2017年03月06日

エティオピア物語 第十巻 8-1

  Κι ενώ έτσι μιλούσε η Περσίννα με δάκρυα στα μάτια που με κόπο προσπαθούσε να κρύψει, ο Υδάσπης πρόσταξε να φέρουν την εσχάρα. Κάποια άνηβα παιδιά που οι υπηρέτες διάλεξαν ανάμεσα στο πλήθος ( μόνο παιδιά αυτής της ηλικίας μπορούν να την αγγίξουν χωρίς κίνδυνο ), την έφεραν από το ναό και την τοποθέτησαν στο μέσον της συγκέντρωσης・ αμέσως δόθηκε η διαταγή ν’ ανέβουν πάνω σ’ αυτήν οι αιχμάλωτοι.



άνηβος : που δεν έχει φτάσει ακόμα στην εφηβική ηλικία




 こうしたことを、ペルシナが、どうにかして、目に浮かぶ涙を隠しながら、話したのです。その間に、イダスピス王は、格子を持ってくる様に、命じたのです。召使たちが、民衆の中から選んだ、恋を知る年齢にまだ達していない何人かの子供たちでした。( この年齢の子供たちだけが、無事に、この格子に触ることが出来るのです。 ) 子供たちは、この格子を神殿から運んできました。そして、人が集まっている、その真ん中に格子を置いたのです。捕虜たちは、この上に上がる様にと言う、命令が、直ぐに、与えられました。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする