死とは考えないだろうよ、僕らのすべての苦しみから楽になることだと思うんだ。」 すると、ハリクレアはこう言ったのです。「あなた、心配しないで下さい。別のパンダビルの代わりに、わたしたちには、予言がありますから。わたしたちが神々に望を繋いでいるとしたら、一番気持ちのよい救いがあるでしょう。それに、わたしたちが、偶々、災難に会うとしても、それは、神の摂理にぴったりと適うことなのです。」
posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

エティオピア物語 第八巻 11-10

  ≪ Εύλογα και αληθινά φαίνονται αυτά ≫, είπε ο Θεαγένης・ ≪ αλλ’ από τους αυριανούς κινδύνους ποιά άραγε παντάρβη θα μας σώσει; Γιατί η παντάρβη του δαχτυλιδιού δεν μας υπόσχεται, ως όφειλε, εκτός από την προστασία κατά της φωτιάς, και την αθανασία・ και βέβαια δεν είναι δύσκολο να υποθέσουμε ότι τη στιγμή αυτή η αδίστακτη Αρσάκη πασχίζει να επινοήσει κάποιον άλλον και πιό ανόσιο τρόπο τιμωρίας.





 テアゲニスはこう言ったのです。「それは道理に適っているし、本当のことの様に思えるね。けれども、パンダビルが、一体全体、明日の危機から、私たちを救うだろうか? と言うのはね、指輪のパンダビルが、火に対しての防護以外にも、不滅な物かどうかは、私たちには確かには分からないもの、そうあればと願っているけれどもね。それに、この瞬間にも、あのふしだらなアルサキが何か別の邪悪な罰を何とか考え出そうとしていると予想するのには、何の難しさもまるでないもの。」  




ως όφειλε : I would to God it might の意味らしい。
posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

Η βρύση 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の5 





  Όταν τελείωσε ο κυρ-Στέφανος δεν είπε λέξη κανένας. Μόνο η βρύση μιλούσε σ' αυτή τη σιωπή. Έπιναν κι άκουγαν να τρέχει το δροσερό της νερό.  
 ≪ Να δροσιστεί η ψυχούλα του! ≫  





 ステファノスさんは話し終わると、その後、一言も話さなかったのです。静かな中で、泉が、音を立てていただけなのです。皆んなは水を飲みました。そして、水の滴が流れ落ちるのを聴いたのです。 
 「彼の魂が涼しくなるように!」  




「泉」、おわり
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

エティオピア物語 第八巻 11-9

  Και την εξήγηση αυτή τη βασίζω στα λόγια του πανάγιου Καλάσιρη που συχνά μου διηγούνταν ότι όλ’ αυτά ήταν κεντημένα πάνω στην ταινία που παλιά είχε εκτεθεί μαζί με μένα και τώρα τη φοράω πάνω στην κοιλιά μου ≫.





 「わたしは、この解釈をカラシリス様の予言の言葉に基づいてしているのです。カラシリス様は、いつもいつも、すべてのことは、帯の上に刺繍されている、と話されていました。この帯は、ずっと前、わたしと一緒に捨てられたもので、今、わたしはそれを胴に付けているのです。」
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

エティオピア物語 第八巻 11-8

  Ανάμεσα σ’ αυτά, καλέ μου Θεαγένη ― πανάκριβα περιδέραια και πολύτιμα πετράδια ινδικά και αιθιοπικά ―, είναι κι ένα δαχτυλίδι, δώρο αρραβώνων του πατέρα μου στη μητέρα μου, με δεμένη στη σφενδόνη μιά πέτρα ονομαζόμενη παντάρβη, πάνω στην οποία είναι χαραγμένα κάποια σύμβολα ιερά που δίνουν, πιστεύω, στην πέτερα τη δύναμη να διώχνει τη φωτιά ώστε να μην παθαίνει τίποτε αυτός που βρίσκεται μέσα στις φλόγες・ κι αυτή, με τη χάρη των θεών, έσωσε κι εμένα.  






 「ねえ、テアゲニス、とても高価な首飾りやインドやエティオピアの宝石、そんなものの中に、ひとつの指輪があるのよ。わたしの父からわたしの母への婚約の贈り物なのです。その指輪には、パンタビルという名前の石が冠部に取り付けられているのです。その上に、神聖な図像がいくつか刻まれているのです。その図像が、火を追い払う力を石に与えているのだと、わたしは信じているのです。それで、パンダビルは、火の中にあっても、少しも痛まないのです。それで、このパンダビルは、神の御慈悲もそれに加わって、わたしを助けてくれたのです。」
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

訂正

エティオピア物語 第四巻 7-13 の次の部分訂正、

ハリクレアが何物であるかと分かる印がある帯を見せて下さい。
→ 
ハリクレアが何者であるかと分かる印がある帯を見せて下さい。
posted by kyotakaba at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 11-7

  εκείνα τα αναγνωριστικά σημάδια που είχαν εκτεθεί μαζί μου, είχα και πρίν την πρόνοια να τα κρατώ επάνω μου・ τότε όμως, όταν ήταν να δικαστώ και πίστευα πώς πλησίαζε η τελευταία μου ώρα, τα ζώστηκα κρυφά επάνω στην κοιλιά μου・ άν επιζούσα, θα μου εξασφάλιζαν μιά άνετη ζωή και, άν μ’ έβρισκε το κακό, θα ήταν αυτά τα τελευταία μου και εντάφια στολίδια.





 「わたしと一緒に捨てられた、わたしが何者であるのか分かると言うこの印を、わたしは、将来のために、それを肌身離さず持っていたのです。けれども、あの時、わたしの人生の終わりが近づいていると、わたしは宣告されたのですし、自分でもそうだと信じていたので、あれらを自分のお腹に見えない様に巻き付けていたのです。あの時、もしわたしが生き延びるとしたら、それらは、わたしに安楽の暮らしを保証してくれるものになったでしょうし、わたしに好くないことが起こったなら、それらは、わたしの最期の埋葬の装飾になったのでしょう。」
posted by kyotakaba at 15:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

παρά για την ανθρώπινη φύση

 カザンザキスの『旅行記』、次の部分がまるで分からない。

Αρρώστεις σωματικές και ψυχικές, ξεπεσμοί του ανθρώπου γιομώνουν την καρδιά μου από αγανάχτηση, όχι για τους δύστυχους που υποφέρουν παρά για την ανθρώπινη φύση που μπορεί τόσο να ξεπέσει. Για τη σάρκα και την ψυχή του ανθρώπου, που δεν αντέχουν...  


追記: 
人間の堕落、病んだ身体と魂が、怒りの為に、私の心を満たした。怒りの矛先は、その為に人間の性質が堕落し勝ちな不幸に対してではない。人間の身体と精神にとって、耐えられない…、
と言う意味だろうか?
posted by kyotakaba at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

Η βρύση 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の5 





  ≪ Αφέντη, ό,τι ορίσεις, καλά ορισμένο ≫, είπε η γριά.  
  Με τα έξοδά του οι εργάτες έσκαψαν εκατό μέτρα μάκρος, μάζεψαν το σκορπισμένο νερό, το έβαλαν σε χτιστό κανάλι κι έχτισαν τη βρύση. Εκείνος, αφού πρόφτασε να δει το καλό που έκανε στους ανθρώπους, δεν ζήτησε τίποτα από αυτούς. Σε λίγον καιρό κοιμήθηκε στα χέρια του Θεού ευχαριστημένος και λησμονήθηκε. Ύστερα θέριεψε εδώ το πλατάνι που βλέπετε. Η βρύση τρέχει από τριάντα χρόνια και θα τρέχει για καιρό πολύ, όσο βρίσκονται κουρασμένοι διαβάτες... ≫  





「 「旦那様、あなたが決められたのですから、もう決まったことです。」と老婦人は言ったのだ。 
 仕立て屋の出資で、人夫たちは百メートルも掘ったんだよ。そして、散り散りの水を集めて、人造の水路に入れて、泉を作ったのだ。仕立て屋は、人々にとって良いことが出来たのを見ることが出来た。そして、人々には何も求めなかったのだ。その直後に、神の掌の上で、満足して眠ったのだ。そして、人々から忘れられてしまった。その後、泉に面したプラタナスがぐんぐんと大きくなったのだ。泉は、それから、三十年水が湧き続けている。これからもずっと湧くだろう。疲れた通行人がある限り… 」
posted by kyotakaba at 14:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

エティオピア物語 第八巻 11-6

  Το πώς ούτε το ξέρουμε ούτε μπορούμε καλά καλά να το βάλουμε με το νού μας・ στους θεούς όμως όλα είναι δυνατά κι εκείνοι που μας έδωσαν την προφητεία, αυτοί και θα φροντίσουν για την πραγματοποίησή της・ όσο για το μάντεμα που έδωσαν σε μένα, ήδη, όπως ξέρεις, έχει επαληθευτεί και να που μ’ έχεις για την ώρα ζωντανή, εμένα που δεν είχα καμιά ελπίδα : είχα πάνω μου το φυλαχτό και δεν το ήξερα, τώρα όμως μάλλον το έχω καταλάβει :





 「それをわたしたちが知ることも、頭の中に思い浮かべることも出来ないのですけれど。でも、神々はと言えば、何もかもが出来るのです。わたしたちに予言を与えた方たちは、その予言の実現に気を使うことでしょう。わたしに与えられた予言については、あなたはお分かりでしょう、もう現実化したのです。ほら、この様に、何の希望も持っていなかったわたしなのに、あなたは、生きているわたしに会っているのです。わたしは、自分の身の上にお守りを持っていたのです。わたしはそれを知りませんでした。でも、今では、そうだと分かっているのです。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

エティオピア物語 第八巻 11-5

  Και η Χαρίκλεια ≪ άχ Θεαγένη, γλυκέ μου ≫, του είπε, ≪ έχεις τόσο συνηθίσει στις κακοτυχίες, ώστε όλα τα βλέπεις για κακά και πάντα περιμένεις το χειρότερο・ έτσι είναι ο άνθρωπος : ανάλογα με ό,τι του συμβαίνει, διαμορφώνει και τη γνώμη του. Πιό ευνοϊκός απ’ όσο λογαριάζεις μου φαίνεται πώς είναι ο χρησμός και ίσως να είμαι εγώ η κόρη που σου τάζει να συνοδέψεις στην Αιθιοπία, την πατρίδα μου, αφού απαλλαγείς από την Αρσάκη κι από τα δεσμά της.





 ハリクレアはこう言いました。「ああ、テアゲニス、私の愛しい方。あなたは、不運にあまりにお慣れになったのですね、それだから、見るものすべてを、悪いことに思うのですね。それで、一番悪いことを期待しているのですね。人間とは、そう言うものですね。出会うものに応じて、自分の知識を作って行くものです。神託は、あなたが考えたことよりも、もっと好ましいものの様に、わたしには思えるのです。たぶん、エティオピアにあなたと一緒に行くようにあなたに与えられる娘というのは、わたしでしょう。エティオピアはわたしの故郷です。それは、あなたがアルサキさんとあの人の軛からあなたが自由になって後のことですけれど。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

エティオピア物語 第八巻 11-4

  Και λοιπόν ξέρω πώς να εξηγήσω το μάντεμα : με το “ χώρα των Αιθιόπων “ μοιάζει να εννοεί τον Κάτω Κόσμο, το “ μαζί με την κόρη “ σημαίνει πώς θα είμαι κοντά στην Περσεφόνη, και η απαλλαγή από τα δεσμά φανερώνει την απελευθέρωση από το σώμα. Τί όμως σημαίνει ο δικός σου χρησμός που περιέχει τόσες αντιφάσεις; Γιατί η λέξη “ παντάρβη “ σημαίνει να φοβάσαι τα πάντα, η εντολή όμως είναι να μη φοβάσαι τη φωτιά ≫.





 「それで、この予言をどう解釈するのか、私は分かっているんだ。「エティオピアの国」と言うのは、地下世界を意味していると思われる。「娘と共に」と言うのは、私がペルセポネーの側に居ることになるだろうという意味だろう。軛からの解放と言うのは、身体からの解放と言うことだろう。けれども、矛盾をたくさん含んでいる、君のその神託は、どう言う意味なのだろう? 「パンタビル」と言う言葉は、「すべてを恐れろ」と言う意味だよね、けれども、神託の指示は、「火を恐れるな」と言うことなんだよね。」 
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

Αρκαδία Χαίρε

 映画『 Αρκαδία Χαίρε 』、Φίλιππος Κουτσαφτής フィリッポス・クウツァフティス監督2015年作品。ドキュメンタリー映画。『こんにちわ、アルカディア』? 

 よくわからないのだけれど、アルカディア地方の、現代の様子や発掘の様子、発掘品、などの映像の断片を繋いで作られた作品のよう。 

Cine.gr - Τανίες Αρκαδία Χαίρε - Hail Arcadia 

Arkadia Haire (2015) - IMDb 

映画のホームページ: 
αρκαδια χαιρε - HOME 

トレイラー: 
posted by kyotakaba at 11:37| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

Το φαράγγι

 『 Το φαράγγι 峡谷 』小説。内容は分からないのだけど、ショーウィンドウに並んでいた、表紙が魅力的だったから。 

作者:Ιωάννα Καρυστιάνη  イワナ・カリスティアーニ。1952年生まれ。クレタ島ハニア出身。

.:BiblioNet : Το φαράγγι / Καρυστιάνη, Ιωάννα, 1952- 


b204573.jpg
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

Η βρύση 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第九章「泉」の4 





Όταν γύρισε από τον Αϊ-Λιά είπε της γριάς γυναίκας του : ≪ Γυναίκα, εκεί πάνω που πήγαινα, είδα πως χρειάζεται μια βρύση. Εμείς άτεκνοι είμαστε, πολλά χρόνια δεν θα ζήσουμε. Λοιπόν το κομπόδεμά μας θα το δώσω για εκείνη τη βρυσούλα, να δροσίζονται οι χριστιανοί ≫.  





「アイ・リアに着くと、歳取った妻に仕立て屋は、こう言ったのだよ。「お前、あの上に行くと、私には、ここには泉が一つ必要だと思えるのだ。私たちには子供がいない。それに、もう何年も生きないだろう。それだから、私たちの蓄えを、あそこに泉を作るために贈ろうと思うのだよ。そうすれば、信徒たちは喉を潤せるのだから。」」
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

エティオピア物語 第八巻 11-3

  Ρίγος προφητικό διαπέρασε το σώμα του Θεαγένη και, σηκώνοντας, όσο μπορούσε, τα αλυσοδεμένα χέρια του, ≪ Ελεήστε μας, θεοί! ≫, αναφώνησε・ ≪ κι εγώ αναδεικνύομαι εξ αναμνήσεως ποιητής・ ένας παρόμοιος μάντης, είτε ο Καλάσιρης ήταν είτε κάποιος θεός με τη μορφή του Καλάσιρη, παρουσιάστηκε και σε μένα για να μου δώσει χρησμό και μου φάνηκε πώς έλεγε τα εξής :

Απ’ τα δεσμά της Αρσάκης αύριο θα ξεφύγεις
και μαζί με την κόρη θα πάς στών Αιθιόπων τη χώρα.






 テアゲニスの身体を何かを予感させる震えが通り抜けました。すると、テアゲニスは、束縛された両の手を、出来る限り、上へ差し上げたのです。そしてこう叫びました。「神々よ、私たちを憐れみ下さい! 私は、覚えているものを使って、詩人になってみよう。カラシリスさんの様な詩人でもいいし。カラシリスさんの姿を借りた何方かの神かでもいい。その詩人は、私に予言を与えるために、私の所に現れたのだ。そして、この様に言った様に思うのだ。 

 明日、お前はアルサキの軛から逃れるだろう。 
 そして、娘と共に、エティオピアの国へと行くだろう。」
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

エティオピア物語 第八巻 11-2

  Σάν έπος ήταν το όνειρο ταιριασμένο σε στίχους και το έψαλλε ο πανάγιος Καλάσιρης που είχε παρουσιαστεί μπροστά μου είτε σε ελαφρότατο ύπνο της στιγμής είτε και στον ξύπνο μου・ θαρρώ πώς ήταν κάπως έτσι :
Άν επάνω σου έχεις παντάρβη, της φωτιάς μη φοβάσαι την πύρα και τα πιό απροσδόκητα εκτελούν με ευκολία οι Μοίρες ≫.



παντάρβη : a precious stone, perh
前出:第四巻 8-7 :
エティオピア物語 第四巻 8-7: aimotokiyotakaba - β





 「夢は、最高の聖人のカラシリス様が歌詞を詠唱してた、叙事詩とぴったりと同じでした。カラシリス様は、わたしがうたた寝をしている時も目覚めているときも、それをわたしの前で歌ってお見せになったことがあったのです。この様だったと思います。 
 「パンタビルをお前が持っていたなら、その輝きがあるのだから、火を恐れてはいけない。運命の女神モイラたちは、やすやすと、一番思いがけないことをするのだ。」」  

posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

αλλιώς

 カザンザキスの『旅行記』の次のところが、まるで分からない。

Μά ο Γιαπωνέζος θα μείνει εδώ. Θα 'ρθει, θα ξανάρθει στο ναό. Σιγά σιγά, θα μετουσιωθεί για πάντα όλο του το σπλάχνο, κι όταν πιά θα συναντήσει στο δρόμο έναν άνθρωπο, αλλιώς θα τον χαιρετήσει, όταν πιάσει να σκαλίσει ένα ξύλο ή μιάν πέτρα, αλλιώς θα φυσήξει απάνω τους την πνοή του, κι όταν θα καθίσει το βράδυ, μετά τον κάματο της μέρας, στο σοίτι του, μέσα στο μικροσκοπικό κηπάκο που έχει κάθε γιαπωνέζικο σπίτι, αλλιώς θ' αντικρίσει τη γυναίκα του και τα παιδιά του και το σούρουπο που κατεβαίνει...  


όταν πιά 、αλλιώς はどう言う意味で使っているのか分からない。



こう言う意味でいいのだろうか??? 


一方、日本人はここに残るのだ。神殿に行き、また行くのに違いない。少しずつだけれど、内奥をすっかり変質させ、もう元に戻ることは決してないのだ。そして、路で人と行き会って、挨拶もしないと言うことは、もうないのだ。木材や石材を刻めば、その上に自分の魂を吹き込むことをしないことはないのだ。夜、一日の労苦の後、自分の家の、小さな庭、日本のどの家にもそんな小さな庭があるのだけれど、その庭に座ると、自分の妻と子供たちそれに、落ちて行く夕暮れに向かい合うことをしないことはない。そして…、
posted by kyotakaba at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

エティオピア物語 第八巻 11-1

  Και ενώ ακόμη έλεγε αυτά και ο Θεαγένης την παρακαλούσε να μη μιλάει βλάσφημα και τη συμβούλευε να είναι πιό ευσεβής και πιό συνετή, ≪ λυπηθείτε μας, θεοί! ≫, αναφώνησε εκείνη, ≪ τί θυμήθηκα τώρα! τί όνειρο ήταν αυτό είτε και οπτασία που είδα τη νύχτα! Το είχα διώξει ώς τώρα από το νού μου και τώρα, δεν ξέρω πώς, μου ξανάρθε στη μνήμη.




 ハリクレアがまだ話している途中で、テアゲニスは、ハリクレアに不敬なことを言わない様に頼んだのでした。そして、もっと敬虔で、もっと慎重である様に忠告したのでした。ハリクレアは昂って叫びました。「神々よ、わたしたちをお憐れみ下さい! 夜、わたしが見たのは、夢だったにせよ幻だったにせよ、何と言うものだったでしょう! 今の今まで、それを、わたしは自分の頭の中から追い払っていたのです。そして、どうやって、それが記憶の中へまた遣って来たのかは、分かりません。」 





ευσεβής : 形容詞。男性形と女性形が同じ。
posted by kyotakaba at 15:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする