2016年08月31日

エティオピア物語 第九巻 15-6

  Και το κοντάρι, με την αιχμή του εμπρός, προβάλλεται οριζόντιο σε μήκος μεγάλο・ το σιδερένιο μέρος του είναι δεμένο στον αυχένα του αλόγου, ενώ η πίσω άκρη του είναι κρεμασμένη με βρόχο από τους μηρούς του, έτσι ώστε να μην υποχωρεί κατα τις συγκρούσεις, αλλά και να συνεργεί με το χέρι του καβαλάρη που απλώς κατευθύνει το χτύπημα τεντώνοντας το σώμα του πρός τα εμπρός και στυλώνοντάς το σταθερά για να κάμει σφοδρότερο το χτύπημα・ έτσι, με τόση ορμή τρυπάει πέρα ώς πέρα όποιον βρίσκει μπροστά του, ώστε συχνά με ένα χτύπημα διαπερνάει δύο εχθρούς συγχρόνως.





πέρα ώς πέρα : = πέρα για πέρα : πάρα πολύ





 そして、先の尖った棒を、水平に長く突き出しています。その棒の鉄の部分は、馬の首筋に結びつけられています。また、棒の後ろの先は、馬の太腿に輪でぶら下げられています。こうすることで、激突した時に、棒は下に落ちないのです。騎士の手は棒に添えられるのですけれど、単に、ぶつける的に向けるだけなのです。そして、騎士は前へ向けて胸を張って出すのです。そうして、身体をしっかりと支えるのです。とても激しい衝突をするためにそうするのです。こうして、とても激しい勢いなので、騎士の前にいる者を、どんな者でも、突き抜いてしまうのです。大抵は、一突きで、二人の敵を同時に突き刺すのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

エティオピア物語 第九巻 15-5

  Έτσι είναι θωρακισμένο σαν μέσα σε θήκη το άλογο・ κι ο ιππέας δεν πηδάει στη ράχη του μόνος του ― τον εμποδίζει το βάρος ―, αλλά άλλοι τον βοηθούν να ιππεύσει. Και όταν φτάσει η ώρα της μάχης, χαλαρώνει το χαλινάρι, σπιρουνίζει το άλογο και ρίχνεται ακράτητος εναντίον των εχθρών ― άνδρας σιδερένιος, θα έλεγες, και σφυρήλατος ανδριάντας κινούμενος.





 この様に、馬は、容器に入っている様に、装甲されていたのです。それだから、騎士は、自分ひとりでは馬の背に飛び上がらないのです。重さが邪魔をするのです。他の者が騎士が騎乗するのを助けるのです。戦いの時になると、手綱を緩め、馬に拍車を掛けるのです。そうして、敵に飛び掛かります。その様子は、鋼鉄の人間、人形に鋳造された動く彫像、と言えるでしょう。
posted by kyotakaba at 11:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

エティオピア物語 第九巻 15-4

  Με παραπλήσια κατασκευή θωρακίζουν και το άλογο περιβάλλοντας τα πόδια του με περικνημίδες και περισφίγγοντας ολόκληρο το κεφάλι με προμετωπίδες και κρεμώντας σε κάθε πλευρά του, από τη ράχη ώς την κοιλιά, σκέπασμα σιδερόπλεχτο για να το προστατεύει και συνάμα λεπτό ώστε να μήν το εμποδίζει στο τρέξιμο.





προμετωπίδα : ίδα `κράνος αλόγου΄ σημδ. νλατ.





 同じような造りで、馬も鎧を着けていました。脛当てで足を取り巻いていました。そして、頭全体を馬兜でしっかりと締められていました。そして、両側に、背中から腹まで、鉄を編み込んだ覆いが吊り下げられていました。そうして、胴を守ったのです。同時に、走ることを邪魔しないまで、薄くなっていたのです。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

Τα παιδιά φτιάχνουν δρόμους 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十章「子供たちが道を造る」4  





 ≪ Θα κάμετε και ξερολιθιά; ≫ ρώτησε ο προεστός. ≪ Χαρά στην επιμονή σας, παιδιά μου! ≫  
  Με την επιμονή τους έγινε και ο τοίχος και τα δυο μονοπάτια. Κοντά σ' αυτά έκαναν και λίγη δουλειά μέσα στην κοινότητα.  
  Όλη την πλατεία που ήταν στρωμένη από τα ξερά πευκόφυλλα, την καθάρισαν απ' αυτά. Πρώτα για να περπατούν εύκολα κι έπειτα για να αποφύγουν τον κίνδυνο της φωτιάς, γιατί οι ξερές βελόνες των πεύκων και πολύ γλιστερές είναι και πολύ εύκολα παίρνουν φωτιά. Έκαμαν ακόμα ένα πεζούλι γύρω στα πεύκα της τραπεζαρίας για να τρώνε αναπαυτικά. Διόρθωσαν και το μονοπάτι που πάει στη βρύση.  
  Στο τέλος έριξαν μια ματιά στα έργα τους και τα καμάρωσαν.  
 ≪ Είμαστε οι πρώτοι ≫, συλλογίστηκαν, ≪ που κάνουμε εδώ πάνω συγκοινωνία ≫.  
  Μα ήταν αλήθεια οι πρώτοι; Όχι Πολύ πρωτύτερα απ' αυτούς τα γίδια είχαν ανοίξει μονοπάτια στο μέρος εκείνο, για να πηγαίνουν όλα μαζί. Τα γιδόστρατα που έβλεπαν παντού ήταν δρόμοι κοινοτικοί, φτιαγμένοι από το κοπάδι, για να ευκολύνεται στη βοσκή.    





 村長は尋ねました。「と言うのは、坊やたちで石垣を造るのかい?」「君たちはなんて頑張り家さんなんだ! 坊やたち。」 
 子供たちの頑張りで、一つの壁と二本の小径が出来たのです。子供たちの村の近くでは、あまり苦労はありませんでした。 
 広場全体は、乾いた松葉で覆われていたのです。子供たちは、それを掃いて除けてきれいにしました。それは、第一には、歩きやすくするためです。それに、火事の危険を除くためなのです。松の乾いた針葉は、とても滑りやすくて、また、簡単に火が点くからなのです。それから、子供たちは、食堂の松を取り巻いて、石の腰掛けを造りました。楽に食事が出来る様にです。 
 おしまいに、子供たちは、自分たちの仕事を眺めて、胸を張ったのです。 
 「この高地で、交通を拓いたのは、ぼくたちが最初なのではないかしら。」と、じっと考えて思ったのです。 
 でも、本当に、子供たちが初めてだったのか知ら? いいえ。子供たちよりも、ずっと前に、山羊たちが、ここに小径を開いていたのです。山羊たちがみんな一緒にここを通るのに、小径を開いたのです。そうした山羊の通る岨道は、どこにでもある、ありふれた道だったのです。山羊の群れが造った道なのです。そうして、牧草地へ簡単に行ける様になったのですよ。   







第二十章「子供たちが道を造る」、終わり     


posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

エティオピア物語 第九巻 15-3

  Ο χιτώνας αυτός είναι χειριδωτός και πέφτει από τον αυχένα ώς τα γόνατα με μόνο ένα άνοιγμα στα γόνατα για να επιτρέπει στους πολεμιστές να ιππεύουν. Τέτοιος είναι ο θώρακας : κατασκευή που αποκρούει τα βέλη και αποκλείει κάθε τραυματισμό・ η δε περικνημίδα πηγαίνει από τον αστράγαλο ώς το γόνατο και είναι συνδεδεμένη με το θώρακα.





χειριδωτός : με χειρίδες, μανίκια, συνήθως φαρδιά





 このキトンは、開き口は結ばれてないのです。うなじから膝まですとんと落ちています。膝のところに開き口が一つあるだけです。戦士が騎乗出来る様にそうなっているのです。鎧は、矢を跳ね返し、どんな傷も負わせない様な造りになっていました。脛当ては、踝から膝まであります。鎧と繋がっているのです。
posted by kyotakaba at 11:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

エティオピア物語 第九巻 15-2

  Και να πώς είναι κατασκευασμένος ο θώρακας : σφυρηλατώντας χάλκινα και σιδερένια ελάσματα σε σχήμα τετράγωνο και εφαρμόζοντάς τα το ένα πάνω στο άλλο με συνδέσμους στα άκρα των πλευρών τους, έτσι ώστε το αποκάτω να πατάει στο αποπάνω και το καθένα στο παρακείμενό του, και αγκιστρώνοντας τους αρμούς με ραφές κάτω από τα σημεία σύνδεσης, κατασκευάζουν έναν φολιδωτό χιτώνα που εφαρμόζει ανώδυνα στο σώμα και το αγκαλιάζει από παντού περιβάλλοντας κάθε μέλος του χωρίς να εμποδίζει τις κινήσεις, εφόσον μπορεί να στενεύει και να φαρδαίνει ανάλογα μ’ αυτές.





 鎧がどのように造られているかと言えば、次の様になっていたのです。まず、銅と鉄を四角の板に鋳造するのです。そして、一つの板を他の板の上に、板の側面の端をぴったりと合わせるのです。下の板は、各々、隣接する上の板に、重なる様になるのです。下の板は、上の板の接続位置の下に、上の板の合わせ目に下の板の継目で引っ掛けられるのです。そうして、鱗状のキトンを造るのです。このキトンは、痛みもなく身体にぴったりと合うのです。身体の何処にもくっついているのです。そして、動きを邪魔することなく、身体の各部位を包み込んでいるのです。継目が、動きに応じて、狭くなったり拡がったりが出来るので、いつも身体を包んでいるのです。
posted by kyotakaba at 15:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

エティオピア物語 第九巻 15-1

  Και να πώς είναι η πανοπλία των ιππέων αυτών : επίλεκτοι άνδρες που διακρίνονται για τη μυϊκή τους δύναμη φοράνε στο κεφάλι κράνος συμπαγές και μονοκόμματο που απομιμείται επακριβώς πρόσωπο ανδρός όπως τα προσωπεία・ καλυμμένοι με αυτο από την κορυφή ώς τον αυχένα, με μόνη εξαίρεση τα μάτια για να μπορούν να βλέπουν, έχουν το δεξιό χέρι οπλισμένο με κοντάρι μεγαλύτερο από μιά κοινή λόγχη ενώ με το αριστερό κρατούν τα χαλινάρια・ στο πλευρό τους έχουν κρεμασμένο ένα καμπύλο ξίφος και είναι θωρακισμένοι όχι μόνο στο στέρνο, αλλά και σε όλο το άλλο σώμα τους.





 その騎士たちの武装はこの様な様子だったのです。筋力が選りすぐれている精鋭の男たちなのです。彼らは、頭に頑丈な兜を被っていました。兜は部分には分かれない一繋がりのものです。それは、男の顔を正確に模造しているのです。まるで、仮面の様なのです。騎士たちは、頭頂からうなじまでその兜で覆われています。ただ、目だけが例外です。見ることが出来る様に、覆われてないのです。右手は、一般的な槍よりもずっと長い槍で武装しています。一方、左手で手綱を握っているのです。脇には、彎曲した剣をぶら下げていました。騎士たちは、胸だけでなく、身体のすべてが鎧で覆われていました。
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

エティオピア物語 第九巻 14-4

  Έτσι είναι πάντα η φάλαγγα των Περσών : μπροστά, σαν τείχος αρραγές, παρατάσσεται το πιό αξιόμαχο μέρος του στρατεύματος.





αρραγής : που δεν ραγίζει, που δεν έχει ράγισμα

αξιόμαχο : η ικανότητα κάποιου να μάχεται (αποτελεσματικά)





 このように、すべてが、ペルシャの方陣だったのです。前方には、一分の隙もない壁の様に、軍隊の最も戦闘能力の高い部隊が配置されていたのです。
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

わからない

 アレクサンドロス・パパディオマンディスの『メタナティス』の次の文、まるで分からない。




Κτά βάθος δε η Μαρίνα ήτο αγαθή και ευσεβής ψυχή, υπερήφανος και αναξιοπαθούσα, τραχεία ενίοτε, συμπαθητική τρός τους αγαπώντας και αφόρητος πρός τους μισούντας αυτήν.


τρός は πρόςの間違いだとは思うけれど。   

υπερήφανος και αναξιοπαθούσα、υπερήφανος は何故男性実詞・主格なのか? 
τραχεία は実詞なのか? 動詞なのか? 気管の意味なのか??? 
αφόρητος は形容詞だと思うけれど、これは女性形なのか? 男性形に思えるけれど???  


追記:
分からないままだけれど、次のように訳して見た、 
一方、マリナは、心の奥底では、純真だった。それに、信心深い心根だった。自負心と過度の不安があった。粗暴に振る舞うことは殆どなかった。愛している人たちに共感し、彼女を憎む人たちには耐えられないのだった。
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 14-3

  Ο ίδιος ο Οροονδάτης είχε τοποθετηθεί στο κέντρο πάνω σε λαμπρό δρεπανηφόρο άρμα με επίσημη φρουρά και προστασία τη φάλαγγα δεξιά και αριστερά του・ μπροστά του είχε μόνο τους κατάφρακτους ιππείς, στους οποίους και βάσιζε τις μεγαλύτερες ελπίδες για τη νίκη.





δρεπανηφόρος : αυτός που κρατάει δρεπάνι
για άρματα, αυτό που είναι οπλισμένο με δρεπάνια και από τις δύο πλευρές του άξονα





 オロンダティス自身は、中央に位置していました。両側に輝く鎌がついた二輪戦車の上に居たのです。彼の左右には、正規の衛兵と護衛兵が方陣を組んでいました。オロンダティスの前には、完全武装の騎士たちだけがいました。オロンダティスは、この騎士たちに、勝利への最大の希望を託していたのです。
posted by kyotakaba at 11:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

分からない

 アレクサンドル・パパディオマンディスの『メタナティス』の次の文、まったく分からない。
Η κόρη αυτη ήτο κατ' αυτόν άγγελος πραότητος και υπομονής, αγία των πρώτων του χριστιανισμού αιώνων, παράδειγμα αγάπης και ταπεινώσεως, ενθουσιασμού και απαθείας.   

Η κόρη αυτη 主格、[ この娘 ]
ήτο είναι だと思う。
κατ' αυτόν ??? αυτος は何の代名詞なのか?
άγγελος 実詞・男性・主格 [ 天使 ] 何故ここで主格が来ているのか? あるいは主格ではないのか?
πραότητος και υπομονής, 実詞・女性 πραότης とυπομονή の属格。[ 穏やかさと忍耐 ]
αγία ???
των πρώτων 序数の複数??[ 第一の ]
του χριστιανισμού αιώνων, 単数・ 形容詞の属格[ キリスト教の ]  実詞の・複数の属格[ 世紀 ]
παράδειγμα 実詞・中性・単数・主格あるいは対格 [ 例 ]
αγάπης 実詞・女性・単数の属格 [ 愛の ]
και
ταπεινώσεως, 実詞・女性・単数の属格 [ 屈辱 ]
ενθουσιασμού 実詞・男性・単数の属格 [ 熱狂 ]
και απαθείας. 実詞・女性・単数の属格 [ 無関心 ]   



Google翻訳: 
娘はこれは、このように天使の柔和と忍耐、キリスト教の神聖な20世紀から21世紀にかけて、愛と謙遜、熱意と無関心の例でした。  



追記: 
次のように訳して見た:  
ゼノスにとって、マリナは、穏やかさと忍耐強さを体現している天使であり、愛と敬虔と熱心な信仰と平静さの鑑である、ハリスト教初期の聖女なのだ。  

αυτόν 彼は、ゼノス。Η κόρη αυτη この娘は、マリナ。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 14-2

  Τη δεξιά πτέρυγα κατείχαν γνήσιοι Πέρσες και Μήδοι・ στην πρώτη γραμμή ήταν παραταγμένοι οι οπλίτες και ακολουθούσαν οι τοξότες, ώστε, καθώς οι ίδιοι ήταν χωρίς πανοπλία, να τοξεύουν εκ του ασφαλούς προστατευόμενοι από τους οπλίτες・ την αίγυπτιακή δύναμη και τη λιβυκή και όλα τα ξένα στρατεύματα τα είχε τοποθετήσε στην αριστερή πτέρυγα παρατάσσοντας μαζί τους ακοντιστές και σφενδονήτες, με τη διαταγή να κάνουν αστραπιαίες εφόδους και να πλήττουν τον εχθρό εξορμώντας από τα πλάγια.





 右翼には、正真正銘のペルシャ兵とメディア兵が占めていました。最前列には、歩兵が並んでしました。それに、射手が続いています。射手は武装していないので、歩兵に安全に守られて、弓を射るのです。エジプト軍とリビア軍、それに、他のすべての外国軍を、オロンダティスは、槍兵と投石兵と一緒に整列させて、左翼に配置していたのです。そして、急襲して側面から敵に突入して打撃を与える様に、と言う命令を与えていたのです。
posted by kyotakaba at 11:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

エティオピア物語 第九巻 14-1

  Νάτον λοιπόν σε λίγο μπροστά στα μάτια τους , με το στρατό του παραταγμένο να σαγηνεύει τα βλέμματα με την περσική του μεγαλοπρέπεια και να καταυγάζει την πεδιάδα με τα επάργυρα και επίχρυσα όπλα του. Μόλις ανέτελλε ο ήλιος κι έριχνε τις ακτίνες του στους Πέρσες καταπρόσωπο και άφραστη μαρμαρυγή απλωνόταν ώς τους τελευταίους καθώς οι πανοπλίες αντανακλούσαν τις ακτίνες σκορπίζοντας το δικό τους φώς.



καταπρόσωπο ( επίρρημα ) : κατευθείαν στο πρόσωπο κάποιου  

άφραστος : αυτός που δεν μπορεί να περιγραφτεί

μαρμαρυγή : λάμψη, λαμπύρισμα, ακτινοβολία


冒頭の Νάτον は、 να [ ほら、の意味 ]なのだと思う、意味はないのではと思うのだけれど。  






 そうして、今、敵たちの目の直ぐ前に、オロンダティスは、整列された彼の軍隊と共に、彼のペルシャ式威厳によって、敵たちの目を惹き付けていたのです。銀と金が鍍金されたオロンダティスの武具は平原を照らして、威厳を放っていたのです。太陽は昇ると直ぐに、ペルシャ人に顔に真っ直ぐ光線を投げつけました。何とも言い様のない輝きが、何処までも伸びて、兵士の武具がそれを反射して、恰も、自らの光りを放っているかの様でした。
posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 14-1

Νάτον λοιπόν σε λίγο μπροστά στα μάτια τους , με το στρατό του παραταγμένο να σαγηνεύει τα βλέμματα με την περσική του μεγαλοπρέπεια και να καταυγάζει την πεδιάδα με τα επάργυρα και επίχρυσα όπλα του. Μόλις ανέτελλε ο ήλιος κι έριχνε τις ακτίνες του στους Πέρσες καταπρόσωπο και άφραστη μαρμαρυγή απλωνόταν ώς τους τελευταίους καθώς οι πανοπλίες αντανακλούσαν τις ακτίνες σκορπίζοντας το δικό τους φώς.


Google翻訳: 
だから、彼の軍隊がalluresに並んでまもなく彼らの目の前にNatonは、ペルシャの素晴らしさを見て、銀と金色の武器で平野を照らします。いったん太陽をanetelleと鎧が自分の光を拡散反射光線を通り、最近のようにペルシャ人とafrasti細動の広がりに直面して顔の光線を投げました。 

WorldLingo翻訳: 
軍隊の行進のsagineyeiの目の少し前部の従ってNaton、彼のpersikiの壮大およびkataygazeiの一見彼のepargyraおよびepichrysaの腕を搭載する平野。 ばら色すぐ太陽はPersesのkataprosopoの彼のビームを投げたら、afrastiのmarmarygi最後の物として反映される装甲が彼を分散させることを自身のライト発するkathosを開いた。   


私には能力がないので訳せない、
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

Τα παιδιά φτιάχνουν δρόμους 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十章「子供たちが道を造る」3  





  Πόσες δυσκολίες βρήκαν! Χρειάστηκε να παλέψουν με τη γη σε πολλές μεριές. Εκεί που ήθελαν να περάσουν τον δρόμο έβγαιναν μπροστά οι ρίζες που απλώνουν μακριά μερικά δέντρα. Τις ρίζες αυτές, που ήταν χοντρές και δυνατές προσπαθούσαν να τις κόψουν για να μη σκοντάφτουν τη νύχτα. Χρειάστηκαν πριόνι, τσεκούρι και πολύν κόπο. Αλλού συνάντησαν μια μεγάλη κατηφοριά, από κείνες που φτιάχνουν τα νερά της βροχής. Το μονοπάτι έπρεπε να περάσει από κει. Μα μόλις το έφτιαξαν και πάτησαν επάνω, σωριάστηκε το χώμα. Πώς να το κάμουν στερεό;  
  Σκέφτηκαν να στερεώσουν το μονοπάτι μ' έναν μικρό τοίχο από κάτω. Για να χτίσουν όμως αυτό τον τοίχο χρειάστηκαν πολλά πράγματα που δεν τα είχαν φανταστεί : πρώτα-πρώτα μια βαριά για να κόβουν τις πέτρες. Δεν την είχαν κι έστειλαν πάλι στον προεστό του Μικρού Χωριού, παρακαλώντας να τους τη δώσει κι αυτή.    





 子供たちは、どれだけたくさんの困難に出会ったことでしょう! たくさんの場所で地面と苦闘しなければならなかったのです。道を通したいと子供たちが思っている所の前へ、幹から遠くへ伸びた根が何本も出ていたのですよ。夜に蹴つまずかない様に、子供たちは、こうした何本もの根を切ろうとしたのです。でも、根は太くて強かったのです。鋸と斧と、それに、相当の骨折りが要ったのです。別の所では、長い下り坂に直面しました。そこから、雨水がやって来るのでした。小径は、そこを通り抜けなければいけなかったのです。小路を作って直ぐに、その上を踏むと、土が崩れるのです。しっかりとするのにはどうしたらいいのでしょうか? 
 子供たちは、下から小さな壁で小径を固めよう、と考えたのです。でも、壁を造るのには、子供たちが思っても見なかったたくさんの物が必要だったのです。まず最初に、石を割るのに、ハンマーが要ります。子供たちは持っていませんでした。それで、また、ミクロ・ホリオの長のところに、大きなハンマーを下さいとお願いするために、使いをだしたのです。
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

エティオピア物語 第九巻 13-4

  Και την άπιστη σκέψη του την έκαμε πράξη : βρίσκοντας τους Πέρσες της Ελεφαντίνης πανέτοιμους, εξόρμησε μαζί τους, αμέσως χωρίς ούτε στιγμή να καθυστερήσει την έφοδο, με τη σκέψη ότι θα προλάβαινε πρίν οι αντίπαλοι ολοκληρώσουν την προετοιμασία τους.





 オロンダティスは、彼の神も信じない考えを実行に移したのです。エレファンディニーのペルシャ人たちがすっかり用意が出来ているのを見ると、彼らと共に、時を置いて急襲の機会を逃す様なこともなく、直に飛び出したのです。敵対者が完全な準備を為終える前に間に合うだろう、と言う考えでそうしたのです。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

エティオピア物語 第九巻 13-3

  μαζί με τους Αιθίοπες που είχαν πάει για συνομιλίες, κατάφερε να διαπεραιωθούν και δύο Πέρσες τάχα για να συναντήσουν τους άλλους Πέρσες στην Ελεφαντίνη και να μάθουν με ποιούς όρους θα δέχονταν να συνθηκολογήσουν με τον Υδάσπη, στην πραγματικότητα όμως για να δούν άν θα ήταν διατεθειμένοι να δώσουν μάχη όταν ο ίδιος θα κατόρθωνε να αποδράσει.





 オロンダティスは、対話のために来ていたエティオピア人たちと共に二人のペルシャ人をエレファンディニーに送り出すことに成功していたのです。もしかしたら、他のペルシャ人に会えるかも知れないからです。そうしたら、ペルシャは、どういう条件であったなら、イダスピス王に降伏することを受け容れるのかを知ることが出来るだろうからなのです。けれども、現実には、オロンダティス自身が方々に成功した場合、戦いを起こせる配置がされているかどうかを知る為に、二人を送り出したのです。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

エティオピア物語 第九巻 13-2

  Ακόμα δεν είχαν τελειώσει οι προετοιμασίες και προσέτρεξαν οι ανιχνευτές αναγγέλλοντας ότι κατέφθαναν οι Πέρσες παραταγμένοι για μάχη. Και πράγματι, ο Οροονδάτης είχε δώσει διαταγή να συγκεντρωθεί το κύριο μέρος του στρατού του στην Ελεφαντίνη και ο ίδιος, όταν έμαθε από τους ανιχνευτές του την επικείμενη επίθεση των Αιθιόπων, είχε αναγκαστεί να καταφύγει με λίγους στρατιώτες στη Συήνη, όπου και είχε αποκλειστεί από το χωμάτινο τείχος・ εν συνεχεία είχε παρακαλέσει τον Υδάσπη να του χαρίσει τη ζωή και, όταν έλαβε από κείνον την εγγύηση της σωτηρίας, αποδείχτηκε ο πιό αναξιόπιστος άνθρωπος του κόσμου :





 準備はまだ済んでいませんでした。斥候たちが救援に急いで来て、ペルシャ人が遣って来て戦闘態勢についている、と知らせたのです。実際、オロンダティスは、それまでに、彼の軍隊の大部分にエレファンディニーへ集結する様にと命令をしていたのです。オロンダティス自身はと言えば、自分の斥候たちから、エティオピア人の攻撃が間近に迫っているのを知ったので、シイニーに居た数人の兵士と共に逃げる他なかったのです。シイニーの都市は、土の壁で閉じ込められていたのです。それから、オロンダティスはイダスピス王に命ばかりは免じてくれる様に懇願したのです。王から、命の保証を得ると、オロンダティスは、自分が世界で一番に信頼出来ない人間であることを証してみせたのです。
posted by kyotakaba at 12:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

エティオピア物語 第九巻 13-1

  Αυτά του είπαν και τον ικέτεψαν ν’ αφήσει κατά μέρος την οργή του εναντίον τους και να μπεί στην πόλη τους ως απόλυτος κυρίαρχος. Ο Υδάσπης όμως θεώρησε άκαιρο να μπεί ο ίδιος στην πόλη και έστειλε μόνο δύο φάλαγγες οπλιτών για να βεβαιωθεί ότι δεν του είχαν στήσει ενέδρα και, άν τίποτε τέτοιο δεν συνέβαινε, για να χρησιμέψουν ως φρουρά της πόλης・ τους Συηναίους τους έστειλε πίσω με καλές υποσχέσεις και ο ίδιος παρέταξε το στρατό του ή για να αντιμετωπίσει την επίθεση των Περσών ή, άν καθυστερούσαν, για να επιτεθεί ο ίδιος.





 シイニーの人たちは、この様なことを、王に言ったのです。そして、自分たちに対しての怒りは下に置いて、シイニーの都市へ絶対的君主として入城してくれる様にと、伏してお願いしたのです。けれども、イダスピス王は、自分自身が都市に入城するのは適当な時期ではないと考えたのです。それで、歩兵隊を二隊だけ送り込んだのです。罠が仕掛けられていないかを確かめる為にそうしたのです。罠の様なものがまったくなければ、彼らは、都市の守備隊として活用出来るのです。王は、その後、シイニーの人たちのところへは、よい約束を持たせた歩兵たちを遣わせたのです。王自身は軍隊を配置させました。一つには、ペルシャ人の攻撃に対峙させる為です。もう一つには、ペルシャ人の攻撃が遅い場合、自分の方が攻撃する為になのです。
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする