2017年03月08日

エティオピア物語 第十巻 9-1

  Ανέβηκε και ο Θεαγένης και αποδείχθηκε παρθένος・ όλοι έμειναν έκθαμβοι με το παράστημα και με την ομορφιά του και απόρησαν πώς ένας τόσο ωραίος άνδρας ήταν απείραχτος από τα ερωτικά. Κι αμέσως άρχισαν να τον ετοιμάζουν για τη θυσία στον Ήλιο. Κι εκείνος, σκύβοντας στ’ αυτί της Χαρίκλειας, ≪ ωραία ≫, της είπε, ≪ ανταμείβουν οι Αιθίοπες την αγνότητα・ θυσία και σφαγή είναι τα έπαθλα της παρθενίας.





 テアゲニスが上がりました。そして、純潔であることを証したのです。誰もが、彼の容姿と美しさに驚いていたのです。そして、このような美しい男性が数々の恋に染められていないと言うことが信じられず戸惑ったのです。そして、直ぐに、太陽神への生贄にするのに、テアゲニスに支度をし始めました。テアゲニスは、ハリクレアの耳に身を屈めてこう言いました。「分かったよ、エティオピア人たちは、清純さに報いるんだよ。生贄と殺戮は、貞節の褒美なのだね。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする