2017年03月07日

エティオピア物語 第十巻 8-2

  Ανέβηκαν εκείνοι και όλων κάηκαν τα πέλματα, ενώ μερικοί δεν άντεξαν ούτε την πρώτη σύντομη επαφή. Η εσχάρα είναι πλεγμένη με χρυσές λάμες και έχει την ιδιότητα να κατακαίει κάθε μη καθαρόν ή και άλλως επίορκο άνθρωπο, ενώ όποιος είναι αγνός δεν παθαίνει τίποτε σαν ανεβαίνει επάνω της. Αυτούς λοιπόν ― εκτός από δυό - τρείς κοπέλες που στη δοκιμασία αποδείχτηκαν παρθένες ― τους ξεχώρισαν για να τους θυσιάσουν στον Διόνυσο και σε άλλους θεούς.





 捕虜たちは、上がりました。すると、全員が、足の裏を焼いたのです。何人かは、最初に少し当たっただけでも、、我慢出来ませんでした。格子は、金の薄い板で編まれていました。清純でない、あるいは、偽証している人間を焼き尽すと言う、特性があったのです。一方、無垢な人は、その上に上っても、まったく苦しまされることがなかったのです。そうして、この試験で処女が証明された二人か三人の少女を除いて、清純でない者たちが選び出されたのです。これらの人たちは、ディオニソスか他の神々への生贄にされるのです。
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする