2017年03月02日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」1  



Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας







  Ύστερα από λίγες στιγμές ο Λάμπρος, όρθιος καθώς ήταν, ρώτησε : ≪ Πού το 'χετε χαρτί; ≫  
  ≪ Ποιο χαρτί; ≫ ρώτησαν τα παιδιά.  
  ≪ Να, το χαρτί που σας μαθαίνει τα γράματα ≫.  
  ≪ Το βιβλίο θέλεις να πεις; Το έχουμε στο σπίτι. Τι να το κάνουμε εδώ; Έχουμε, βλέπεις, διακοπές ≫.  
  ≪ Τ' είν' αυτές οι διακοπές; Πράματα; ≫  
  ≪ Όχι, Λάμπρο. Θέλουμε να πούμε πως το καλοκαίρι δεν έχουμε σχολείο. Λοιπόν δεν έχουμε και χαρτιά μαζί μας. Το θέλεις τίποτα το βιβλίο; ≫  
  Δεν μίλησε. Μα σαν έσκαψε πάλι το χώμα δυο-τρεις φορές με την πατούσα του και ξεροκατάπιε, είπε ξαφνικά και δυνατά : ≪ Με μαθαίνετε την άλφα; ≫  
  ≪ Ποιος, εμείς ≫  
  ≪ Αμ, ποιος! Εσείς που ξέρετε τα γράμματα ≫.  
  Τα δυο παιδιά κοιτάχτηκαν και, σαν να συνεννοήθηκαν μονομιάς, απάντησαν και τα δυο : ≪ Ακούς, λέει, Λάμπρο! ≫   





      そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。  

 それから、直ぐに、ラブロスは、立ったままでしたけれど、尋ねたのです。「どこで、紙を手に入れたの?」 
 「どの紙?」と、二人は尋ねました。 
 「ほら、きみたちに字を教える紙さ。」
 「本のことを言いたいの? 僕たち、家に置いているよ。ここで本をどうするの? ねえ、休みなんだよ。」 
 「やすみって何さ? ものなの?」 
 「違うよ、ラブロス。夏は、学校がないって、て言いたいんだ。それでね、紙は一緒に持って来てないんだ。何か本が欲しいの?」 
 ラブロスは喋りませんでした。でも、足の裏で、二度三度、地面を掘って、また言葉を呑み込みました。そして、突然、大きな声で言ったのです。「ぼくに、アルファをおしえてよ。」 
 「誰が、僕たち?」 
 「ああ、だれって! 文字をしってる、きみたちだよ。」 
 ファニスとディモスの二人は、見つめ合いましたよ。二人は、同時に、意志が通じ合いました。そして、二人は答えたのです。「ラブロスが言ったの、聞いた!」
posted by kyotakaba at 15:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 7-8

  Και η Πεπσίννα ≪ μακάρι να αποδειχτεί μολυσμένη ≫, είπε, ≪ φτάνει μόνο να σωθεί・ η αιχμαλωσία και ο πόλεμος και μιά τόσο μακροχρόνια απομάκρυνση από την πατρίδα συνιστούν απαλλαγή από την κατηγορία και πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν που, με την ομορφιά της, προκαλεί την εναντίον της βία, άν έχει υποστεί κάτι τέτοιο ≫.



πολύ μάλλον όταν πρόκειται γι’ αυτήν の部分、 
ここの αυτήν は、ハリクレアではなくて、その前の απαλλαγή だと思う。 

προκαλεί την εναντίον της βία の部分、 
προκαλεί の対格は、 την βία なのだと思う、この冠詞と実詞の間に、εναντίον της が挿入されているように思う。  






 すると、ペルシナはこう言いました。「どうか、あの娘が、純潔ではないことを明かしますように。あの娘が助かることになるのは、それだけなのだから。捕虜になっていること、戦争、これ程に長い間、故郷から引き離されていることは、批難から免れる理由になります。美しさの所為で、この娘に対して暴力が引き起こされる、と言うのが、まさに、まさに、その批難から免れる理由なのです。もう既に、そう言った被害を被っているとしたらですけれど。」
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする