2017年03月09日

Ένα σχολείο εκεί που δεν το περίμενε κανένας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十七章「そこには学校がある。誰も思ってもなかった、学校。」2  





  ≪ Τώρα κιόλας ≫, είπε ο Λάμπρος.  
  ≪ Τώρα δα; Μα δεν έχουμε βιβλίο ≫.  
  ≪ Έχω 'γώ ≫.  
  Και βάζοντας τα δάχτυλα στο σελάχι του, τράβηξε από μέσα ένα φύλλο χαρτί με τυπωμένα γράμματα μαύρα και κόκκινα.  
  Ήταν ένα φύλλο από τα ιερά βιβλία της εκκλησίας.  
  ≪ Ιλάσθητί μου των αμαρτιών... ≫ διάβασε ο Δήμος. Το φύλλο είχε και σταλάματα κεριών από εσπερινό ή αγρυπνία. Ποιος ξέρει που το είχε βρει ο Λάμπρος και το μάζεψε. Απ' αυτό κοίταζε ο καημένος να μάθει γράμματα, μοναχός του!  
  Τάχα πόσοι παλιοί παππούληδες και προσπάπποι μας δεν έμαθαν να διαβάζουν από τον Απόστολο;  
  ≪ Να το άλφα! ≫ είπε ο Λάμπρος κι έδειξε με το δάχτυλό του στο φύλλο ένα άλφα κεφαλαίο.  
  ≪ Α, μπράβο! Τώρα να μας δείξεις και το βήτα ≫.  
  ≪ Αμ, αν ήξερα το βήτα! ≫ είπε ο Λάμπρος.  
  Τότε του είπαν να καθίσει και να βλέπει τι του δείχνουν στο χαρτί, κι ό,τι λένε να το λέει κι αυτός. Ο Λάμπρος, φράπ! Κάθισε σταυροπόδι με μοναδική ευκολία. Εκεί άρχισε το μάθημα.     






 「今にでも、」とラブロスは言いました。 
 「今の今? でも、ぼくたち、本を持ってないよ。」 
 「もってるよ、ぼくは。」 
 こう言って、ラブロスは、小さな革袋に指を入れました。そして、中から、黒と赤で文字が印刷された一枚の紙を引き出したのです。 
 それは、教会の聖書の一頁だったのですよ。 
 ディモスはそれを読みました。「罪に塗れた私にご慈悲を下さい…」 頁には、宵か終夜のお祈りの時に滴り落ちた蝋燭の粒がたくさんついていました。ラブロスがそれをどこで見つけて、どこで拾ったかを、誰が知っているでしょう。この一枚の頁から、可哀想なラブロスは、たったひとりで、文字を学ぼうと、じっと見詰めているのです! 
 いったい、何人の私たちのおじいさんやひいおじいさんが、使徒行伝で読むことを覚えられなかったでしょうか? 
 「ほら、アルファだ。」とラブロスは言って、一つの大文字のアルファを指で差しました。 
 「ええ、素晴らしい! では、ビータを差して見せて。」 
 「ああ、ぼくが、ビータを知ってたらなあ。」、ラブロスはそう言ったのです。 
 そうすると、二人は、ラブロスに座る様に言ったのです。そうして、自分たちが指すものを見て、自分たちが言うことを、彼が言う様に、と言ったのです。ラブロスは、ペタンと、座りました。独特な足の組み方です。でも、簡単に組んだのです。そうして、授業が始まったのです。
posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 9-2

  Αλλά, πολυαγαπημένη μου, γιατί δεν τους λές ποιά είσαι; Τί άλλο περιμένες; Μήπως να μας κόψουν το κεφάλι; Μίλησε, σε ικετεύω, πές τους ποιά είσαι. Ίσως μετά την αναγνώριση θα σώσεις και μένα άν μεσολαβήσεις・ αλλά κι άν δεν γίνει αυτό, εσύ οπωσδήποτε θα γλιτώσεις・ μου φτάνει αυτό να μάθω κι άς πεθάνω ≫.





 「でも、私の最愛の君、どうして、この人たちに、自分は何者かを言わないのですか? 何か、他のことを待っているのですか? この人たちが、私たちの首を刎ねてしまうのを待っているの? 話して下さい、お願いするから、この人たちに、君が何者かを話して下さい。君が何者かが分かったら、直ぐに、君は、間に入ることが出来れば、きっと私を助けてくれるでしょう。もしそうならなくても、君自身は、どうであっても、助かるでしょう。私が死んでしまうにしても、君が助かることが分かっていれば、私には満足なことです。」
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする