2016年02月25日

Πολεμος μ' ένα μαντρόσκυλο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十三章「牧羊犬との戦い」の1 





  Ο Δήμος κι ο Φάνης σηκώθηκαν και πήγαν για τους βλάχους. Δεξιά τους είχαν πει πως είναι. Μπήκαν στα δέντρα κι άφησαν το μονοπάτι να τους βγάλει. Μα ύστερα από πέντε λεπτά της ώρας το μονοπάτι χάθηκε, όπως γίνεται συχνά στο δάσος. Έμοιαζε με τον άλλο τόπο. Γύρισαν από δω κι από κει, δεν το ξαναβρήκαν. Προχώρησαν τότε χωρίς δρόμο προς ένα σημείο που φαινόταν ένας τόπος χωρίς δέντρα. Εκεί τους φάνηκε πως έβλεπαν κάτι καλύβες.  
 ≪ Έεε! ≫ φώναξαν.  
  Τρέχοντας ερχόταν τον ανήφορο κάποιος. Μα δεν ήταν άνθρωπος, ήταν σκύλος. Ανέβαινε με θυμό και να, τους βρέθηκε μπροστά. Μόλλις είδε ο Δήμος πως το μαλλιαρό τούτο μαντρόσκυλο, ένα αληθινό θηρίο, ερχόταν καταπάνω τους, άρπαξε μια χοντρή πέτρα κι άλλη μια πήρε στο αριστερό του χέρι.  
  Ο μαντρόσκυλος κατάλαβε πως μ' αυτόν είχε να πολεμήσει.  





     牧羊犬との戦い 

 ディモスとファニスが、立ち上がって、羊飼いたちの所へ出掛けて行ったのです。羊飼いたちは、どうしているかを子供たちに教えていたのです。羊飼いたちは、樹々の中に立ち入って、小径が彼らを連れ出すのに任せていたのです。それで、五分も経つと、小径は分からなくなるのです。森では、そんなことがよくあるのです。ひとつの所は他のところと似て見えます。あちらこちらを回ると、同じ所をまた見つけることはないのです。そうやって、羊飼いたちは、樹がないと思われる所へ、道もないのに進んで行くのです。そこには、何棟かの小屋が面していると、羊飼いたちは思っているのです。 
 「イイイイ!」 二人は叫びました。 
 誰かが坂を掛けて遣って来るのです。でも、人間ではなかったのです、犬だったのですよ。怒りながら上がって来たのです、そして、ほら、目の前に二人を見つけたのです。ディモスは、その毛むくじゃらの、ほんとうの野獣、牧羊犬が自分たちの方へやって来るのを見ると直ぐに、大振りな石をひとつ引っ掴みました。そして、もうひとつを左手に取ったのです。 
 牧羊犬は、どうやってディモスと戦うかは分かっていたのです。
posted by kyotakaba at 15:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ばか

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十三章の初めのところ、
まるで訳せない。馬鹿だから。

Πολεμος μ' ένα μαντρόσκυλο

Ο Δήμος κι ο Φάνης σηκώθηκαν και πήγαν για τους βλάχους. Δεξιά τους είχαν πει πως είναι. Μπήκαν στα δέντρα κι άφησαν το μονοπάτι να τους βγάλει. Μα ύστερα από πέντε λεπτά της ώρας το μονοπάτι χάθηκε, όπως γίνεται συχνά στο δάσος. Έμοιαζε με τον άλλο τόπο. Γύρισαν από δω κι από κει, δεν το ξαναβρήκαν. Προχώρησαν τότε χωρίς δρόμο προς ένα σημείο που φαινόταν ένας τόπος χωρίς δέντρα. Εκεί τους φάνηκε πως έβλεπαν κάτι καλύβες.
≪ Έεε! ≫ φώναξαν.
Τρέχοντας ερχόταν τον ανήφορο κάποιος. Μα δεν ήταν άνθρωπος, ήταν σκύλος. Ανέβαινε με θυμό και να, τους βρέθηκε μπροστά. Μόλλις είδε ο Δήμος πως το μαλλιαρό τούτο μαντρόσκυλο, ένα αληθινό θηρίο, ερχόταν καταπάνω τους, άρπαξε μια χοντρή πέτρα κι άλλη μια πήρε στο αριστερό του χέρι.
Ο μαντρόσκυλος κατάλαβε πως μ' αυτόν είχε να πολεμήσει.   


Google translate :
マスチフとの戦争

   自治体とFanisが起きて、ロービングに行ってきました。その権利はあると言われました。彼らは、木を入力し、彼らを倒すために証跡を残しました。多くの場合、森の中で行われているとしてではなく、5分後にトレイルは、失われました。彼は別の場所のように見えました。彼らはそれを再発見していない、あちこちなりました。その後、彼らはそれが木のない場所に思えた点への道なしで進みました。彼らは何かの小屋を見て考えることがありようでした。
  「はぁ! 「彼らは叫びました。
   今後上り坂1を実行しています。しかし、彼は人間ではなかった、犬がいました。怒りに上昇し、フロントを発見しました。モリスは、羊毛がこのマスチフ、真の獣は、まっすぐに彼らに来て、厚い石をつかんで、かつて彼の左手に入った市町村を見ました。
   マスチフは彼と戦うために持っていたことに気づきました。 


Wordlingo :
番犬との戦争 自治体およびFanisはそれ自身を上げ、blachoysのために行った。 権利彼らはそれらにあると言った。 それらは木およびでそれらから取除くために道残入った。 頻繁に森林でなるように、5時間が道薄く失われた後Ma。 他の場所とのEmoiaze。 それらはそこにから私からまた見る、回復しなかった彼を回った。 それらは木なしで場所をappearredポイントに通りなしでそれから進んだ。 そこにそれはそれらに彼らが何かを小屋見たことappearred。
「Eee! 」彼らは叫んだ。
動くことは上りの道誰か来た。 Maは人、だった犬ではなかった。 怒りと上がり、それはそれらのために前部見つけられた。 Mollisはmalliaroがこの番犬、本物の獣、katapano彼等の来た自治体をそれ握った脂肪質の石を見、彼の左のウィンガー手で取った他の1。
Mantroskylos戦わなければならなかったこれとのそれを占める。
posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

Μάγχη

 アポストロス ドキアディス / クリストス・H・パパディミトゥリウの『 Logicomix 』、ギリシャ語版237ページのナレーションから、


Η Ευρώπη είχε αρρωστήσει βαριά από οξύ εθνικισμό... ... Και τα άκρως μεταδοτικά μικρόβια διέσχιζαν ταχύτατα τη Μάγχη.  





ヨーロッパは、民族主義の酸の為に、重篤になっている。非常に強い感染力を持つ細菌が、急速にマーグキ[ イギリス海峡 ]を分断してしまった。 


Μάγχη - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の4 





  Ο Γιωργάκης, ο Αλέκος κι ο Δημητράκης πήραν να ξεφλουδίσουν τις πατάτες, ο Δήμος κι ο Καλογιάννης να κόψουν τα φασόλια και τις ντομάτες. Άλλοι πήραν να καθαρίσουν τα κρεμμύδια κι άλλοι άναψαν τη φωτιά.  
 ≪ Την όρεξή μας ≫, είπαν αυτοί γελώντας.  
 ≪ Απ' αυτή έχουμε κι εμείς ≫, φώναξε ο Αντρέας. ≪ Μα έννοια σας κι έχετε δουλειά ≫.  
  Η δουλειά που τους έπεσε ήταν αρκετή. Έπρεπε να γυρίσουν τις καλύβες, την κοινότητά τους, να κοιτάξουν τις θέσεις, τα δέντρα και να ορίσουν που θα είναι το μαγειρειό, η αποθήκη, τα ράφια.  
  Άλλοι έπρεπε να δουν αν έχουν ό,τι τους χρειάζεται για να μαγειρεύουν. Μήπως λείπει η κουτάλα, καθώς αυτή τη στιγμή τους λείπει το τηγάνι και πρέπει να το ζητήσουν από τους λοτόμους. Άλλοι πάλι θα πήγαιναν να δουν τους βλάχους, για να ξέρουν τι τρόφιμα μπορεί να πάρουν απ' αυτούς στην ανάγκη. Και στο τέλος, να μάθουν αν έχει κανένα χωριό εκεί κοντά και πόσο μακριά είναι.  





 ヨルゴスとアレコスとディミトラキスは、ジャガイモの皮を剥くのを選んだのです。ディモスとカロヤニスは、とインゲン豆とトマトを切るのを選びましたよ。タマネギを洗うのを選んだ、ほかの子供たちもいました。それに、火を点けるのを選んだ子供もいたのです。 
 「食べたいからね、」子供たちは、そういいました、そして笑ったのです。 
 アンドレアスが叫びました。「食べたいから、ぼくらは、しなくちゃいけないんだ。どう言うことかって言うと、みんな仕事があるって言うことさ。」 
 みんなに割り当てる仕事は十分にあったのです。小屋を、自分たちの村を見回らなければならなかったのです。村の状態、樹々を気を付けて見なければなりませんでした。それに、どこが台所で、どこが倉庫で、どこに棚を付けるのかを決めなければならなかったのです。 
 料理に必要なものが何かあるのではないかと、ほかの子たちは考えた筈ですよ。もしかしたら、スプーンが足りないのではないかしら、今のところ、フライパンがないのです。木樵たちから貰わなければなりませんでした。羊飼いたちに会いに行った子供たちもいました。羊飼いたちから直に貰えるだろう食べ物は何かを知るためになのです。それから、最後に、近く仁村はあるのか、あればどれくらい遠いのかを教わったのです。 





「子供たちは村を作る」、おわり
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά

 『 Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά 』 
ヤニス・リッツォス、メルポウ・アクシオティ往復書簡。呪われた、そして、祝福された手紙。 
出版社: Άγρα

.:BiblioNet : Γιάννης Ρίτσος - Μέλπω Αξιώτη, Καταραμένα κι ευλογημένα χαρτιά / Ρίτσος, Γιάννης, 1909-1990
posted by kyotakaba at 14:09| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

Ονειροπόλος

 コスタス・カリオタキスの短編の題名を間違えていました。
Ονειροπόλος、夢の都市ではなくて、夢想家。
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο Ονειροπόλος 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Τώρα αυτα έχουν πια τελειώσει.
Στο κελί του άσυλου οπου βρίσκεται,
μέρα και νύχτα είναι το ίδιο αδιάφορες.


Βλέπει μονο το φωτεινό μαύρο τετράγωνο ν'
αλλάζει χρώματα προτίμα το μαύρο όταν νυχτώνει.


Έτσι περνούν οι ώρες και οι μέρες του ευτυχισμένου ονειροπόλου.
Ολομόναχος, ακίνητος, πιστεύει ότι πραγματοποίησε
το μεγάλο σκοπό της ζωής του.



Τίποτα γύρω του δεν αλλάζει.
Και ο χρόνος δεν υπάρχει.
  



ことは、これだけで終わった。 
彼は施設の独り部屋にいて、 
夜も昼も同じで、関心がない。

彼は、黒い四角の影を見ているだけだ。
彼は、夜になった時の、黒に色を変えた影が好きなのだ。 

そうして、彼は、満足げな夢想の時間を、日々を過ごしている。 
完全に同じで、動かない。彼は、
自分の人生の最大の目的は実現された、と信じている。

彼の周囲は変わらない。 
時間は存在しないのだ。  






おわり
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

Ο Ονειροπόλος 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Μελέτησε.
Αγόρασε χημικά όργανα. Κλεισμένος στο υπόγειο του.


Έκανε πειράματα, ανέλυε ουσίες, έλεγχε τύπους...

Παρακολουθούσε τη ζωή από την εφημερίδα...
Χαμογελούσε με τις ασημαντότητες που απασχολούσαν τους άλλους.


Όταν θα περιόριζε τον χρόνο σ' ένα σωλήνα του εργαστηριού του...


... να δούμε τι θα έκαναν οι μεγαλόσχημοι κύριοι που
γέμιζαν τον κόσμο με σαπουνόφουσκες...


Τι θα γίνονταν οι τόκοι των τοκογλύφων,
με ποια ημερομηνία θα έβγαζαν τις εφημερίδες τους.
  






5-35p
彼は研究した。 
化学用具を買った。自分の地下室に閉じ籠った。

実験をした。物質を分析し、痕跡を検査して…。 

新聞で日々の出来事を追って、 
他の人々を手一杯にさせる瑣事を見て笑った。 


実験室の試験管に時間を閉じ込めたならば、… 


無駄話で世界をいっぱいにしているお偉方々が何をするのか見ることが出来るだろう。… 

高利貸しの利子がどれだけになるか、
何時の日付けの新聞に、お偉方が出ることになるのか、見ることが出来るだろう。
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

Ενας Αλλος Κόσμος

 『 Ενας Αλλος Κόσμος 』 別の世界 
Χριστόφορος Παπακαλιάτης ハリストフォロス・パパカリアティス監督。2015年作品。 
経済危機のギリシャで、年代も違う三組のギリシャ人と外国人のカップルの恋愛。 

Cine.gr - Τανίες Ενας Αλλος Κόσμος - Worlds Apart 
Enas Allos Kosmos (2015) - IMDb 

Αρχική | Worlds Apart 


posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の3 





  ≪ Εικοσιέξι άνθρωποι για να ζήσουν στο βουνό πρέπει όλα να τα κάνουν με τα χέρια τους. Να ψήνουν το ψωμί, να κουβαλούν το νερό, να βράζουν το φαΐ. Είστε εικοσιέξι συγκάτοικοι, που πρέπει να ζήσετε μαζί στο ίδιο μέρος. Έχετε τις ίδιες δυσκολίες και τις ίδιες ωφέλειες. Κάνετε λοιπόν μια κοινότητα. Πώς αυτή θα ζήσει χωρίς μαγαζί, χωρίς μύλο, χωρίς τίποτα; Κάποιος από σας πρέπει να γίνει φούρναρης, μπακάλης, μυλωνάς. Ό,τι χρειάζεται για να συντηρηθείτε πρέπει να το βρείτε μόνοι σας, όπως οι βοσκοί, οι βλάχοι και οι λοτόμοι. Θα φάτε ή δεν θα φάτε σήμερα; ≫  
  ≪ Θα φάμε ≫, απάντησε ο Φουντούλης.  
  ≪ Να δούμε όμως πώς θα φάτε. Ε, όσο για σήμερα έχετε έναν κουτσομάγειρα, τον Αντρέα. Αυτός έμαθε από τους λοτόμους το γιαχνί. Σήμερα θα είναι μάγειρας για όλους σας. Τώρα βοηθήστε κι οι άλλοι να γίνει το φαΐ ≫.  





 「山に住もうと言う二十六名は、その全員が、自分の手でしなければならないのだよ。パンを焼くこと、水を運ぶこと、食べ物を煮ること、それを自分たちでしなければならないのだよ。君たち一緒に暮らす二十六名は、同じ一つ所に、一緒に暮らさなければならないんだ。同じ一つの困難、同じ一つの利益があるんだよ。つまり、一つの村を作るんだ。お店もなく、製粉所もなく、なにもないのに、どうやって暮らす? 君たちの中の誰か一人がパン屋になり、誰か一人が食料品屋になり、誰か一人が粉挽き屋にならないといけないんだ。生きていくために必要なことは全部、自分たちだけで見つけなければならないんだ。ちょうど、牧人、羊飼い、木樵の様にだよ。今日は、食べられるかな? 食べられないかな?」 
 フォンドゥリスは、答えました。「ぼくらは、食べられるよ。」 
 「でも、どうやって食べられるか考えてみようね。さあ、今日のところは、アンドレアスに下手なコックをさせよう。アンドレアスは、木樵からヤフニ[ 野菜をトマトソースで調理した料理 ] を習っているからね。今日は、アンドレアスが、みんなのための料理人になるだろうね。さあ、他の子たちは、食事が出来るように手伝いなさい。」
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

Ο Ονειροπόλος 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Άλλοτε πάλι συνέβαινε κάτι περίεργο.
Ακούγοντας ή βλέποντας κάτι ασήμαντο...


... Είχε την εντύπωση ότι το πράγμα αυτό έγινε προηγουμένως,
άγνωστο πού και πότε.

Συνέβαινε κι όταν μιλούσε πιό κοινά θέματα.

Μηπώς ξέρετε που βρίσκεται η οδός αναπαύσεως;


Τώρα θα μου απαντήσει :
'' Δεν ξέρω, αλλά νομίζω μετά τις γραμμές του τραμ
που θα συναντήσετε ''


δεν ξερω, αλλά νομιζω μετά τις γραμμές του τραμ
που θα συ συναντήσετε.


Κι ο περαστικός έφευγε βιαστικά, σκυμμένος, πνίγοντας ένα γέλιο.
  






それから、また、奇妙なことが起こった。 
些細なことを見たり聴いたりして…、 

…、その事は、前にあった事だと言う印象があるのだ。
何時だったか、何処でだったかは分からないのだけれど。 

それは、まるでよくある事を話した時に起こった。 


「すみません、墓地へ行く道をご存知ないですか?」 


さあ、この人はこう答えるだろう、
[ 知りません。けれど、トラムで行けば、行けるだろうと思いますよ。 ] 


「知りません。けれど、トラムで行けば、行けるだろうと思いますよ。」 

そして、年老いた通行人は、身を屈め笑いを押し殺しながら、急いで行ってしまった。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

Ο Ονειροπόλος 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ύστερα θυμόταν ένα χορό μεταμφιεσμένων.

Δύο τρείς νότες που επαναλαμβάνονταν σε κάθε φράση.
Δημιουργούσαν ατμόσφαιρα περασμένης εποχής.

Κι έπειτα έγινε κάτι απροσδόκητο :
Οι χορευτές δεν μπορέσαν να υπολογίσιυν
ακριβώς πόσο είχαν υποχωρήσει στο παρελθόν...

Κι ετσί προσπαθώντας να γυρίσουν στην εποχή τους,
έφυγαν δίχως να το υποπτευθούν πολύ μπροστά στο χρόνο.

ΑΠΟΚΡΕΩ 2027
 






 それから、彼は、ある仮装舞踏会を思い出す。 

節ごとに、二三の音が繰り返されている。 
過ぎ去った時代の雰囲気を醸し出している。 

それから、予期していなかった事が起こった。 
踊り手たちは、過去にどれほど遡るのか正確に計算出来なかったのだ。 

それだから、自分たちの時代に戻ろうとして、
ずっと前の時間だと疑うことなしに、行ってしまった。 

2027年カーニバル
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

Ο Ονειροπόλος 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ήταν Κυριακή. Η μπάντα έπαιζε,
ο κοσμος εκανε βολτες, ή καθόταν στα καφενεία.

Είδα το πατρικό του, τον κήπο, την ταράτσα του...

Τίποτε δεν είχε αλλάξει, όλα όμως είχαν μικρύνει.
Είχαν χάσει το ένα τρίτο του όγκου τους.

Εκείνοι δεν είχαν αντιληφτεί τίποτα.
Ο χρόνος όμως δούλευε ασταμάτητα, τρώγοντας κάθε στιγμή κάτι από τη φτωχή τους ύπαρξη.
 





 日曜日だった。楽団が演奏していた。 
人々は散歩をしている。あるいは、カフェネイオに座っている。 

私は、父の家、庭、テラスを見た。 

何も変わっていなかった。だが、何もかもが小さくなっていた。 
人々は、嵩の三分の一を失っていた。 

人々は、それを少しも知覚していなかった。 
けれども、時間は、留まることなく動いている。どの瞬間でも、人々のそれでなくても不十分な存在を浸食している。  




ここまでで、Βικιθήκη の『 Ονειροπόλος 』の1が終わり。 
Ονειροπόλος - Βικιθήκη
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

Σούδα λεξικόν

 10世紀頃、ビザンチン帝国マケドニア王朝のコンスタンティノス7世の頃に編纂されたと思われる辞書。当時は、マケドニア朝ルネサンスと呼ばれる時期で、古代ギリシャ文化の復興が行われていた。 
 『 Σούδα λεξικόν 』もその一つで、古代文献の収集と整理の結果、編纂されたもの。 

スーダ辞典 - Wikipedia 

現代語訳、Φιλολογική Ομάδα Κάκτου 訳: 
.:BiblioNet : Σούδα λεξικόν /
posted by kyotakaba at 16:02| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

Τα παιδιά σχηματίζουν κοινότητα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十二章「子供たちは村を作る」の2 





  Ένα παιδί, ο Πάνος, έλεγε του Δημητράκη καθώς νιβόταν : ≪ Άι, άι τι κρύο νερό! ≫ Και του κρατούσε το κεφάλι κάτω από τη βρύση. Ο Δημητράκης φώναζε σαν κατσίκι. Ο Πάνος τον άφησε κι έβαλε το δικό του κεφάλι στη βρύση. Άφηνε το κρύο νερό να πηγαίνει στον σβέρκο του, στο στήθος του.  
  Όταν πλύθηκαν, ήρθε να τους δει ο κυρ-Στέφανος. Ο καλός άνθρωπος που τους έφερε ως εδώ θα πήγαινε στη χώρα για τις δουλειές του. Φεύγοντας τους είπε αυτά τα λόγια :  





 ひとりの子供が、パノスなのですけれどね、顔を洗いながら、ディミトラキスにこう言ったのです。「ああ、ああ! なんてつめたい水!」 そして、泉の下で頭を抱えたのです。ディミトラキスは、子山羊の様に叫んだのです。パノスは、ディミトラキスを放っておいて、自分の頭を泉に突っ込んだのです。つめたい水が、うなじを、胸を流れるのにまかせたのです。 
 二人が身体を洗っていると、ステファノスさんが彼らを見にやって来たのです。とても親切な人なのです。ステファノスさんは、みんなをここまで連れて来たくれたのですが、仕事があるので、もう、都市へ行くのです。子供たちに、次の様なことを言って、立ち去りました。
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

Ο Ονειροπόλος 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキス の『 Ο Ονειροπόλος 夢想家』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 

Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキスは、1896年トリポリ生まれ、1928年自死した詩人、作家。今年は、生誕120年。

Κώστας Καρυωτάκης - Βικιπαίδεια 
.:BiblioNet : Καρυωτάκης, Κώστας Γ., 1896-1928 





Δεν ήξερε άν ήταν μικρόβιο...

Η αόρατος κακοποιός.

Πίστευε όμως ότι ο χρόνος ύπηρχε στο διάστημα.
Είχε αρκετές απόδειξεις.


Κάποτε, σ'ένα μακρινό ταξίδι, το βαπόρι σταμάτησε στο λιμάνι της πόλης οπου είχε ζήσει μικρός.






夢想家 


 微生物がいるなどと言うことも知らなかった。 

目に見えない悪漢。 

 時間は間隔にあるのだと信じていた。十分な証拠があった。 

 いつだったか、遠い旅の途中、汽船が、少しの間住んだことのある都市の港に停泊した。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

Ο γύρος της Ελλάδος

 1935年に、初版が出た、『 Ο γύρος της Ελλάδος 』。ギリシャ周遊記。
 ギリシャ国内の見聞記。著者は、Κώστας Χωρικός ( Κωνσταντίνος Ελευθερουδάκης ) ??? 著者についてはよく分からない。 

.:BiblioNet : Ο γύρος της Ελλάδος / Ελευθερουδάκης, Κωνσταντίνος

.:BiblioNet : Ελευθερουδάκης, Κωνσταντίνος 



b161815.jpg
posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Κώστας Καρυωτάκης

 『エティオピア物語』の第八巻が終わったので、グラフィック・ノベル『 Το Γιούσουρι 』に収められている、Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキスの短編「 Ο Ονειροπόλος 」を読もうかと思う。 
 「 Ο Ονειροπόλος 」は、Βικιθήκη にも掲載されているので、そちらを読めばいいのかも知れないけれど。 

Κώστας Καρυωτάκης コスタス・カリオタキスは、1896年トリポリ生まれ、1928年自死した詩人、作家。今年は、生誕120年。

Κώστας Καρυωτάκης - Βικιπαίδεια 
.:BiblioNet : Καρυωτάκης, Κώστας Γ., 1896-1928 

Βικιθήκη に掲載されている「 Ο Ονειροπόλος 」: 
Ονειροπόλος - Βικιθήκη 



 邦訳は、東千尋 先生訳の何編かの詩が『現代ギリシア詩集』に取られている。 

 ギリシャ国内では、Λένα Πλάτωνος レナ・プラトノスがコスタス・カリオタキスの13編の詩にメロディを着け、サヴィナ・ヤナトゥが歌ったアルバムがある。1982年のアルバム。 
Καρυωτάκης* , Μουσική Λένα Πλάτωνος , Τραγούδι Σαβίνα Γιαννάτου - 13 Τραγούδια at Discogs
posted by kyotakaba at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

κανείς δε θα πληρώσει για να τα διαβάσει

 アポストロス・ドキアディスの『 Logicomix 』の中の、ホワイトヘッドの台詞から、 


  Δεν μπόρεσαν να βρουν ούτε έναν ανάγνωστη να το αξιολογήσει, κατά συνέπεια είπαν : ≪ Αφού κανείς δε δέχεται να διαβάσει τα "Πρίνκιπια" και να πληρώθει... Τότε, βέβαια, και κανείς δε θα πληρώσει για να τα διαβάσει! ≫ 





 中身を吟味する書物を見つけることが出来ないのだ。従って、人々はこう言う。「誰も『プリンピキア』を読むことを容認しないで、買いもしない…。だから、確かに、誰も、それを読もうと買いはしないのだ。」
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする