2017年04月11日

エティオピア物語 第十巻 13-2

  Ο ίδιος ο Υδάσπης παρατήρησε την κατάπληξη και την αγωνία που την κατείχε και ≪ γυναίκα ≫, είπε, ≪ τί σου συμβαίνει; τί έπαθες μόλις σου έδειξαν αυτό το γράμμα; ≫ Κι εκείνη ≪ βασιλιά ≫, του απάντησε, ≪ αφέντη μου και άνδρα μου, άλλο τίποτε δεν μπορώ να σου πώ, παρά μόνο πάρε και διάβασε・ η ταινία αυτή θα σου φανερώσει τα πάντα ≫. Του την έδωσε και σώπασε σκυθρωπή.






 イダスピス王、本人は、女王の驚愕と女王の心を占めている煩悶に気付いたのです。そしてこう言ったのです。「妻よ、どうしたのだ? 彼等があの手紙を出して見せただけで、お前は何に苦しんでいるのだ?」 ペルシナ女王は王にこう答えました。「王様、ご主人様、私の夫。他に何もあなたに言うことは出来ません。それをお取りになってお読み下さい、と言うばかりです。その帯が、すべてをあなたに明らかにすることでしょう。」 そして、その帯を王に渡して、陰鬱な顔で、黙ったのです。 


追記、訂正: 
最後の σώπασε σκυθρωπή のところ、 
不機嫌になり、黙ったのです。 
→ 
陰鬱な顔で、黙ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする