2016年01月30日

Η μαρτυρία του ποιητή

 イギリスの作家、研究家 Philip Sherrard のエッセイ集『 Η μαρτυρία του ποιητή 』。 詩人の証言。 

 Philip Sherrard Φίλιππος Σέρραρντ フィリップ・セラランド は、1922年生まれ1995年没のイギリスの人。現代ギリシャの詩の翻訳、東方教会の研究で知られている。 

出版社は、Εκδόσεις "Ίνδικτος"
Η ΜΑΡΤΥΡΙΑ ΤΟΥ ΠΟΙΗΤΗ 



Philip Sherrard - Wikipedia, the free encyclopedia 
.:BiblioNet : Sherrard, Philip, 1922-1995  


posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の1 






  Ο ήλιος είναι πολύ ψηλά. Τα τζιτζίκια λαλούν δυνατά. Μα κανένας δεν έχει όρεξη ν' αφήσει το στρώμα. Γυρίζουν από το ένα πλευρό στο άλλο.  
 ≪ Σηκωθείτε ≫, λέει ο Αντρές, γυρίζοντας από καλύβα σε καλύβα. ≪ Έχουμε δουλειά ≫.  
 ≪ Τί δουλειά; ≫ φώναξε ο Δημητράκης τρίβοντας το ένα του μάτι.  
 ≪ Να φάμε εδώ που ήρθαμε ≫.  
 ≪ Και είναι αυτό δουλειά; ≫  
 ≪ Τώρα που θα σηκωθείς, θα το δούμε ≫.  
  Ο Δημητράκης ζητούσε τη λεκάνη να νιφτεί. Δεν είχε καταλάβει ακόμα που βρίσκεται. Ακολούθησε τους άλλους που γελούσαν μ' αυτόν και βρήκαν κάμποσα βήματα μακριά τη βρύση. Το νερό τους έτσουξε στ' αυτιά.  





  子供たちは村を作る 

 太陽はとても高くなっていますよ。蝉は、力強く鳴いています。でも、だれも、マットレスを後にしょうと言う気がないのです。こっち側からあっち側へ向き変るだけなのですよ。 
 アンドレスが、小屋から小屋へと回って歩いて、「起きなさい」と言います。 「ぼくたちは、仕事があるんだよ。」と言うのです。 
 「どんな仕事?」とディミトラキスが叫んで、目を擦りました。 
 「ぼくらがやって来たここで、食べることさ。」 
 「それが仕事なの?」 
 「君が起きたら、ぼくらは分かるさ。」 
 ディミトラキスは、顔を洗う洗面器を欲しがりました。ディミトラキスは、まだ、自分が何処にいるか分かっていなかったのです。彼のことを笑う他の子たちに付いていきました。遠い泉までは、相当の歩数があったのです。水は、子供たちの耳をずきんとさせました。
posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

エティオピア物語 第八巻 17-5

  Τους πήραν λοιπόν μαζί τους και ξεκίνησαν αμέσως αφού τους ανέβασαν και τους τρείς πάνω σε άλογα : τον Βαγώα επειδή ήταν τραυματίας και τους δύο νέους επειδή, δεμένοι καθώς ήταν, δεν θα μπορούσαν να παρακολουθήσουν μιά τόσο γρήγορη πορεία. Και ήταν όλα σαν πρόλογος και προεισαγωγή δράματος : οι δύο αλυσοδεμένοι ξένοι, που μόλις πρίν είχαν δεί το χάρο με τα μάτια τους, προπέμπονταν μάλλον παρά οδηγούνταν αιχμάλωτοι, τιμητικά συνοδευόμενοι από εκείνους που σε λίγο θα γίνονταν υπήκοοί τους. Και αυτοί μεν σε τέτοια κατάσταση ήταν.





 そうして、エティオピア人たちは、三人を馬に乗せると、すぐに、彼らを連れて、一緒に出発したのです。バゴアスについては、怪我をしていて、若い二人は、縛られているので、速い進軍には付いて行けそうになかったからです。何もかもが、劇の序幕、序文の様でした。束縛された二人の外国人、直前まで自分たちの目で死神を見ていたのに、今では、引かれていく捕虜ではなく、見送りを受けている様だったのです。その時、エティオピア人たちの中の栄えある随行員となった者たちは、直ぐにも、二人の臣下になることでしょう。一行は、このような状態だったのです。  



προπέμπω : ξεπροβοδίζω






第八巻、おわり
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

エティオピア物語 第八巻 17-3、17-4

 17-3 と17-4 は、ひとつの文で、何故か途中で切られているので、ひとつにして載せます。 

17-3
Και καθώς ο Θεαγένης, που είχε ζήσει για μεγάλο διάστημα στην Αίγυπτο, αποκρίθηκε στη σύντομη ερώτησή τους ότι ο Βαγώας ήταν ανώτατος αξιωματούχος του σατράπη των Περσών, ενώ ο ίδιος και η Χαρίκλεια, ελληνικής καταγωγής και οι δυό, ήταν προηγουμένως αιχμάλωτοι των Περσών και τώρα τύχη καλή τους είχε ρίξει στα χέρια τους, οι Αιθίοπες αποφάσισαν να τους χαρίσουν τη ζωή και να τους οδηγήσουν αιχμάλωτους 

17-4
στο βασιλιά τους ως πρώτη και μεγαλύτερη λεία・ τον μεν Βαγώα θα τον πρόσφεραν ως το πολύτιμότερο από όλα τα αγαθά του σατράπη ( για τους Πέρσες βασιλείς τα μάτια και τα αυτιά είναι οι ευνούχοι γιατί ούτε παιδιά έχουν ούτε γυναίκες για να μειώνουν την πίστη και την αφοσίωσή τους και προσκολλώνται αποκλειστικά στον κύριό τους ), τους δε νέους θα τους πρόσφεραν ως ωραιότατο δώρο για να υπηρετούν στη βασιλική αυλή.  




 テアゲニスは、長い間エジプトに暮らしたことがあって、彼らの短い質問に答えていたのです。バゴアスはペルシャの太守の最高幹部であること、自分自身とハリクレアはギリシャ出身で、二人は、以前からペルシャの捕虜で、今は、幸運にも、彼らの手に落ちていた、と言うことです。エティオピア人たちは、二人に命を許し、捕虜にして、第一のそして最大の戦利品として彼らの王の所へ連れて行こうと決めたのです。バゴアスについては、太守の財産の中でも最も価値のある物として、( ペルシャの王たちにとって、宦官は目であり耳であったのです。と言うのも、宦官たちは、忠誠と献身を減ずる基になる、子も持たず、妻も持たないで、自分たちの主人に独占的に専念するからなのです。 ) 若者たち二人については、宮廷で働くことになる最も美しい贈り物として、王に差し出そうと思ったのです。
posted by kyotakaba at 14:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

エティオピア物語 第八巻 17-2

  Πλησίασαν λοιπόν οι Αιθίοπες, είδαν τον Βαγώα και κατάλαβαν από την όψη του ότι ήταν ευνούχος και απόλεμος・ είδαν και τους δυό νέους, που ήταν άοπλοι και δεσμώτες αλλά και ξεχώριζαν για την ομορφιά και την αρχοντιά τους, και άρχισαν να τους ρωτάνε ποιοί ήταν, χρησιμοποιώντας ως διερμηνέα κάποιον Αιγύπτιο που μιλούσε και περσικά με τη βεβαιότητα ότι θα καταλάβαιναν, άν όχι και τις δυό, τουλάχιστον τη μιά από τις δυό αυτές γλώσσες. Διότι εκείνοι που στέλνονται ως ανιχνευτές και κατάσκοποι των λόγων και των πράξεων γνωρίζουν εκ πείρας ότι πρέπει να έχουν μαζί τους κάποιον που καταλαβαίνει και μιλάει τη γλώσσα των ντόπιων και των εχθρών.





 そうして、エティオピア人たちが近づいて来て、バゴアスを見ると、その外見から、彼が宦官で、非戦闘員だと見て取ったのです。そして、二人を見ました。二人は武装しておらず、囚人の様でした。けれども、その美しさと気品で際立っていたのです。それで、あるエジプト人を通訳に使って、二人に、一体誰なのかを尋ね始めたのです。通訳のエジプト人は、ペルシャ語を話しました。二人ともは駄目でも、少なくても、二人のうち一人は、この言葉が分かるだろうことは確実だったからです。名目上も実際上も、斥候として、偵察として送られて来た彼らは、経験から、その土地の言葉と敵の言葉を理解し話す誰かを一緒に連れて来なければならない、と言うことを知っていたからなのです。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

Το χαμένο Νόμπελ

 『 Το χαμένο Νόμπελ 』 失われたノーベル賞。 
著者: Κώστας Αρκουδέας コースタス・アルクデアス。 

 ニコス・カザンザキスは、ノーベル文学賞の候補に挙げられていたのだけれど、当時のギリシャの強権圧政的政府の妨害で、受賞を逃したと言われています。その時の経緯を描いた作品。 

著者のコースタス・アルクデアスは、1958年アテネ生まれの人。


.:BiblioNet : Το χαμένο Νόμπελ / Αρκουδέας, Κώστας 


posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の3 






  Κι ύστερα ακούστηκαν μακριά τα κουδούνια των κοπαδιών. Είναι οι βλάχοι. Δικό τους είναι το μεγάλο κοπάδι που βόσκει. Άκου πόσα κουδούνια!... Μικρά, μεγάλα, ψηλά, βαθιά, γλυκά, βραχνά. Κουδουνίσματα πολλά όπως τ' άστρα, όπως οι γρύλοι. Κι έξαφνα ένα πράσινο άστρο, σαν να ήταν πολύ χαρούμενο, άναψε, χύθηκε ανάμεσα στ' άλλα και χάθηκε...  
  Τι ωραία νύχτα!  
  Ο Φάνης ένιωσε ψύχρα και μπήκε μέσα να πλαγιάσει. Μα και σκεπασμένος έβλεπε την αστροφεγγιά.
 
  Του φαίνονταν όλα εκείνα τ' άστρα δικά του. Κανένας από τους άλλους δεν τα είχε δει.  
  Αποκοιμήθηκε ακούγοντας τα κουδούνια.  





 それから、遠くで、たくさんの鈴の音が聞こえたのです。羊飼いたちなのです。放牧させている群れ自体が、大きな群れなのでした。どれだけたくさんの鈴か、聞いてご覧なさい! 小さな鈴の音、大きな音、高い鈴の音、低い音、やさしい鈴の音、かすれた音。星のように、コオロギのように、たくさんの鈴の音が聞こえるのです。そして、急に、ひとつの緑の星が点ったのです。とても機嫌がいいかのようです。そして、他の星の中に流れ込んでいって、消えました。 
 なんて美しい夜だろう! 
 ファニスは寒さを感じたのです。それで、寝ようと中に入ったのです。でも、夜具を被って、星明かりを見ていたのです。 
 ファニスには、その星が自分の物のように思えました。ファニス以外の友達の誰も、それを見ていないのです。 
 鈴の音を聞きながら、まどろんで行ったのです。 





「星々、こおろぎ、鈴」、おわり
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 17-1

  Όσο για τη Χαρίκλεια, καταλάβαινε ότι στο εξής βρισκόταν στα χέρια της τύχης και έλπιζε στο καλύτερο. Τούς Αιθίοπες που τους είχαν επιτεθεί μάλλον ως φίλους παρά ως εχθρούς τους έβλεπε και, χωρίς να εκφράσει τις σκέψεις της στον Θεαγένη, του έδειξε μόνο ότι συμφωνεί με τη γνώμη του.





 ハリクレアと言えば、彼女は、これからは自分は運命の掌にあるのだと分かっていて、もっと良くなるように願ったのです。ハリクレアは、自分たちを襲って来たエティオピア人たちに、敵ではなく見方として相対したのです。テアゲニスに自分の考えを述べることもなく、彼の意見に賛成していることだけを示して見せたのです。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

エティオピア物語 第八巻 16-7

  Μαζί του αιχμαλωτίστηκαν και ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια・ αφ’ ενός δεν θέλησαν να εγκαταλείψουν τον Βαγώα, έναν άνθρωπο που τους είχε φερθεί, και έλπιζαν να τους φερθεί και στο μέλλον, τόσο φιλάνθρωπα ( είχαν ξεπεζέψει και παρέμειναν κοντά του, ενώ ίσως θα μπορούσαν και να φύγουν ), και αφ’ ετέρου το ήθελαν και οι ίδιοι να αιχμαλωτιστούν : ο Θεαγένης είχε πεί στη Χαρίκλεια ότι αυτή ήταν η σημασία του ονείρου και ότι αυτοί ήταν οι Αιθίοπες στων οποίων τη χώρα ήταν γραφτό τους να φτάσουν ως αιχμάλωτοι・ θα ήταν λοιπόν καλό να παραδοθούν σ’ αυτούς προτιμώντας την αβέβαιη τύχη από τον βέβαιο θάνατο που τους περίμενε άν παραδίδονταν στον Οροονδάτη.





 テアゲニスとハリクレアも、バゴアスと一緒に捕えられたのです。ひとつには、二人は、自分たちに一人の人間として振る舞ってくれた人を見捨てたくはなかったのです。それに、これからは、もっと慈しみを持って振る舞うことを期待していたからです。( 二人は、逃げることは出来たのに、馬から下りて、バゴアスの側に残ったのです。 ) 他の見方をすれば、二人は、捕えられることを望んでいたと言えるのです。テアゲニスはハリクレアに、これは夢に見たことだ、彼らはエティオピア人で、自分たちの決まった運命では、彼らの国に自分たちは捕虜として辿り着くことになっている、と言っていたのです。それだから、エティオピア人たちに身を任せるのがきっといいのです。それで、オロンダディスに身を委ねた場合、確実に二人を待っている死よりも、確実な運命を選んだのです。  



αφ’ ετέρου : 他方から見れば
posted by kyotakaba at 12:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

エティオピア物語 第八巻 16-6

  Και οι μεν άλλοι κατόρθωσαν να διαφύγουν ― μιά προεξοχή της όχθης που σχηματίζει ένα είδος ακρωτηρίου σε μιά στροφή του Νείλου τους έκρυψε από τα μάτια των εχθρών ―, αλλά ο Βαγώας αίχμαλωτίστηκε : το άλογό του σκόνταψε και τον παρέσυρε στην πτώση του・ πληγωμένος στο πόδι, έμεινε εκεί ακίνητος.





 何人かは逃げ果せました。ナイルが彎曲している所に岬の形を作っている岸の突出部が、ペルシャ人たちを敵の目から隠したのです。ところが、バゴアスは、捕えられたのです。バゴアスの馬が躓いたのです。そして、バゴアスを落馬させました。バゴアスは、足に怪我をして、動くことが出来ずにそこに残ったのです。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混信

 きょうも、投稿するのに混信した。παράρτημα に投稿したのに、βに入っていた。苛立たせる。
posted by kyotakaba at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

エティオピア物語 第八巻 16-5

  Έτσι κι αυτοί τότε, άν και πεζοί, έφταναν σε ταχύτητα τους ιππείς και μάλιστα κατόρθωσαν να χτυπήσουν μερικούς με τις σφενδόνες τους. Δεν μπόρεσαν όμως ν’ αντισταθούν στην αντεπίθεσή τους και βάλθηκαν να τρέχουν μ’ όλη τους τη δύναμη πρός τους δικούς τους που είχαν μείνει πολύ πίσω. Είδαν οι Πέρσες τη φυγή τους και, με το θάρρος της αριθμητικής υπεροχής τους, όρμησαν εναντίον τους, απώθησαν για λίγο αυτούς που επέμεναν να τους πιέζουν και βάλθηκαν πάλι να καλπάζουν όσο μπορούσαν πιό γρήγορα, σπιρουνίζοντας τα άλογα και χαλαρώνοντας τα χαλινάρια.




 それだから、トログディテス人は、例え徒歩でも、その速度は騎兵に匹敵するのです。それで実際、彼らは、投石機を使って幾人かに当てることが出来るのです。けれども、反撃に対して、反抗することは出来なかったのです。ずっと後ろに残していた自分たちの陣地に向けて、全力で走り始めるのです。ペルシャ人たちはトログディテス人たちが逃げ出すのを見ると、人数でも有利なのに勇気付けられて、彼らに向かって、飛び掛かって行ったのです。自分たちに迫ろうと残っている僅かのトログディテス人を押しのけて、馬に拍車を掛け轡を緩めて、再び、出来るだけ速く走り出したのです。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

Νοτιάς

 『 Νοτιάς 』 南風。Τάσος Μπουλμέτης 監督。2016年作品。 

 Τάσος Μπουλμέτης タソス・ブルメティス監督、前作は、『 Πολίτικη κουζίνα / タッチ・オブ・スパイス 』( 2003年 )。『タッチ・オブ・スパイス』では、主人公は小学生だったけれど、『南風』では、映画を学ぶ大学生のよう。それだから、時代は、小学生から10年くらい経っているから、60年代後半から70年代? 
 また、日本でも公開されるか知ら? 公開されたら、日本語のタイトルは、何と付くだろう? 

Νοτιάς | Feelgood Entertainment 

Cine.gr - Τανίες Νοτιάς 

Notias (2016) - IMDb 

posted by kyotakaba at 08:02| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の2 





  Πρώτη φορά είδε τόσο βαθύ ουρανό. Πόσα άστρα! Ήταν σαν αμέτρητο χρυσό μελίσσι, που χύθηκε ψηλά κι έβοσκε. Άστρα πολλά εδώ, άστρα λίγα παρακάτω. Κάπου δυο μαζί, κάπου ένα μοναχό, σαν ξεχασμένο. Πεντ-έξι άστρα μαζί, σαν κλαράκι. Να 'ναι η Πούλια; Στη μέση τ' ουρανού από πάνω από τον Φάνη ένα λευκό ποταμάκι χυνόταν ήσυχα από τον βοριά στον νότο. Κυλούσε μυριάδες μικρά άστρα, λευκά σαν ανθούς. Μέσα στο δάσος αμέτρητοι γρύλοι τραγουδούσαν κι έλεγαν όλοι το ίδιο τραγούδι. Από πέτρες, από τρύπες της γης έβλεπαν την αστροφεγγιά οι μικροί τραγουδιστάδες και την κελαηδούσαν.  





 ファニスがこれ程に深い空を見るのは初めてだったのです。なんてたくさんの星々! 数えることの出来ない金色の蜜蜂の群れようですよ。高く、放されて、撒き散らされているのです。ここでは、星がたくさんです。下では、星は少ないのです。あるところでは、ふたつの星が一緒にあります。あるところでは、忘れられたように、ひとつだけあるのです。五つか六つの星が、小枝のように一緒にあります。それが、プレアデスなのか知ら? ファニスの上の、空の真ん中に、一本の真っ白の河が、北から南へと、静かに流れています。河は、何万もの小さな星を転がせています。花のように真っ白な星々です。森の中では、数えることの出来ないこおろぎが、歌っているのです。こおろぎは、みんな、同じ歌を歌っていたのです。岩から、地面の穴から、小さな歌手たちは、星明かりを望み上げていました。そして、その星明かりを歌っているのです。
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 16-4

  Είναι δε οι Τρωγλοδύτες μιά νομαδική αιθιοπική φυλή που γειτονεύει με τους Άραβες. Καθώς εκ φύσεως είναι σπουδαίοι δρομείς αλλά και από παιδιά γυμνάζονται σ’ αυτό, δεν χρησιμοποιούνται ποτέ ως οπλίτες και άλλο όπλο δεν ξέρουν από τη σφενδόνη・ μ’ αυτήν, ή διασπούν στα γρήγορα την εχθρική παράταξη ή, άν διαπιστώσουν ότι ο αντίπαλος είναι υπέρτερος, γλιτώνουν δια της φυγής. Κανείς εχθρός δεν επιχειρεί να τους καταδιώξει : όλοι ξέρουν πόσο γρήγορα τρέχουν και επίσης ότι μπορούν να χώνονται σε στενόστομες τρύπες και σε μυστικές σχισμές των βράχων.





 トログディテス人は、エティオピアの遊牧の部族なのです。アラブに隣接して住んでいます。彼らは、子供の時から練習もしていないのに、生まれつき、走るのに優れているのです。それだから、装甲歩兵としてはまったく登用されず、投石機以外の武器は知らないのです。投石機を使って、あるいは、すばやく、敵の隊列を乱すか、あるいは、敵対者の方が優っていることが確実に分かった時には、逃げ出すのです。どんな敵も彼らを追い掛けようとする者はいなかったのです。誰もが、トログディテス人は走るのがとても速いと言うこと、その上、口の狭い穴や人の目に付かない岩の割れ目にに入ることが出来ると言うことをを知っているのです。
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

エピダウロスでの第一回国民会議

 1822年1月13日、エピダウロスで開かれていた第一回国民会議 Α΄ Εθνοσυνέλευση Επιδαύρου で、今のギリシャ国の国旗のデザインが採択された。
posted by kyotakaba at 23:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 16-3

  Ο δε Βαγώας και οι ιππείς του, κατατρομαγμένοι από την ξαφνική βοή και καταλαβαίνοντας από το χρώμα του δέρματός τους ότι οι επιτιθέμενοι ήταν Αιθίοπες και επίσης βλέποντας ότι ήταν πλήθος απροσμάχητο ( σε χίλιους ανέρχονταν οι ελαφρά οπλισμένοι ανιχνευτές ), δεν άντεξαν ούτε το αντίκρισμά τους και οπισθοχώρησαν, αργά στην αρχή, ώστε να μη δώσουν την εντύπωση ότι τρέπονται σε φυγή・ και οι Αιθίοπες ρίχτηκαν στην καταδίωξη στέλνοντας μπροστά τους διακόσιους περίπου Τρωγλοδύτες που είχαν μαζί τους.





 一方、バゴアスと彼の騎兵たちは、突然の物音に恐れ戦きました。また、その皮膚の色から、攻撃して来た兵たちがエティオピア人だと察したのです、しかも、勝ち目のない程に多勢なのを見たのです。( 軽武装の斥候は、千の数にも達していたのです。 ) それだから、バゴアスたちは、対面して抵抗することもせず、後退したのです。初めはゆっくり退きました。それは、敗走すると言う印象を与えない為だったのです。一方、エティオピア兵は、追跡に固執して、一緒に来ていた凡そ百人のトログディテス人を前方に送り出したのです。 




απροσμάχητος : ακαταμάχητος
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

エティオピア物語 第八巻 16-2

  Με το ξημέρωμα είδαν τον Βαγώα να περνάει μαζί με τους ιππείς του και, όταν διαπίστωσαν πόσο λίγοι ήταν, τους άφησαν να προχωρήσουν κάπως για να βεβαιωθούν ότι δεν τους ακολουθούσαν και άλλοι και, αμέσως ύστερα, ξετρύπωσαν όλοι μαζί με κραυγές από το έλος και τους ρίχτηκαν.





 夜が明けた時、兵士たちは、バゴアスが彼の騎兵と共に通り過ぎるのを見たのです。兵士たちは、バゴアスたちがほんの僅かの騎兵だと言うことを確かめると、騎兵たちを進むままにさせたのです。それは、他の騎兵が後に続いていないことを確かめるためだったのです。そして、確かめると、直後に、兵士たちは、全員が、叫び声を上げながら、湿地から飛び出して、騎兵たちに襲いかかったのです。
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

エティオピア物語 第八巻 16-1

  Πλησίαζε ήδη στην πόλη όταν έπεσε σε αιθιοπική ενέδρα : ήταν πλήθος νέοι στρατιώτες με λαμπρό οπλισμό που είχαν σταλέι ως εμπροσθοφυλακή για να κατοπτεύσουν το δρόμο και, με την ανίχνευση που θα έκαναν, να διασφαλίσουν την πορεία του κύριου σώματος του στρατεύματος・ καθώς όμως δεν γνώριζαν τα μέρη, παραπλανήθηκαν μέσα στο σκοτάδι και βρέθηκαν κατά λάθος μακριά από τους δικούς τους・ χώθηκαν τότε μέσα σε μιά λόχμη του ποταμού, κατασκεύασαν ένα πρόχειρο οχύρωμα και παρέμειναν εκεί άγρυπνοι και για τη δική τους ασφάλεια και για να αιφνιδιάσουν τους εχθρούς.





 バゴアス一行が、都市に近づいた時には、もう既に、エティオピアの罠に陥っていたのです。そこには、輝く武具を備えた多勢の若者がいたのです。若者たちは、道を監視する前衛として派遣されていたのです。そして、彼らが行うことになっている探査に依って、軍隊本体の進行を確保するのです。若者たちは、その土地のことを知らなかった為に、暗闇の中を道を迷っていて、間違えて、本来居るべき所から遠くのそこに居たのです。そうして、河の藪の中に隠れて、即席の堡塁を作ったのです。そして、ひとつには自分たちの安全のため、もうひとつには、敵に奇襲するために、寝ずにいたのです。
posted by kyotakaba at 10:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

『撰集抄』の行賀僧都 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 何年か後、行賀はある荒れ果てた寺を訪れた。そこには、観音像があった。それを拝むと、行賀の左耳は元通りになった。像の背中には、新しく修繕された跡があった。 





  Αφού πέρασε μερικά χρόνια, ο Γιόγα επισκέφτηκε στον έρημο ναό. Στον αυτό ναό στάθηκε ένα άγαλμα του Κάννον. Ο επίσκοπος προσευχήθηκε προς το άγαλμα, έτσι το αριστερό αυτί του αποκατέστησε. Στη πλάτη του άγαλματος βρήκε ένα σημάδι που φάνηκε επιδιορθωθέν τελευταία.  




おわり  
posted by kyotakaba at 14:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

Άστρα, γρύλοι και κουδούνια 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十一章「星々、こおろぎ、鈴」の1 





  Οι φίλοι μας κοιμούνται βαθιά στις καλύβες. Πού και πού ακούγονται παραμιλητά.  
  Μερικοί φωνάζουν: ≪ Αύριο θα ξεκινήσουμε για το βουνό! ≫ Και ξανακοιμούνται.  
  Ένας λέει : ≪ Δεν είναι ώρα σου λέω για το σχολείο. Δεν χτύπησε ακόμα η καμπάνα! ≫  
  Ένας άλλος: ≪ Μητέρα, δεν τη θέρω τόσο μικρή φέτα! ≫   Ένας τρίτος: ≪ Κοίταξε μην έρθει η μάνα μου, έχω πάρει από το ντουλάπι όλο τα βάζο με το γλυκό! ≫  
  Ήταν ο Φουντούλης. Όταν ξύπνησε και είδε πως δεν έχει τίποτα, του κακοφάνηκε. Δεν ήθελε να ξανακοιμηθεί, μήπως πάθει πάλι το ίδιο. Μα η κούραση τον αποκοίμισε.  
  Ο Φάνης άνοιξε μάτια του. Από κάποιες τρύπες της καλύβας βλέπει ουρανό και καταλαβαίνει πως είναι ακόμα νύχτα. Μα δυσκολεύεται να κοιμηθεί άλλο. Ντύνεται και γλιστρά έξω από την καλύβα. Θέλει να δει τη νύχτα στο δάσος. Κάθισε εκεί απέξω καταγής.  





   星々、こおろぎ、鈴 


 わたしたちのお友達たちは、ベッドでぐっすり眠っていたのです。時々、寝言が聞こえます。 
 何人かがこう叫ぶのです。「あした、ぼくらは山にむけて出発だ!」。そして、また、眠るのです。 
 ひとりがこう言います。「ぼくは、学校の時間じゃない、って言ったろう。まだ、鐘は鳴らないよ。」 
 別のひとりがこう言います。「かあさん! ぼくはこんな小さなフェタはいらないよ。」 
 また別のひとりがこう言います。「かあちゃんが来ないか注意して! ぼく、食器棚から花瓶をぜんぶお菓子を入れて持って来たから。」 
 それは、フォンドゥリスでした。目が覚めると、自分に嫌な思いをさせることは何もないと分かったのです。また、眠りたいとは思わなかったのです。同じ嫌な目に遭うのではないか知らと思ったからです。でも、疲れがフォンドゥリスを眠らせてしまったのです。 
 ファニスが、目を開けたのです。小屋に開いた幾つかの穴から空を見て、まだ夜だと言うことは分かっていたのです。でも、また眠るのは無理でした。ファニスは服を着て、小屋から忍び出たのです。夜の森が見てみたかったのです。外の地面に座ったのです。
posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 15-7

  Αλλά δεν το κατόρθωσαν : ένας στρατιώτης που συνάντησαν στο δρόμο τους ανήγγειλε ότι ο σατράπης είχε εξορμήσει από τις Θήβες και ότι ο αυτός ίδιος είχε αποσταλεί για να συγκεντώσει όλους τους στρατιώτες και όλους τους ενόπλους, ακόμα και κείνους που είχαν τοποθετηθεί ως φρουροί, και να τους κατευθύνει εσπευσμένα στην Συήνη επειδή η πόλη ήταν ανάστατη και υπήρχε φόβος να κυριευθεί εφόσον ο μεν σατράπης καθυστερούσε, ο δε αιθιοπικός στρατός κινούνταν με εκπληκτική ταχύτητα. Έτσι λοιπόν ο Βαγώας άλλαξε δρόμο και κατευθύνθηκε καλπάζοντας πρός τη Συήνη.





 けれども、そうはいかなかったのです。一行の進む路で出会った一人の兵士が、太守はすでにテーベから出撃されたと知らせたのです。それから、太守は、その時まで守備として置いていた、自分の兵士たち、それに、武具のすべてを一所に集める為に派遣されたのだ、それに、大急ぎで兵士たちをシイニーへ差し向けられたのだ、と言ったのです。また、シイニーは、混乱していて、太守が遅れる一方、エティオピアの軍隊が驚くほどの速さで進むならば、征服される恐れがあるのだ、と言いました。それだから、バゴアスは、道を変えて、シイニーを目指して全速力で急いだのです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

エティオピア物語 第八巻 15-6

  Καθώς έπεφτε ήδη το βράδυ και το δροσερό αεράκι τους καλούσε στην οδοιπορία, ίππευσαν και ξεκίνησαν. Όλο εκείνο το βράδυ και τη νύχτα που ακολούθησε καθώς και το πρωί της επομένης κάλπασαν χωρίς ανάσα προσπαθώντας να προλάβουν τον Οροονδάτη στις Θήβες.





 もう夕方になっていたので、涼しい微風が一行を行軍へ誘ったのです。一行は馬に乗り、出発したのです。その夕方とその後に続いた夜の間中、翌日の朝までずっと、一息つくこともなく全力で走ったのです。そして、何とかテーベのオロンダディスに追い付こうとしようとしたのです。
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

『撰集抄』の行賀僧都 3 の訂正

 έφυγε κάνοντας την προσευχή για τον Γιόγα. のところ、
 έφυγε δοξαζόντας για τον Γιόγα. に訂正します。
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 15-5

  Χαίρονταν και οι δυό νέοι ακούγοντάς τον και δόξαζαν τους θεούς και τη Δίκη, βέβαιοι ότι τίποτε φοβερό δεν θα πάθαιναν πιά, ακόμα κι άν τα μεγαλύτερα βάσανα τους περίμεναν, αφού η μεγαλύτερη εχθρά τους ήταν νεκρή ― τόσο είναι κι ο θάνατος ακόμα γλυκός όταν συμβαίνει να χάνονται μαζί και οι εχθροί μας.





 二人の若者は、バゴアスの話しを聞いて喜びました。そして、神々と天の裁きを褒め称えたのです。二人は、もっと大きな苦しみが二人を待っているとしても、二人の最大の敵はもう死んでいるのだから、これ以上の恐怖に苛まれることはないだろうと確信したのです。人にとっては、自分たちの敵が一緒に消えてしまうのならば、死は甘美なものだ、と言うことなのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

『撰集抄』の行賀僧都 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「行賀僧都」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 行賀は男の背中を見た。もう腐っていた。そして、剃刀で自分の耳を切り落とし、男に与えた。男は受け取ると、行賀を拝みながら去って行った。 





  Ο Γιόγα είδε την πλάτη του. Και αναγνώρισε ότι η πλάτη του είχε σαπίσει ήδη. Έτσι έκοψε το δικό αυτί με το ξυράφι, και το έδωσε στο φτωχικό ιερά. Μόλις το δέχτηκε ο ιερεύς, έφυγε δοξαζόντας για τον Γιόγα.  


1月5日訂正: 
έφυγε κάνοντας την προσευχή για τον Γιόγα.  
→ 
έφυγε δοξαζόντας για τον Γιόγα.
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする