2017年03月30日

Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十八章「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」 





Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα







  Ο Λάμπρος υπάκουσε σαν καλός μαθητής. Μα όταν σήκωσε το κεφάλι του από το χαρτί και κοίταξε γύρω, πήδησε σαν να τον κέντρισαν σφήκες.  
  Τα γίδια είχαν φύγει! Μόλις κατάλαβαν πως ο τσοπάνης είχε τον νου του αλλού, σκόρπισαν στους ψηλούς γκρεμούς. Πολύ λίγα είχαν μείνει κάτω. Τα πιο πολλά προχώρησαν επάνω στον μεγάλο βράχο. Άλλα είχαν χαθεί στις σκισμάδες του, άλλα είχαν σκαρφαλώσει στα κοτρώνια. Πεντ-έξι, τα τρελότερα, τα είδε ο Λάμπρος ανεβασμένα ψηλά στην κορυφή.  
  Στο ηλιοβασίλεμα, καθώς λιγόστευε το φως, φαίνονταν ίσκιοι μαύροι επάνω στον ουρανό, καθώς η μαύρη μελάνη επάνω στο χαρτί. Από κει επάνω ατάραχα κοίταζαν τον Λάμπρο, σαν να του έλεγαν : ≪ Τι καλά που κάνεις να διαβάζεις την άλφα! ≫
  Τότε ο τσοπάνης άρχισε τρελό τρέξιμο, σφύριγμα και πετροβόλημα.




     授業が終わったとき、ラブロスが見たものは   


 ラブロスは、優等生の様に、素直に聞きました。でも、冊子から頭を上げて辺りを見ると、胡蜂に刺された様に、飛び上がったのです。 
 山羊たちは、行ってしまってました! 山羊たちは、山羊飼いが他のことに心を奪われていると分かると直ぐに、高い崖の上で、てんでんに散って行ったのです。ほんの僅かの山羊が、下に残っていました。ほとんどの山羊は、大きな岩の上に、行っていたのです。あるものは、岩の割れ目に隠れていました。あるものは、離れ岩によじ登っていました。五六頭、ひどく夢中になった山羊が、頂上の高みへ登っているのを、ラブロスは見たのです。 
 日没でした。光りが少なくなるに従って、空の高い所は、黒い影の様になります。まるで、冊子の上の黒いインクの様でした。上の方から、山羊たちは、落着いて、ラブロスを眺めていました。まるで、こう言っている様でしたよ。「アルファが読めて、よかったねえ!」 
 そうして、山羊飼いは、猛然と走り始めたのです。口笛を吹きました、石を投げました。   







「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」全。
posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 12-1

  Κι επειδή εκείνος απόρησε και είπα ότι λέει ψέματα, ≪ για τα μικρότερα ≫, του είπε, ≪ απορείς, ενώ τα μεγαλύτερα είναι άλλα・ γιατί δεν είμαι μόνο εντόπια αλλά και έχω την πρώτη και πιό στενή συγγένεια με το βασιλικό γένος ≫. Και επειδή και πάλι ο Υδάσπης είπε περιφρονητικά ότι αυτά είναι ανοησίες, ≪ πάψε ≫, του είπε, ≪ πατέρα μου, να εξευτελίζεις τη θυγατέρα σου ≫.





 王は、当惑して、この娘は嘘を言っている、と言ったのです。すると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「まだ些細なことに、あなたは戸惑っておられます。でも、より重要なことが、別にあるのです。わたしは、ただ、地元の人間と言うだけではないのです。わたしは、王の一族と一番のとても緊密な関係があるのです。」 すると、イダスピス王は、再び、軽蔑した口調で、馬鹿馬鹿しいと言いました。そうすると、ハリクレアは、王にこう言ったのです。「お父様、あなたの娘を辱めるのは、止して下さい。」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする