2017年03月13日

エティオピア物語 第十巻 9-3

  Κι εκείνη ≪ έφτασε η στιγμή του αγώνα ≫, είπε, ≪ τώρα παίζεται η τύχη μας ≫・ και, χωρίς να περιμένει την προσταγή των φρουρών, φόρεσε τον χρυσοΰφαντο και ολοκέντητο με ακτίνες χιτώνα των Δελφών που είχε φέρει μαζί της μέσα σ’ ένα σάκο, έλυσε τα μαλλιά της και, σαν κυριευμένη από ιερή μανία, όρμησε πρός την εσχάρα, βρέθηκε πάνω μ’ ένα πήδημα και στάθηκε εκεί ώρα πολλή απαράβλαπτη με τη λαμπρή στολή της, αστράφτοντας πιό πολύ παρά ποτέ από ομορφιά, περίβλεπτη σαν σε ψηλό βάθρο και όμοια περισσότερο με άγαλμα θεάς παρά με θνητή γυναίκα.




 すると、ハリクレアは、こう言ったのです。「戦いの時が来たのです。運命は、わたしたちを弄んでいるのです。」 そうして、見張り兵の指図も待たずに、金糸で織られた、全体に刺繍のある、デルフィのキトンを太陽の光りと共に、身に付けたのです。キトンは、ハリクレアが自分の袋に入れて、一緒に持って来ていたのでした。そして髪を解きました。まるで、神聖な狂乱に捉われた様な様子でした。そして、格子の前に躍り出たのです。一回の跳躍で格子の上に上がりました。そうして、少しも傷付くことのない、光り輝く衣装を着て、長い時間、そこに立っていたのです。そうして、その美しさが元になり、これまで見たこともない程に、とても強く、閃光を放ったのです。ハリクレアは、まるで、高い台座にあるかの様に、何所からでも見えたのです。そして、死すべき人間の女ではなく、神の像にある様な、最高の美しさだったのです。」 
posted by kyotakaba at 15:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする