2017年04月21日

Ο Γεροθανάσης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





Ο Γεροθανάσης






  Σήμερα ήρθαν δυο τσοπάνηδές κι έφεραν γάλα. Δεν είναι πολύ, γιατί τώρα τα πρόβατα και τα γίδια στέρφεψαν, μα είναι δώρο του Γεροθανάση. Τους έφεραν και μια γαλατόπιτα, καμωμένη από τα χέρια της Αφρόδως. Κι αυτή δώρο του Γεροθανάση.    Τέλος τούς ήρθε κι ο ίδιος ο Γεροθανάσης.  
  Ο Γεροθανάσης φοράει άσπρη φουστανέλα, άσπρες κάλτσες, άσπρο σκούφο. Κι είναι τα γένια του και τα μαλλιά του άσπρα. Είναι χιονισμένος χειμώνα-καλοκαίρι. Κατακάθαρος. Η Ρούμελη θα τον λευκαίνει τον γέρο! Είναι ο πρώτος τσέλιγκας σε κείνα τα βουνά. Από έξι χιλιάδες τα ζωντανά του δεν έπεσαν ποτέ κάτω. Είναι ο παππούς της γενιάς. Έδωσε κόρες κι εγγονές στις γύρω καλύβες. Έχει δοσμένες κι άλλες σε βουνά μακριά, που δεν φαίνονται. Όλες τις προίκισε και το βιος του δεν σώνεται.  
  Γράμματα δεν ξέρει, έμαθε όμως και βάζει την υπογραφή του, σιγά-σιγά και γερά, με μια αγκλίτσα στο τέλος.  





     ゲロサナシス  

 今日は、二人の羊飼いが来ました。ミルクを持って来てくれたのです。あまりたくさんではありません。今は、山羊も羊もいないからです。だから、それは、ゲロサナシスさんの贈り物だったのです。それに、アフロドウのお手製のミルクパイもひとつ、子供たちに持って来たのです。それもゲロサナシスさんの贈り物でした。 
 そうして、その後、ゲロサナシスさん本人が、子供たちの所へやって来ました。 
 ゲロサナシスさんは、白いフスタネーラを履いていました。白いソックスを履いていました。白い帽子を被っていました。顎髭と髪の毛も白いのです。冬も夏も雪に覆われているのです。とても清潔です。ルウメリは、老人を白くするものなのです。ゲロサナシスさんが、この山の最初の牧人なのです。彼の六千頭の家畜の中で、下に落ちたものはありません。彼は一族の祖先です。自分の側の小屋に娘たちと孫たちを住まわせています。遠くの山にも、それは見えもしないのですけれどね、子供がいます。娘たち全員に持参金を持たせました。彼の人生は、もう残っていないのです。 
 ゲロサナシスさんは、文字を知りません。けれども、署名をすることは覚えたのです。杖で、ゆっくりゆっくり、でも、最後までしっかりと書くのです。
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする