2017年02月28日

エティオピア物語 第十巻 7-6

  Όσο για να γλιτώσει τη θυσία, αδύνατο, άν και θα το ήθελα βέβαια : κι εγώ, δεν ξέρω πώς, κάτι παθαίνω βλέποντάς την και την καταλυπάμαι・ το ξέρεις όμως ότι το έθιμο απαιτεί να θυσιάζεται ένας άνδρας στον Ήλιο και μιά γυναίκα στη Σελήνη. Αυτή, ως πρώτη αιχμάλωτη του πολέμου, έχει προοριστεί για τη σημερινή θυσία και το πλήθος ποτέ δεν θα δεχόταν την εξαίρεση.





 「私がそう望んだとしても、あの娘が生贄を免れると言うことは、出来ないことだ。私は、どうも分からないのだが、あの娘を見てしまったので、何だか、苦しみを感じるのだ。あの娘を失うのは、非常に悲しいのだ。だが、お前も知っている様に、習慣では、どうしても、太陽に一人の男を、月に一人の女を、生贄に捧げることが必要なのだ。この娘は、戦争での一番の捕虜なのだ、今日の生け贄に、もう決まっているのだ。それに、民衆は、例外を、決して受け容れないだろうよ。」
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

エティオピア物語 第十巻 7-5

  Άχ καλέ μου, άν ήταν τρόπος να εξαιρεθεί από τη θυσία η κόρη, θα ήταν για μένα μεγάλη παρηγοριά να την έχω στην υπηρεσία μου. Ίσως μάλιστα να είναι και Ελληνίδα η άμοιρη・ στο πρόσωπο δεν μοιάζει με Αιγυπτία ≫. ≪ Πράγματι, είναι Ελληνίδα ≫, της είπε ο Υδάσπης, ≪ και αμέσως τώρα θα μας πεί ποιοί είναι οι γονείς της・ να μας τους δείξει βέβαια δεν θα μπορούσε・ από που κι ώς πού; Άν και το υποσχέθηκε.





 「ああ、貴方様、あの娘を生贄から除く方法があるのでしたら、わたくしにとっては、とても素敵な安らぎになるでしょう。この娘をわたしの侍女にするのです。たぶん、この娘が不幸なギリシャの娘だと言うことは正しいでしょう。顔立ちは、エジプト人女性とは似ていませんわ。」 すると、イダスピス王は女王にこう言ったのです。「事実、ギリシャ人女性だ。そうして、今直ぐに、この娘は、この娘の両親が誰だかを、私たちに話すだろう。その両親を、この娘が私たちに指差して見せることは、出来はしないだろう。一体どこから、一体どうやって、出来ると言うのだ? あの娘は、そう約束したけれど。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Καθαρά Δευτέρα

 「 Με συννεφιά και βροχές η Καθαρά Δευτέρα 」という見出し。 
カサラ・デフテイラは、曇り、雨。 
 カルニバルが終わって、四旬斎が始まる日。( でした? ) 言葉の意味は、「晴れた月曜日」だけれど。 
私のイメージでは、凧揚げする日。 
 天気予報では、晴れではない様。 
 今年のパスハは、4月16日。
posted by kyotakaba at 09:00| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」3  





  Ο Δήμος κι ο Φάνης προχώρησαν κατά τον Λάμπρο, καθώς στεκόταν με την αγκλίτσα του όρθια και στημένη. Τώρα το μικρό αυτό βλαχόπουλο με τα μαύρα μάτια το έβλεπαν σαν άντρα.  
  ≪ Γεια σου, Λάμπρό! ≫ του είπαν.  
  Ο Λάμπρος αφού τους κοίταξε από το κεφάλι ως τα πόδια, απάντησε : ≪ Γεια σ' ! ≫  
  Καλά πάμε. Είπε μια λέξη.  
  ≪ Τί κάνει η Αφρόδω, καλά είναι; Ο παππούλης; ≫  
  ≪ Καλά, κι σι χαιρετάν! ≫  
  Τέσσερις λέξεις κιόλας. Ο Δήμος κι ο Φάνης κάθισαν.   





 ディモスとファニスは、ラブロスの方へ進みました。その時、ラブロスは、彼の真っ直ぐな杖を地面に立てて立っていたのです。二人は、この子供の山羊飼いを大人の男の様に感じたのですよ。 
 「こんにちわ、ラブロス、」と、二人は彼に言いました。 
 ラブロスは、二人を、頭から足までじっと見てから、「こんちわ、」と答えたのです。 
 おや、上手くいきました。ラブロスは、言葉を一つ話したのです。 
 「アフロドウはどうですか、お元気ですか? それに、おじいさまは?」 
 「元気。あんたに、よろしく」 
 もう、四つの言葉ですよ。ディモスとファニスは座りました。  





第二十六章「ラブロスは群れを率いる」、おわり 
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 7-4

  στενάζοντας βαθιά, ≪ άχ, άνδρα μου ≫, είπε, ≪ τί κόρη είν’ αυτή που έχεις διαλέξει για θυσία! Δεν ξέρω άν ξαναείδα ποτέ τέτοια ομορφιά・ πόση ευγένεια δείχνει το βλέμμα της, με πόση μεγαλοφροσύνη υπομένει τη δυστυχία της, αλλά και τί καημός να χαθούν τέτοια ανθισμένα νιάτα! Άν είχε δώσει η τύχη να επιζήσει η μοναχοκόρη μας η αδικοχαμένη, θα ήταν τώρα στην ηλικία της.





 女王は、深い溜息を吐いて、こう言いました。「ああ、貴方。貴方が生贄に選び出した、あの娘は、何と言うことでしょう! あれ程に美しい娘をもう一度見ることがあるとは、思えませんわ。あの娘の眼差しは、相当に高貴な生まれだと、示していますわ。ひときわ優れた気高さで、自分の不運に耐えているのね。でも、この花の盛りの若い娘を失くすと言うのは、なんて悲しいことでしょう! もし、運命が、私たちの早世した一人娘を生かせてくれていたのなら、今は、この娘と同じ年頃でしょうね。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

エティオピア物語 第十巻 7-3

  Οδηγήθηκαν λοιπόν όλοι ― ανάμεσα σ’ αυτούς ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια ―, απαλλαγμένοι από τα δεσμά και στεφανωμένοι, σκυθρωποί βέβαια, όπως ήταν φυσικό ― ο Θεαγένης πάντως λιγότερο από τους άλλους, η δε Χαρίκλεια χαρούμενη και χαμογελαστή με το βλέμμα προσηλωμένο στην Περσίννα・ κι εκείνη δεν άντεξε να μη συγκινηθεί στη θέα της και,





 そうして、捕虜は全員が、連れて来られました。 ― その中には、テアゲニスとハリクレアもいました ― 縛めは解かれていました、そして、冠を被せられていました。全員が表情を強張らせていたのは確かです。それは当然のことなのです。テアゲニスは、他の人程には強張らせていませんでした。ハリクレアは、嬉しげで、ペルシナに視線を釘付けにして微笑んでいるのでした。ハリクレアは、自分が見た光景に感動を覚えることを抑えられませんでした。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

エティオピア物語 第十巻 7-2

  Και ο Υδάσπης, καταλαβαίνοντας ότι ζητούσαν τη θυσία των αιχμαλώτων την οποία συνήθιζαν να τελούν μόνο σε περίπτωση νίκης κατά αλλοφύλων, κίνησε καθησυχαστικά το χέρι και με νεύμα τους έδωσε να καταλάβουν ότι το αίτημά τους θα ικανοποιούνταν ευθύς・ αμέσως ύστερα πρόσταξε να οδηγηθούν εκεί οι προορισμένοι για τη θυσία αιχμάλωτοι.





 イダスピス王は、民衆は捕虜を生贄に求めているのだ、と分かっていたのです。勝利の場合には、民衆は、多民族だけを生贄にすることにに慣れていたからです。それで、穏やかに手を動かして、合図で、民衆に、彼らの要求は直ぐにも満たされると、分からせたのです。そして、その直後に、生贄に、そのつもりで控えさせている捕虜たちを、連れて来るように命令したのです。
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

エティオピア物語 第十巻 7-1

  Κι ενώ διαδραματίζονταν αυτά, μιά βοή σηκώθηκε ξαφνικά απροσδιόριστη και ανησυχητική, όπως συμβαίνει όταν φωνάζουν μαζί πλήθος συγκεντρωμένοι άνθρωποι : ≪ Να τελεστεί το πατροπαράδοτο έθιμο ≫, φώναζε ο κόσμος, ≪ να τελεστεί τώρα η καθιερωμένη θυσία, να οδηγηθεί στους βωμούς των θεών η πρώτη λεία του πολέμου ≫.





 その裸形の賢者たちが目前で儀式を繰り広げ始めると、突然に落着かないひどく不安げなざわめきが上がったのです。それは、集まった多勢の人間が一緒に叫んだ時に起こる様なざわめきでした。「伝統的な仕方で儀式をやれ」、民衆は叫びました。「さあ、普通の生贄の儀式をやれ、神々の祭壇に戦争の一番の戦利品をもってこい。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

Μικρομέρια της Ακρόπολης

 Kawamasa さんのページで見たのですけれど。 

 Μικρομέρια της Ακρόπολης ミクロメリア・ティス・アクロポリス Micromeria acropolitana 、アテネのアクロポリスだけに、生育しているシソ科の植物、ハーブのような(?) 。 
 19006年に、フランスの植物学者が発見して、その後、絶滅したと考えられていたけれど、2006年に再発見された、と言うこと。絶滅危惧種。  
 5月から6月に、ピンク色の群れになる花を着けるそう。

Μικρομέρια της Ακρόπολης - Βικιπαίδεια  

Το λουλούδι της Ακρόπολης (Micromeria acropolitana) | Louloudia.gr – Λουλούδια online  

posted by kyotakaba at 09:59| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」2  





  ≪ Για δες, καημένε Δήμο ≫, είπε ο Φάνης, ≪ Δέκα χρόνων παιδί να κυβερνά τόσο μεγάλο κοπάδι! Μπορούσες εσύ να κάνεις το ίδιο; Εγώ δεν μπορούσα ≫.  
  ≪ Ούτε 'γώ ≫, είπε ο Δήμος.  
  Σωστά έλεγαν. Εύκολο είναι να ορίζεις διακόσια γίδια; Μόνο το πετροβόλημα που κάνει ο Λάμπρος δώθε-κείθε, η φωνή, το σφύριγμα, το τρέξιμο για να συμμαζεύει τόσο άταχτα ζωντανά, θα κούραζε κι έναν μεγάλο. Έπειτα ο Λάμπρος περπατάει τη νύχτα στις ερημές. Θα μπορούσε να κάνει το ίδιο κι ο Φάνης; Να μείνει έτσι ώρες μοναχός με ίσκιους από δέντρα κι από πέτρες μέσα στο σκοτάδι; Να που ένα βλαχόπουλο ξέρει πολλά πράγματα.





 ファニスは言いました。「見てご覧よ、可哀想なディモス君。十歳の子供が、あんなに大きな群れを操っているよ。君に同じことが出来るかい? 僕は出来ないよ。」 
 「僕も出来ない。」と、ディモスは言いました。 
 二人の言うのはもっともなのですよ。皆さん、二百頭の山羊を統べるのは、簡単ですか? ラブロスのすることと言ったら、ただ、あちらからこちらからの投石、声、口笛、走り回る、と言うことだけなのです。そうして、無秩序な家畜を集めるのです。大人でも、疲れますよ、きっと。それから、ラブロスは、夜に、人気のないところを、歩くのです。ファニスに、同じことが出来るでしょうか? 樹々と岩の影で暗い中、一人でいられますか? ほらね、この小さな山羊飼いは、たくさんのことを知っているのですよ。
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

エティオピア物語 第十巻 6-5

  Τρείς βωμοί είχαν ετοιμαστεί σε ύψος μεγάλο : οι δύο σε χωριστό μέρος και ενωμένοι μεταξύ τους, αφιερωμένοι στον Ήλιο και στη Σελήνη, και ο τρίτος παραπέρα μόνος του, αφιερωμένος στον Διόνυσο・ σ’ αυτόν σφάζονταν κάθε λογής ζώα, μάλλον επειδή είναι πάνδημη θεότητα και ευεργετεί τους πάντες και εξευμενίζεται με πολλά και ποικίλα σφάγια. Στους άλλους όμως βωμούς, στον μεν Ήλιο οδήγησαν τέσσερα λευκά άλογα, αφιερώνοντας, ως φαίνεται στον πιό γρήγορο απ’ όλους τους θεούς το πιό γρήγορο ζώο, στη δε Σελήνη ένα ζευγάρι βόδια αφιερώνοντας, όπως είναι φυσικό, στην πλησιέστερη πρός τη γή θεότητα τους συνεργούς της γεωργίας.





 三つの祭壇が、高い大きい舞台の方に用意されていました。二つの分けられた部分は、組み合わされて一つに成っているのですが、太陽と月に捧げられているのです。三番目の祭壇は、一つだけになっていますが、ディオニソスに捧げられているのです。その祭壇で、それぞれの種の獣が、屠ふられるのです。ディオニソスは、一般的な神格なのです。それですから、数が多くて種類が豊富な生贄で怒りを鎮められ、すべてのものに慈悲を与えるのです。一方で、太陽神に捧げられた別の祭壇には、四頭の白い馬を引き入れました。他のどの神よりも速い神である太陽には、最も早い動物が相応しいと思われるので、馬を捧げたのです。月神には、一対の牛の番いが捧げられました。大地に最も近い神格である月神には、農業を共同する牛を捧げるのが、自然だからです。
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

エティオピア物語 第十巻 6-4

  Ολόγυρα είχε παραταχτεί μιά φάλαγγα οπλιτών・ ακουμπώντας στις ασπίδες τους που τις κρατούσαν όρθιες και ενωμένες μεταξύ τους, πάσχιζαν να κρατήσουν το πλήθος μακριά από το κέντρο της πεδιάδας για να μήν παρενοχλεί τις ιεροτελεστίες. Ο δε Υδάσπης, απευθύνθηκε πρώτα στο λαό αναγγέλλοντας με λίγα λόγια τη νίκη και τα υπέρ του κοινού επιτεύγματα κι ύστερα πρόσταξε να αρχίσει η τελετή της θυσίας.





 その周囲全部に、装甲歩兵の隊列を配置していました。歩兵たちは、自分たちの盾に身体を凭せ掛け、盾と一体化して、盾を何とか真っ直ぐに保たせていました。こうして、兵士たちは、平地の中心から、群衆を遠くに離しておくのに苦労していたのです。群衆が儀式を混乱させないためにそうしたのです。一方、イダスピス王は、まず、民衆に話し掛けました。短い言葉で、勝利と民衆のためになる諸成果を知らせたのです。そうしてから、生贄の儀式を始める様に命令したのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

エティオピア物語 第十巻 6-3

  Εκεί κοντά, σε μιά άλλη σκηνή, πάνω σε ψηλό βάθρο, είχαν τοποθετηθεί τα αγάλματα των πολιούχων θεών και οι εικόνες των ηρώων, του Μέμνονα και του Περσέα και της Ανδρομέδας, τους οποίους οι βασιλείς των Αιθιόπων θεωρούν γενάρχες τους・ χαμηλότερα, σαν για να έχουν πάνω από τα κεφάλια τους τις θεότητες, στο πιό κάτω σκαλοπάτι, κάθονταν οι Γυμνοσοφιστές.





 直ぐ近くに、別の舞台がありました。その高い台の上に、守護神達の像と、メムノン、ペルセウスの英雄たちと、アンドロメダの絵が置かれていました。エティオピアの王たちは、その三人を自分たちの祖先だと考えていたのです。低い方には、裸形の賢者たちが座っていたのです。まるで、下の段で、これらの神格を自分たちの頭の上に掲げているかの様でした。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスボス島地震

 レスボス島で、震度5の地震があったらしい。
posted by kyotakaba at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十六章「ラブロスは群れを率いる」1  





Ο Λάμπρος οδηγεί το κοπάδι



  Μαύρο που είναι τα γίδια!  
  Πώς περπατάει το κοπάδι, όλο μαζί γρήγορα πολύ, σαν να βιάζεται. Μαυρίζει και γυαλίζει στον ήλιο. Όλα τα γίδια του είναι μαύρα, πίσσα. Μόνο το μαλλί του σκύλου και το ρούχο του τσοπάνη ξεχωρίζουν σ' αυτή τη μαυρίλα.  
  Μα τι μικρός τσοπάνης που οδηγεί τόσο μεγάλο κοπάδι. Να 'ναι ο Λάμπρος; Αυτός είναι.  
  ≪ Α, το αγριοκάτσικο ≫, λέει ο Φάνης. ≪ Για πάμε να του βγούμε μπροστά ≫.  
  Δεν ήταν κοντά το κοπάδι. Ο Φάνης όμως κι ο Δήμος θέλουν να δουν το βλαχόπουλο, τον αδερφό της Αφρόδως. Θα του μιλήσουν. Τάχα θα τους απαντήσει, η πάλι θα έχουμε ≪ χα ≫ και ≪ τς ≫;  
  Τράβηξαν γρήγορα και του βγήκαν μπροστά. Το κοπάδι εκείνη την ώρα είχε σκορπίσει κι έβοσκε. Από θυμάρι, αγκάθι, χορτάρι και κλαράκι κάτι μισοδάγκωναν τα γίδια. Ο Λάμπρος φώναζε ≪ τσεπ, τσεπ! έι! ≫, πετούσε πέτρες και τα συμμάζευε.    





      ラブロスは群れを率いる     

 真っ黒なのは、子山羊たちでした! 
 その群れの進んでいる様子と言ったら、急いでいるかの様に、みんなが一緒にとても速く進んでいたのです。日に灼けて、陽光に輝いていました。群れの子山羊は、みんな、黒いのです。漆黒なのです。ただ、犬の毛と、山羊飼いの服だけが、黒とは違う色をしているのです。 
 でも、大きな群れを率いているのは、なんて、小さな山羊飼いなのでしょう。おや、ラブロスではないですか? そう、彼なのです。 
 ファニスは言います。「ああ、ぶっきらぼう君だ。行って、彼の前に出ようよ。」 
 群れは、近くではないのです。でも、ファニスとディモスは、アフロドウの弟の、山羊飼いに会いたいのです。二人は、ラブロスに話し掛けるでしょうね。もしかしたら、ラブラスは、二人に、また、「は」と「チィ」と答えるかしらね? 
 二人は、道を進んで、彼の前に出ました。その時、群れは、散っていたのです。草を食べていたのです。 
 子山羊たちは、たちじゃこう草、いばら、草、小枝、あれを少し、これを少し齧っていたのです。ラブロスは叫んでいました。「ツェップ、ツェップ、イー!」 小石を投げて、集めていました。
posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

エティオピア物語 第十巻 6-2

  Και αφού πρόσπεσαν και προσκύνησαν τους θεούς και τέλεσαν τις ευχαριστήριες ευχές για τη νίκη και τη σωτηρία, βγήκαν έξω από τον περίβολο για να προσφέρουν τη δημόσια θυσία και κάθισαν σε περίοπτη θέση κάτω από τη σκηνή που είχε στηθεί επί τούτω στην πεδιάδα. Γιά την κατασκευή της είχαν χρησιμοποιηθεί τέσσερα νεόκοπα καλάμια που είχαν στηθεί στις τέσσερις γωνίες ενός τετραπλεύρου για να τη στηρίζουν σαν κίονες και είχαν λυγισμένες τις άκρες, έτσι ώστε να συναντώνται σχηματίζοντας ένα είδος αψίδας, ενώ για ορφή είχαν χρησιμοποιηθεί κλαδιά φοινικιάς.



επί τούτω : για το σκοπό αυτό





 裸形の賢者たちは、頭を垂れ、神々に跪拝したのです。そして、勝利と無事への感謝の言葉を宣べたのです。それから、誰もが見られる生贄を供するために神域から出て来たのです。そして、舞台の下の目立つ席に座りました。それは、その為に、平地に設えられていたのです。その舞台を作るために、賢人達は、切ったばかりの葦を四本使っていました。それらは、一つの四角形の四つの角に据えられていました。柱の様に支えるためにです。先が曲がっていたので、お互いに合わさって、一つのアーチの形になっていたのです。また、表面には、椰子の枝を使っていました。
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

エティオピア物語 第十巻 6-1

  Όλη νύχτα λοιπόν οι κάτοικοι της Μερόης περνούσαν από διάφορα σημεία το ποτάμι σπεύδοντας να προύπαντήσουν τον Υδάσπη και να τον υποδεχτούν επευφημώντας τον σαν θεό. Και ενώ οι πολίτες τον προϋπάντησαν κάπως πιό μακριά, οι Γυμνοσοφιστές τον συνάντησαν λίγο πρίν από την ιερή γή, του έσφιξαν το χέρι και τον ασπάστηκαν・ μετά από αυτούς τον υποδέχτηκε η Περσίννα που περίμενε στα προπύλαια του ναού, μέσα από το τείχος.





 そうして、メロイの住人たちは、一晩中、あらゆる所から河を渡り、イダスピス王を出迎えようと、急いで駈けて行ったのです。王を神の様に喝采して迎えようとしていたのです。市民たちはやや離れて王を出迎えました、一方、裸形の賢者たちは、神聖な土地の直ぐ前で、王に会ったのです。そして、手を強く握って、抱きしめたのです。裸形の賢者たちの後ろで、ペルシナは王を出迎えました。女王は、城壁の中の神殿の門で待っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

エティオピア物語 第十巻 5-2

  Το νησί είναι τόσο μεγάλο ( τρείς χιλιάδες στάδια είναι το μήκος και χίλια το εύρος του ), ώστε μοιάζει με ήπειρο και τρέφει τεράστια ζώα, μεταξύ των οποίων και ελέφαντες, και έχει γή κατάλληλη για να φυτρώνουν δέντρα που ξεχωρίζουν για το μέγεθός τους. Πανύψηλες φοινικιές κάνουν τεράστιους και εύγευστους χουρμάδες και τα στάχυα του σιταριού και του κριθαριού ψηλώνουν τόσο, ώστε καλύπτουν άνθρωπο πάνω σε άλογο και κάποτε πάνω σε καμήλα και, ως πρός τον καρπό, αποφέρουν ώς τριακόσια το ένα・ όσο για τα καλάμια, έχουμε ήδη πεί πόσο χοντρά είναι.





 島はとても大きかったのです。( 縦に、三千スタディ。幅は一千スタディでした。 ) それだから、内陸の様でした。たくさんの生き物を生かせていたのです。その中には、象もいました。それに、その大きさで、目立つ様な樹々が生えるのに適した土地だったのです。とても背の高い椰子の樹は、巨大で美味な椰子の実をつけるのです。小麦と大麦の穂は、とても高くなって、馬に乗っている人間も覆い隠す程なのです。時には、駱駝に乗った人間でも覆い隠すのです。そして、実については、一茎に三百が成るのです。葦については、とても太いと、既に、述べました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

エティオピア物語 第十巻 5-1

  Η Μερόη, η πρωτεύουσα της Αιθιοπίας, είναι ένα τριγωνικό νησί που περιρρέεται από τρείς πλωτούς ποταμούς, τον Νείλο, τον Ασταβόρρα και τον Ασασόβα. Ο Νείλος, φτάνοντας στην κορυφή του τριγώνου, σχίζεται στα δυό, ενώ οι δύο άλλοι περνούν πλάι στις δύο πλευρές του και πάλι ενώνονται για να χυθούν στον Νείλο χάνοντας και το ρεύμα και το όνομά τους.



περιρρέω : ρέω ολόγυρα





 エティオピアの首都の、メロイの都市は、三角の島なのです。船が通れる様な大きな河、ナイルとアスタボラ、アサソバの三本の河が、周りを取り巻いて流れているのです。ナイル河は、三角の頂きに到達すると、二つに分かれるのです。他の二つの川は、三角の側面の側を通って、また、合わさるのです。そしてナイル河に流れ込むのです。そして、独自の水路も名前も失くすのです。
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

Η γριά Χάρμαινα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」4  





  ≪ Για πες μας, κυρούλα ≫, λέει ο Κωστάκης, ≪ ανάβει καμιά φωτιά τη νύχτα; ≫  
  ≪ Ανάβει και φωτιά πολλές φορές ≫.  
  ≪ Ακούς, Μαθιέ! ≫ λέει ο Κωστάτης.  
  ≪ Ναίσκε, σ' αυτή τη φωτιά ο ξορκισμένος καίει τα δαχτυλίδια και τα σκουλαρίκια και τα χρυσά μαλλιά των νυφάδων που άρπαξε. Φαίνονταν δα στην ανηφοριά τα πετρωμένα τους συμπεθερικά. Μόνο ας πούμε το Κύρι' ελέησαν τρεις φορές: Κύρι' ελέησον! Κύρ' ελέησον! Κύρι' ελέησον! Βοηθήσε με, παιδιά μου, να φορτωθώ, γιατί νύχτωσα. Αχ! ≫  
  Τη βοήθησαν να φορτωθεί το δεμάτι τα ξύλα και τράβηξε σιγά τον κατήφορο.      





 「おばあさま、教えて下さい。夜に、魔物は何か灯を点すのですか?」と、コスタキスは言いました。 
 「なんども、灯を点すよ。」 
 「マシオス、聞いて!」、コスタキスは言いました。 
 「そうなんだよ。魔物はね、その灯で、指輪や耳飾りや、攫って来た花嫁の金髪を燃やすんだよ。登り坂に、石になった、あれらの親戚たちが見えるよ。「主よ、憐れみ給え」とだけ、三回言うんだよ。「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」「主よ、憐れみ給え!」だよ。さて、ぼうやたち、荷を背負うのを手伝っておくれ。夜になるからね。ああ!」 
 子供たちは、おばあさんが木の束を背負うのを手伝いました。それから、おばあさんは、下り坂をゆっくり進んで行きました。    




第二十五章「ハルミナおばあちゃん」、おわり
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

エティオピア物語 第十巻 4-6

  Ορμή λοιπόν ακατάσχετη είχε κυριέψει τους πολίτες : το ίδιο βράδυ, χωρίς κάν να περιμένουν την ορισμένη μέρα, πέρασαν τον Ασταβόρρα ποταμό, άλλοι από τη γέφυρα, άλλοι με πορθμεία κατασκευασμένα από καλάμια ― πλήθος τέτοια σκάφη λικνίζονταν δεμένα σε πολλά σημεία της όχθης για να διευκολύνουν τη διαπεραίωση των πολιτών που έμεναν μακριά από τη γέφυρα・ είναι δε ταχύτατα και εξαιτίας του υλικού τους και επειδή είναι ελαφρά : το πολύ να σηκώνουν το βάρος δύο-τριών ατόμων・ για να τα φτιάξουν, κόβουν εγκαρσίως ένα καλάμι στα δυό και κάθε κομμάτι του αποτελεί ένα σκαφάκι.





 そうして、押さえ切れない感情が、既に、都市の人々の心を捉えていたのです。その宵方、決まった日を待つことさえせずに、人々は、アスタボラ川を渡り、ある者たちは橋で渡り、ある者たちは葦で造られた連絡船で渡ったのです。 ― 河岸のたくさんの場所に繋がれた、とてもたくさんの小舟が揺れていたのです。それらは、橋から離れたところに住む都市の人々の通行を容易にするためにあったのです。でも、その小舟はとても速いのです。材料が軽いからなのです。重さは、せいぜい二人か三人で運べるものなのです。作るには、一本の葦を横に二つに切って、そのそれぞれが、小さな小舟になるのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

エティオピア物語 第十巻 4-5

  Η θυσία θα προσφερόταν στον Ήλιο και στη Σελήνη, τούς πιό αγνούς και πιό φωτεινούς απ’ όλους τους θεούς, και ο νόμος απαγόρευε στο γυναικείο φύλο να αναμειγνύεται, μην τυχόν, έστω και αθέλητα, μιανθούν οι τελετές・ μόνο μιά γυναίκα είχε δικαίωμα να παρευρίσκεται, η ιέρεια της Σελήνης, κι αυτή ήταν η Περσίννα : κατά το νόμο και κατά το έθιμο, ιερέας του Ήλιου ήταν ο βασιλιάς και της Σελήνης η βασίλισσα.





 生贄は、他のすべての神よりも、純真で明晰な、太陽神と月神に供えられる予定だったのです。法は、女性に、騒ぎを起こすことを禁じていました。意図していなくても、まさか、儀式が汚されないためなのです。一人の女性だけが、出席を認められていたのです。月の巫女です。それは、ペルシナでした。法と慣習では、太陽の神官は王で、月の巫女は女王だったのです。 
posted by kyotakaba at 16:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする