2017年03月16日

エティオピア物語 第十巻 9-6

  Και απευθυνόμενος πρός τους Γυμνοσοφιστές, ≪ ώ πάνσοφοι ≫, είπε, ≪ όλα είναι έτοιμα, γιατί δεν αρχίζετε την τελετή; ≫ Και ο Σισμίθρης ≪ Μή γένοιτο ! ≫, του αποκρίθηκε ελληνικά για να μην καταλαβαίνει το πλήθος, ≪ αρκετά μιάνθηκε ώς τώρα η όραση και η ακοή μας・ είναι καιρός να επιστρέψουμε στο ναό : μιά θυσία τόσο άνομη σαν αυτή όπου θανατώνονται άνθρωποι εμείς ούτε την επιδοκιμάζουμε ούτε νομίζουμε ότι αρμόζει στα θειά ( μακάρι να είχαν απαγορευθεί και των άλλων ζώων οι θυσίες )・ οι προσευχές και τα αρώματα είναι κατά τη γνώμη μας αρκετές.




μὴ γένοιτο : God forbid
γένοιτο : εἰμί のοὗτοι , αόριστος β'





 そして、王は、裸形の賢者たちに伺いを立てて、こう言ったのです。「ああ、全智の賢者樣方に伺います。準備はすべて整っています。どうして、儀式をお始めにならないのですか?」 すると、シシミシリスが、王にギリシャ語で答えました。それは、大衆が分からない様にするためでした。「神がお許しになりません! 今まで、私たちの視力と聴力は、もう汚されてしまいました。神殿に帰る時間です。殺される人々の中の一人である、彼女は、あまりに規定に合っていません。ですから、私たちは、彼女が生贄であることに賛同も出来ませんし、彼女が女神たちへの生贄に相応しいとも思いません。( 他の動物たちの生贄が禁止されていれば良かったのですが。 ) 私たちの考えでは、祈りと薫りは、大変結構でした。」
posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする