2017年03月01日

エティオピア物語 第十巻 7-7

  Ένα μόνο θα μπορούσε να βοηθήσει, άν, ανεβαίνοντας στη γνωστή σου εσχάρα, αποδεικνυόταν ότι δεν είναι αμόλυντη από κάθε επαφή με άνδρα μιά και ο νόμος ορίζει να είναι αγνή η κόρη που προσφέρεται στη θεά, όπως βέβαια και ο άνδρας που προσφέρεται στον Ήλιο, ενώ τίποτε τέτοιο δεν προβλέπει για τη θυσία στον Διόνυσο. Πρόσεξε όμως : άν με τη δοκιμασία της εσχάρας αποδειχθεί ότι έχει έλθει σε επαφή με άνδρα, θα είναι άραγε ευπρεπές να την μπάσεις στο σπίτι σου; ≫





μια και : ( 理由の接続句 ) : なので





 「もしもだ、あの娘が、お前の有名な格子に上がって、男とはどんな接触によっても汚されてない生娘ではない、と明らかになったのなら、法は、太陽に男を捧げるのと全く同様に、純潔な娘を神に捧げると決まっているのだから、その場合だけ、あの娘は助かることが出来るだろう。ディオニッソス神には、何も生贄を捧げないのだけれどもね。だが、気を付けなさい。格子の検査で、あの娘が、既に、男と交渉があったと分かったのなら、そもそも、あの娘は、お前が自分の家に入れるのに相応しい娘なのかい?」
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

και στα στέλνουν

 ヤニス・リッツオスの『Πρωινό Άστρο』の第七篇の第四スタンザが分からない、、、 

Τη ρωτήσανε για σένα, κοριτσάκι,
βγάλαν δυό φτερά από τα φτερά τους
και στα στέλνουν
να τα βρέξεις στην καρδιά μας
και να γράψεις στο θεό.


και στα στέλνουν の στα は δυό φτερά のことなのか? 
να τα βρέξεις στην καρδιά μας の τα も δυό φτερά のことなのか? 

動詞、ρωτήσανε、βγάλαν、στέλνουν の主格は、このスタンザにはないけれど、Δυό μικρά αγγελούδια だと思う。 三人称の複数形。 
動詞、βρέξεις、γράψεις の主格は、κοριτσάκι だと思う。二人称単数。 

代名詞弱形 Τη は、η μητέρα だと思う。 

それで、στα στέλνουν と言う節がまるで分からない。羽に手紙を書いて送る、と言うことなのか?? 
でも、その後に、να 節が続くのだけれど。   



追記: 
και στα στέλνουν のところ、 
στα は、前置詞 σε + 冠詞 τα ではなくて、代名詞弱形 σε と 代名詞 τα ではないかと思い直した。 
σε は κοριτσάκι、τα は δυό φτερά。 
その後は、羽を羽ペンとして使って、インクの代わりに僕たちの心を使って、手紙を書く、
と言うことなのだろう、と思った。 

天使たちはね、母さんに、君のことを尋ねたよ、お嬢ちゃん。 
それから、自分たちの翼から、二本の羽を取り出して、 
それを、君に送るんだ、 
僕たちの心で、君がそれを濡らして、そうして、 
神様に手紙を書くように、くれたんだよ。 
posted by kyotakaba at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする