2017年04月04日

エティオピア物語 第十巻 12-3

  Πάρε τη λοιπόν από δώ και άς μη διανοηθεί πιά καμιά αναβολή της θυσίας ≫. ≪ Κανείς δεν θα με πάρει ≫, ανέκραξε η Χαρίκλεια, ≪ προτού το διατάξουν οι κριτές・ όσο για σένα, αυτή τη στιγμή υπόκεισαι σε δίκη, δεν είσαι δικαστής. Την ξενοκτονία, βασιλιά μου, ίσως την επιτρέπει ο νόμος, την παιδοκτονία όμως ούτε αυτός ούτε η φύση, πατέρα μου, δεν σου την επιτρέπει・ γιατί ― κι άς το αρνιέσαι ― σήμερα οι θεοί θα σε αναδείξουν πατέρα μου.




 「それでは、この娘をここから連れ去れ。生贄の延期がこれ以上にあると、この娘に考えさせるな。」 すると、ハリクレアは声を張り上げました。「裁判官たちが命じる前に、わたしを連れ去るのは、どなたでも、仕兼ねるでしょう。王様については、今この瞬間、裁判の席に座っているのです。あなたは、裁判官ではないのです。王様、法は、たぶん、外国人殺しは許すのでしょうね。けれども、お父様、法も、自然も、子殺しは、あなたに許しはしないのです。あなたは、それを否定されていますけれど、今日、神々は、あなたをわたしの父と指名するのだからです。」
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする