2017年04月13日

Στους ίσκιος των πεύκων

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十章「松の樹蔭」 


Στους ίσκιος των πεύκων






  Σήμερα είναι Κυριακή. Κάτι ξεχωριστό έχει τούτο το πρωί. Τα παιδιά είναι ξαπλωμένα στους ίσκιος. Είναι σαν ξεχασμένα κάτω από τα δέντρα. Ξεκουράζονται.  
  Πεύκο, ευλογημένο πεύκο!  
  Από τις χαραμάδες των κλαδιών του βλέπουν τον ουρανό. Τα κλαδιά του σκίζονται σε πολλά κλαδιά μικρότερα, κι αυτά πάλι σε άλλα μικρά-μικρά παρακλάδια, που μοιάζουν με αμέτρητα ψιλά σκοινιά, κομποδεμένα σαν τα δίχτυα. Τα φύλλα του, που είναι σαν βελόνες, γίνονται κρόσια και κει μέσα παίζει ο αέρας κι ο γαλάζιος ουρανός.  
  Σαλεύει το πεύκο κι η άκρη του ίσκιου του σαλεύει μαζί. Φυσάει σαν μακρινή θάλασσα. Να μπορούσαν ν' ακούνε ξαπλωμένοι ώρες πολλές αυτό το νανούρισμα. Μόνο η μάνα τους θα έλεγε τόσο καλό τραγούδι, όταν τα είχε στην κούνια.  
  Δεν είπε η βοσκοπούλα την άλλη φορά πως τα δέντρα έχουν χάδι και χαϊδεύουν; Όλα τα παιδιά νιώθουν αυτό το χάδι.  
  Πεύκο ευλογημένο!






      松の樹蔭  

 今日は日曜日です。何か特別のことがあるのです。子供たちは、樹蔭に寝そべっていますよ。樹の下で、何の用もなさそうにしてます。休んでいるのです。 
 松、幸せな松! 
 子供たちには、枝々の間から、空が見えます。松の枝は、別れて、小さな枝になっています。その小さな枝は、また別れて、もっともっと小さな枝になっているのです。まるで、測れない程細かな綱に似ている枝です。網の様に、結び目で結ばれています。葉は、針の様です。ふさ飾りになっています。その中で、空気、青い空が戦いでいるのです。 
 松が揺れます。すると、影の先も一緒に揺れるのです。遠くの海の様に鳴ります。ほら、子供たちは、寝転がって、何時間も、この子守り歌を聞くことが出来るのですよ。こんなに素敵な歌は、子供たちが揺り籠にいた時に、歌ってくれた歌ぐらいでしょう。 
 前に、山羊飼いの娘は、樹々がやさしい手を持っていて、撫でてくれる、と教えてくれなかったでしょうか? 子供たちは皆んな、やさしく撫でられていると感じているのです。 
 幸せな松!    



第三十章「松の樹蔭」、全。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 13-4

  Τέλος, όταν διάβασε ο Υδάσπης για την εγκατάλειψη της Χαρίκλειας και για την αιτία της, ≪ το ήξερα ≫, είπε. ≪ ότι είχα αποχτήσει μιά κόρη・ τότε όμως είχα μάθει ― η ίδια η Περσίννα μου το είπε ― ότι είχε πεθάνει, ενώ τώρα μαθαίνω ότι την άφησαν έκθετη. Ποιός όμως τη βρήκε και την έσωσε και την ανάθρεψε και ποιός την έφερε στην Αίγυπτο όπου και αιχμαλωτίστηκε;





 とうとう、イダスピス王は、ハリクレアが捨てられたことについて、ハリクレアがそうなった理由についてを読んだのです。すると、こう言いました。「私はこのことを知っていた。私が一人娘を得ていたと言うことだ。けれども、私はこう教えられていた。ここに居るこのペルシナがこう言ったのだ。その娘は死んだのだと。今、私は、女王たちは娘を置き去りにしたのだ、と分かった。だが、誰がその娘を見つけたのだ? そして、誰がその娘を救ったのだ? 誰が育てたのだ? そして誰が、この娘をエジプトに連れて来たのだ? そこで、この娘は捕えられたのだけれど。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする