2016年06月30日

エティオピア物語 第九巻 9-4

  Και να για ποιά χαρακτηριστικά τον εκθειάζουν : πιστεύουν ότι η συνένωση του υγρού με το στερεό είναι η αιτία της ζωής και της ύπαρξης του ανθρώπου ― κάθε άλλο στοιχείο μόνο μαζί μ’ αυτά υπάρχει και εμφανίζεται ― και ότι το υγρό είναι ο Νείλος και το στερεό εκπροσωπείται από τη χώρα τους. Αυτή είναι η λαϊκή δοξασία, και όσο για τους μύστες, εκείνοι μεταλλάζουν τα πράγματα με τις ονομασίες λέγοντας ότι η Ίσις είναι η γή και ο Όσιρις ο Νείλος.





 そして、人々が、ナイル河を褒め称える、最大の特徴は次の様なことなのです。人々は、固体を液体に結びつけることは生命の原因であり人間の存在の原因である、と信じているのです。それぞれの個人が存在しこの世界に出現するのは、ただ、液体と固体が一緒にいることによってのみ、そうなるのだ、と言うのです。そして、また、ナイルが液体であり自分たちの国土が固体の役を演じるのだ、と信じているのです。大衆がそう思い做しているのです。また、秘儀を会得した人々は、この事象を呼名を付けて言い換えているのです。イシス神が大地で、オシリス神がナイル河、だと言うのです。  






το υγρό είναι ο Νείλος και το στερεό εκπροσωπείται από τη χώρα τους. の文、
分かりません。 
εκπροσωπείται は、三人称単数、受動形の動詞なのですが。
από と動詞 εκπροσωπείται の関係は、από の後の語によって、「 εκπροσωπώ 」される、と言うことなのか?
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

エティオピア物語 第九巻 9-3

  ο Νείλος είναι γι’ αυτούς θεός και μάλιστα ο πιό μεγάλος απ’ όλους τους θεούς・ ο ποταμός αυτός είναι ο ίδιος ο ουρανός, λένε με σεβασμό αφού χωρίς κανένα σύννεφο ούτε βροχή από ψηλά ποτίζει τα χωράφια τους και τακτικά, μία φορά το χρόνο, τα πλημμυρίζει・ έτσι βέβαια λέει ο πολύς λαός.





 ナイル河は、エジプト人たちにとっての神であり、実際、すべての神々の中で、最も重要な神なのです。この河は、空と同一なのです。エジプト人たちは、敬意を持って、そう言うのです。高い空から、一片の雲も雨も、彼らの畑に水を遣ることがなくても、決まって一年に一度、畑地を水浸しにするのです。多くの民衆が、確かに、そう言うのです。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

エティオピア物語 第九巻 9-2

  Έτυχε τότε να γιορτάζονται τα Νειλώα, η πιό μεγάλη γιορτή των Αιγυπτίων, που τελείται κατά τις θερινές τροπές, όταν ο ποταμός αρχίζει να φουσκώνει, και οι Αιγύπτιοι την τιμούν όσο καμιά άλλη γιορτή και να γιατί :





 そして、偶々、その時は、ナイル川氾濫時のお祭りだったのです。それは、エジプトで最大のお祭りだったのです。夏の期間に行われるお祭りなのです。河が嵩を増し始めると、エジプト人たちは、他のどんな祭りも重視しなくなるのです。その理由は、次の様なことなのです。  


posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

エティオピア物語 第九巻 9-1

  Δύο ή τρείς μέρες πέρασαν έτσι. Οι Συνηναίοι με ανοιγμένες τις πύλες και οι Αιθίοπες με τα όπλα καταγής έδειχναν οι μεν στους δε τις ειρηνικές προθέσεις τους. Σαν ανακωχή ήταν αυτό που συνέβαινε, αλλά χωρίς διαπραγματεύσεις, χωρίς κανένα από τα δύο μέρη να φροντίζει για φρουρά・ και κάτι περισσότερο : οι κάτοικοι της πόλης είχαν παραδοθεί στις απολαύσεις.





 こうして、二日、あるいは、三日が経ちました。城門を開いたシイニーの人たち。それに、武器を地面に置いたエティオピア人たち。前者は、後者に和平の意志を示して見せたのです。起こっていることは、停戦の様でした。けれども、交渉もなかったのです、安全について配慮する何ものも、両陣営から出されなかったのです。それに、もっと良いことには、都市の住人たちは、喜びに我を忘れていたのです。 
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

Προμηθεύονται εργαλεία για τους δρόμους 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十九章「道に使う工具を調達する」1  





Προμηθεύονται εργαλεία για τους δρόμους



  Όταν έφτασαν τα παιδιά, βρήκαν μεγάλη ησυχία στο χωριό. Πολλοί χωριανοί έλειπαν στα κτήματα.  
 ≪ Τόσοι λίγοι άνθρωποι εδώ μέσα ≫, είπε ο Αντρέας, ≪ και να μαλώνουν! Που να ήταν καμιά πολιτεία ≫.  
  Και προχώρησαν στο μέρος που το λένε " τα μαγαζία ". Όλα τα μαγαζιά ήταν ένα μαγαζί. Τρεις χωριανοί κουτσόπιναν μέσα. Οι κότες απέξω τσιμπολογούσαν τη γη κι ένα σταχτί γαϊδουράκι στεκόταν ακίνητο σαν ψεύτικο. Ο μπαλωματής μ' ένα παπούτσι στα γόνατά του έδινε γροθείς στον αέρα.  
 ≪ Να, να ο μπαλωματής! ≫ φώναξαν τα παιδιά. ≪ Όποιος δεν έχει πρόκες στα παπούτσια του να βάλει. Χωρίς πρόκες εδώ πάνω θα μείνουμε ξυπόλητοι ≫.  
  Μερικοί τον πλησίασαν, έβγαλαν τα παπούτσια τους και ζήτησαν να τους βάλει καρφιά. ≪ Μπάρμπα ≫, είπαν, ≪ να μας πεταλώσεις ≫.   





         道に使う工具を調達する  

 子供たちは着きました、でも、子供たちが村に見たのはまるっきりの静寂だったのですよ。多くの村人は、地所を留守にしていたのです。 
 アンドレアスはこう言いました。「村には、ほんのちょっとしか人がいないんだね、喧嘩するにはとても少ないよね、町ではないんだね。」 
 そして、子供たちは、「商店街」と呼ばれるところを歩いて進みました。お店はぜんぶで、一軒だけでした。三人の村人が中でちびちび飲んでいました。外では、雌鶏が地面を嘴で突ついていました。それに、灰色の小さなロバが動かずに立っていましたけど、まるで作り物の様でしたよ。膝に片方の靴を載せた靴直し職人が一人いて、その人が、空中に両の拳を挙げました。 
 「ほら、靴直し職人だ!」と子供たちは叫びました。「吐く靴に鋲がない人いる。高地のここでは、鋲がないと、裸足のままでいることになるよ。」 
 何人かが、靴直し職人に近づきました。自分たちの靴を脱いで、鋲を付けてくれる様に頼んだのです。こう言いました。「おじさん、鋲を付けて。」
posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

エティオピア物語 第九巻 8-6

  Έτσι λοιπόν τραβήχτηκαν τα νερά・ αλλά ούτε τότε οι δύο αντίπαλοι μπορούσαν να περάσουν για να συναντηθούν : το έδαφος ήταν ολοσκέπαστο με παχύ στρώμα λάσπης και, μολονότι η επιφάνεια φαινόταν στεγνή, από κάτω ενέδρευε βάλτος που απειλούσε με καταβύθιση κάθε άνθρωπο ή άλογο που θα επιχειρούσε να πατήσει επάνω του.





 こうして、水は退いて行きました。けれども、敵対する双方共に、渡って対面することは出来なかったのです。地面は、泥が厚い層になって、すっかり覆われていたのです。表面は乾いて見えるのですが、その下には、沼が待ち構えているのです。その沼が、人であろうが馬であろうが、その上に踏み入れようと構えている者を、沈めて怯えさせるのです。
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

エティオピア物語 第九巻 8-5

  Διότι ήδη οι Αιθίοπες είχαν αρχίσει να φράζουν το στόμιο από όπου διοχετευόταν το νερό κατεβάζοντας φράγματα από συναρμοσμένες σανίδες που τα στήριζαν εξωτερικά με χοντρούς κορμούς δέντρων και τα ενίσχυαν με χώμα και φρύγανα που κουβαλούσαν χιλιάδες στρατιώτες μαζί, άλλοι από την όχθη και άλλοι από τα σκάφη.




 それは、エティオピア人たちが、既に、そこから水が取り入れられている口を塞ぎ始めていたからなのです。ぴったり組まれた板で出来た堰を降ろしていたのです。堰は、太い樹の幹で外側から支えられていました。それに、土と薪や枯れ枝で強められていたのです。それらは、何千の兵士が一緒になって、あるいは岸から、あるいは舟から運んで来たものでした。   


posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

エティオピア物語 第九巻 8-4

  Οι Αιθίοπες βέβαια, σίγουροι ότι δεν διατρέχουν κίνδυνο, έμειναν ήσυχοι στον καταυλισμό τους περιμένοντας το πρωί για να μάθουν τί ακριβώς είχε συμβεί・ οι πολιορκημένοι όμως έτρεχαν από παντού τριγυρίζοντας σε όλον τον κύκλο του τείχους : καθένας απ’ αυτους, βλέποντας τα δικά του άθικτα, νόμιζε ότι άλλους είχε πλήξει το κακό ώσπου το φώς της μέρας ήλθε να διαλύσει την αχλή των δραματικών αμφιβολιών καθώς όλοι είδαν το ρήγμα και τα νερά τραβήχτηκαν ξαφνικά.





 エティオピア人たちが、危険な段階ではないと確信していたことは確かです。エティオピア人たちは、自分たちの陣所で静かにしていたのです。そして、何が起こったかを正確に知る為に、朝を待っていたのです。けれども、包囲された都市の人々は、至る所から駆け寄って来て、城壁の域内のあらゆるところを歩き回っていたのです。その誰もが、城壁そのものは無傷なのを見ると、兎に角、災難が他の何かを襲ったのだと思ったのです。そうして、朝の光が遣って来て、悲劇的な疑念の霧を霧散させました。全員が、一つの裂け目に気が付きました。すると、突然に、水が退いて行ったのです。
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

Τι μου κάθονται;

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十八章「居住地域間の交通」3に使ってあった表現:
Τι μου κάθονται; 

 これは意味がまったく分からない。 
Τι は、疑問代名詞。; は疑問符。
μου は、人称代名詞、一人称単数弱形属格。動詞の前に置かれているから、「私に」の意味だと思うけれど。 
κάθονται は、動詞、κάθομαι のエネストータス、三人称複数なのだとおもうけれど。
ただ、「座る」の意味では、文章にならないし、それ以前に、再帰動詞だとすると、μου の様な間接目的語が来るのも、疑問代名詞 τι のような直接目的語が来ることが理解出来ない。 

 επιβάλλω のような意味なのだろうかと、訳では、「上のやつらに道を直させろ。おれに何をさせるんだ?」としたのだけれど。
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Συγκοινωνία με κατοικημένους τόπους 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十八章「居住地域間の交通」3  





 ≪ Αφού τον έχω δρόμο κι εγώ και συ, αφού είναι και για το δικό σου και για το δικό μου ζώο και πάει στα χωράφια όλων μας, δεν πρέπει λοιπόν εμείς να τον διορθώσουμε στο χαλασμένο μέρος; ≫  
 ≪ Να τον φτιάσουν οι απάνω χωριανοί. Τι μου κάθονται; ≫  
 ≪ Εκείνοι δούλεψαν προχτές στη βρύση και θα κάνουν άλλες κοινοτικές δουλειές μεθαύριο. Σήμερα εμείς, αύριο εκείνοι, γιατί να μαλώνουμε; ≫  
 ≪ Όχι, θα 'ρθουν αυτοί να δουλέψουν ≫.  
 ≪ Είσαι ζαβός, Παναγή ≫, φώναξε ο γέρος. ≪ Να, εσύ δεν αφήνεις το χωριό σε ομόνοια ≫. Και τράβηξε τον κατήφορο θυμωμένος.  
  Ο γέρος αυτός θα ήταν φαίνεται ο προεστός του χωριού.   





 「わたしが、この道を通ってから、お前だ。お前が通ったら、お前の家畜、それから、おわたしの家畜が皆の畑に行くのだ。な。わたしらは、壊れたところを直さなきゃいけなくないか?」
 「上のやつらに道を直させろ。おれに何をさせるんだ?」
 「上の村人たちは、おととい、泉で働いた。だから、ほかの共同の仕事を、あさってすることになろう。今日は、わたしらだ。明日は、あの人たちだ。わたしらが文句を言うことがあるか?」 
 「いや、あれらが、仕事しに来る筈だ。」 
 「パナギス、お前はひねくれ者だ。」と老人は叫んだのです。また、「分かった、お前は村を調和の中に置いておかないのだな。」と言いました。 そして、怒って、下り坂を戻って行ったのです。 
 その老人は、村長だと思われました。  





第十八章「居住地域間の交通」、終わり
posted by kyotakaba at 14:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

エティオピア物語 第九巻 8-3

  Τόσος πάταγος, τόσος δούπος δημιουργήθηκε, ώστε όλοι τρομοκρατήθηκαν ακούγοντάς τον・ μην ξέροντας τί είχε συμβεί, οι Αιθίοπες αλλά και οι ίδιοι οι Συηναίοι νόμισαν ότι το μεγαλύτερο μέρος των τειχών και της πόλης είχε καταρρεύσει.





 大きな物音、どさりと言う音が出たのです。それだから、誰もが、その音を聞いて、震え上がりました。何が起こったのかは分からないので、エティオピア人たちは、また、シイニーの人たちも、城壁の大部分、都市の大部分が崩壊したのだ、と思ったのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

エティオピア物語 第九巻 8-2

  Αλλά και όταν πίστεψαν πρός στιγμήν ότι ήταν ασφαλείς, ούτε τότε μπόρεσαν να ηρεμήσουν・ μεσάνυχτα περίπου, ένα μέρος του προσχώματος που οι Αιθίοπες είχαν αρχίσει αποβραδίς κατέρρευσε ξαφνικά : ίσως στο σημείο εκείνο το χώμα είχε σωριαστεί ανάλαφρα και χωρίς να πατηθεί γερά・ ίσως το υπέδαφος είχε διαβρωθεί από το νερό・ ίσως εκείνοι που έσκαβαν από κάτω δημιούργησαν κενό που συνέβαλε στην υποχώρηση του εδάφους・ ίσως από την τάφρο που είχαν αρχίσει πρόσφατα να διορύσσουν οι Αιθίοπες δημιουργήθηκε χαμηλότερο επίπεδο πρός το οποίο κύλησε περισσότερο νερό που, ακολουθώντας το δρόμο που του άνοιγε το ρήγμα, βάθυνε στο διάστημα της νύχτας χωρίς κανείς να το πάρει είδηση・ αλλά ίσως και να ήταν όλα έργο θείας επικουρίας.





διορύσσω : σκάβω πέρα ως πέρα ή μέσα από κάτι, ανοίγω χαντάκι σ` όλο το μήκος κάποιου πράγματος  





 けれども、もう大丈夫だと人々が思ったその時でも、落ち着くことも出来なかったのです。真夜中頃、エティオピア人たちが、昨晩から始めていた穴掘りの堆積物の一部が突然に崩れ落ちたのです。おそらく、そこには、しっかりと踏まずに、ふんわりと土が積まれていたのでしょう。それに、おそらく、下の層の土は、水に浸されていたのでしょう。それに、おそらく、下で掘った人々は、空洞を造ってしまっていたのでしょう。その空洞が、地面の沈下の一因になったのです。それに、おそらく、エティオピア人たちがすぐ前に掘り進めていた壕は、より低いところに造られていたのでしょう。そこに向けて、大量の水が流れ込んだのです。そして、水の為の割れ目が開くと、水の道が出来たのです。そして、夜の間に、深くなって行ったのです。誰も、それを知らせる人はいませんでした。けれども、おそらく、すべては、助けの神の業だったのです。
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

エティオピア物語 第九巻 8-1

  Οί Συηναίοι εξάλλου δεν είχαν εγκαταλείψει την προσπάθεια να βοηθήσουν οι ίδιοι τον εαυτό τους με όποια μέσα διέθεταν και δεν είχαν πάψει να ελπίζουν σε μιά ανέλπιστη σωτηρία・ άλλοι απ’ αυτούς συνέχιζαν να διανοίγουν την υπόγεια στοά και πίστευαν ότι πλησίαζαν ήδη στο ανάχωμα μετρώντας μ’ ένα σχοινί το μήκος του ορύγματος και παραβάλλοντας το με το διάστημα ανάμεσα στο τείχος και στο ανάχωμα όπως το είχαν υπολογίσει με το μάτι・ άλλοι, στο φώς των πυρσών, επιδίδονταν στην ανοικοδόμηση του γκρεμισμένου μέρους του τείχους, πράγμα εύκολο εφόσον οι πέτρες είχαν κατρακυλήσει κατά την πτώση στο μέσα μέρος του περιβόλου.





 シイニーの人たちは、何か使える方法で何とか自分たち自身で助かろうと言う努力を断念しませんでした。それに、あるかないかも分からない救出に望みを持つことを止めなかったのです。ある者たちは、地下の坑道を掘ることを続けました。彼らは、紐で壕の長さを計り、目測で測った城壁と盛り土の間の距離と比較して、もう、盛り土に近づいていると信じていたのです。ある者たちは、松明の明りの下で、城壁の倒壊した部分の再建に没頭していました。実際のところ、石が敷地の中に転げ落ちているのであれば、簡単だったのです。
posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

Συγκοινωνία με κατοικημένους τόπους 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十八章「居住地域間の交通」2  





  Τούτος είναι ο πρώτος μακρύς δρόμος που θα κάνουν. Τ' αυτιά τους τα είχαν τέσσερα. Έτσι τους είπε ο Αντρέας. ≪ Ένας λόγος " ίσια " ή " δεξιά " έχει μεγάλη σημασία για τον οδοιπόρο. Το μάτι του πρέπει να σημαδεύει καλά τους τόπους που περνάει, για να μη χαθεί ≫.  
  Τα δέκα παιδιά βρήκαν ό,τι τους είπε η χωριάτισσα.  
  Ακολούθησαν τον κατηφορικό δρόμο, βρήκαν το χώρισμα, πήραν το δεξί μέρος. Ο δρόμος ήταν πολύ ανάποδος. Περπάτησαν μια ώρα και τέλος φάνηκε το χωριό, εκεί που τελειώνουν οι δυο γκρεμοί και σχηματίζεται κάποιο ρέμα. Ήταν σπίτια μαζεμένα σαν ήσυχα πρόβατα κάτω από φουντωτά πλατάνια και καρυδιές.  
  Μισή ώρα πριν φτάσουν άκουσαν φιλονικία. Είδαν έναν γέρο κι έναν άλλο χωριανό να φιλονικούν για τον δρόμο που ήταν χαλασμένος.  
 ≪ Είναι ή δεν είναι δρόμος της κοινότητας; ≫ έλεγε ο γέρος.  
≪ Είναι ≫.  





 それは、子供たちが始める初めての長い道のりです。子供たちは、耳を四つにして聞いていました。そうして、アンドレアスはみんなにこう言ったのです。「「まっすぐに」とか「右に」と言う言葉は、徒歩の旅行者には重大な意味があるよ。迷子にならない様に、旅行者の目は、その場所をしっかり見定めないといけないんだ。」 
 十人の子供たちは、農家の女の人が言ったこと、その通りを見つけました。 
 下り坂の道を辿りました。分かれ道を見つけました。右の道を選んだのです。道はとても歩き難かったのです。一時間歩いたのです。そして、とうとう、村が見えました。二つの崖が尽きたところでした。渓流が創られていました。家々は、おだやかな羊のように、生い茂ったプラタナスと胡桃の樹の下に集まっていました。 
 着くまでに半時間でした。口論が聞こえたのです。子供たちは、一人の老人ともう一人の村人が、壊れている道のことで言い合っているのを見たのです。 
 「この道は、皆のものなのか、そうでないのか?」と老人が言っていました。 
 「そうだ。」
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 7-4

  Κι εκείνοι ναί μεν άρχισαν το έργο, αλλά ανέβαλαν τη συνέχισή του για την επομένη γιατί, λίγο μετά τη διαταγή, έπεσε το βραδινό σκοτάδι.





 彼らは仕事を始めるの始めたのだけれど、それから後続けることは翌日に回したのでした。と言うのも、命令のすぐ後に、夕闇が落ちて来たのです。
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

エティオピア物語 第九巻 7-3

  Όσο για τους απεσταλμένους του Οροονδάτη, τους άφησε να πάνε στην Ελεφαντίνη εφόσον καθόλου δεν τον ένοιαζε άν και εκείνοι αποφάσιζαν να προβάλουν κάποια αντίσταση. Στούς δικούς του έδωσε διαταγή άλλοι απ’ αυτούς να φράξουν το στόμιο που είχαν ανοίξει στον Νείλο και άλλοι ν’ ανοίξουν άλλο στο ανάχωμα, έτσι ώστε αφ’ ενός να εμποδίζεται το πρός την πόλη ρεύμα και αφ’ ετέρου ν’ αδειάσουν τα νερά που λίμναζαν γύρω από τα τείχη, με αποτέλεσμα να ανακουφιστεί η πολή το ταχύτερο και να σταματήσει ο αποκλεισμός της.   


αφ’ ενός : από τη μια    





 オロンダティスの使者たちについては、イダスピス王はエレファンディニーへ行かせたのです。彼らが何かの反攻をエレファンディニーへ提案するのではないかという懸念を、王に抱かせることが全くないと言う条件の下で、そうしたのでした。自分の使者たちにも、王は、命令を出しました。その中の幾人かには、ナイルに開いていた取水口を閉じる様に。他の幾人かには、盛り土に他の口を開ける様にと。そうすると、一つには、都市への流入を阻止し、また一つには、城壁を取り囲み澱んでいる水を空にすることになるのです。その結果、最大の早さで、都市は鎮静化されて、封鎖は終わるのです。
posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 7-3

Όσο για τους απεσταλμένους του Οροονδάτη, τους άφησε να πάνε στην Ελεφαντίνη εφόσον καθόλου δεν τον ένοιαζε άν και εκείνοι αποφάσιζαν να προβάλουν κάποια αντίσταση. Στούς δικούς του έδωσε διαταγή άλλοι απ’ αυτούς να φράξουν το στόμιο που είχαν ανοίξει στον Νείλο και άλλοι ν’ ανοίξουν άλλο στο ανάχωμα, έτσι ώστε αφ’ ενός να εμποδίζεται το πρός την πόλη ρεύμα και αφ’ ετέρου ν’ αδειάσουν τα νερά που λίμναζαν γύρω από τα τείχη, με αποτέλεσμα να ανακουφιστεί η πολή το ταχύτερο και να σταματήσει ο αποκλεισμός της.  


分からない。
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

エティオピア物語 第九巻 7-2

  Άκουσαν τις προτάσεις του οι πρέσβεις και, παίρνοντας μαζί τους και δύο Πέρσες, πήγαν και ανέφεραν τα πάντα στον Υδάσπη. Γέλασε εκείνος και μέμφθηκε σκληρά για επιπολαιότητα τον Οροονδάτη που διαπραγματευόταν επί ίσοις όροις ενώ από άλλους κι όχι από τον ίδιο κρεμόταν το ενδεχόμενο της ζωής και του θανάτου του. ≪ Ωστόσο ≫, πρόσθεσε, ≪ θα ήταν παράλογο η απρονοησία του ενός να έχει αποτέλεσμα το χαμό τόσων ανθρώπων ≫.





 オロンダティスのこの提案を聞いて、大使たちは、自分たちと一緒に二人のペルシャ人を連れて行ったのです。そして、イダスピス王の元に行って、すべてを報告しました。王は笑いました。そして、オロンダティスを浅はかであるからと厳しく批難したのです。オロンダティスは自分自身に生か死かが掛かっているのではなく、他人に生か死を預けていると言うのに、同等の立場で交渉していたのです。そしてこう付け加えました。「しかしながら、多くの人間を失わさせてしまう結果を得た者の無分別さは、不合理になるものだろう。」
posted by kyotakaba at 12:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

エティオピア物語 第九巻 7-1

  Και λέγοντας αυτά παρακαλούσε να δεχτούν στα σκάφη τους δυό Πέρσες με το πρόσχημα ότι θα πήγαιναν στην Ελεφαντίνη και, άν οι εκεί ήταν διατεθειμένοι να υποταχτούν, ο ίδιος δεν θα δίσταζε να το αποφασίσει.





 そう言うと、舟にこの二人を受け容れてくれる様に頼んだのです。二人は、エレファンディニーヘ向かう予定のペルシャ人だと偽ったのです。そして、エティオピア人たちが、その申し出を喜んで受け容れてくれるならば、オロンダティス自身は、そう決めることを躊躇わない、と言ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

Ένας αιώνας δράση

 『 Ένας αιώνας δράση 』  ある百年・生きて 
Γιάννης Ανδρόπουλος 

 1926年リバルティ生まれで建築業で成功した、ヤニス・アンドロプウロスの自伝。 

.:BiblioNet : Ένας αιώνας δράση / Ανδρόπουλος, Γιάννης 

b209145.jpg
posted by kyotakaba at 16:33| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

γειά σου, έρμη στον γκρέμο αιτοφωλιά, καρδιά μου!

 カザンザキスの「秀吉」、157から最終行の157行まで、再考。けれども、分からないまま。言葉を当てはめてみるだけ。 




Από χαρά μερμήδισαν τα φρένα
και πρόγκηξε την τίγρισσα ο προλάτης :
≪ Γιούχα, Ευτυχιά, με τα κοπρόσκυλά σου!
Δεν έχει εδώ να φάς, να πιείς・ δραγάτης
στέκω και διώχνω αλάργα τη γενιά σου!
Κραυγή της μοναξιάς, συντρόφισσά μου,
χωρίς αιτόπουλα και κούρσα, γειά σου,
έρμη στον γκρέμο αιτοφωλιά, καρδιά μου! ≫




嬉しさから、魂は、こそばゆく感じる。
頭領は、虎に怒鳴りつける。
「やい、俺は付きがある、お前らの様な屑ども相手だ!
ここには、お前が食べるものも飲むものもないぞ。儂は、
田守だ、お前の一族を遠くへ追い遣るのだ! 
聞け、荒野に響く叫び声を、あれは儂の朋輩だ、
ああ、お前、孤独な雌鷲よ、崖の巣には雛もなく、
華やかな輿もない、お前こそ儂が恋い焦がれる者だ!
posted by kyotakaba at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

Συγκοινωνία με κατοικημένους τόπους 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十八章「居住地域間の交通」1 




 Συγκοινωνία με κατοικημένους τόπους



  Και τώρα έπρεπε να γίνουν οι συγκοινωνίες με τους κατοικημένους τόπους γύρω.  
  Καθώς ένας άνθρωπος είναι αδύνατον να ζήσει μοναχός έτσι κι η κοινότητα δεν μπορεί να ζήσει μόνη της. Χρειάζεται μια άλλη, για να πουλάει σε αυτή ή να αγοράζει από αυτή. Να πουλήσει η δική μας δεν έχει, γιατί δεν βγάζει τίποτα. Πρέπει όμως να αγοράζει, γιατί της λείπουν τρόφιμα. 
  Σήμερα σηκώθηκαν δέκα παιδιά να πάνε στο Μικρό Χωριό ν' αγοράσουν κότες, αυγά και κρεμμύδια. Αφού ρώτησαν πρώτα που πέφτει, μην τύχει και πάρουν άλλον δρόμο, ξεκίνησαν.  
  Σε μισή ώρα βρήκαν μια χωριάτισσα φορτωμένη ξύλα.
 ≪ Πού πέφτει, κυρά, το Μικρό Χωριό; ≫  
 ≪ Από δω τραβάτε, όλο ίσια ≫.  
 ≪ Κι ύστερα; ≫  
 ≪ Ύστερα θα βγείτε στην ξέρα και θα βρείτε τον δρόμο που πάει τον κατήφορο. Από κει παρακάτω, που χωρίζει ο δρόμος, θα πάτε δεξιά ≫.   





        居住地域間の交通 
  

 さて、周りのいくつかの居住地区との交通を作らなければならなくなったのです。 
 人間が一人では生きていく能力がないのと同様に、集落も一つだけでは存続が出来ないのです。一つの集落は、他の集落が必要なのです。他の集落に売るために、あるいは、他から買うために、です。今は、子供たちの集落は、売るものはありません。何も作り出していませんから。けれども、買わなければならないのです。食料が不足していますから。 
 この日、十人の子供たちが起きて、ミクロ・ホリオに行ったのです。雌鶏と卵と玉ねぎを買うためでした。まず、他の道に選ばない様に、何処にあるのかを尋ねてから、子供たちは出発しました。 
 半時間程で、子供たちは、薪を積み上げている農家の女の人を見つけたのです。 
 「おくさん、ミクロ・ホリオは何処ですか?」
 「ここから、ずっとまっすぐ、行きなさい。」 
 「それから?」 
 「岩棚に出るでしょう。すると、下り坂の道が見つかるでしょう。そこからずっと下で、道が分かれているわ。そこを右に行きなさい。」
posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

μιά τίγρη αθώρητη από ράχη σε ράχη να πηδάει

 カザンザキスの「秀吉」、141から149行、再考。けれども、この部分は、メモ書きのまま、それ以上は分からない。 
5月18日 : aimotokiyotakaba - β 

彼を傴僂に書き換える。 




Κήπος βαθύς μες σε άπαρτα μουράγια,
χωρίς νερό, χωρίς δεντρό, κι υφαίνει
μονάχα η αράχνη τον καιρό, και βράχοι
σηκώνουνται αραδίς ανταρεμένοι.
Αχνίζουν τα χαράκια ως πυρομάχοι,
κι ως γέρνουν πάνω σε άλλο τρομαγμένα,
νογάει μιά τίγρη αθώρητη από ράχη
σε ράχη να πηδάει, κρατώντας ένα
στα δόντια της κουβάρι, τα παιδιά της.





難攻不落の岸壁の向こう奥深く、
水もない、樹もない庭がある。そこで、
蜘蛛が一人で時間を織っている。また、
引っくり返された幾つもの岩が並んで立っている。  
岩は薪載せ台の様に湯気を上げている、
一つの岩がが別の岩に危な気に寄り掛かっている。
一頭の目に見えない虎が、岩の背から岩の背へ
跳んでいるのが、そして、その虎の牙には、
毛玉を一つ銜えているのが、傴僂には分かる。虎の子たちだ。
posted by kyotakaba at 08:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

エティオピア物語 第九巻 6-6

  Γιατί γι’ αυτόν ήταν το ίδιο είτε να σκοτωθεί αμέσως τώρα είτε, με την ιδέα ότι θα σωθεί, να θανατωθεί από το βασιλιά των Περσών επειδή θα έχει παραδώσει το στρατό του・ και μάλλον πιό επαχθές θα του ήταν το δεύτερο : τώρα θα λάβαινε άμεσο και τιμημένο θάνατο ενώ τότε θα πέθαινε μέσα στα πιό σκληρά και πιό πικρά βασανιστήρια.





 オロンダティスにしてみれば、今ここで直ぐに殺されることも、ここで助かったとして、自分の軍隊を引き渡したからと言って、ペルシャの王に殺されるのも同じことだったからです。むしろ、二番目に挙げたことが、オロンダティスにとって、ずっと厄介なことなのでした。今ならば、名誉ある死を直ぐに得られるだろうけれど、後の場合だと、最も苛酷な最も苦しい拷問の最中に死ぬことになるでしょう。 




posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

φτάνει πιά στα φυλλοκάρδια τ' άγια, τ' απάρθενα, της μοναξιάς, και μπαίνει

 カザンザキスの「秀吉」、131から140行を再考、 
5月16日: aimotokiyotakaba - β 





Φυσάει, και σβήνει η παρδαλή βεγγέρα
της γής ― χοροί, θεοί, κρασιά, λαμπάδες ―
και διασκορπιέται ως πάχνη η θυγατέρα
της φαντασιάς μας και του νού, η βογκούσα
μεγάλη αρχιτεχτονική του αγέρα.
Το φώς το αγνό λυτρώθη απ' την αγκούσα,
διαβαίνει ο Χιντεγιόχη τα σεράγια,
σπίθες η μαύρη του πετάει πατούσα,
και φτάνει πιά στα φυλλοκάρδια τ' άγια,
τ' απάρθενα, της μοναξιάς, και μπαίνει.   






踊りの集団、神々、幾種もの酒、無数の灯りと言った、
大地の派手な夜会は、吹き消える。 
私たちの夢と思念の娘、
巨大な唸る風の建造物は、
夜露の様に霧散する。
清らかな光りが息苦しさから解放される。
ヒンデギョヒは、幾つもの後宮を通り抜ける。
彼の真黒な足の裏が火花を散らす。
そして、やっと、心の奥底に辿り着く。
神性で、清新なところ。誰も居ない。そして、入る。
posted by kyotakaba at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする