2015年12月31日

エティオピア物語 第八巻 15-4

  Και μιλούσε έτσι και επειδή κι ο ίδιος ήταν ευχαριστημένος ― η ακολασία και οι τυραννικοί τρόποι της Αρσάκης τον είχαν αηδιάσει ― και επειδή έλπιζε, και δικαίως, ότι, ενθαρρύνοντας και παρηγορώντας τους νέους, θα κέρδιζε πολλά από τον Οροονδάτη που δεν μπορούσε παρά να τον ανταμείψει άν έσωζε για χάρη του έναν νέο που θα επισκίαζε όλους τους άλλους σατραπικούς θεράποντες και μιά κόρη με ακαταμάχητη ομορφιά η οποία, τώρα που είχε πεθάνει η Αρσάκη, θα μπορούσε να γίνει γυναίκα του.





 バゴアス自身が嬉しかったので、このように話したのでした。アルサキの放蕩と暴君的な仕打ちは、バゴアスに嫌気を催させていたのです。その上、心底から、テアゲニスとハリクレアの若い二人を元気づけて慰めることで、オロンダディスからとても良く思われるのではないかと期待していたのです。そのオロンダディスは、他の太守たちのどの召使いよりもずっと優れているこの若者の魅力の所為で、もしこの若者を助命すれば、自分に報いてくれない分けがない、と思っていたのです。それに、娘の方は、類い稀な美しい少女ですから、アルサキが死んだ今、オロンダディスの妻になることも出来る、と考えたのです。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

エティオピア物語 第八巻 15-3

  Αυτό είναι το μήνυμα που μου στέλνει με τον νεοφερμένο ο Ευφράτης・ θάρρος λοιπόν και καλή καρδιά : εσείς κανένα άδικο δεν κάνατε κι αυτη που σας αδίκησε βγήκε από τη μέση ≫. Έτσι τους γλυκομίλαγε ο Βαγώας ψελλίζοντας με τα φτωχά και νόθα ελληνικά του.





 「これが、エウフラティスが新入りを使い私に送ってくれた伝言なのです。勇気、そうすれば善良な心。貴方たちしてない何処も間違った、そして、貴方たちに不正を働いた女は退治したれたのです。」、バゴアスは二人に、どもりながら稚拙でへんてこなギリシャ語で優しく言ったのです。
posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

エティオピア物語 第八巻 15-2

  Ο δε Βαγώας έμεινε για λίγο σκυθρωπός σαν να συλλογιζόταν αυτό που του αναγγέλθηκε κι ύστερα ≪ ξένοι ≫, είπε, ≪ μπορείτε να είστε ήσυχοι : η εχθρά σας τιμωρήθηκε για ό,τι σας έχει κάμει : πέθανε η Αρσάκη・ κρεμάστηκε όταν έμαθε ότι σας πήραμε και φύγαμε, προλαβαίνοντας τον εξ ανάγκης με τον αυτοπροαίρετο θάνατο・ έτσι κι αλλιώς δεν θα μπορούσε να αποφύγει την εκδίκηση του Οροονδάτη και του βασιλιά και ή θα πήγαινε από μαχαίρι ή θα ζούσε ατιμασμένη την υπόλοιπη ζωή της.





 バゴアスはと言えば、少しの間、顰め面のままでいました。それはまるで、自分に知らされたことを考え続けているかの様でした。そしてこう言ったのです。「外国の方。貴方たちは、安心していいですよ。貴方がたの敵は、貴方たちにしたことで罰せられました。アルサキは死んだのです。私たちが貴方たちを連れて逃去ったことを知ると、アルサキは、首を括ったのです。自死で、必ずされる罰に先んじたのです。どちらにせよ、アルサキは、オロンダディスと王国の報復から逃げられはしなかったのです。あるいは、自刃したのかもしれません。あるいは、残りの人生を恥辱を受けて生きたかもしれません。」
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

エティオピア物語 第八巻 15-1

  Η ζέστη είχε πέσει κάπως καθώς ο ήλιος, αφήνοντας τα μεσούρανα, έγερνε πρός τη δύση και ο Βαγώας με τους δικούς του ετοιμάζονταν να ξαναρχίσουν την πορεία όταν εμφανίστηκε ένας καβαλάρης με κομμένη την ανάσα από τον γρήγορο καλπασμό και με το άλογό του λουσμένο στον ιδρώτα・ με δυσκολία συγκρατώντας την ορμή του αλόγου, στάθηκε μπροστά στον Βαγώα, του είπε κάτι ιδιαιτέρως και πήγε να ξεκουραστεί.




με κομμένη την ανάσα :





 太陽が、まだ中空にあったのだけれど、西に傾くと、熱は幾分下がったのです。バゴアスと彼の兵たちは、行軍を再開する準備をしていたのです。その時、全速力で馬を走らせた為、息を切らせた一人の騎兵が現れたのです。騎兵の馬は汗で洗われた様に濡れていました。騎兵はバゴアスの前に止まったのですが、馬の勢いを押さえるのも大変だったのです。騎兵はバゴアスに内密で何かを言って、休みに行きました。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

『撰集抄』の行賀僧都 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 泣きながら僧都に語った。「叶うとは思わないけれど、それでも、お助け下さるかとの一縷の望みを持って来ました。背中に悪い瘡が出来ているのです。それで、もう死んでしまいそうなのです。高名な医師は、もし徳の高い僧の左の耳を取って来たら治るだろう、と言うのです。」 





  Κλαίγοντας, ο ιερεύς διγήθηκε στον επίσκοπο. ≪ Δεν αναμένω το κατόρθωμα, αλλά έχω έρθει με τη χιμαιρική ελπίδα. Μήπως μπορείς να με σώσεις. Στη πλάτη μου ένας όγκος συνέβηκε. Έτσι φαίνεται ότι πεθαίνω τώρα. Ο διάσμος γιατρός συμβούλεψε να καταλάβω το αριστερό αυτί του ενάρετο ιερέως. Και είπε ότι άν το έφερα, θα συνέλθω≫.
posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

『撰集抄』の行賀僧都 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   





 昔、奈良に行賀僧都と言う人がいた。人々に、世界に現れている仏の法を示していた。
 ある夕方、一人の男が人目を忍んで行賀を訪ねて来た。四十歳ばかりに見える、見窄らしい身なりの法師だった。  





  Τον παλιό καίρο, στο Νάρα, βρισκόταν ένας επίσκοπος που έλεγαν Γιόγα. Αυτός έδειχνε στο λαό το νόμο του Βούδα που εμφανιζόταν στον Κόσμο. 
  Ένα βράδυ, ένας άνθρωπος τον ζήτησε κρυφά. Ήταν ο ιερεύς με τη φτωχική όψη και φαινόταν σαραντάρης.
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の5 





Κουρασμένοι καθώς ήταν έπεσαν να κοιμηθούν επάνω στα ξερά κλαδιά που τα είχαν για στρώμα. Μα ενώ έκλειναν σιγά-σιγά τα μάτια ακούστηκε η φωνή ενός πετεινού. Ο μικρός κόκορας που είχαν φέρει μαζί από την πόλη, αφού τον έλυσαν και είχε πια ξεμουδιάσει, έβγαλε μια φωνή : ≪ Κικιρίκου! ≫ σαν να ήταν πρωί. Από το λάλημα ήρθε τόσο ξαφνικά, που τα παιδιά έβαλαν τα γέλια.  
 ≪ Ξυπνήσαμε κιόλας; ≫ φώναζαν.  
≪ Κικιρίκου! ≫ φώναξε άλλη μια φορά ο κόκορας, βραχνιασμένος αυτή τη φορά.  
  Όσο όμως κι αν ήθελε αυτός να φέρει το πρωί, τα παιδιά νύσταζαν και σιγά-σιγά κοιμήθηκαν.  





 子供たちはとても疲れていたのですから、マットレスの代わりに敷いた枯枝の上で眠りに落ち様としていました。でも、子供たちの目が段々と閉じようとしていると、雄鶏の声が聞こえたのです。町から一緒に連れて来た小さな鷄です。子供たちはその鷄を放していたのです。鷄はのびのびしていました。そして、声を上げたのです。「キキリークー!」。まるで朝になったかの様にです。さえずっている内に、突然鳴いたのです。それで、子供たちは吹き出して笑いました。 
 「ぼくたち、もう起きるのかい?」と子供たちは叫びました。 
 「キキリークー!」、鷄は、もう一回叫びました。今度は、声がかすれていました。 
 けれども、例え、鷄が朝を連れて来たとしても、子供たちは眠くて、次第次第に眠ってしまったのです。 




「森での最初の夜」、おわり
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 14-4

  Εκεί, με τα δέντρα για σκηνή, στάθμευσε ο Βαγώας με τους δικούς του・ γευμάτισε ο ίδιος, πρόσφερε και στον Θεαγένη και στη Χαρίκλεια που αρνήθηκαν στην αρχή λέγοντας ότι είναι περιττό να γευματίσουν αφού επρόκειτο να πεθάνουν σε λίγο・ εκείνος όμως τους πίεσε να δεχτούν και τελικά τους μετέπεισε εγγυώμενος ότι τίποτε τέτοιο δεν επρόκειτο να συμβεί και εξηγώντας τους ότι δεν τους οδηγούσε στο θάνατο αλλά στον Οροονδάτη.

μεταπείθω





 そこで、樹々をテントにして、バゴアスは、自分の兵たちと一緒に行軍を休んだのです。彼自身は昼食を摂りました。そして、テアゲニスとハリクレアにも、昼食を差し出しました。二人は、最初は直ぐに死ぬのだから昼食を摂る必要は無いと言って、断ったのです。けれども、バゴアスは、二人に無理にでも受け取らせたのです。そして、結局、そんなことは決して起きないと請け負って、二人の考えを変えさせたのです。それに、二人に、死刑場へ連れて行くのではなく、オロンダディスの所へ連れて行くのだ、と説明したのです。
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

エティオピア物語 第八巻 14-3

  Στο σημείο εκείνο η όχθη του Νείλου σχηματίζει ένα είδος ακρωτηρίου που σταματάει το ρεύμα του ποταμού・ τα νερά, γυρίζοντας πρός τα πίσω, κάνουν έναν ελιγμό μισού κύκλου προτού επιστρέψουν στο κανονικό ρεύμα και δημιουργούν κάτι σάν στεριανό κόλπο・ εκεί τα νερά κυλάνε από παντού, γι’ αυτό και το μέρος είναι γεμάτο λιβάδια με τρυφερά κλαδιά και άφθονο χορτάρι για βοσκή・ περσέες, συκομουριές και άλλα είδη που ζούν στις όχθες του Νείλου σάν θόλος σκεπάζουν και σκιάζουν με τις φυλλωσιές τους τον τόπο.




περσαία ή πέρσεια είναι δέντρο της Περσίας και της Αιγύπτου, του οποίου ο καρπός φυτρώνει κατευθείαν από τον κορμό.





 そこはナイル河のほとりで、岬の様な形になっている所でした。そこで、ナイル河の流れは、澱んでいたのです。水は、本流へ戻る前に、後ろへと帰って行って、半円の婉曲になっていたのです。そして、内陸地の中の湾の様なものを形作っていたのです。水は至る所から流れ込んでいます。その為に、そこは、柔らかい若木や豊富な草やその他の植物で出来た草原が占めていたのです。ペルシアやスズカケの樹、その他の植物が、ナイルの河岸に生えていたのです。そして、それは、丸天井の様に、樹の葉でそこを覆って陰にしていたのです。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

エティオピア物語 第八巻 14-2

  Όλη την υπόλοιπη νύχτα συνέχισαν το ταξίδι τους χωρίς ούτε στιγμή να σταματήσουν για να πάρουν ανάσα και, την επομένη, την τρίτη ώρα περίπου, μην αντέχοντας άλλο τη λάβρα του ήλιου ― ήταν καλοκαίρι και βρίσκονταν στην Αίγυπτο ― και επιπλέον βλέποντας τη Χαρίκλεια εξουθενωμένη από την αδιάκοπη πορεία πάνω στο άλογο, αποφάσισαν να σταματήσουν κάπου εκεί για να αναπνεύσουν οι ίδιοι και τα άλογα και να ξεκουραστεί η κόρη.





 残りの夜の間中、一瞬も立ち止まることなく、一息入れることもなく、旅を続けたのです。その後の、凡そ三時頃には、太陽の灼熱に耐えられなくなりました。夏でしたし、エジプトに居たのですから。その上、騎兵たちは、馬の上での休息の無い走行で疲れ切っているハリクレアに気が付いていたので、何所かで止まることに決めたのです。そして、自分たちと馬たちも一休みして、娘に疲れを癒させたのです。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

エティオピア物語 第八巻 14-1

  Και όταν βρέθηκαν έξω από το σατραπικό παλάτι, ο μεν Ευφράτης παρέμεινε εκεί, ο δε Βαγώας και οι ιππείς ελάφρωσαν τους νέους από τις περισσότερες αλυσίδες αφήνοντας μόνο όσες χρειάζονταν για τη φύλαξή τους και όχι για τιμωρία τους, τους ανέβασαν πάνω σε άλογα, παρατάχτηκαν κυκλικά ολόγυρά τους και, χωρίς καθυστέρηση καμιά, πήραν καλπάζοντας το δρόμο πρός τις Θήβες.


παρατάσσω





 太守の館から外に出ると、エウフラティスの方は、そこに留まったのです。一方、バゴアスの方は、騎兵と一緒に、二人をとてもきつい拘束を楽にして、二人への刑罰ではなくて、警護に必要な分だけを残したのです。そして、二人を馬に乗せました。騎兵たちは、二人の周りを輪を書いて並び、少しの猶予もなく、駆け足でテーベへの路を進み始めたのです。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

Στον τρίτο βράχο από τον ήλιο

 『 Στον τρίτο βράχο από τον ήλιο 』。 太陽から三番目の岩で  

 ギリシャ出身で、現代物理学に於いて大きな影響力のある物理学者、Δημήτρης Νανόπουλος ディミトリス・ナノプウロス の自伝(?)。1948年9月13日、アテネ生まれ。 
出版社: Εκδόσεις Πατάκη

b205258.jpg 

.:BiblioNet : Στον τρίτο βράχο από τον ήλιο / Νανόπουλος, Δημήτρης
posted by kyotakaba at 09:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の4 






  Όσο περνούσε όμως η ώρα, καταλάβαιναν πως μπορούν να κάνουν και χωρίς αυτά.  
  Αφού ετοίμασαν το νοικοκυριό τους βγήκαν να δουν το δάσος. Εκείνη την ώρα ο ήλιος βασίλευε κι οι κορμοί των δέντρων έφεγγαν από κόκκινο φως. Μεγάλα γέρικα δέντρα τους τριγύριζαν, κι άλλα νέα και καταπράσινα. Χαμόκλαδα πολλά σκέπαζαν τη γη.  
  Σε λίγο όλο αυτό το δάσος γέμισε από σκοτάδι.  
  Τότε, στη νύχτα και στην ερημιά, οι μικροί ταξιδώτες ένιωσαν πόσο χρειάζεται ο ένας τον άλλο.   





 時間が経つに従って、子供たちは、そんなものが無くても過ごせることが出来るのがわかったのですよ。 
 自分たちの家のことが整うと、子供たちは、外に出かけて、森を見に行ったのです。その時、太陽はちょうど西に沈む時でした。樹々の幹は、赤い光で輝いていたのです。大きな年老いた樹と、若い鮮やかな緑の樹が、子供たちを取り囲んでいました。たくさんの下生えが地面を覆っていました。 
 すぐに、森全体が、暗闇で満たされました。 
 そうして、夜になり、寂しい時間になると、小さな旅人たちは、お互いをとっても必要としていると感じたのです。 
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 13-5

  Όσο για σάς, κάντε ό,τι σάς πρόσταξαν και, είτε φωτιά είτε νερό είτε ξίφος έχει οριστεί εναντίον μας, μιά χάρη σάς ζητάμε : τον ίδιο θάνατο να δώσετε και στους δυό μας ≫・ και μαζί του παρακαλούσε και η Χαρίκλεια. Δάκρυσαν τότε οι ευνούχοι ― λιγάκι καταλάβαιναν τα λεγόμενα ― και, έτσι όπως ήταν με τις αλυσίδες, τους πήραν από κεί.





 「貴方たちについては、アルサキたちが貴方たちに命じたことを何でもすればいい。火でも水でも刀でも、私たちに対して決められたもの、何でもすればいい。ひとつだけ、お願いします。私たち二人に同じひとつの死を与えて下さい。」 そして、テアゲニスと一緒にハリクレアも懇願したのです。すると、宦官たちも涙に暮れたのです。宦官たちは、テアゲニスの話したことを僅かしか理解しなかったのに、自分たちが鎖に繋がれているかの様でした。そして、二人をそこから連れ出したのです。 

posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 13-4

  Κι ενώ ήδη πλησίαζε ο Ευφράτης με τους δικούς του και πάσχιζαν να τους ελευθερώσουν αποσπώντας τις αλυσίδες από τα ξύλα στα οποία ήταν στερεωμένες, ≪ εύγε, καταραμένη Αρσάκη ≫, φώναξε ο Θεαγένης, ≪ που πιστεύεις ότι το σκοτάδι της νύχτας μπορεί να κρύψει τις αθέμιτες πράξεις σου. Αλλά υπάρχει Δίκης οφθαλμός που τα πάντα ελέγχει και είναι ικανός και τα πιό απόκρυφα εγκλήματα να φωτίζει.





 そうしている中、エウフラティスとバゴアスは二人だけで、若者二人に近づき、それぞれ柱に括り付けている鎖を引き抜いて、何とか解放しようとしたのです。すると、テアゲニスが叫びました。「やった! 忌々しいアルサキめ! お前は、夜の闇がお前の不正な行いを隠すことが出来ると思っているのか! けれども、常に細かに調べ裁きの眸があるのだぞ! その眸は最も上手く隠された犯罪にも光を当てる力があるのだ!」 



posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 13-3

  Κι όταν είδε ο Βαγώας τους νέους ― άς ήταν δεμένοι και ταλαιπωρημένοι από τα βασανιστήρια ― έμεινε έκθαμβος από την ομορφιά και το παράστημά τους・ κι εκείνοι, νομίζοντας πώς είχε φτάσει η τελευταία τους ώρα και ότι ο Βαγώας είχε έλθει μες στη νύχτα να τους πάρει και να τους οδηγήσει στο θάνατο, ταράχτηκαν για μιά στιγμή, αλλά συνήλθαν αμέσως και το φαιδρό και ακτινοβόλο βλέμμα τους έδειξε στους παρευρισκόμενους ότι όχι μόνο αδιαφορούσαν αλλά και χαίρονταν.





συνέρχομαι





 バゴアスが二人を見ると、二人は縛られて拷問で窶れていたのですけれど、二人の美しさと容姿に見惚れたままだったのです。二人は、自分たちの最期の時が来たのだと思いました。バゴアスは、二人を連れ出して死へ連れて行くために、夜の内に来たのだと、考えたのです。そして、一瞬、動揺しました。けれども、直ぐに立ち直りました。そして、居合わせた人々に、二人の喜びに輝く眼差しは、死には無頓着と言うだけなく、二人は喜んでいると言うことを示して見せたのです。
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 13-2

  Εσύ όμως ήλθες πάνω στην ώρα・ πάρε τους ξένους και βοήθησέ τους όσο μπορείς : ταλαίπωροι είναι και κακότυχοι και αξίζουν να τους σπλαχνιστείς・ μύριες προσβολές και μύρια βασανιστήρια έχουν υποστεί όχι με τη δική μου θέληση, αλλά κατά διαταγή της Αρσάκης・ κατά τα άλλα φαίνονται από καλή γενιά και ξέρω από τα ίδια τους τα έργα ότι είναι καθ’ όλα ενάρετοι≫. Και λέγοντας αυτά τον οδήγησε στη φυλακή.



υφίσταμαι





 「ですが、貴方はちょうどいい時に来られました。貴方があの二人の外国人を連れ出して助けて下さい。貴方にはお出来になるでしょう。辛酸を嘗め不幸に見舞われた二人は、貴方が慈悲をお掛けになるのに、十分値する人たちです。幾万の侮辱と幾万の拷問を二人は蒙って来たのですが、それは私自身の思いからではなく、アルサキの命令だったのです。他方、二人は名家の出の様です。私は、いつでも慎ましやかな彼ら当人の振る舞いから、それが分かるのです。」、こう言うと、エウフラティスはバゴアスを牢に案内したのです。
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

『 Ψ 』

 Καλλιόπη Λεγάκη 監督作品『 Ψ 』。 
 精神疾患を患った人の告白を撮影したドキュメンタリー映画と言うこと。 

Cine.gr - Τανίες Ψ - Psy 
Psy (2015) - IMDb 

映画ホームページ : 
Ψ - ΤΟ ΝΤΟΚΙΜΑΝΤΕΡ 

Facebook :  
Ψ - Psy Files 

posted by kyotakaba at 18:45| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の3 





  ≪ Βλέπεις, Κωστάκη; ≫ λέει ο κυρ-Στέφανος. ≪ Για να τις ψάχνεις όλες, θα μείνεις στο τέλος χωρίς σπίτι ≫.  
Ο Αντρέας τον έβαλε να καθίσει με τους άλλους δυο στην ίδια καλύβα κι έπειτα όρισε και στους υπόλοιπους που θα καθίσει ο καθένας.  
  Έλυσαν τότε τα φορτώματα κι άρχισαν να κουβαλούν ο καθένας τα πράγματά του. Σκεπάσματα, ρούχα, δέματα με τροφές, σακούλια, τενεκέδες, τα 'φερναν και τα έβαζαν σιγά-σιγά μέσα.  
 ≪ Να είχαμε κι ένα ντουλάπι... ≫ έλεγαν. ≪ Ένα ράφι, ένα σεντούκι... ≫  





 「コスタキス、ご覧。全部の小屋を見て回っていると、最期には、家の無いままになるよ。」とステファノスさんは言ったのです。 
 アンドレアスは、コスタキスを他の二人と一緒に同じ小屋に泊まらせました。それから、残りの小屋それぞれに、どの子がどこに泊まるかを決めたのです。 
 そうしてから、子供たちは、荷物を解いたのです。そして、だれもが、自分の物を運び始めました。毛布、服、食品の包み、小さな袋、缶、それらを抱えて、ひとつずつ、ひとつずつ、中へ持って入ったのです。 
 「戸棚が要るねえ、棚、衣装箱、、」と、みんなは言っていました。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

エティオピア物語 第八巻 13-1

  Πήρε ο Ευφράτης τα γράμματα και, αφού τα διάβασε και τα δύο, ≪ για την Αρσάκη ≫, είπε, ≪ θα είναι βαρύ το χτύπημα και μάλιστα αυτή τη στιγμή που είναι στα τελευταία της : κάτι σάν θεόσταλτη αρρώστα την έχει χτυπήσει από χτές・ ο υψηλός πυρετός που της ανέβηκε δεν λέει να πέσει και δεν της αφήνει πολλές ελπίδες ζωής. Όσο για μένα, και καλά να ήταν, δεν θα της έδινα το γράμμα : είμαι σίγουρος πώς θα προτιμούσε να πεθάνει θανατώνοντας και όλους εμας παρά να παραδώσει τους νέους.





 エウフラティスは、その手紙を取ると、二通の手紙を直ぐに読みました。そして言いました。「アルサキにとっては、深刻な衝撃になるでしょうね。彼女のお仕舞いの時になるのは確かです。神から授けられた病気の様に、昨日から、彼女を痛めつけているのだが。彼女に起こった高熱は、下がりそうもないし、生存の望みもあまり残っていないようです。私はですね、アルサキが健常でも、彼女に手紙を渡さないつもりですよ。アルサキは、あの二人の若者を引き渡すよりも、私達全員を殺してから自分も死ぬ方を好むだろうと言うことに、私は確信がありますから。」
posted by kyotakaba at 12:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

エティオピア物語 第八巻 12-5

  Κι εκείνος ≪ δεν χρειάζονται πολλά λόγια ≫, είπε, ≪ μόνο πάρε να διαβάσεις αυτό το γράμμα ( το διακριτικό της σφραγίδας θα σε βεβαιώσει ότι η προσταγή προέρχεται από τον Οροονδάτη ) και πράξε ό,τι σε προστάζει・ άν κάμεις γρήγορα, θα σε βοηθήσει το σκοτάδι να φύγεις χωρίς να σε πάρουν είδηση. Είναι άραγε σκόπιμο να δώσεις πρώτα αυτό το γράμμα που απευθύνεται στην Αρσάκη; Κρίνε το μόνος σου ≫.





 バゴアスは、こう言ったのです。「多くの言葉は必要ありません。ただ、この手紙を取ってお読み下さい。( 印の記章は、きっと貴方に、この命令がオロンダディスから発せられたと言うことを確信させるでしょう。 ) さあ、閣下が貴方に命じたことを実行するのです。早速実行されるのならば、暗闇が貴方を助けて、誰にも知られずに出発出来るでしょう。一体、このアルサキ宛ての手紙をまず貴方が渡すことが適当なことでしょうか? 自分でお考えなさい。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

エティオピア物語 第八巻 12-4

  Βρήκε τον Ευφράτη στο κρεβάτι, τον ξύπνησε και, όταν εκείνος φώναξε ανήσυχος ≪ ποιός είν, εκεί; ≫, ο Βαγώας τον καθησύχασε λέγοντας ≪ εγώ είμαι, ο Βαγώας・ μόνο πές να φέρουν φώς ≫. Φωνάζει ο Ευφράτης ένα σκλαβάκι από κείνα που κοιμούνταν πλάι στο δωμάτιό του και το προστάζει ν’ ανάψει έναν δαυλό χωρίς να ξυπνήσει κανέναν άλλον. Ήλθε το παιδί, τοποθέτησε το δαυλό στη βάση του και, όταν αποχώρησε, ≪ τί τρέχει ≫, είπε ο Ευφράτης, ≪ ποιό νέο κακό αναγγέλλει η αιφνίδια και απροσδόκητη άφιξή σου; ≫







 バゴアスは、寝台の上にいるエウフラティスを見つけたのです。そして、彼を起こしました。すると、エウフラティスは怯えて、「そこに居るのは誰だ?」と叫びました。バゴアスは、エウフラティスを宥めて、こう言ったのです。「私は、バゴアスと申す者です。明りを持ってくる様にだけ言い付けて下さい。」 エウフラティスは、彼の部屋の側で眠っている召使いの中からひとりの少年の召使いを呼んで、他の者を誰も起こさない様にして、一束の松明に火を点ける様に命じたのです。少年は遣って来て、台に松明を起きました。そして、少年が退き下がると、「一体、何が起こったのですか? 貴方のこんな予想もしなかった突然の到来は、何か新しい禍いごとがあったのですか?」と、エウフラティスは言いました。

posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

Την Κυριακή έχουμε γάμο

 『 Την Κυριακή έχουμε γάμο 』 日曜に結婚式がある 
Γιάννης Ξανθούλης ヤニス・クサンソウリス 
出版社:Διόπτρα  

.:BiblioNet : Την Κυριακή έχουμε γάμο / Ξανθούλης, Γιάννης 

b204675.jpg
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

Η πρώτη βραδιά στο δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十章「森での最初の夜」の2 





  Ο Αντέας γέλασε. ≪ Να δεις πώς θα κάθεσαι και συ! ≫ του είπε. ≪ Εγώ τώρα που συνήθισα την καλύβα, δεν την αλλάζω ούτε σπίτι ≫.  
  Ο Κωστάκης κοίταζε τη μια, κοίταζε την άλλη, έμπαινε σε όλες κι έψαχνε να βρει την καλύτερη καλύβα, μα καμιά δεν του φαινόταν αρκετά καλή. Στην πιο μεγάλη καλύβα μπήκαν ο Καλογιάννης κι Μαθιός και φώναζαν: ≪ Να, να η δική μας! ≫  
 ≪ Ε, σηκωθείτε από κει ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ μου πήρατε το σπίτι ≫.  
 ≪ Τί; Δική σου είναι η καλύβα; ≫  
 ≪ Εγώ είχα σκοπό να την πάρω ≫.  
 ≪ Εσύ το είχες σκοπό, μα εμείς μπήκαμε μέσα ≫, είπε ο Καλογιάννης.  





 アンドレアスは笑いました。そして、コスタキスにこう言ったのです。「どう寝るか考えてご覧よ。僕は、もう、小屋に慣れたよ。もう、家にも変えたりしないからね。」 
 コスタキスはひとつの小屋を覗き込んだのです。それから、別の小屋を見ました。全部の小屋に入ってみたのですよ。一番良い小屋を見つけようと探してみたのです。でも、とれも十分には思えませんでした。一番大きな小屋に、カロヤニスとマシオスが入って、叫んだのです。「ほら、これが僕たちのだ!」 
 「ええ、そこから出てよ、」、コスタキスは言うのです。「この家を僕に渡してよ。」 
 「何で? この小屋君のかい?」 
 「僕はここを取ろうと狙ってたんだ。」 
 「君は狙ってたの。でも、僕らは中に入ってたんだ。」とカロヤニスは言いました。
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

エティオピア物語 第八巻 12-3

  Εκεί αφήνει ο Βαγώας τους ιππείς αφού πρώτα τους παρέταξε σε κύκλο, ώστε, άν προβαλλόταν κάποια αντίσταση, να είναι έτοιμοι για άμυνα, και ο ίδιος κατευθύνεται σε μιά παράπλευρη μικρή πύλη, άγνωστη στους περισσότερους, παραβιάζει χωρίς δυσκολία τις αμπάρες, λέει στο φύλακα της πύλης το όνομά του με την εντολή να μη μιλήσει σε κανέναν και τραβάει γραμμή πρός το κατάλυμα του Ευφράτη : τα μέρη του ήταν γνωστά και επιπλέον είχε βγεί το φεγγάρι και φώτιζε αμυδρά τις αυλές.





 バゴアスは、抵抗があった場合に、防御の用意が出来ている様に、まず騎兵たちを円形に一列に並べて、そこに残したのです。そして、バゴアス自身は、隣接しているある小さな門に向かって進んで行ったのです。ほとんど誰にも知られていないもんなのです。それで、難なく閂を開けて入って行ったのです。そして、門の番人に自分の名前を告げて、誰にも言わない様に、それから、エウフラティスの宿泊所に向けて線を引く様に、と命令したのです。バゴアスの立っている所はよく知っている所で、その上、月が出ていて、宮廷を仄明るく照らしていたのです。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

エティオピア物語 第八巻 12-2

  Ο δε Βαγώας με τους πενήντα ιππείς του έφτασαν στη Μέμφιδα πρίν χαράξει, όταν τα πάντα ήταν βυθισμένα στον ύπνο, και, αφού ξύπνησαν ήσυχα τους φρουρούς και τους έδωσαν σημεία γνωριμίας, κατευθύνθηκαν βιαστικά και αθόρυβα στο σατραπικό παλάτι.


σατραπικός




 一方、バゴアスは、五十騎の騎兵と共に、夜が開ける前にメンフィスに着いたのです。その時、誰もが、深い眠りに就いていました。静かに護衛兵たちを起こすと、自分たちが何者かを証す徴を彼らに見せたのです。そして、急いでけれども音を立てずに、太守の館に向かったのです。
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする