2016年07月28日

Τα παιδιά φτιάχνουν δρόμους 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十章「子供たちが道を造る」2  




  Και τώρα που εργάζονται να φτιάξουν κι αυτά κανέναν δρόμο, δεν βλέπουν την ώρα πότε να τελειώσει και να τον δουν. Βέβαια δεν είναι δρόμος αυτό που θα κάνουν, είναι μικρά μονοπάτια. Μα για την κοινότητά τους αυτά χρειάζονται. Δεν είναι τάχα και κείνα ένα έργο; Δεν θα περάσουν κι άλλοι άνθρωποι από κει;  
  Λογάριασαν πρώτα πως τους χρειάζεται ένα μονοπάτι να πηγαίνουν στους βλάχους. Αυτό είναι ο σπουδαιότερος δρόμος τους γιατί από τους βλάχους προπάντων τρέφονται. Ένα άλλο μονοπάτι πρέπι να πηγαίνει στους λοτόμους κι ένα άλλο να τους βγάζει στον δρόμο του Μικρού Χωριού.  
  Αν καταφέρουν αυτά τα τρία μονοπάτια, θα έχουν συγκοινωνία.   


δε βλέπω την ώρα : ανυπομονώ





 そして今このとき、子供たちは、そうした道を造ろうと一所懸命になっているのです。道を造り終えたくて、その道を見たくて、片時も待っていられないのです。もちろん、子供たちが造るであろうものは、そのような道ではないでしょう。小さな小径でしょう。でも、子供たちの村には、その小径が必要なのです。それは、もしかしたら、そこだけの仕事ではないかもしれませんね? 子供たちの村とは別の所の人々が通らないでしょうか? 
 子供たちは、まず、羊飼いたちのところへ行くのに小径が必要だ、と考えたのです。子供たちには、一番に重要な道なのです。何と言っても、羊飼いたちに食べさせてもらっているのですから。もう一つの小径は、木樵りたちのところへ通じなければなりません。もう一つの小径は、ミクロ・ホリオの道へと子供たちを連れて行ってくれないといけないのです。 
 この三つの小径が上手く出来たなら、子供たちには、行き来する術が出来るのです。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 12-4

  Κι εκείνοι είπαν το μόνο που ήξεραν : ότι οι Πέρσες είχαν κατευθυνθεί πρός την Ελεφαντίνη επειδή εκεί ήταν συγκεντρωμένο το μεγαλύτερο μέρος του στρατού τους και μάλιστα οι κατάφρακτοι ιππείς στους οποίους κυρίως βασιζόταν ο Οροονδάτης.





 シイニーの人たちは、王に、知っていることだけを話したのです。ペルシャ人たちは、エレファンディニーに向かったこと、それは、エレファンディニーにはペルシャの軍隊の大部分が集結しているからだということ、を話したのです。その軍隊とは、完全に武装した騎士たちなのです。オロンダティスは、とりわけ、その騎士たちを当てにしているのです。
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

エティオピア物語 第九巻 12-3

  Και ο Υδάσπης, μόλις άκουσε την είδηση, υποψιαζόμενος ( όπως και ήταν η αλήθεια ) κάποια απάτη και ενέδρα εκ μέρους του Οροονδάτη, αφού κάλεσε τους ιερείς μόνο και, για να εμπνεύσει μεγαλύτερο σεβασμό, προσκύνησε τα είδωλα που είχαν φέρει μαζί τους, τους ρώτησε άν μπορούσαν να του δώσουν περισσότερες πληροφορίες για τους Πέρσες : που κατευθύνονταν, που βασίζονταν για βοήθεια, σε ποιούς είχαν σκοπό να επιτεθούν.





 一方、イダスピス王は、知らせを聞くと、直ぐに、司祭たちだけを呼んだのです。より一層の恭順を呼び起こし、神を象った像を拝むためなのです。神像は、自分たちと一緒に持って来ていたものなのです。そうしたのは、何か、オロンダティスの側の誤摩化しか罠だと疑っていたからなのです。( けれども、シイニーの人々の言うことは本当だったのですが。 ) それから、王は、シイニーの人々に、ペルシャ人たちについてもっと詳しい情報を自分に呉れることが出来るかどうか、と尋ねたのです。ペルシャ人たちは何処に向かったのか、何処の助けを当てにしているのか、誰に攻撃するつもりだったのか、と言うことを尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

エティオピア物語 第九巻 12-2

  Κι εκείνοι του είπαν τα πάντα : την απόδραση των Περσών, τη δική τους αθωότητα, την πατροπαράδοτη γιορτή και πώς δεν τους πήραν είδηση που έφυγαν, παραδομένοι καθώς ήταν στη λατρεία των θεών και βυθισμένοι στον ύπνο μετά το φαγοπότι, και πώς, ακόμα κι άν τους έβλεπαν, δεν θα μπορούσαν, άοπλοι καθώς ήταν, να εμποδίσουν ενόπλους.





 シイニーの人々は、イダスピス王にすべてを話しました。ペルシャ人たちの逃走のこと。自分たちは潔白だと言うこと。伝統的な祭りのこと。ペルシャ人たちが逃げるのは知らされてなかったこと。その時は、神を崇拝することに没頭していたこと。それから、宴会の後は深い眠りに落ちていたこと。その上、たとえ、自分たちがペルシャ人の逃亡に気が付いたとしても、武装はしていないのだから、武装したペルシャ人を阻止することは出来なかっただろう、と言うことを話したのです。
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

エティオピア物語 第九巻 12-1

  Ο δε Υδάσπης, βλέποντας όλα αυτά και νομίζοντας ότι προσπαθούσαν να επιτείνουν την προηγούμενη ικεσία τους προσφερόμενοι για ολοκληρωτική υποταγή, τους ρώτησε τί θέλουν και γιατί είχαν πάει μόνοι και χωρίς τους Πέρσες.




προσφερόμενοι : προσφερόμενος の複数主格。  






 一方、イダスピス王は、それらすべてのことを見て、シイニーの人々は以前の嘆願をより一層強めようとしていると考えたのです。また、完全な服従を申し出ているのだと考えたのです。そして、シイニーの人々に、何を望み、ペルシャ人を伴わず自分たちだけで来たのは何故なのか、と尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

Τα παιδιά φτιάχνουν δρόμους 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十章「子供たちが道を造る」1  





      Τα παιδιά φτιάχνουν δρόμους


  Ο δρόμος δεν γίνεται μόνο για λίγους ανθρώπους. Τον φτιάχνουν λίγοι και τον χαίρονται όλοι. Ο δρόμος είναι για όλο τον κόσμο. Είναι για τον πλούσιο και τον φτωχό, για τον άρχοντα και τον ζητιάνο. Με τον δρόμο ένα βουνό ανταμώνει με το άλλο βουνό, μια πολιτεία δίνει το χέρι στην άλλη. Είναι δρόμοι στρωτοί, πλατιοί και ίσιοι σαν τους δρόμους της πόλης. Είναι δρόμοι στενοί και δύσκολοι, που ανεβαίνουν τους γκρεμούς, περνούν τις ρεματιές κι έρχονται στους δροσερούς λόγγους. Ένας τέτοιος δρόμος τους έφερε εδώ, στα ψηλά βουνά! Από τότε κατάλαβαν τα παιδιά τι μεγάλο καλό είναι ο δρόμος.  




          子供たちが道を造る  

 道と言うのは、少人数の人たちの為だけにあるのではないのです。少人数の人が道を造るのですけれど、誰もみんなが道を使うのです。道は、この世界すべての人の為のものなのです。道は、裕福な人の為のものであるのですが、また、貧しい人の為のものでもあるのですよ。貴族の為、乞食の為の道なのです。道があるので、一つの山はもう一つの山と出逢えるのです。一つの集落が別の集落へ手を差し伸べられるのです。都市の道は、舗装され、広くて真っ直ぐなのです。崖を登り、渓流を渡り、涼しい茂みに入る道は、狭くて険しいのです。そうした、狭くて険しい道が、子供たちを、ここ、高い山に連れて来たのですよ! その時から、子供たちは、道がとっても素晴らしいものだ、と言うことが、身に染みているのです。
posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

エティオピア物語 第九巻 11-6

  Και τα μωρά, κατατρομαγμένα και μην καταλαβαίνοντας τί συνέβαινε, έφευγαν μακριά από τους γονείς τους, ίσως για να γλιτώσουν από τις τρομερός κραυγές τους, και κατευθύνονταν πρός τους εχθρούς, άλλα μπουσουλώντας, άλλα με τα αβέβαια βήματα του παιδιού που μόλις έχει ξεποδαρίσει, κλαψουρίζοντας παρακλητικά, λές και η τύχη τα είχε κάνει εικόνα ζωντανή της ικεσίας.

ξεποδαριάζω





 赤ん坊たちは、恐がって、それに、何が起こっているか分からないので、自分の親から遠くへ離れて行ったのです。たぶん、親たちの恐ろしい叫び声から逃げるためだったのです。そうして、敵へ向けて進んで行ったのです。這う赤ん坊もいました。もうとても疲れていたのですが、子供の覚束ない足どりで歩く赤ん坊もいました。みんな、懇願する様にめそめそ泣いていました。まるで、運命が、赤ん坊たちを懇願の生きた絵にしたかの様でした。
posted by kyotakaba at 11:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

エティオピア物語 第九巻 11-5

  Και για να κινήσουν ακόμα περισσότερο τον οίκτο, απόθεσαν κατά γής τα νεογέννητα μωρά τους και τα άφησαν να πάνε όπου ήθελαν σε μιά προσπάθεια να μαλάξουν την ψυχή των Αιθίοπων με τα ανυποψίαστα και αθώα εκείνα πλάσματα.





 そして、より一層の同情を誘おうと、シイニーの人々は、何人かの生まれたばかりの自分たちの赤ん坊を地面に置いて、赤ん坊たちが行きたい所へ行くままにさせたのです。それは、何の疑いも抱いてない、純真な赤ん坊と言う存在で、エティオピア人たちの精神を宥めようと言う試みだったのです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

Ηπειρωτικός Βάτραχος

 Epirus water frog ( Pelophylax epeiroticus ) のギリシャ語名、見つけた。 

Ηπειρωτικός Βάτραχος   

このサイトで: 
.:| herpetofauna.gr |:. ..Ελληνική Ερπετοπανίδα 

鳴き声も聴かれる。 
土地の名前が付いただけだけど。 イッピリティコス蛙。 

Epirus water frog: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

第一部の12章「 ΤΑ ΑΠΟΜΝΗΜΟΝΕΥΜΑΤΑ ΤΗΣ ΠΑΝΩΛΟΥΣ 」16

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΒ 、第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」を、少し 





 ― Πώς θέλες να με φανή; είπεν η Μαρίνα χωρίς να στρέψη τους οφθαλμούς να ίδη.  
 ― Και ο Ζέννος, ο υιός του πλοιάρχου μας, πώς σε φαίνεται;  
  Λέγουσα τούτο η Κάκια έτεινε πάσαν την προσοχήν της επί του προσώπου της ορφανής. Αλλ' ουδέν ανεκάλυψεν εκ τούτου. Η Μαρίνα έμεινεν απαθής.  
― Πώς να με φανή; είπε.  





 「あなたは、その人にわたしをどう思って欲しいの?」と言った。そして、瞳を回して見ることもなかった。 
 「それで、ゼノスだけど、この船の船長の息子さん、あたなには、どう思えて?」 
 カキアはこう言うと、あるだけの注意を親のない娘の顔に向けた。けれども、マリナの表情には何も認められなかった。マリナは、感情のない顔のままだった。 
 「わたしにどう思えるって?」と言った。 



混信して、aimotokiyotakaba-β に掲載された、 
投稿する時には、 aimotokiyotakaba-β παράρτημα の編集ページで、カテゴリーも、Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ を選んで、プレビューも、β παράρτημα だったのに。
posted by kyotakaba at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

Epirus water frog

 おとといだったか知ら、Wikipedia に Epirus water frog の写真が掲載されていた。ギリシャ西部から、アルバニアに棲息している蛙で、レッド・データ・ブックスに載せられている、絶滅危惧種。 
 エピラス・ウォーター・フロッグ。でも、ギリシャでは、何と呼ばれているのかが、分からない。 

Epirus water frog - Wikipedia, the free encyclopedia 

Pelophylax epeiroticus (Epirus Water Frog)  

 検索して、カセメリニの2015年11月7日の記事を見つけたけれど、 
Σπάνιος βάτραχος στην Κάρπαθο υπό την προστασία ενός πρίγκιπα | Περιβάλλον | Η ΚΑΘΗΜΕΡΙΝΗ 

どうやって、探せば良いだろう??  
wild-anima.gr のページ、検索は出来るのか知ら??? http://www.wild-anima.gr/

Τί λένε Epirus water frog σε ελληνικά;   






7月18日追記: 
Ηπειρωτικός Βάτραχος: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

Προμηθεύονται εργαλεία για τους δρόμους 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十九章「道に使う工具を調達する」3  





≪ Αν σας χρειάζονται ≫, είπε ο γέροντας, ≪ να σας τα δώσουμε ≫.
≪ Μας χρειάζονται γιατί η δική μας κοινότητα δεν έχει ούτε ένα μονοπάτι. Θέλουμε ν' ανοίξουμε κανένα ≫.
≪ Μπα; Έχετε και σεις κοινότητα; ≫
≪ Εμείς είμαστε η τελευταία τάξη του ελληνικού, μα τώρα που ήρθαμε στο δάσος και ζούμε μαζί στο ίδιο μέρος, κοινότητα τη λέμε τη συντροφιά μας. Όλα τα 'χουμε μαζί ≫.
≪ Και πόσοι θα δουλέψετε με τα εργαλεία; ≫
≪ Μερικοί απ' όλους ή όλοι μαζί, το ίδιο κάνει. Η δουλειά μόνο να γίνει ≫.
≪ Πωπώ! Ντροπή! ≫ έκαμε ο γέρος. ≪ Μας ντρόπιασαν τα παιδιά! ≫






 「坊やたちが要るのなら、あげよう。」と老人は言ったのです。 
 「ぼくたちの村には、一本の小径もないから、要るんです。なんとか道を通したいんです。」 
 「おや、坊やたちの村があるのかい?」 
 「ぼくらは、ギリシャ語クラスの最終学年で学んでいます。それで、今、ぼくたちは森に来てるのです。一緒に同じ所で生活してます。それで、ぼくらの仲間を、村と呼んでいるのです。何もかも、共同なのです。」 
 「それで、何人が、道具を使って働くつもりなのかな?」 
 「何人かか、全員でか、同じです。仕事で決まるんです。」 
 「ほう、恥ずかしい。子供たちが、わたしらを恥ずかしくさせたよ。」と老人は言った。 





第十九章「道に使う工具を調達する」、終わり  
posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το γράμμα του Αντρέα 1 の訂正

先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、 
→ 
先生は、今ギリシャ語の最終学年のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、



Το γράμμα του Αντρέα 1: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 11-4

  Αποφάσισαν τότε να βγούν από την πόλη σύν γυναιξί και τέκνοις και να παραδοθούν στους Αιθίοπες διαβεβαιώνοντάς τους με όρκους για την αθωότητά τους, μήπως και κινήσουν τον οίκτο τους. Συγκεντρώθηκαν λοιπόν όλοι, άνθρωποι κάθε ηλικίας, πήραν στα χέρια κλάδους ως σύμβολα ικεσίας, άναψαν κεριά και δαυλούς και, με επικεφαλής τους ιερείς που κρατούσαν μπροστά τους σαν κηρύκεια τα αγάλματα των θεών, προχώρησαν μέσω της γέφυρας πρός τους Αιθίοπες・ πρίν ακόμα τους πλησιάσουν, έπεσαν στα γόνατα και, σαν από συνθήματος, άρχισαν όλοι μαζί να εκλιπαρούν με γοερές θρηνητικές κραυγές.




συν γυναιξί και τέκνοις





 そうして、シイニーの人たちは、女子供も諸共に、都市から出ようと決心したのです。そして、エティオピア人たちに降伏して、誓いを立てて、自分たちの潔白を信じてもらおうと、決めたのです。そうすれば、エティオピア人たちの同情を引き出せるかも知れないからです。そうして、各世代の人々、全員が集まったのです。手には、嘆願を表す枝を持ち、蝋燭と松明を灯していたのです。司祭を先頭にしていました。人々は、司祭を、神々の像かケリュケイオンの様に、自分たちの前に掲げていたのです。そして、橋を通って、エティオピア人たちの方へ進んで行ったのです。けれども、まだ、エティオピア人たちに近づく前に、シイニーの人々は、まるで合図があったかの様に、全員が一緒に膝をついて、悲痛で哀れな叫び声を上げながら、懇願を始めたのです。  


posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

エティオピア物語 第九巻 11-3

  Ξημέρωνε πιά όταν οι Συηναίοι αντιλήφθηκαν την απόδραση : πρώτα καθένας τους είχε χάσει τον Πέρση που φιλοξενούσε, ύστερα άρχισαν να το συζητάνε μεταξύ τους και τέλος είδαν και την αυτοσχέδια γέφυρα. Αμέσως κυριεύτηκαν από αγωνία αφού για δεύτερη φορά θα ήταν υπόδικοι, τώρα μάλιστα για βαρύτερο παράπτωμα : ότι στην τόση φιλανθρωπία απάντησαν με προδοσία συνεργώντας στην απόδραση των Περσών.





 シイニーの人たちがオロンダティスの逃亡に気が付いた時は、もう既に夜明けでした。最初は、シイニーの人たち銘々が、歓待していたペルシャ人が居なくなったことに気がついたのです。それから、彼らの間で、そのことを話し合い始めたのです。とうとう、皆は、間に合わせの橋を見て取ったのです。途端に、シイニーの人たちは、不安に捉われたのです。と言うのも、彼らが被告となるのはきっとそうなのですが、二度目なのです。今度は、より重い違反の筈なのです。慈悲に対して、ペルシャ人たちの逃亡を助けると言う裏切りで答えたのですから。
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

エティオピア物語 第九巻 11-2

  Και όταν έφτασε σε στερεό έδαφος, χωρίς να τον πάρουν είδηση οι Αιθίοπες που, σίγουροι για την ασφάλειά τους, δεν είχαν εγκαταστήσει φρουρά και κοιμούνταν ξένοιαστοι, ρίχτηκε χωρίς ανάσα στο δρόμο πρός την Ελεφαντίνη και μπήκε ανεμπόδιστος στην πόλη : οι δύο Πέρσες που είχε στείλει πρίν ( τέτοια διαταγή τους είχε δώσει ) περίμεναν κάθε νύχτα την άφιξή του και, αφού δόθηκε το προσυμφωνημένο σύνθημα, άνοιξαν αμέσως διάπλατες τις πύλες.



χωρίς να τον πάρουν είδηση οι Αιθίοπες の τον は、男性代名詞単数なので、オロンダティスだと思います。 




 固い地面に着いた時、エティオピア人たちは、オロンダティスに気が付かなかったのです。エティオピア人たちは自分たちの安全については確信していたのです。それで、見張り番も置いていなかったのです。暢気に寝ていました。オロンダティスは、一休みもせずに、エレファンディニーヘの道へ躍り出たのです。そして、妨害されずに、エレファンディニーの町に入ったのです。前に送り出していた二人のペルシャ人がオロンダティスの到着を、毎夜、待っていたのです。( そう言う命令を彼らに出していたのです。 ) あらかじめ決められていた合図が送られると、直ぐに、二人は、門を大きく開いたのです。
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

エティオピア物語 第九巻 11-1

  Και όταν συγκεντρώθηκαν στην προσυμφωνημένη πύλη, πρόσταξε να ρίξουν στη λάσπη εγκαρσίως και ενωμένα μεταξύ τους τα ξύλα που κουβαλούσε κάθε δεκαρχία・ οι επόμενοι τα έδιναν στους προηγούμενους και έτσι, σαν από ένα είδος γέφυρας, διαβίβασε ευκολότατα και ταχύτατα το πλήθος.


δεκαρχία : το αξίωμα του δέκαρχου





 あらかじめ決められていた門に兵士たちが集まると、オロンダティスは、各十人組が運んで来た材木を中から一つに繋げていたものを、泥濘に横倒しする様に命じたのです。後から来た者たちが、先に来た者たちに、組まれた材木を渡しました。そうして、その橋の様になった組材木が、多勢をやすやすと素早く渡したのです。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

Προμηθεύονται εργαλεία για τους δρόμους 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第十九章「道に使う工具を調達する」2   





  Ο μπαλωματής γέλασε με τα τρία δόντια του, πήρε το σφυρί και άρχισε να καρφώνει πρόκες στα παπούτσια τους. Εκεί κοντά φάνηκε κι ο γέροντας που είχαν συναντήσει στον δρόμο και τους καλωσόρισε. Τους είπε πως είναι προεστός της κοινότητας και τους ρώτησε γιατί ήρθαν κι από πού.  
 ≪ Ήρθαμε να ψωνίσουμε ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Καθόμαστε επάνω στο Χλωρό κι έχουμε ανάγκη από κότες, από αυγά κι από λαχανικά ≫.  
 ≪ Μετά χαράς να τα πάρετε ≫, είπε ο γέροντας. ≪ Κότες δα έχουμε πολλές ≫.  
 ≪ Μερικά τσαπιά και φτυάρια, μπορείτε να μας δανείσετε για μια δουλειά; ≫  





 靴直し職人は、三本の歯を見せて笑ったのです。鎚を取り上げて、子供たちの靴に鋲を留め始めたのですよ。そこに、道で会ったあの老人が姿を見せました。子供たちを歓迎したのです。老人は、自分が村の長だと言いました。そして、子供たちに、どこから、どうして来たのか、と尋ねたのです。
 アンドレアスは言いました。「ぼくたちは、買い物に来たのです。」「ぼくたちは、上の、ハロロに滞在しているんです。それで、めんどりとたまごとやさいが要るんです。」 
 老人は、こう言いました。「坊やたちが持って行くのは、大喜びだよ。でも、雌鶏はないんだ。」 
 「それから、鍬とスコップもいくらかぼくたちに貸してもらえますか? ある仕事があるんです。」  
posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

エティオピア物語 第九巻 10-3

  Στους δεκάρχες παρήγγειλε να αφήσουν επιτόπου τα άλογα και τα υποζύγια, που θα τους έφερναν δυσκολίες και θα θορυβούσαν, με αποτέλεσμα να αποκαλυφθούν τα δρώμενα, και να πάρουν μαζί τους μόνο τα όπλα και από ένα δοκάρι ή μιά σανίδα.


δέκαρχος : ο αρχηγός δέκα αντρών





 十人組頭たちには、馬や荷物を運ぶ家畜はそのままに置いて行く様に命じていたのです。それらを連れて行くのは難しいだろうし、それに、それらは物音を立てるでしょう、その結果、行動が知られてしまうだろうからなのです。それで、建物の梁か床板から作った武器だけを携えて来る様に命じていたのです。  

posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

エティオピア物語 第九巻 10-2

  Ήταν λοιπόν η γιορτή των Νειλών και οι ντόπιοι επιδίδονταν σε θυσίες και άλλες τελετές・ τα σώματά τους ήταν καταπονημένα από τα βάσανα που είχαν περάσει, αλλά οι ψυχές τους δεν ξεχνούσαν την ευσέβεια και απένεμαν εκ των ενότων τις οφειλόμενες τιμές πρός τα θεία. Όσο για τον Οροονδάτη, περίμενε ώς τα μεσάνυχτα και, όταν βεβαιώθηκε ότι οι Συηναίοι, μετά το φαγοπότι, είχαν βυθιστεί στον ύπνο, βγάζει κρυφά τους στρατιώτες του από την πύλη αφού προηγουμένως τους υπέδειξε την ώρα της αναχώρησης και την πύλη από την οποία θα γινόταν η έξοδος.





 兎も角、ナイル河のお祭りだったのです。地元の人たちは、生贄の儀式とそれに他の儀式に没頭していたのです。苦しみの為に、その苦しみは、既に終わってはいたのですけれど、彼らの身体は痛んでいました。それでも、そんな時でも、地元の人々の気持ちは、信心を忘れていないし、神々の御蔭だと思っているのです。オロンダティスと言えば、彼は、真夜中まで待ったのです。そして、その時になって、シイニーの人たちが、宴会の後、深い眠りに就いたことを確信したのです。そして、人に知られない様に、兵士たちを門から出したのです。兵士たちには、前もって、時間を示し、脱出を行うのは門である、と指示していたのです。   





εκ των ενότων : από μέσα, από αυτά που έχουμε αυτή τη στιγμή στη διάθεσή μας, από τους παρόντες



posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

エティオピア物語 第九巻 10-1

  Μακάρι όσα είπα να μην αποτελούν ασέβεια・ για τα πιό μυστικά προτιμώ να τηρήσω ευλαβική σιωπή. Συνεχίζω τώρα τη διήγηση των γεγονότων της Συήνης.





 私が話すことの何もかもが、不敬にならなければいいのですが。更に奥深い秘密については、私はむしろ、敬虔な沈黙を守るのです。さて、今は、シイニーで起こったことの話しを続けましょう。  



 ここの部分は、語り手( 作者 ) が話している。
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

エティオピア物語 第九巻 9-5

  Η θεά, λένε, ποθεί το θεό όταν λείπει και χαίρεται όταν σμίγει μαζί του και, όταν τον χάνει, θρηνεί και μισεί σαν εχθρό τον Τυφώνα. Όλ’ αυτά όμως είναι, πιστεύω, λόγια ανθρώπων που ασχολούνται σοβαρά με φυσικά και θεολογικά ζητήματα και, επειδή δεν θέλουν να αναλύσουν στους βέβηλους τις υποθέσεις που κάνει ο καθένας τους, παρέχουν μιά πρώτη μύηση εν είδει μύθου, ενώ τον ανώτερο και αποκαλυπτικότερο βαθμό της μύησης τον τελούν μέσα σε ιερά φωταγωγημένα από την πυρφόρο λαμπάδα των όντων.





 女神は男神が居なくなると男神を切に願い、男神と会うと喜び、その男神を失うと号泣し、仇であるかの様にテゥーポーン神を憎むのだ、と言うのです。けれども、私が思うのには、それらすべては、自然と神学的問題とに真剣に取り組んでいる人たちの言うことなのです。そう言う人たちは、不敬な態度で、仮説を分析するのを好まないのです。そう言う人たちの誰もが、神話を通して第一の会得を得るのです。けれども、もっと上級のもっと奥まで明らかになった会得は、存在の光りをもたらす松明の元の神聖な明るく照らされた中で、行われるのです。   





εν είδει : λόγιος τύπος που συνήθως παρομοιάζει


πυρφόρος : που έχει και μεταφέρει φωτιά
posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする