2017年04月10日

エティオピア物語 第十巻 13-1

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε από τη μέση της την ταινία που είχε εκτεθεί μαζί με κείνην, την ξεδίπλωσε και την παρουσίασε στην Περσίννα. Κι εκείνη, αμέσως μόλις την αντίκρισε, έμεινε άναυδη και, για ώρα πολλή, κοίταζε εμβρόντητη μιά την ταινία και μιά την κόρη. Έτρεμε όλη, η καρδιά της πήγαινε να σπάσει και την περίχυνε κρύος ιδρώτας : από τη μιά χαιρόταν που την ξανάβρισκε κι από την άλλη τα είχε χαμένα από το απίστευτο και το απροσδόκητο και φοβόταν τις υποψίες και τη δυσπιστία που θα έδειχνε ο Υδάσπης μετά την αποκάλυψη ή ακόμα και την οργή του και ίσως ίσως την τιμωρία.





τα έχω χαμένα : έχω σαστίσει





 そう言うと、ハリクレアは、お腹から、自分の帯を外したのです。帯は、ハリクレアと一緒に捨てられていたものなのです。それを拡げて、ペルシナ女王に差し出しました。ペルシナ女王はそれを向こうから眺めると、直ぐに、口がきけないままになったのです。そして、かなりの間、驚いた様子で、その帯とその娘を見詰めたのです。ペルシナは、全身が震えました。彼女の心臓は、割れてしまい、冷たい汗が彼女に降り掛かったのです。一方では、娘に再び会えたことを喜んでいたのです。他方では、信じられない、予期していなかったことに、戸惑っているのでした。そして、イダスピス王が、秘密が明かされた後に、見せるだろう疑惑と不信を恐れたのです。さらに、王の怒りとおそらくおそらくあるだろう罰を恐れたのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする