2017年03月14日

エティオピア物語 第十巻 9-4

  Θάμβος κυρίεψε τότε τους πάντες και μιά βοή αντήχησε, συγκεχυμένη βέβαια και άναρθρη, αλλά δηλωτική της μεγάλης κατάπληξης : όλα σε κείνην κινούσαν το θαυμασμό και περισσότερο το ότι μιά τέτοια θεϊκή ομορφιά πάνω στην άνθησή της είχε παραμείνει ανέγγιχτη και η σωφροσύνη τη στόλιζε πιό πολύ κι από το κάλλος το ίδιο.





 と、その時、全員を眩惑が捉えたのです。そして、唸る様などよめきが鳴り響いたのです。それは、混乱したなんと言っているのか分からない様などよめきでした。けれども、そのどよめきが、大きな驚きのためだと言うことははっきりしていたのです。ハリクレアに起こっていることのすべてが、人々に感歎を覚えさせました。そして何よりも、ハリクレアの花の盛りにある美しさが、全く損なわれないままであること、その上に、慎み深さがハリクレアを飾っているので、「美」そのものよりも、ハリクレアの方がさらにずっと美しいと言うことが、驚嘆を覚えさせていたのです。
posted by kyotakaba at 16:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする