2016年10月31日

エティオピア物語 第九巻 21-1

  Ο Αιθίοπας οδήγησε τον αιχμάλωτό του στον Υδάσπη. Κι εκείνος, βλέποντάς τον ετοιμοθάνατο και βουτηγμένον στο αίμα, του σταμάτησε την αιμορραγία με κάποια επωδή που έψαλαν οι ειδικευμένοι σ’ αυτά και, αποφασισμένος να του σώσει, ει δυνατόν, τη ζωή, ≪ φίλε μου ≫, του είπε ενθαρρυντικά, ≪ όσο εξαρτάται από τη δική μου γνώμη, η σωτηρία σου είναι εξασφαλισμένη. Είναι ωραίο να νικάς τον εχθρό με μάχες, όταν στέκει όρθιος, και με ευεργεσίες όταν είναι πεσμένος・ αλλά τί σ’ έκανε να αποδειχθείς τόσο άπιστος; ≫





 一人のエティオピア人が、彼が捕まえた捕虜をイダスピス王の下へ連れて来ました。王は、その者が、瀕死で血に塗れているのを見ると、その者の為に何かの呪文を唱え、出血を止めてやりました。その呪文は、熟練した呪術師が、人が出血している時に唱えるものでした。王は、出来るのなら、その者の命を救おうと心を決めていました。王は、その者に、励ますように、こう言いました。「君、君の身の安全が万全かどうかは、私の考え次第なのだ。君が敵を打ち負かすのは素晴らしいことだ。たとえ、敵が真っ直ぐ立っていても、神の計らいで倒れていても、打ち負かすのは素晴らしいことだ。だが、君がこれほど不忠なのを君自身に証させたのは、何だろうね?」  



11月1日訂正:  
君がどれほど不誠実なのかを君自身に証させるのは、何だろうね?
→ 
君がこれほど不忠なのを君自身に証させたのは、何だろうね?
posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」5  





  ≪ Ανοίξτε τα μάτια σας να δείτε τι θα κάνω ≫, είπε η αλεπού στα μικρά.  
  Χίμηξε σε μια κότα και της έβαλε τα δόντια στον λαιμό. Έπειτα γρήγορα έπιασε μια άλλη. Άρπαξε τη μια και έφυγε. Ύστερα ξαναήρθε και πήρε και την άλλη. Το κοτέτσι αναστατώθηκε, μα ήταν αργά. Οι καημένες οι κότες κοιμούνταν βαθιά. Τι όνειρο να έβλεπαν;  
  Δυστυχισμένη κότα που είχες τη φλωροκίτρινη τραχηλιά, σαν χωριάτικο μαντίλι! Καημένε κόκορα με το μεγάλο λειρί από το Μικρό Χωριό!  
Πάνω σε έναν πεσμένο κορμό δέντρου ξεκουράζεται η αλεπού από το κυνήγι και λέει στα μικρά της: ≪ Η καλύτερη κοινότητα είναι εκείνη που δεν έχει σκύλο ≫.  





 狐夫人は、子供たちにこう言いました。「お前たち、自分の目を開けて、わたしがどうするか、見ておくんだよ。」 
 夫人は、一羽の雌鶏に襲いかかりました。首に牙を当てたのです。さらに、すばやく他の一羽を捕まえました。一羽をしっかりと掴むと立ち去ったのです。そうして、もう一度入って行って、前の一羽を取り上げました。鶏小屋は大騒ぎになりました。でも、もう遅かったのです。かわいそうな雌鶏たちは、ぐっすり眠っていたのです。どんな夢を見ていたのでしょうね?   
 運の悪い雌鶏さん、お前は、田舎のスカーフのような、鶸色のうなじをしていたね。ミクロ・ホリオから遣って来た、かわいそうな雄鶏、大きな鶏冠をしていたね。 
 狩りを終えて、狐夫人は、倒木の幹の上で、身体を休めました。そして子供たちにこう言ったのです。「ここは、一番素晴らしい村ね。犬がいないからね。」   






第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

エティオピア物語 第九巻 20-6

  Τιμωρήθηκε πάντως αμέσως χτυπημένος με βέλος από κάποιον Αιθίοπα που αναγνώρισε το σατράπη και, ακολουθώντας τη διαταγή, ήθελε να τον διαφυλάξει ζωντανό αλλά και είχε αγανακτήσει με το εγχείρημα του Αχαιμένη : θεώρησε άδικο να φεύγει κανείς μπροστά στον εχθρό και την ίδια ώρα να πλήττει τους δικούς του επωφελούμενος από τη συμφορά για να εκδικηθεί, όπως έδειχναν τα πράγματα, προσωπικό εχθρό.





 兎にも角にも、襲撃は直ぐに阻止されたのです。エティオピア人の誰かの矢で阻止されたのです。そのエティオピア人は太守を見分けることができたのです。そして、命令に従って、太守を生きたままにしておきたかったのです。それだから、アヘメニスの暴挙にはひどく憤慨したのです。アヘメニスは、誰であっても、敵を前にして逃げ出すのは、間違っていると思っていたのです。そして、その同じ瞬間に、様々なことが明らかになったのです。そして、アヘメニスは、今こそ、混乱に乗じて、自軍に打ち掛り、自分の個人的な敵に復讐をする時だと思ったのです。    





την ίδια ώρα να πλήττει τους δικούς του のところ、
του は、アヘメニスだと思う。
その前の、τους δικούς は複数なので、自分たちの軍隊と言うことなのではないかと思った。
posted by kyotakaba at 14:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

エティオピア物語 第九巻 20-5

  Εκεί λοιπόν πιάστηκε και ο ίδιος αφού προηγουμένως, επωφελούμενος από την ταραχή της φυγής, προσπάθησε να τον σκοτώσει ο Αχαιμένης, ο γιός της Κυβέλης ( ήδη είχε μάθει όλα όσα συνέβησαν στη Μέμφιδα και είχε μετανιώσει για την καταγγελία του εναντίον της Αρσάκης αφού είχαν πιά καταστραφεί τα αποδεικτικά στοιχεία ), αλλά δεν είχε κατορθώσει να του επιφέρει θανατηφόρο χτύπημα.





 そこで、オロンダティスその人も、捉まえられたのです。その前に、敗走の混乱に乗じた、キベリーの息子である、アヘメニスは、オロンダティスを殺そうとしていたのでした。( アヘメニスは、メンフィスで起こったことのすべてをもう知っていたのです。それで、アルサキを裏切る密告をしたことを後悔していたのです。証拠になるものは、もう、完全に無くされているのですから。 ) けれども、アヘメニスは、オロンダティスに致命的な一撃を与えることができなかったのです。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

エティオピア物語 第九巻 20-4

  σ’ αυτό και έπεσαν οι περισσότεροι σπρωγμένοι από άλογα και άρματα δρεπανηφόρα και από το άλλο πλήθος που έτρεχε περίτρομο, για να αντιληφθούν πολύ αργά την απερισκεψιά του σατράπη, του οποίου το στρατήγημα, αντί να αποβεί εις βάρος των εχθρών, στρεφόταν εναντίον τους・ γιατί φοβούμενος την κύκλωση κατά την αρχή της μάχης, φρόντισε να έχει στα νώτα του τον Νείλο, χωρίς να λάβει υπ’ όψη του ότι έτσι απέκλειε το δρόμο της φυγής του.


δρεπανηφόρος : 第九巻14-3 に出ている。両側に鎌を付けた戦車。

περίτρομος





 ここで、ほとんどの者たちは、怯えて走って来る他の多勢に押されて、馬や鎌を付けた戦車から転げ落ちたのです。そうして、太守が思慮が足りなかったことを、思い知ったのですが、それは遅すぎました。太守の戦略は、結局、損害を敵にではなくて、自分たちに齎すことになったのです。戦いの始めに、包囲されることを恐れて、自身の逃亡の路を閉ざすことになると言うことを考えに入れずに、ナイル河を背後にすることに拘ったからなのです。  
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」4  





  ≪ Εμπρός παιδιά, ξεκινάμε ≫, είπε κατά τα μεσάνυχτα. ≪ Και φρόνιμα στον δρόμο. Όπου πηγαίνω, θα πηγαίνετε. Πίσω από την ουρά μου θα περπατάτε όλα μαζί. Δεν θα βγάλετε ούτε κιχ. Και να κοιτάζετε καλά τον δρόμο για να τον μάθετε ≫.  
  Με μεγάλη προσοχή και προφύλαξη περπατούσαν αρκετή ώρα. Πήγαιναν μέσα από χαμόκλαδα κι έκαναν μεγάλους γύρους. Οι άνθρωποι έχουν τους δρόμους τους κι η αλεπού έχει τον δικό της. Έτσι έφτασαν στις καλύβες των παιδιών. Τίποτα άλλο δεν κοίταξαν στην πολιτεία, ούτε φώτα ούτε δρόμους ούτε καταστήματα, μόνο πήγαν ίσια στο κοτέτσι. Πάλι το βρήκαν ανοιχτό. Τα παιδιά δεν είχαν μετρήσει προχτές τις κότες για να δουν πως τους έλειψαν δύο. Και πάλι απόψε θα λείψουν άλλες δύο.   





 真夜中になると、夫人はこう言ったのです。「さあ、前へお出で、子供たち。出発しますよ。路では、慎重にね。わたしがいく所を、お前たちは歩くんだよ。わたしの尻尾の後ろを、みんなで一緒に歩きなさい。キュ、と言う音を出してもいけないよ。路をよく見るんだよ。覚えないと駄目だからね。」   
 大変な用心と注意を払って、随分な時間を歩きました。藪の中を通ったのです。大冒険でした。人間たちは、人間たちの路を持っています。狐も、狐の路を持っているのです。そうして、狐の家族は、子供たちの小屋に着いたのです。狐たちは、町に入っても、他の何も見入ったりしなかったのです。灯りにも目を留めませんでした。路にも目を留めませんでした。店々にも目を留めませんでした。真っ直ぐに、鶏小屋に行ったのです。狐たちには、小屋が、また開いているのが分かりました。子供たちは、きのう、雌鶏を数えていなかったのです。それで、二羽がいなくなっているのを知らなかったのです。そして、今夜、また、もう二羽いなくなるのです。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

エティオピア物語 第九巻 20-3

  απλώνοντας πρός τα αριστερά τις φάλαγγες οι Αιθίοπες και μειώνοντας το μεγάλο βάθος της παράταξής τους, προεξέτειναν τις γραμμές τους και από τις δύο πλευρές・ ύστερα έστρεψαν τις πτέρυγες και περικύκλωσαν το περσικό στράτευμα αφήνοντάς του ως μόνη ανεμπόδιστη διαφυγή το δρόμο που οδηγούσε στο ποτάμι・





 エティオピア人たちは、陣形の左の方へ寄って行きました。そして、隊列は薄くなって行ったのです。列の両端が伸びて行ったのです。そうして、陣の両翼の向きを変え、ペルシャ軍を取り囲んだのです。そして、ペルシャ軍には、河へ続く道だけを、自由に逃亡出来る方法として残したのです。
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

エティオピア物語 第九巻 20-2

  Ο δε Υδάσπης, βλέποντας από τον πύργο του σαν από παρατηρητήριο τη λαμπρή νίκη του στρατού του, έστειλε κήρυκες με τη διαταγή να αποφύγουν οι δικοί του τη σφαγή των αντιπάλων και όσους μπορούσαν να τους πιάσουν ζωντανούς και προπαντός τον Οροονδάτη・ έτσι ακριβώς και έγινε :





 一方、イダスピス王は、自分の居る塔から、展望台からでもあるように、自軍の輝かしい勝利を見ると、ある命令を与えて、触れ役人を何人も送り出したのです。その命令は、王の軍隊は敵対者たちの殺戮を忌避する様に、その敵たちを生きたまま捕えるのが適当である、とりわけ、オロンダティスは生きたまま捕えなければならない、と言うものでした。そして、実際には、この様なことが起こったのです。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

エティオピア物語 第九巻 20-1

  Όταν όμως οι Αιγύπτιοι και οι Λίβυες έμαθαν ότι είχαν εξολοθρευθεί οι κατάφρακτοι που θεωρούνταν η μεγαλύτερη δύναμη και ελπίδα του πολέμου και ότι ο σατράπης είχε αποδράσει κι επίσης ότι οι πολυθρύλητοι οπλίτες των Μήδων και Περσών, χωρίς να πράξουν τίποτε αξιοθαύμαστο στη μάχη ( οι στρατιώτες της Μερόης, που είχαν ταχτεί απέναντί τους, τους είχαν προξενήσει μεγαλύτερες ζημίες απ’ όσες είχαν υποστεί ), είχαν ακολουθήσει τους υπόλοιπους, ενέδωσαν κι αυτοί και τράπηκαν σε ατακτη φυγή.





 けれども、エジプト人とリビア人は、最強の力を持ち戦争の希望と考えられていた、完全武装の騎士がすでに全滅さされていると言うこと、を知ったのです。それに、太守はもう逃げてしまっていると言うこと、その上に、世間によく知られているミドンとペルシャの装甲歩兵も、戦闘で、目に付くようなことは何もしないまま、他の兵士たちと同様に全滅してしまったこと ( メロイの兵士たちは、自分たちが受けた損害よりも、ずっと酷い損害を与えるぞ、と装甲歩兵たちに対して、誓いを立てていたのです。 ) を、知ったのです。すると、エジプト人とリビア人たちは、戦いを止め、向きを変えて、散り散りに逃げ出したのです。   


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

エティオピア物語 第九巻 19-4

  Έτσι καθένας απ’ αυτούς έχει τα βέλη πάντα πρόχειρα στις μάχες και, παίρνοντάς τα από εκεί ωσάν από φαρέτρα, κάπως σαν φαντασμένος σάτυρος σκιρτά και σειέται και λυγιέται στεφανωμένος με τα βέλη και με το σώμα του γυμνό, κι ύστερα ρίχνει εναντίον των εχθρών. Σίδερο δεν χρείαζεται για τις αιχμές : παίρνει το κόκαλο από τη ράχη ενός φιδιού, το κόβει όσο χρειάζεται για να χρησιμοποιηθεί ως πήχης, ξύνει τα άκρα του ώστε να γίνουν αιχμηρότατα και έχει ατόφιο το βέλος, που ίσως και από τη λέξη οστούν έχει πάρει το όνομά του : οϊστός.





ωσάν : σαν να, σάματι, σάματις, δίκην, ωσεί, οιονεί, κάτι σαν, λες και, ως αν





 つまり、射手のそれぞれ誰もが、直ぐに戦いに使える矢を、常時、身に着けていると言うことなのです。まるで矢筒から取る様に、そこから矢を取り出すのです。少々、想像上のサテュロスに似てなくもありません。身体は裸で、頭には矢で出来た冠を被っている彼らは、跳ねて、首を振って、お辞儀をするのです。そうして、敵に向けて矢を放つのです。矢尻は、鉄でなくても良いのです。蛇の背骨から骨を一つ取るのです。その骨を、矢尻に使える様に、必要に応じて、一ピヒー程の長さまで切るのです。そして、それ以上ない程に鋭く尖り、本物の矢の様になるまで、その先を削るのです。このやの名前、「オイストス」は、おそらく、骨「 οστουν / オストウン 」から取られているのです。
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

エティオピア物語 第九巻 19-3

  Για τους τοξότες της κινναμωφόρου η τοξοβολία πιό πολύ μοιάζει με παιχνίδι και λιγότερο με σοβαρή πολεμική τέχνη. Περιβάλλουν το κεφάλι τους με ένα πλέγμα κυκλικό και πάνω του στερεώνουν τα βέλη με το φτερωτό μέρος τους πρός το κεφάλι και τις αιχμές να προβάλλονται πρός τα έξω σαν ακτίνες.





 キナモフォロの射手にとっては、弓術は、ほとんど遊びのようなものなのです。真剣な戦争の技術では少しもないのです。射手たちは、輪になった一枚の網で頭を覆っています。その上に、矢羽根の付いた矢を固定していたのです。矢羽根は、頭の方に向いていて、矢先は、外側に向けて飛び出していたのです。それは、光線の様でした。
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

エティオピア物語 第九巻 19-3
分からない。 
Για τους τοξότες της κινναμωφόρου η τοξοβολία πιό πολύ μοιάζει με παιχνίδι και λιγότερο με σοβαρή πολεμική τέχνη. Περιβάλλουν το κεφάλι τους με ένα πλέγμα κυκλικό και πάνω του στερεώνουν τα βέλη με το φτερωτό μέρος τους πρός το κεφάλι και τις αιχμές να προβάλλονται πρός τα έξω σαν ακτίνες.  

πάνω του と言うのは、どういうことなのか? πάνω の後に、なぜ、του があるのか? 
この του は何なのか? 
まるで分からない。 

μέρος τους πρός το κεφάλι と言うのは、どういうことなのか? μέρος の後に、なぜ、τους があるのか?
この τους は何なのか? 
まるで分からない。 

兎に角、私には、能力が無さ過ぎる。
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

エティオピア物語 第九巻 19-2

  Γιατί οι στρατιώτες της περιοχής του κινναμώμου, που ήταν παραταγμένοι απέναντί τους, τους πίεζαν φοβερά και τους έφερναν σε πολύ δύσκολη θέση : υποχωρώντας σε κάθε επίθεσή τους κέρδιζαν σε απόσταση και, όταν οι διώκτες τους έκαναν να στραφούν πρός τα οπίσω, τους τόξευαν χωρίς οι ίδιοι να σταματήσουν τη φυγή τους. Ύστερα, όταν τους ανάγκαζαν σε υποχώρηση, τους χτυπούσαν επιτιθέμενοι από τα πλάγια, άλλοι με σφενδόνες, άλλοι με βέλη μικρά αλλά φαρμακωμένα με δηλητήριο φιδιού που επέφεραν ακαριαίο θάνατο.





κιννάμωμος : 9巻16−2 では、κινναμωφόρο と言う語があるけれど、それと一緒なのか?   





 と言うのも、キナモモスの兵士たちは、イダスピス王は彼らをエジプト人とリビア人たちに対抗させていたのですが、エジプト人シリア人を恐ろしく圧迫し、とても厳しい状況に追い込んでいたからです。エジプト人シリア人は、キナモモス人の攻撃の度に後退して、間合いを拡げていたのです。追撃者たちが、後方に回り込もうとした時には、エジプト人シリア人はその追撃者たちに弓を射かけました。そして、彼ら自身は、後退を止めることはなかったのです。そうして、後退を余儀なくされた時、両側面からの寄せ手に攻撃されました。寄せ手は、ある者は、投石機を持ち、ある者は、小さな弓を持っていました。弓は、小さいけれど、蛇の毒が塗られていたのです。蛇の毒は、人を即死させたのです。
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

エティオピア物語 第九巻 19-1

  Σε λίγο όλοι όσοι απέμεναν το έβαλαν στα πόδια και πιό επαίσχυντα απ’ όλους το έσκασε ο σατράπης Οροονδάτης αφήνοντας το άρμα και καβαλώντας ένα νισσαϊκό άλογο, ενώ οι Αιγύπτιοι και οι Λίβυες της αριστερής πτέρυγας τίποτε απ’ όλ’ αυτά δεν είχαν πάρει είδηση και συνέχιζαν με ευτολμία τη μάχη・ ναί μεν πάθαιναν περισσότερα κακά από όσα προξενούσαν, αλλά με καρτερικό φρόνημα υπέμεναν τα δεινά.


νισσαϊκό : Οι Πέρσες εκτιμούσαν ιδιαίτερα τα άλογα της πεδιάδας της Νίσσας στη Μηδία.


το βάζω στα πόδια : τρέχω να ξεφύγω από μια απειλή και γενικά από φόβο

το σκάω : δραπετεύω, φεύγω χωρίς να με δει κανείς

η ευτολμία : το θάρρος, η γενναιότητα, η μεγάλη τόλμη, η σταθερότητα





 直ぐに、後に残っていた者は全員が、脱兎の様に逃げ出しました。他の誰よりも不名誉なことには、太守オロンダティスが、戦車をそのまま残して、こっそりと、ニサイコ産の馬に乗って、逃げてしまったのです。一方、陣営の左翼のエジプト人たちとリビア人たちは、このことを、誰からも知らされてないままでした。それで、果敢に戦いを続けていたのです。そうなのです。それまで起こっていることよりももっと悪いことが身に降り掛かって来るのに、信念をずっと保持して、恐ろしいことに耐えたのです。
posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

Τα εφτά μικρά στο κυνήγι της κότας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十二章「七匹のおちびちゃんの雌鶏狩り」3  





  Και τα εφτά μικρά της, πάλι κι αυτά το χρώμα τους τα έχει γλιτώσει. Μια φορά που κάθονταν στην άκρη της τρύπας και περίμεναν τη μάνα τους να γυρίσει από το κυνήγι, πέρασε το γεράκι από ψηλά και δεν τα είδε. Μάτι γερακιού έχει γελαστεί! Τόσο πονηρό είναι το χρώμα της αλεπούς και των παιδιών της.  
  Ως πότε τάχα θα γίνεται αυτό; Ως πότε η αλεπού θα ξεφεύγει; Ποιος ξέρει! Κάποτε θα έρθει κι η ώρα της. Γελιούνται οι κυνηγοί με το χρώμα της, μα η μύτη του σκύλου δεν χωρατεύει! Αυτή δεν μπορεί να τη γελάσει κανένας.  
  Όλα αυτά τα ξέρει η κυρά μας η αλεπού. Μα έλα που είναι νόστιμο φαγητό η κότα!  
Τι κότες ήταν εκείνες οι δυο προχτεσινές...    





 夫人の七匹の子供たち、やっぱり、その色が子供たちを助けるのです。ある時には、巣穴の端に、子供たちが座って、母さんが狩りから帰って来るのを待っていたのです。その時に、鷹が高い所を通り過ぎました。でも、鷹は子供たちに気が付かなかったのです。鷹の目は欺かれたのですよ! 狐夫人とその子供たちの色は、それ程に、巧妙なのです。 
 いつまで、そんなことが起こるのでしょう? いつまで、狐夫人が逃げられるのでしょう? 誰に分かるでしょうか。いつか、狐夫人が死ぬ時は来るのでしょうか? 狩人たちは夫人の色で騙されます。でも、犬の鼻は、欺かれないのです。犬の鼻は、誰も騙すことが出来ないのです。 
 狐夫人は、そんなことも全部を知っているのですよ。さあ、雌鶏はご馳走なのです。 
 一昨日の二羽の雌鶏がどんなだったかと言えば、… 
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

エティオピア物語 第九巻 18-8

  Αλλά και όσοι κατάφερναν να γλιτώσουν έφευγαν άπρακτοι και χωρίς καθόλου να πειράξουν τους ελέφαντες : το θηρίο αυτό όχι μόνο προσέρχεται στις μάχες σιδηρόφρακτο αλλά και εκ φύσεως έχει αδιαπέραστο το δέρμα, καθώς είναι καλυμμένο σε όλη την επιφάνειά του με στερεό φολιδωτό επίστρωμα πάνω στο οποίο συντρίβεται κάθε αιχμή.



σιδηρόφραχτος : που έχει πανοπλία





 何とか助かった騎士は誰もが、手ぶらで逃げました。象に触れよう等と言うことは全くしなかったのです。戦いに遣って来ているこの獣は、ただ、完全に武装していると言うだけではなかったのです。生まれつき、何からも突き通されることのない皮膚を持っていたのです。その上に、全身を鱗状の堅い被膜で覆われていました。それが、どんな突起物も砕いたのです。 



posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

エティオピア物語 第九巻 18-7

  Κι εκείνοι που δεν τα κατάφερναν να συγκρατήσουν την ορμή των αλόγων τους και άθελά τους φέρονταν πρός τους ελέφαντες για να εκιτιναχθούν ανάμεσά τους, σκοτώνονταν επιτόπου είτε καταπατημένοι και διαμελισμένοι από τους ελέφαντες είτε από τα πλήγματα των Σηρών και των Βλεμμύων που, εξορμώντας αιφνιδιαστικά πίσω από τους ελέφαντες σαν από κάποιο ταμπούρι, κατάφερναν να τους τραυματίσουν είτε να τους αρπάξουν και, σπρώχνοντάς τους, να τους ρίξουν από τ’ άλογα.






εκτινάσσω : ρίχνω κάτι με σφοδρότητα προς τα πάνω ή προς τα έξω

επιτόπου : στο ίδιο σημείο







 馬の勢いを抑えることがどうしても出来なかった騎士たちは、自分たちの意志とは反対に、象の方へ身体を持って行かれました。象の中へ激しく放り出されたのです。その場で、殺されました。ある者たちは、象に踏み付けられました。ある者たちは、シリア人やブレミ人たちの強い打撃で四肢が捥ぎ取られたのです。シリア人とブレミ人たちは城塁のような象の後ろから不意に飛び出して、騎士たちに傷を負わせ、手足を引っ手繰ったり押したりして、上手く、馬から落とすことが出来たのです。  



posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

エティオピア物語 第九巻 18-6

  και όταν πιά οι Αιθίοπες έβαλαν στο σημάδι τα ίδια τα μάτια των εχθρών τους σαν να έπαιρναν μέρος σε αγώνισμα ευστοχίας κι όχι να πολεμούν με ίσους όρους, τόσο επακριβώς πετύχαιναν το στόχο, ώστε οι τρυπημένοι από τα βέλη πήγαιναν στα τυφλά εδώ κι εκεί ανάμεσα στο πλήθος φέροντας σαν διπλό αυλό τα βέλη καρφωμένα στα δυό μάτια τους.





 エティオピア人たちは、元から、狙いを敵の目に合わせたのです。それは、まるで、投擲競技の的にしたようなものでした。同等の立場で戦いを戦うと言うものではなかったのです。矢はとても正確に的に当たりました。そうして、矢に射られた兵士たちは、目も見えずに、あそこに辿り着いたのです。そこには、両目に突き刺さった矢を、折れた笛の様にそのままぶら下げた、多勢の兵士がいたのです。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 18-6

  και όταν πιά οι Αιθίοπες έβαλαν στο σημάδι τα ίδια τα μάτια των εχθρών τους σαν να έπαιρναν μέρος σε αγώνισμα ευστοχίας κι όχι να πολεμούν με ίσους όρους, τόσο επακριβώς πετύχαιναν το στόχο, ώστε οι τρυπημένοι από τα βέλη πήγαιναν στα τυφλά εδώ κι εκεί ανάμεσα στο πλήθος φέροντας σαν διπλό αυλό τα βέλη καρφωμένα στα δυό μάτια τους.   



Google翻訳 :
長いエチオピア人は、彼らがそのように矢印で退屈な目標を達成しましたので、正確な対等に戦うためにあるかのように精度のスポーツに参加してではなく、敵の自分の目をマークするために置くとき盲目的にあちこちの間に行ってきました両目に釘付けダブルルーメン矢印としてベアリング群衆。
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする