2016年05月31日

エティオピア物語 第九巻 6-5

  Ο δε Οροονδάτης είπε ότι παραιτείται από τα έπαθλα που στάθηκαν αιτία του πολέμου και παραχωρεί την πόλη Φίλες και τα μεταλλεία των σμαραγδιών. Και για τον εαυτό του αξίωνε να μην υποχρεωθεί σε παράδοση ούτε ο ίδιος ούτε οι στρατιώτες του, αλλά, άν ο Υδάσπης ήθελε να αποδείξει τη φιλανθρωπία του, να τους επιτρέψει να αποχωρήσουν στην Ελεφαντίνη υπό τον όρο να μην προξενήσουν καμιά βλάβη μήτε να σηκώσουν τα όπλα.





 一方、オロンダティスは、戦争の原因だった身代金は放棄する、フィラの都市とエメラルドの鉱山を譲る、と言ったのです。自分自身については、イダスピス王が慈悲を持っていることを証したいと思っているのならば、彼自身も彼の軍隊も降伏を強いられるべきではない、どんな被害も引き起こさない、武器も手に持たないということを条件に、エレファンディニーに撤退することを許して欲しい、と訴えたのです。  


posted by kyotakaba at 11:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

διώχνει γοργά με τα λουριά του κνούτου

 カザンザキスの「秀吉」、125行から130行、再考。 
2016年05月11日: aimotokiyotakaba - β




Φωνάζει η γής στην άκρα του μυαλού του,
ιερό, αψηλό τον έκρουσε μεθύσι,
πατάει φωνή, και στου άγριου παλατιού του
τις φωτερές αυλές πηδάει, κι αράδες
διώχνει γοργά με τα λουριά του κνούτου
γυναίκες, βιολιτζήδες, βασιλιάδες.





彼らを生み育んだ大地が、傴僂の脳の涯で叫ぶ。
神性な、高貴な酔いが彼を捉える、
そして、その声は、彼の野蛮な宮殿に踏み込むと、
華やかな廷臣達や行列に襲いかかり、
笞刑の鞭で、瞬く間に、
女たち、ヴァイオリニストたち、諸侯たちを追い出した。
posted by kyotakaba at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

エティオピア物語 第九巻 6-4

  Σ’ αυτά οι Συηναίοι αποκρίθηκαν ότι οι ίδιοι καθώς και τα παιδιά και οι γυναίκες τους, όλοι παραδίδονται στον Υδάσπη να τους κάμει ό,τι θέλει κι επίσης του παραδίδουν και την πόλη, άν διασωθεί, την πόλη που σίγουρα θα κατακλυζόταν από τα νερά άν δεν προλάβαινε κάποιος θεός ή ο Υδάσπης να στείλει κάποια μηχανή για να τη σώσει.





 その言葉に、シイニーの人たちは、こう答えたのでした。自分たちと、それに、子供たち、妻たちの全員は、イダスピス王が望むことの何でもを、自分たちに為すのに任せる、と。更に、シイニーの都市が無事に残ったならば、都市を王に明け渡す、と言ったのです。何れかの神かイダスピス王が、都市を救うために、何かの機械を送り込むのが間に合わなければ、都市が水に沈んでしまうだろうことは、確実でした。  


posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

λυτρώθη, χαρά! από πάσα ελπίδα πιά κι ιδέα

 カザンザキスの「秀吉」、120から124行、再考。 
2016年05月11日: aimotokiyotakaba - β

Δε θέλει πιά να φάει, να πιέι, λυτρώθη,
χαρά! από πάσα ελπίδα πιά κι ιδέα,
μ' έργα καλά δε θέλει πιά να στήσει
παγίδα στο Θεό, κι αφήνει η νέα
ψυχή του ορθή στο αγέρι να σκορπίσει.  





彼は、もう、食べようとも飲もうともしない。嬉しいかな!
どんな希望からも、そして、どんな概念からも解放された。
傴僂は、己の老巧さを用い神に罠を仕掛けることを、もう、
望まないのだ。そして、彼の新しい真っ直ぐな魂は、
風に解き放されて、飛散して行く。
posted by kyotakaba at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

Το Μέσα Φως

 『 Το Μέσα Φως 』、2015年作品。 Σταύρος Ψυλλάκης スタウロス・プシィラキス監督。
ドキュメンタリー映画。
 眼科医でクレタ島の博物館『Λυχνοστάτης』の創立者のΓιώργης Μαρκάκης ヤニス・マルカキス、86歳のドキュメント。( かな? ) 


Cine.gr - Τανίες Το Μέσα Φως - The Light Inside 

  



Αρχική | Lychnostatis.gr  


posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

κι ασκώνει τα κουρέλια της σημαία.

 カザンザキスの「秀吉」112から119行、再考。 
τα νεκρίκια ασκέρια: aimotokiyotakaba - β 5月9日


Πείνα χιλιοχρονίτισσα του σφίγγει
τα σωθικά, κι απ' τα νεκρίκια ασκέρια
του Χιντεγιόχη τρίζουν οι μελίγγοι.
Μα ανέσπλαχνα, άγρυπνα φρουρούν τ' αστέρια,
το άγιο Φουζί στα φρένα του σηκώθη,
χιμάει η ψυχή, προγκάει, χτυπάει τα χέρια,
τους πρόγονους με οργή στον Άδη αμπώθει
κι ασκώνει τα κουρέλια της σημαία.  




千年の飢えが傴僂の腸を締め付ける。
寺々は、ヒンデギョヒに殺された大勢の
死者で軋み音を立てる。
片や、非情で眠りもしない星々が監視している中、
聖山フウジは憤激で屹立し、
魂は、飛び出し、手を叩き、祖先たちを
追い遣り、煉獄に押し込める。 
そして、襤褸で出来た旗を立てる。
posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

Οι επιγροφές του Καλογιάννη

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十七章「カロヤニスの標札」 





     Οι επιγροφές του Καλογιάννη

  Σε μια καλύβα κρέμασαν αυτή την επιγραφή :

ΠΑΝΤΟΠΩΛΕΙΟΝ
ΖΑΧΑΡΟΠΛΑΣΤΕΙΟΝ
ΛΑΧΑΝΟΠΩΛΕΙΟΝ
ΚΑΙ ΑΛΛΑ ΠΟΛΛΑ
ΚΑΤΑΣΤΗΜΑΤΑ


  Δίκιο είχε ο Καλογιάννης που έκαμε την επιγραφή, γιατί όλη η αγορά ήταν εκεί μέσα. Είχαν ένα σακί ρύζι, ένα σακί με ψιλή φακή, ένα με πατάτες, δυο τενεκέδες λάδι, λίγη ζάχαρη και πέντε κεφάλια τυρί.  
  Σ' ένα άλλο πεύκο κρέμασε την επιγραφή :

ΚΑΦΕΝΕΙΟΝ ≪ Η ΕΥΘΥΜΙΑ ≫
ΤΡΑΠΕΖΑΡΙΑ
ΘΕΑΤΡΟΝ
ΕΙΣ ΤΟ ΕΠΑΝΩ ΠΑΤΩΜΑ


  Σε άλλο δέντρο έβαλε την επιγραφή :

ΣΦΑΓΕΙΑ

  Αυτή μπήκε σε πολύ μακρινό πεύκο, γιατί τα σφαγεία βρίσκονται πάντα έξω από την πόλη.  
  Να λοιπόν μια μικρή πολιτεία. Τι της λείπει; Μόνο ένα δημαρχείο, ένας μεγάλος δρόμος, λίγοι χωροφύλακες και μια μουσική. Όσο για την τελευταία, τα τζιτζίκα εδώ είναι.





        カロヤニスの標札  

 一棟の小屋には、子供たちが、このような標札を掲げていたのですよ。 

食料品店 
お菓子屋
八百屋 
そのほか、
いろいろのお店 

 カロヤニスが書いたのですけど、ほんとに、道理に適っているのです。だって、このお店の全部が、この小屋の中にあるのですから。米が一袋、小さいレンズ豆が一袋、ジャガイモが一袋、油が二缶、砂糖が少し、五人分のチーズがあったのです。 

喫茶店「陽気」
食堂 
劇場 
階上にあり〼 

 ある樹には、こんな看板を掛けたのです。 

屠殺場 

 この標札は遠くの松に掛かっていました。と言うのは、屠殺場は、常に、都市の外にあるからなのです。 
 さあ、ここは小さな町です。何が足りないでしょう? 市庁は一つだけ、大通りは一つだけ、警察はほとんどなし、それに、楽団は一つ。最後の楽団についてですが、ここには、たくさんの蝉がいるのです。
   






posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ο παρδαλέχτορας ο νούς τρομάζει

 カザンザキスの「秀吉」、108から111行、再考。 

けれども、進展はない。新しく気付いたことはない。分からないまま。 
ヤツガシラ、各神話や聖書で付加される意味は違うけれど。
連想したのは、秀吉の兜、「一の谷馬蘭後立付兜」だけど、あれは、菖蒲を象ったものだと言うことだし。

≪ Άχ, φάε κι αγκάλιασε για μας, αγγόνι! ≫
Όλη η χοντρή, μουντή γενιά σμαριάζει
στα μπράτσα, στα μεριά του, στο λαρύγγι,
κι ο παρδαλέχτορας ο νούς τρομάζει.  


τρομάζει は、エネストータスだけれど、他動詞に取ると、対格に当たる語が見当たらないので。


「ああ、食べろ、そして我らを受け容れよ、孫よ!」
短躯で見栄えのしない一族の全員が、
ヒンデギョヒの両の腕に、両の脇に、喉に、蜜蜂の様に群がる。
戴勝が、頭脳が怯える。
posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

エティオピア物語 第九巻 6-3

  Τώρα λοιπόν που έχει στα χέρια του τη ζωή και το θάνατό σας, επειδή προσπέσατε ως ικέτες, σταματάει τον αδιαμφισβήτητο και αναπόδραστο κίνδυνο χωρίς να ορίζει ο ίδιος, αλλά αφήνοντας σε σας να ορίσετε τους όρους με τους οποίους θα ήσαστε ευχαριστημένοι να απαλλαγείτε από τα δεινά. Γιατί δεν εκμεταλλεύεται σαν τύραννος τη νίκη, αλλά χωρίς να προκαλεί τη νέμεση διακυβερνά τις τύχες των ανθρώπων ≫.





 「さて、今この時、貴方たちの生と死を、王は、自らのお手の中に持っているのです。貴方たちが懇願者として跪いたので、王は、明々白々なそして逃れられない脅威を与えるのを止めたのです。それも、条件を、王自ら決めるのではなく、貴方たちが決めるのに任せたのです。その条件で、貴方たちは苦難から解放されて満足するでしょう。王は、暴君の様に、勝利を利用したりはしないからです。けれど、天罰を引き起こすこともなく、人間の運命を決めるのです。」 
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

γλείφω

 カザンザキスの「秀吉」、104から107行を再考。 

Σούρνουν φωνή στα σπλάχνα του οι προγόνοι,
γυμνό, σκεβρό, λιμάρικο φουσάτο,
που αγλείφει κι αναγλείφεται κι ασκώνει
μύριους χοντρούς λαιμούς, φαλλούς, και κράζει :  



αναγλείφεται は、『旅行記』の中で使ってあった。γλείφω に接頭詞 ανα-が付いた形。
それから、αγλείφει は、カザンザキスの他の文章に使ってあるのを、インターネット上のコメントで見た。
「Μια γλώσσα πύρινη είναι η ψυχή κι αγλείφει και μάχεται να πυρπολήσει τον κατασκότεινο όγκο του κόσμου. Μια μέρα όλο το Σύμπαντο θα γίνει πυρκαγιά」、何の作品中なのかは分からないけれど。 
これに英訳が付いていたので、 
「The soul is a flaming tongue that licks and struggles to set the black bulk of the world on fire. One day the entire Universe will become a single conflagration」。 
これから、αγλείφει も、γλείφω のことだと見当がついた。 

それで、訳して見た。 

先祖たちがその声を傴僂の腑に染み通らせる。
裸で捻れた貪欲な大衆だ。
傴僂は、その大衆に舌を伸ばし、舐め回した。そして、
無数の短い首と男根を起こし、叫んだ。 
posted by kyotakaba at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ασκώνω ρήμα σηκώνω

 カザンザキスの「秀吉」、87行に使ってあった、ασκώνουν。ασκωνω、σηκώνω のことだということ。
読み直す。 

こころが繁茂している。そこで、死神は
茉莉花を匂う。死神の両胸は、
人間の最も甘い陵堡を立てる。 

これで、意味が分かるのではないけれど。  


106行に使ってある αναγλείφεται、
これは、旅行紀の「 Θεά του ελέους 」の章でも使ってあった。
Μιά γάτα πορτοκαλιά με μαύρες βούλες αναγλείφεται με την τριανταφυλλένια γλωσσίτσα της: aimotokiyotakaba-β παράρτημα
posted by kyotakaba at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

エティオピア物語 第九巻 6-2

  ≪ Πέρσες και Συνηναίοι εδώ παρόντες, ο Υδάσπης, ο βασιλιάς των Αιθιόπων της Δύσης και της Ανατολής, τώρα δε και δικός σας, και να καταβάλλει τους εχθρούς ξέρει και να τους ευσπλαχνίζεται・ και γενναίος είναι και φιλάνθρωπος : το πρώτο είναι απόδειξη της στρατιωτικής του ικανότητας, το δεύτερο είναι ιδίωμα του χαρακτήρα του.





 「今個々に居られるペルシャ人そしてシイニーの都市の皆さん、イダスピスは、西と東のエティオピアの王です。今や、貴方たちの王でもあるのです。敵を征服したならば、その者たちに憐れみを持つことを知っています。王は勇敢で、慈悲深いのです。まずは、王の軍事力を証してみせたのです。次には、王の性格の特徴を証すのです。」
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ν' ανηφοράει σκυφτό, με κουτρουβάλες, το πλούσιο χρυσοσάμαρο ρηγάτο.

 カザンザキスの「秀吉」、97から103行、再度、一語一語確認しながら、読んでみる。 

Μα αυτός πετιέται ορθός, βαρύς, και θειάφι
τ' αρθούνια του μυρίζουν κι οι μασκάλες・
με ρούσα λάκα τις πληγές του βάφει
και κουρελής, ξυπόλητος, στις σκάλες
στάθη σα μάσκα και θωρούσε κάτω
ν' ανηφοράει σκυφτό, με κουτρουβάλες,
το πλούσιο χρυσοσάμαρο ρηγάτο.

Μα αυτός πετιέται( 動詞 受動相 三人称単数) ορθός(形容詞 主格 男性), βαρύς(形容詞 主格 男性),
και θειάφι(中性実詞 主格あるいは対格 単数 : 硫黄) τ' αρθούνια( 中性実詞 複数 主格あるいは対格 : ρουθούνι 鼻の穴 ) του(代名詞 強形 三人称単数 所有だと思う。弱形属格男性単数ではないと思う。) μυρίζουν(三人称複数) κι οι μασκάλες(女性実詞複数主格 : 脇の下)・
με ρούσα λάκα( 女性実詞 前置詞με に付く対格 ) τις πληγές(女性実詞対格 複数 : 傷) του(代名詞 所有 男性単数) βάφει(動詞 三人称単数)
και κουρελής(男性実詞 単数 主格 : 襤褸を着た人), ξυπόλητος(男性実詞 単数 主格 : 裸足の人),
στις σκάλες στάθη(動詞 三人称単数) σα μάσκα(女性実詞 単数 主格あるいは対格) και
θωρούσε(動詞 三人称単数: 見る) κάτω(副詞 下に/下を) ν' ανηφοράει(動詞 三人称単数 イポタテキィ ανηφορίζω 坂を登る) σκυφτό(形容詞 男性対格形 : 身を屈めた),
με κουτρουβάλες(女性実詞 複数 対格 : 宙返り),
το πλούσιο(形容詞 中性単数形 主格) χρυσοσάμαρο(形容詞 中性単数形 主格 : 金の鞍を) ρηγάτο(中性実詞 単数 主格 : βασίλειο 王国 ).


πετιέται の主格はαυτόςで秀吉のこと。ορθός、βαρύςは補語だと思う、これも秀吉を形容。
μυρίζουνの主格はαρθούνιαとμασκάλες。
βάφειの主格も秀吉。
στάθη の主格はκουρελήςでξυπόλητοςの人物、やはり秀吉か?
θωρούσε の主格もστάθη の主格と同じκουρελήςの人物。
χρυσοσάμαρο が実詞で、ρηγάτοが形容詞か? 


と、傴僂は出し抜けに立ち上がる。直立し厳めしい。けれど、
彼の両の鼻の穴と両脇は、硫黄の匂いがする。
傷には、赤茶色の仮漆を塗っている。 
そして、階に、襤褸を纏い裸足で立っている、
まるで、仮面を着けている様に。そして、
王権の豪華な金の鞍が、翻筋斗打ちながら
登って来るのを見下ろしている。
posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

エティオピア物語 第九巻 6-1

  Σαν άδειασε από μαχητές το μεταπύργιο και ο δήμος με άσπρες σημαίες τους έκανε σήμα ότι μπορούσαν να προσορμιστούν, πλησίασαν οι Αιθίοπες και, όρθιοι πάνω στα σκάφη σαν σε βήμα, είπαν περίπου τα εξής στο ακροατήριο των πολιορκημένων.





 塔と塔の間の部分に戦士たちが居なくなると直ぐに、市民たちが、白旗を使って、近づいて来た人たちに、舟を着けることが出来る、と合図をしたのです。エティオピア人たちは近寄りました。彼らは、雛壇に立っているかの様に、舟の上に真っ直ぐ立っていたのです。そして、聞き耳を立てている包囲された都市の人々に次のように言ったのです。  




μεταπύργιο : τμήμα τείχους ή φρουρίου ανάμεσα σε δύο πύργους
エティオピア物語 第九巻 5-1
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι

 『 Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι 』 球面の鏡、平面の殺人。 
Τεύκρος Μιχαηλίδης  テフクロス・ミハイリディス

1950年代、キプロスに、イギリス人ビザンチン研究家、フランス人古文書学者、若いギリシャ人数学者が、緊急に呼ばれる。第三回十字軍の時代の写本を鑑定するために。それには、プトレマイオス時代の難解な数学の問題が書かれていて。そして、謎の殺人事件が。 

.:BiblioNet : Σφαιρικά κάτοπτρα, επίπεδοι φόνοι / Μιχαηλίδης, Τεύκρος 

 作者のテフクロス・ミハイリディスは、数学で博士号を取った人で、数学を扱った推理小説を書いている様。1954年アテネ生まれ。
posted by kyotakaba at 21:59| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

エティオピア物語 第九巻 5-10

  Και ποιό το όφελος άν εξοντώσουμε αυτούς, όταν ένα τέτοιο νέφος από χώμα και νερό έχει περικυκλώσει την πόλη; Άς τους άφήσουμε να έλθουν και άς μάθουμε τί θέλουν ≫. Όλοι επιδοκίμασαν τα λόγια του, συμφώνησε και ο σατράπης・ απομακρύνθηκαν λοιπόν από το χάλασμα του τείχους, απόθεσαν τα όπλα και έμειναν να περιμένουν ήσυχοι.





 「土と水から出来たあの様な雲が我らが都市を既に取り巻いていると言うこの時に、我らがあの方達全員を討ち取って、何の益があるのだ? あの方達に来て貰おう、あの方達が何を望んでいるのかを知ろうではないか。」 都市の者全員が、長老の言葉に賛成しましたし、太守オロンダティスも合意したのです。そうして、都市の人々は、城壁の残骸から遠ざかって、武器を下に置き、佇んで、静かに待ったのです。
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

κούρσα

 カザンザキスの「秀吉」、150から157行、ここも分からないので、メモ書き 

Από χαρά μερμήδισαν τα φρένα
και πρόγκηξε την τίγρισσα ο προλάτης :
≪ Γιούχα, Ευτυχιά, με τα κοπρόσκυλά σου!
Δεν έχει εδώ να φάς, να πιείς・ δραγάτης
στέκω και διώχνω αλάργα τη γενιά σου!
Κραυγή της μοναξιάς, συντρόφισσά μου,
χωρίς αιτόπουλα και κούρσα, γειά σου,
έρμη στον γκρέμο αιτοφωλιά, καρδιά μου! ≫



μερμήδισαν : μυρμηγκιάζω ?? : γεμίζω μυρμήγκια / νιώθω φαγούρα / μουδιάζω
προλάτης ο (ουσιαστικό) : ο αρχηγός, ο ηγήτορας





嬉しさから、魂は、こそばゆく感じる。
頭領は、虎に怒鳴りつける。
「やい、俺は付きがある、お前らの様な屑ども相手だ!
ここには、お前が食べるものも飲むものもないぞ。儂は、
田守だ、お前の一族を遠くへ追い遣るのだ! 
荒野に響く叫び声、儂の連れ、
[ 〜もなく ][ 鷲の雛 ][ 競争 / 豪華な自動車 ][ ご機嫌よう ] 
[ 形容詞・女性形単数 孤独な ][ 崖 ][ 鷲ノ巣 ][ 我が心 ]」 


κούρσα は、何かまるで別の意味だと思うのだけれど、 

「秀吉」は、157行で終わり、とりあえず、メモだけは取ったけれど、
私にこれを読み取って訳すことが出来るのか?
posted by kyotakaba at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

エティオピア物語 第九巻 5-9

  Και ακόμα περισσότερο θα φούντωνε η μάχη ( οι Πέρσες βέβαια μάχονταν με φειδώ, θέλοντας μόνο να σταματήσουν τα σκάφη, αλλά οι Αιθίοπες αμύνονταν οργισμένοι ) άν δεν επενέβαινε κάποιος επιφανής πρεσβύτης Συηναίος που μίλησε στους μαχητές του τείχους λέγοντας ≪ τρελοί! η συμφορά σας πήρε το νού! εκείνοι τους οποίους ικετεύαμε ζητώντας βοήθεια έχουν ανέλπιστα φτάσει κι εμείς τους διώχνουμε; Άν αυτοί έρχονται ως φίλοι να μας κάμουν ειρηνικές προτάσεις, θα γίνουν οι σωτήρες μας, άν έχουν επιθετικό σκοπό, ακόμα κι αφού προσορμιστούν, ευκολότατα θα νικηθούν.





 そして、戦いはもっと激しくなったかも知れなかったのです。( ペルシャ人たちは、確かに、程々に戦っていました。ただ、舟を止めたいだけだったからです。けれども、エティオピア人たちは防戦しながら、怒ってしまったのです。 ) もし、名の知れたシイニーの長老が仲立ちをしなかったなら、戦いは激しくなっていたでしょう。長老は城壁で戦っている人たちへこのように言ったのです。「愚かしいぞ! お前たちの災難は、お前たちの正気も取り去ってしまったのか! 我らが助けを懇願した方々が、思いがけなくも、もうお着きになったのではないか。我らはあの方々を追い払うつもりなのか? あの方々が、我らに和平提案をするための友好の使者として来られたのだったら、あの方々は、我らの救済者のなられるだろう。もし、彼らが敵対的目的を持っているのだったら、こちらに舟を着けたとして、それでも、簡単に敗退するだろう。」
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

エティオピア物語 第九巻 5-8

  Στα βέλη τους απάντησαν με βέλη οι Αιθίοπες και, καθώς ήταν πιό εύστοχοι και δεν ήξεραν ακόμα τί σκοπό είχαν οι Πέρσες, διατρυπούν δύο απ’ αυτούς, ίσως και περισσότερους, έτσι ώστε μερικοί, από το ισχυρό και αιφνίδιο χτύπημα, εκσφενδονίζονταν έξω από το τείχος κι έπεφταν με το κεφάλι στο νερό.





 エティオピア人たちは、矢には矢で応答したのです。そして、その矢は、ずっと当たるのでした。それに、エティオピア人たちは、まだ、ペルシャ人たちの目的を知らなかったのです。矢は、ペルシャ人たちの中の二人を射抜きました。おそらくは、もっと多くの人を貫いたのです。そうして、何人かが、強くて突然の一撃で、城壁から外に弾き跳んで、頭から水へ落ちたのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

 エティオピア物語 第九巻 5-8 、まるで分からない。 

Στα βέλη τους απάντησαν με βέλη οι Αιθίοπες και, καθώς ήταν πιό εύστοχοι και δεν ήξεραν ακόμα τί σκοπό είχαν οι Πέρσες, διατρυπούν δύο απ’ αυτούς, ίσως και περισσότερους, έτσι ώστε μερικοί, από το ισχυρό και αιφνίδιο χτύπημα, εκσφενδονίζονταν έξω από το τείχος κι έπεφταν με το κεφάλι στο νερό.  

Google翻訳 
彼らの矢印は、矢印エチオピアで答えて、それがより適切であったとして、さらにはペルシャ人は、ピアスがそれらの2、多分より多くの、いくつかは、強力かつ突然のヒットから、壁の外に放り出されたように、何の目的か分かりません水に彼の頭に落ちました。


World Lingo 翻訳
矢Aithiopesおよび、kathosそれらはまだよ向けられ、持っていたPersesのそれらからのdiatrypoyn 2をと答えられた矢では多分向けるおよび多く、従って、強力な、突然の打撃によって、壁からのeksfendonizontan外側および水の頭部によって倒すため知らなかった。


διατρυπούν δύο απ’ αυτούς の節が分からない。 
διατρυπούν は三人称複数。この主格は何なのか? まるで分からない。 
δύο とは何なのか???? まるで分からない。 
αυτούς は何を指しているのか? まるで分からない。 

私は馬鹿すぎるので、見当もつけられない。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αχνίζουν τα χαράκια ως πυρομάχοι

 カザンザキスの「秀吉」、141から149行、ここも分からないのでメモ書き、 

Κήπος βαθύς μες σε άπαρτα μουράγια,
χωρίς νερό, χωρίς δεντρό, κι υφαίνει
μονάχα η αράχνη τον καιρό, και βράχοι
σηκώνουνται αραδίς ανταρεμένοι.
Αχνίζουν τα χαράκια ως πυρομάχοι,
κι ως γέρνουν πάνω σε άλλο τρομαγμένα,
νογάει μιά τίγρη αθώρητη από ράχη
σε ράχη να πηδάει, κρατώντας ένα
στα δόντια της κουβάρι, τα παιδιά της.





難攻不落の岸壁の向こう奥深く、
水もない、樹もない庭がある。そこで、
蜘蛛が一人で時間を織っている。また、
引っくり返された幾つもの岩が並んで立っている。  
岩は薪載せ台の様に湯気を上げている、
一つの岩がが別の岩に危な気に寄り掛かっている。
一頭の目に見えない虎が、岩の背から岩の背へ
跳んでいるのが、そして、その虎の牙には、
毛玉を一つ銜えているのが、彼には分かる。虎の子たちだ。





χαράκια 罫線 / 岩 
πυρομάχος = πυροστάτης firedog
γέρνουν 三人称複数
τρομαγμένα 副詞?  
νογάει  νογώ 三人称単数 understand / know / be capable of
posted by kyotakaba at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

アンティキティラ島の機械

 5月17日は、アンティキティラ島の機械が、天体運行を示す機械だと、気付かれた日なのだそう。 

Βικιπαίδειαから 
Στις 17 Μαΐου 1902 ο μαθηματικός και τ. Υπουργός Παιδείας Σπυρίδων Στάης πρόσεξε ότι ένα από τα ευρήματα είχε έναν οδοντωτό τροχό ενσωματωμένο και εμφανείς επιγραφές με αστρονομικούς όρους.

Μηχανισμός των Αντικυθήρων - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 23:35| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 5-7

  Έτσι είναι : ο άνθρωπος που έχει χάσει κάθε ελπίδα, ακόμα και μιά μικρή αναβολή του θανάτου του τη θεωρεί κέρδος. Κι αυτοί έριχναν τα βέλη τους όχι για να χτυπήσουν αυτούς που πλησίαζαν, αλλά με σκοπό να τους εμποδίσουν να αράξουν στο τείχος.





 こう言うことなのです。あらゆる希望を失った人間は、それでも、死のほんの僅かの遅延を儲けだと考えるものなのです。それで、都市の人々は矢を射かけたのですが、それは、近づいて来る者たちに攻撃するためではなかったのです。そうではなくて、その者たちが城壁に取り付くのを邪魔するつもりで、矢を射かけていたのです。
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

エティオピア物語 第九巻 5-6

  Όσο για τους ανθρώπους της πόλης, μόλις είδαν τα σκάφη και τους ενόπλους να κατευθύνονται πρός το γκρεμισμένο μέρος του τείχους, περίτρομοι καθώς ήταν και παραλοϊσμένοι από τον κίνδυνο που τους απειλούσε, θεώρησαν εχθρούς ακόμα κι αυτούς που έρχονταν ως σωτήρας ( ύποπτα και επίφοβα γίνονται τα πάντα για όποιον βρίσκεται σε έσχατο κίνδυνο ) και, αφού ακροβολίστηκαν, άρχισαν να τους χτυπούν με βέλη πάνω από τα τείχη.





 都市の人々がどうしていたかと言えば、幾層かの小舟を見て、その武装した者たちが城壁の倒壊したところへ向かっているのを見ると、今にも起こりそうな危険の為に、恐れ戦いて錯乱していたので、助けに遣って来る人々をも敵だと考えたのです。( 最悪の危機にある人々は、何もかもが疑わしく恐ろしくなるのです。 ) そして、小舟が矢が届く所に来ると、城壁の上から矢を射かけ始めたのです。
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

τα σεράγια

 カザンザキス「秀吉」、131行から140行。ここも分からないので、とりあえずのメモ、 


Φυσάει, και σβήνει η παρδαλή βεγγέρα
της γής ― χοροί, θεοί, κρασιά, λαμπάδες ―
και διασκορπιέται ως πάχνη η θυγατέρα
της φαντασιάς μας και του νού, η βογκούσα
μεγάλη αρχιτεχτονική του αγέρα.
Το φώς το αγνό λυτρώθη απ' την αγκούσα,
διαβαίνει ο Χιντεγιόχη τα σεράγια,
σπίθες η μαύρη του πετάει πατούσα,
και φτάνει πιά στα φυλλοκάρδια τ' άγια,
τ' απάρθενα, της μοναξιάς, και μπαίνει.




吹いて、地上の派手な夜会が消える。
「踊りの集団、神々、幾種もの酒、灯り、」
私たちの夢と精神の娘である夜露は霧散する、
風の巨大な建造物が唸り声を上げる。
神聖な光りが息詰まりから解放された。
ヒンデギョヒが後宮を通り抜ける。
彼の真黒な足の裏が火花を散らす。
そして、やっと、人の居ない、神聖な、純真な、
心の奥底に辿り着く。そして、入る。
posted by kyotakaba at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

エティオピア物語 第九巻 5-5

  Κι εκείνοι διέσχιζαν το κανάλι πάνοπλοι, έτοιμοι να αμυνθούν άν παρ’ ελπίδα οι πολιορκημένοι που είχαν ανέβει στα τείχη επιχειρούσαν κάτι εναντίον τους. Πρώτη φορά έβλεπες τέτοιο θέαμα : πλοία να διασχίζουν το διάστημα από τείχος σε τείχος και ναύτες να πλέουν στη στεριά και πορθμεία να διασχίζουν χωράφια・ πάντα βέβαια είναι καινοτόμος ο πόλεμος, τότε όμως ήταν ακόμα παραπάνω κι έκανε πράγματα πιό παράδοξα από τα συνηθισμένα του συμπλέκοντας ναυμάχους με τειχομάχους και οπλίζοντας στρατιώτες λιμναίους εναντίον στεριανών.





 装甲兵たちは水路を渡りました。彼らは完全武装して、身を守る用意は出来ていたのです。期待に反して、城壁に登っていた、包囲された都市の人々が自分たちに対して何かした場合に備えていたのです。この様な光景は、読者も初めてなのではないでしょうか。城壁と城壁の間を渡る船。内陸を航行する船乗り。畑地を横切る連絡船。その様な光景なのです。確かに、戦争とは、いつも斬新なものです。それでも、これは斬新と言うより以上のものでした。普通の戦争からはとても変わったことをしたのです。海戦と城の籠城戦とを絡み合わせていたのです。そして、陸の兵士に対して、水上の兵士の武装をしていたのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

エティオピア物語 第九巻 5-4

  Ο δε Υδάσπης καταλάβαινε ότι ικέτευαν για τη ζωή τους και ήταν έτοιμος να τους τη χαρίσει ― ο εχθρός που παραδίδεται, εμπνέει πάντα φιλάνθρωπα αισθήματα στον ενάρετο άρχοντα・ επειδή όμως τη στιγμή εκείνη δεν μπορούσε να τους σώσει, αποφάσισε να πληροφορηθεί σαφέστερα τις προθέσεις των αντιπάλων του. Πρίν από την επιχείρηση είχε ετοιμάσει μερικά περαματάρικα ποταμόπλοια τα οποία εν συνεχεία άφησε να κατέβουν τη διώρυγα του Νείλου και, όταν προσάραξαν στο ανάχωμα, τα είχε καθελκύσει. Από αυτά διάλεξε δέκα, τα πιό καινούργια, και τα έστειλε στους Πέρσες αφού τα επάνδρωσε με επίλεκτους τοξότες και οπλίτες στους οποίους είχε παραγγείλει τί έπρεπε να πούν.





 一方、イダスピス王は、都市の人々が命を嘆願しているのは分かっていました。そして、命を赦してやるつもりだったのです。降参した敵と言うものは、いつも、徳の高い君主に、博愛的な感情を起こさせるものなのです。ただ、その時には、人々を救うことは出来なかったのです。そして、王の敵対者の意図をはっきりと知ろうと決心したのです。都市の人々の試みの前から、王は、何艘かの船頭のいる川船を用意していたのです。王は、川船にナイルの運河を降って来させていたのです。そして、それが盛り土に乗り上げると、それを盛り土と城壁との間の水に降ろしていたのです。王は、その中から一番新しい十艘を選んだのです。それに選りすぐりの射手と装甲兵を乗り込ませてから、ペルシャ人たちのところへ送り出しました。王は、装甲兵たちに、何を言うべきか、教えていたのです。
posted by kyotakaba at 14:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

エティオピア物語 第九巻 5-4 

Ο δε Υδάσπης καταλάβαινε ότι ικέτευαν για τη ζωή τους και ήταν έτοιμος να τους τη χαρίσει ― ο εχθρός που παραδίδεται, εμπνέει πάντα φιλάνθρωπα αισθήματα στον ενάρετο άρχοντα・ επειδή όμως τη στιγμή εκείνη δεν μπορούσε να τους σώσει, αποφάσισε να πληροφορηθεί σαφέστερα τις προθέσεις των αντιπάλων του. Πρίν από την επιχείρηση είχε ετοιμάσει μερικά περαματάρικα ποταμόπλοια τα οποία εν συνεχεία άφησε να κατέβουν τη διώρυγα του Νείλου και, όταν προσάραξαν στο ανάχωμα, τα είχε καθελκύσει. Από αυτά διάλεξε δέκα, τα πιό καινούργια, και τα έστειλε στους Πέρσες αφού τα επάνδρωσε με επίλεκτους τοξότες και οπλίτες στους οποίους είχε παραγγείλει τί έπρεπε να πούν.   


Google翻訳: 
そしてHydaspesは、自分たちの生活のために懇願し、与えるためにそれらに準備ができていたことを理解 - お届け敵が高潔な支配者に常に寛大な気持ちを鼓舞、しか​​し理由それらを保存できませんでしたその時に、明らかに相手の意図を把握することを決めましたの。同社はその後、ナイル川の運河を下るし、マウンドに取り残さとき、彼は起動したままにしたいくつかのPeramatarisのリバーボートを用意していた前。彼はほとんどの小説の10を選んだ、と教えていたもの命じた精鋭射手や兵士によって有人後にペルシャ人に送信されますので。


Πρίν από την επιχείρηση είχε ετοιμάσει μερικά περαματάρικα ποταμόπλοια τα οποία εν συνεχεία άφησε να κατέβουν τη διώρυγα του Νείλου  
のところ、
κατέβουν の主格は、ποταμόπλοια なのか? 
είχε ετοιμάσει μερικά περαματάρικα ποταμόπλοια τα οποία εν συνεχεία άφησε のτα οποίαのταは、οποίαに付いている冠詞なのか?
άφησε の主格は、イダスピス王なのか? 
τη διώρυγα του Νείλου は対格だけれど、κατέβουν の目的語なのか? 

馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬鹿だから、分からない、
もうこれ以上読み進めるのは止める。私にはその様な能力は全然ない。
ブログも削除する。
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

エティオピア物語 第九巻 5-3

  Για δεύτερη φορά προσπάθησε να εκτοξεύσει το ίδιο γράμμα, αλλά και πάλι απέτυχε : όλοι οι τοξότες και οι σφενδονήτες συναγωνίζονταν ποιός θα πετύχαινε τη βολή σ’ ένα άθλημα ευστοχίας του οποίου το έπαθλο ήταν η ζωή, αλλά όλοι είχαν την ίδια ατυχία. Τέλος, τείνοντας τα χέρια πρός τους εχθρούς που, όρθιοι πάνω στα αναχώματα, απολάμβαναν το θέαμα των δεινών τους, με ικετευτικές χειρονομίες προσπαθούσαν όπως μπορούσαν να εξηγήσουν το μήνυμα που ήθελαν να στείλουν με τις πέτρες πότε προτείνοντας τα χέρια με τις παλάμες πρός τα πάνω για να ζητήσουν έλεος και πότε δένοντας τα χέρια πίσω από τη ράχη τους για να δείξουν ότι είναι πρόθυμοι να αιχμαλωτιστούν.





 二度目も、同じ書簡を投げて試みました。けれども、また、失敗したのです。射手たちも投石をする者たちも、誰が命中させるかと言う投擲競技に参加したのです。その競技は、的中の報奨が生存だったのです。けれども、全員が、同じ残念なことになったのです。とうとう、敵の方へ手を差し伸べたのです。敵は、盛り土の上に真直ぐに立って、都市の人々の苦難の光景を楽しんでいたのです。人々は、懇願の手振りで、石を使って送った書簡の内容を伝えようとしていたのです。時に、手を差し伸べ、掌を上にして、慈悲を求めていることを伝えようとしました。時に、手を背中のうしろで結んで、歓んで捕虜になると、説明しようとしたのです。
posted by kyotakaba at 16:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

μ' έργα καλά δε θέλει πιά να στήσει παγίδα στο Θεό

 カザンザキスの「秀吉」、120から130行。 
もう、まったく分からない。文の構成が分からない。見当もつかない。
なので、メモだけ。



Δε θέλει πιά να φάει, να πιέι, λυτρώθη,
χαρά! από πάσα ελπίδα πιά κι ιδέα,
μ' έργα καλά δε θέλει πιά να στήσει
παγίδα στο Θεό, κι αφήνει η νέα
ψυχή του ορθή στο αγέρι να σκορπίσει.
Φωνάζει η γής στην άκρα του μυαλού του,
ιερό, αψηλό τον έκρουσε μεθύσι,
πατάει φωνή, και στου άγριου παλατιού του
τις φωτερές αυλές πηδάει, κι αράδες
διώχνει γοργά με τα λουριά του κνούτου
γυναίκες, βιολιτζήδες, βασιλιάδες.





彼は、もう食べようとしない、飲もうとしない、解放された、
歓び、「どの希望からも、どんな考えからも、」
「よい仕事で」「望まない罠を仕掛ける/神に」
「αφήνει」
「真っ直ぐな彼の新しい魂」「風」「撒き散らす」
大地が彼の脳の端で叫ぶ。 
ιερό, αψηλό τον έκρουσε μεθύσι, 「叩いて鳴らす」「酔い」
「踏む」「声」、「彼の野蛮な宮殿に」
「明るい宮廷の」「跳ぶ」「列」
「追い出す」「速く」「クヌートの革紐」
「女たち」「ヴァイオリニストたち」「諸侯」



Google翻訳: 
私は、もう食べて、飲み物、償還したくありません
喜び!任意のもう希望との考えから、
良い作品で、もはや直立したいと考えていません
神へのトラップ、および新しい葉
微風での魂の音が飛散します。
彼の心の端に地球を叫びます、
聖域、apsiloは酔って聞こえました、
音声、および野生の宮殿を押します
foteresは中庭、および行をジャンプ
急速にクヌートのストラップを削除します
女性は、ヴァイオリニスト、王。
posted by kyotakaba at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

エティオピア物語 第九巻 5-2

  Συγκατατέθηκε εκείνος αναγκαστικά και υποτασσόμενος στην τύχη・ καθώς όμως το νερό σαν τείχος είχε αποκλείσει την πόλη και δεν υπήρχε τρόπος να σταλεί πρεσβεία στους εχθρούς, η ανάγκη του ενέπνευσε μιά ιδέα : έγραψε ένα γράμμα, το έδεσε σε μιά πέτρα και αυτήν έστειλε αντί για πρεσβεία στους εχθρούς εκσφενδονίζοντας την ικεσία του πάνω από τα νερά・ αλλά δεν τα κατάφερε : η πέτρα δεν μπόρεσε να πάει αρκετά μακριά και έπεσε στο νερό.


ένα γράμμα と ικεσία του は同じだと思うので、「嘆願の書簡」と最初に一語にして訳しました。 





 オロンダティスは、致し方なく、同意しました。運命に従ったのです。けれども、壁の様な水が都市を封鎖していたので、敵に大使を送り出す方法がなかったのです。そして、王にある考えが閃いたのです。嘆願の書簡を書いて、それを石に結んで、その石を大使の代わりに敵へ水の上を放り投げて送るのです。けれども、それも上手くいきませんでした。石は、それだけ遠くへは飛んで行くことができなかったのです。水に落ちてしまいました。





追記、訂正: 
εκείνος は、ここでは、オロンダティスでした。訂正します。
 イダスピス王は、致し方なく、同意しました。 
→ 
 オロンダティスは、致し方なく、同意しました。
posted by kyotakaba at 11:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

エティオピア物語 第九巻 5-1

  Έπεφτε πιά το βράδυ όταν ένα μέρος του τείχους και το μεταπύργιο σωριάστηκαν σε ερείπια, που όμως δεν ήταν χαμηλότερα από τη στάθμη της λίμνης, αλλά ώς πέντε πήχεις ψηλότερα. Τα νερά δεν μπορούσαν ακόμα να περάσουν, αλλά ο κίνδυνος του κατακλυσμού ήταν άμεσος. Ξεφώνιζαν θρηνώντας όλοι μαζί οι πολιορκούμενοι και τα ξεφωνητά τους έφταναν ώς το στρατόπεδο των εχθρών・ με τα χέρια υψωμένα πρός τον ουρανό παρακαλούσαν για τη σωτηρία τους, τη μόνη εναπομένουσα ελπίδα, τους θεούς, και ικέτευαν τον Οροονδάτη να στείλει πρεσβεία στον Υδάσπη.





το μεταπύργιο : τμήμα τείχους ή φρουρίου ανάμεσα σε δύο πύργους





 夜の帳が下りると、とうとう、城壁の一部分、塔と塔の間の部分がばったりと倒れて、瓦礫になりました。瓦礫は、水位よりも低くはなかったのですが、五ピヒー( 約32センチ )の高さでした。水は、まだ、乗り越えることは出来なかったのですが、氾濫の危険は差し迫っていました。包囲された人々は、全員が一緒になって、叫び、嘆いていました。人々の悲鳴は、敵の陣地まで届いていました。手を空に向けて高く掲げ、唯一残った希望である神々に、救いを祈願したのです。そして、オロンダティスにイダスピス王へ大使を送る様に嘆願したのです。  

posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

τα νεκρίκια ασκέρια

 カザンザキスの「秀吉」、112から119行、 

ここもメモ書き 
Πείνα χιλιοχρονίτισσα του σφίγγει
τα σωθικά, κι απ' τα νεκρίκια ασκέρια
του Χιντεγιόχη τρίζουν οι μελίγγοι.
Μα ανέσπλαχνα, άγρυπνα φρουρούν τ' αστέρια,
το άγιο Φουζί στα φρένα του σηκώθη,
χιμάει η ψυχή, προγκάει, χτυπάει τα χέρια,
τους πρόγονους με οργή στον Άδη αμπώθει
κι ασκώνει τα κουρέλια της σημαία.



千年の飢えが傴僂の腸を締め付ける。
寺々は、ヒンデギョヒに殺された大勢の
死者で軋み音を立てる。 
片や、非情で眠りもしない星々が、
猛り狂っている聖山フウジを見張っている。 
魂が、天罰で煉獄にいる祖先たちに 
飛び掛かり、不平を鳴らし、手を打つ、

αμπώθει 押す 
ασκώνει 膨らます 
τα κουρέλια 襤褸 
της ??? 
σημαία 旗 

χιμάει、προγκάει、χτυπάει、は三人称単数の動詞なので、η ψυχή が主格だと思うけれど、分からない。
αμπώθει、ασκώνει もそうなのか? 

τα κουρέλια της σημαία のところ、
της は属格の冠詞だとは思えないけれど、σημαία は属格ではなくて、主格か対格だから。
所有代名詞だとすれば、η ψυχή の、と言うことか?? 
posted by kyotakaba at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

Βυζαντίου γεύσεις

 『 Βυζαντίου γεύσεις 』。
イギリスの言語学者、Andrew Dalby が著した、ビザンチン帝国時代の料理の本。 

2015年、Πατάκη 社出版。 
.:BiblioNet : Βυζαντίου γεύσεις / Dalby, Andrew 

原書は、『 Tastes of Byzantium : the cuisine of a legendary empire 』(?)
Tastes of Byzantium : the cuisine of a legendary empire (電子書籍, 2010) [WorldCat.org] 

b203009.jpg
posted by kyotakaba at 09:02| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

エティオピア物語 第九巻 4-3

  Στην αρχή βέβαια και για μικρό διάστημα της μέρας το τείχος άντεξε・ σε λίγο όμως τα νερά ψήλωσαν και, πιέζοντας με όλο το βάρος τους, εισχώρησαν από τις σχισμές του εδάφους πρός τα βάθη ― ήταν καλοκαίρι και το χώμα, μαύρο και εύφορο, είχε ανοίξει από τη ζέστη του καλοκαιριού ― κι άρχισαν να κυλούν κάτω από τα θεμέλια του τείχους. Από το βάρος τους υποχωρούσε το υπέδαφος και, σε όποιο μέρος η καθίζηση δημιουργούσε κενό, έγερνε το τείχος, κλονιζόταν και έδειχνε έτοιμο να σωριαστεί καθώς οι επάλξεις ταλαντεύονταν και οι υπερασπιστές του κλυδωνίζονταν σαν σε τρικυμία.





 ごく初めの頃、一日の短い間では、城壁は持ち堪えていました。けれども、直ぐに、水は高くなって行ったのです。そして、水の全部の重みで、圧迫し始めたのです。水は、地面の割れ目から土台へと浸み込んで行ったのです。夏でした。大地は黒く肥沃でしたけれど、夏の熱気で口を開けていたのです。それだから、城壁の基礎の下に流れ込み始めたのです。城壁の重みで、下層土は沈み込んだのです。そうした地盤沈下は、空洞を作るのです。城壁は歳月を経ていました。それで、揺れ続けていたのです。城壁は今にもばったりと倒れそうに見えました。ずっと、城塁は揺れ続けていました。その間、守備兵たちは、嵐の時の様に、蹌踉めき回っていたのです。
posted by kyotakaba at 11:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ο παρδαλέχτορας

 カザンザキス「秀吉」、109から111行、 
分からないので、メモ書き、 


≪ Άχ, φάε κι αγκάλιασε για μας, αγγόνι! ≫
Όλη η χοντρή, μουντή γενιά σμαριάζει
στα μπράτσα, στα μεριά του, στο λαρύγγι,
κι ο παρδαλέχτορας ο νούς τρομάζει.



「ああ、孫よ、我らのために、食べ、抱きしめろ!」

σμαριάζω : συγκεντρώνομαι όπως το σμάρι
παρδαλέχτορας ο (ουσιαστικό) ο τσαλαπετεινός

矮小な、愚鈍な種族の全員が、
ヒンデギョヒの両方の腕に、両脇に、喉に、蜜蜂の様に凝集する。
載勝が、脳が驚かす。



Τσαλαπετεινός - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

エティオピア物語 第九巻 4-2

  Όλ’ αυτά τα έκαναν για να εξασφαλίσουν μ’ αυτό το λαγούμι διέξοδο στο νερό άν έφτανε ώς εκεί・ αλλά το κακό ήταν πιό γρήγορο απο την προθυμία τους και ο Νείλος, που είχε ήδη διατρέξει το μακρύ κανάλι, χτυπούσε ορμητικός τον περίβολο και, περικυκλώνοντάς τον από παντού, λίμναζε στο διάστημα που χώριζε τα δυό τείχη. Μέσα σε μιά στιγμή, η Συήνη μεταβλήθηκε σε νησί και, από μεσόγεια που ήταν, τώρα ήταν περικυκλωμένη από νερό κι έσκαζαν πάνω της τα κύματα του Νείλου.





 そうした全部のことを、人々は、都市まで来た水がこの地下道を通って確実に外へ出て行く様にするために、行ったのです。けれども、災難は、人々の熱心さよりも速かったのでした。ナイル河は、既に、長い水路を渡り切っていたのです。そして、城壁を荒々しく打ち鳴らし続けていました。そして、至る所を取り囲んで、二つの壁で隔てられた合間に溜まって行ったのです。瞬く間に、都市シイニーは、島に変わったのです。さっきまで内陸の都市だったのが、今は、水に囲まれているのです。そして、ナイル河の波が、次々と、シイニーの上で砕けているのです。  

posted by kyotakaba at 12:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ασκώνει μύριους χοντρούς λαιμούς, φαλλούς

 カザンザキスの詩「秀吉」、104から107行、文章の構造が分からない。 

Σούρνουν φωνή στα σπλάχνα του οι προγόνοι,
γυμνό, σκεβρό, λιμάρικο φουσάτο,
που αγλείφει κι αναγλείφεται κι ασκώνει
μύριους χοντρούς λαιμούς, φαλλούς, και κράζει :  


Σούρνουν は、動詞 σουρώνω (?) の三人称複数。σουρώνω なら、濾過する。
φωνή 、実詞、女性名詞単数。主格か対格。冠詞が付いていない。 
στα σπλάχνα του 、前置詞+冠詞/ 実施中性名詞複数、対格 / 所有代名詞、三人称単数。 「彼の内奥に」
οι προγόνοι 、実詞男性名詞複数、主格。προγονοί か? 「先祖たち」 
γυμνό, σκεβρό, λιμάρικο 、形容詞、中性単数形。主格か対格。 
γυμνός
σκεβρωμένος
λιμάρης
φουσάτο 、実施中性名詞単数。主格か対格。冠詞が付いていない。「軍隊」
その後は、関係代名詞 που で繋がった節。
αγλείφει κι αναγλείφεται κι ασκώνει は、動詞、三人称単数。エネストータス。
ἀλείφω か? ἀναγράφω か? ασκώνει は、87行にも使ってあったけれど、ασκωνω 、「膨らます」の意味。
μύριους χοντρούς は形容詞、男性複数形。対格。 
λαιμούς は、実詞男性名詞複数。対格。「首」か「喉」。
φαλλούς 実詞男性名詞複数。対格。「男根」。
και κράζει 、接続詞 και と、動詞のエネストータス三人称単数。「叫ぶ」。 

先祖たちが、彼の内奥に、剝き出しの曲がりくねった貪欲な軍隊の声を濾過する。軍隊は、塗りたくり、記述し、無数の短い喉、男根を膨らます。そして叫ぶ。 

??????? 

各動詞の主格が分からない。それで、文章全体の構成がまるで分からない。
οι προγόνοι とφουσάτο の関係。
関係代名詞 που 前後の節の関係。
λαιμούς, φαλλούς は、同格の並置なのか?? 
それが分からない。  


5月25日追記: 
ασκωνω はσηκώνω。
posted by kyotakaba at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

エティオピア物語 第九巻 4-1

  Και να πώς εκτελούνταν το έργο : σκάβοντας κάθετα άνοιξαν πηγάδι ώς πέντε οργιές βαθύ και, αφού πέρασαν κάτω από τα θεμέλια του τείχους, άρχισαν, προχωρώντας από κεί και πέρα εγκαρσίως και ίσια πρός το χαράκωμα των εχθρών, να ανοίγουν υπόνομο στο φώς των πυρσών. Το χώμα περνούσε από τους πρώτους στους δεύτερους κι από αυτούς στους τρίτους και έτσι, χέρι με χέρι, μεταφερόταν έξω και σωριαζόταν σε κάποιο μέρος της πόλης, όπου από παλιά υπήρχαν κήποι.





 人々は次のようにして、仕事をして行ったのです。真っ直ぐ穴を掘って、五オルギアの深さまでの竪穴を掘ったのです。それから、城壁の土台の下を通しました。松明の光の下で、地下道を掘り始めたのです。そして、そこからずっと、敵の塹壕に向かって横手に真っ直ぐ進んだのです。土は、先頭の者から次の者へ、そして次の者へと手渡されました。こうして、手から手へと、外へ運び出されたのです。そうして、都市のある箇所に、積み上げられました。そこは、昔から、庭のあったところでした。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

το πλούσιο χρυσοσάμαρο ρηγάτο

 カザンザキスの「秀吉」、97から103行、ここも、私には、まるで意味が取れない。と言うか、文章に読み取れない。各語がどう言う関係にあるのか分からない。 

Μα αυτός πετιέται ορθός, βαρύς, και θειάφι
τ' αρθούνια του μυρίζουν κι οι μασκάλες・
με ρούσα λάκα τις πληγές του βάφει
και κουρελής, ξυπόλητος, στις σκάλες
στάθη σα μάσκα και θωρούσε κάτω
ν' ανηφοράει σκυφτό, με κουτρουβάλες,
το πλούσιο χρυσοσάμαρο ρηγάτο.



と、傴僂は出し抜けに立ち上がる。直立し厳めしい。けれど、
彼の両の鼻の穴と両脇は、硫黄の匂いがする。
傷には、赤茶色の仮漆を塗っている。 
そして、階に、襤褸を纏い裸足で立っている、
まるで、仮面を着けている様に。そして、[見詰める][下を]
[登る][身を屈めた][宙返り]
[豪華な][金の鞍][王国]
posted by kyotakaba at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする