2017年07月13日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」1   






Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες






  Το πρώτο που ρώτησαν τα παιδιά, όταν άκουσαν αυτά, ήταν αν έχει φύλακες το δάσος. Τους είπαν πως υπάρχουν δύο δασοφύλακες. Μα το δάσος είναι τόσο μεγάλο, που δεν μπορούν να βρίσκονται παντού αυτοί οι δυο. Θέλουν ώρες να περάσουν. Έπειτα, ένας απ' αυτούς πρέπει να βρίσκεται στους λοτόμους, μην τύχει και κόψουν δέντρα που δεν επιτρέπεται να κοπούν.  
  Μένει ένας δασοφύλακας, κι αυτός πρέπει να φυλάξει όλο το δάσος.    








      子供たちが地方警察官に通報する   


 それを聞いて、子供たちが質問した最初のものは、森には番人がいないのか、と言うことでした。ゲロサナシスさんたちは、子供たちに、二人の森林警備官が居ると、言いました。でも、森は、とても広いのです。二人が森の至る所に、居ることは出来ないのです。森を通り抜けるのには時間が掛かるのです。それに、二人のうちの一人は、切ることを許可されてない樹を間違って切らない様に、伐採の現場に居なければならないのです。 
 もう一人が、森林警備に残るのです。彼一人が、森全体を監視しなければならないのです。
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする