2017年08月31日

36. Το πληγωμένο πεύκο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」3   





  Τα πληγωμένα πεύκα θα πεθάνουν σε λίγον καιρό. Θα πέσουν από τον πρώτο δυνατό αέρα ή θα ξεραθούν, γιατί δεν θα έχουν πια χυμό. Το τέλος τους το έχουν νιώσει, και όμως τραγουδούν, σαλεύουν και φυσούν όπως τα άλλα, τα γερά πεύκα. Με το κομμάτι κορμό που τους έμεινε πίνουν από τη γη όσον χυμό μπορούν ακόμα. Πρασινίζουν, έχουν ίσκιο. Έτσι σακατεμένα μπορούν και δροσίζουν τους ανθρώπους. Το φυσικό τους είναι να κάνουν το καλό, δεν αλλάζει.  
  Δέντρα, περήφανα δέντρα!   




 傷ついた松は、僅かの日数で死んでしまうでしょう。強い風が当たれば直ぐに倒れるでしょうし、あるいは、枯れてしまうでしょう。樹液がないのですから。自分たちの最後は、松も分かっているのです。けれども、他の元気な松と同じ様に、枝を揺らし、枝を鳴らし、歌うのです。松たちに残っている一部の幹を通して、地面から、松たちは、出来る限りの樹液を吸い上げているのです。緑の葉を着け、影を作るのです。障碍を持っても出来るのです。人間たちに涼しさを与えるのです。人に優しいと言うのが、松の性質なのです、それは変わらないのです。 
 松は、なんて堂々とした樹なのでしょう!     




第三十五章「傷ついた松」、おわり
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

エティオピア物語 第十巻 29-3

  Κι εγώ βέβαια συμπάσχω και λυπάμαι τα νιάτα του・ ευχή μου είναι να γλιτώσει και να διαφυλαχθεί σώος για τη θυσία ώστε να μη μείνει ολωσδιόλου ανεκλήρωτο το καθήκον μας πρός τους θεούς ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ αστεία ευχή ≫, είπε, ≪ να παρακαλάς να μην πεθάνει για να πεθάνει! Αντί γι’ αυτό, μητέρα μου σώσε τον άν μπορείς, καν’ το για χάρη μου ≫.





 「わたしはね、あの若者に同情していることは確かですよ、それに、あの若さを惜しいと思うわ。わたしの願いは、あの人が逃げ出せることです、それはつまり、生贄になる為には、無傷な身体を保つと言うことなのです。神々に対するわたしたちの義務が果たせないままにならないと言うことが、わたしの思うことなのです。」 すると、ハリクレアは言いました。「死ぬ為に、死なないなんて、馬鹿げた願いです! そうではなくて、お母様、もしお出来になるなら、あの人の命を救って下さい、わたしの為にそうして下さい。」
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

エティオピア物語 第十巻 29-2

  Αυτά ως πρός το πλήθος・ όσο για τη Χαρίκλεια, έτρεμε και καρδιοχτυπούσε στη θέα του σαν να παιζόταν η δική της ζωή : από τη μιά δεν καταλάβαινε καθόλου το σκοπό του κι από την άλλη την έτρωγε η αγωνία μην κάμει κανένα λάθος και χτυπήσει. Η ίδια η Περσίννα παρατήσε την ταραχή της και ≪ αγαπημένο μου παιδί ≫, της είπε, ≪ τί έχεις πάθει; Μοιάζεις σαν να κινδυνεύεις περισσότερο από τον ξένο.





 それは大衆についてのことです。一方、ハリクレアがどうしたかと言えば、こうなのです。ハリクレアは、テアゲニスが見えると、震え続け、胸がときめき続けていたのです。まるで、彼女自身が動物に乗っているかの様でした。一つには、テアゲニスの意図がまるで分からないから、また一つには、何かの間違いで彼が打たれるのではないかと言う不安が彼女を苛んでいたからなのです。また、ペルシナは、動揺から醒めました。そして、ハリクレアにこう言ったのです。「何より可愛いお前、何を苦しんでいるの? お前は、あの外国の人よりももっと危険に晒されている様に見えますよ。」   


posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

エティオピア物語 第十巻 29-1

  Κι όταν πιά κατάφερε τον ταύρο να εξοικειωθεί με τη θέα και με τους χειρισμούς του, άρχισε να τριποδίζει στο πλάι του・ τα δύο ζώα άγγιζαν τώρα το ένα το άλλο, η ανάσα και ο ιδρώτας του αλόγου ανακατεύονταν με του ταύρου και τόσο ισοταχής ήταν ο βηματισμός τους, ώστε όσοι στέκονταν σε απόσταση θαρρούσαν ότι έβλεπαν ένα ζώο με δύο κεφάλια και επευφημούσαν ενθουσιασμένοι τον Θεαγένη που είχε ζέψει το πιό πρωτόφαντο ζώο : έναν ιππόταυρο.





 遂に、雄牛をなんとか自分の視界に収めて操れる様になると、テアゲニスは、雄牛の側で並足になったのです。二頭の動物は、今や、片方が他方に触れ合っているのです。馬の息と汗は、牛のものと混ぜられました。二頭の走る速度は全く同じだったので、距離を置いて立っている人が二つの頭を持つ一頭の動物を見ていると思ってしまったのです。そして、その人たちは感動して、テアゲニスを喝采したのです。テアゲニスは見たこともない一頭の動物を服従させているのです。それは、馬牛と言う様なものです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

36. Το πληγωμένο πεύκο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」2   





   Μερικά πεύκα σχεδόν τα είχαν γδύσει. Δεν είχαν αφήσει στο κορμί παρά λίγη φλούδα. Φαίνονταν σαν το κρεμασμένο σφαχτό. Απ' αυτές τις πληγές έτρεχε άσπρο ρετσίνι. Το ρετσίνι ακολουθούσε την τσεκουριά και στάλαζε κάτω σε μια λακκούβα, που την είχαν ανοίξει προς τη ρίζα των πεύκων, επίτηδες γι' αυτό. Όλη αυτή η σφαγή ήταν για το ρετσίνι. Για λίγες δραχμές που θα έβαζαν οι Πουρναρίτες στο σελάχι τους, αν το πουλούσαν.  





 何本かの松は、ほとんど裸にされていました。幹には、皮はほとんど残されてなかったのです。その松は、吊り下げられた食肉の様に見えたのです。その傷からは、白い松脂が流れ出ていました。松脂は、斧を伝って、下の穴に滴っています。その穴は、彼らが、意図して、松の根の前に開けておいたのです。この殺戮は、すべて、松脂の為だったのです。プウルナリの人々は、この松脂を売ると、自分たちの帯にほんの僅かの数ドラクマを入れることになるのです。  

posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

エティオピア物語 第十巻 28-6

  Δεν είχαν περάσει ούτε λίγα λεπτά και ο Θεαγένης είχε φτάσει τον ταύρο και, για μικρό διάστημα, τον κατηύθυνε τριποδίζοντας πίσω του και κεντώντας τον συνάμα μαλακά για να τον ερεθίζει ώστε να τρέχει πιό γρήγορα・ και κάθε φορά που στρεφόταν για να ορμήσει πρός άλλη κατεύθυνση, εκείνος τον ακολουθούσε αποτρέποντας με προσοχή τις επιστροφές και τις επιθέσεις του.




 数分も掛かることなく、テアゲニスは、一頭の雄牛に追い付きました。僅かの間を置いて、雄牛の後ろで並足になって、向きを変えたのです。と同時に、もっと速く走る様に刺激する為に、優しく突ついたのです。雄牛が違う方向へ駆け出そうと向きを変える度に、テアゲニスは、注意して、雄牛が後退したり攻撃したりするのを防ぎながら、付いて行ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

エティオピア物語 第十巻 28-5

  Στην αρχή όλοι νόμισαν ότι ο Θεαγένης προσπαθούσε να δραπετεύσει και καθένας παρακινούσε τον διπλανό του να μην τον αφήσει να περάσει το φράγμα που σχημάτιζε η παράταξη των οπλιτών・ καθώς όμως προχωρούσε το εγχείρημα, κατάλαβαν ότι δεν είχε δειλιάσει ούτε προσπαθούσε να αποφύγει τη σφαγή.




 初め、誰もが、テアゲニスが逃走しようとしている、と思ったのです。それぞれの人が隣りに居る人に、テアゲニスに整列した兵士で作られた囲いを越えさせない様に、と言ったのです。けれども、成そうとしていることが進行するに従って、人々は、テアゲニスは臆してもいないし、生贄になることから逃れようとしているのでもない、と言うことが分かったのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

エティオピア物語 第十巻 28-4

  Εκείνη τη στιγμή ο Θεαγένης, είτε από το φυσικό του θάρρος κινημένος είτε και από κάποια θεόσταλτη ορμή, βλέποντας τους φρουρούς του σκορπισμένους λόγω της αναστάτωσης που επικρατούσε, ορθώνεται ξαφνικά ― προηγουμένως ήταν γονατιστός μπροστά στο βωμό περιμένοντας από στιγμή σε στιγμή τη σφαγή του ―, αρπάζει μιά σχίζα από αυτές που ήταν πάνω στο βωμό, πιάνει ένα από τα άλογα που δεν είχαν αποδράσει, πηδάει πάνω στη ράχη του, πιάνεται από τις τρίχες του αυχένα του και χρησιμοποιώντας για χαλινάρι τη χαίτη, για σπιρούνια τις φτέρνες του και για μαστίγιο τη σχίζα, ρίχνεται καλπάζοντας πίσω από τον δραπέτη ταύρο.




 その時、テアゲニスは、見張りたちが動揺して散り散りになるのを見たのです。動揺は突然に起こって見張りたちに取り憑いてしまいました。テアゲニスは、先程から祭壇の前に跪いて今か今かと自分が生贄になるのを待っていたのです。そうして、見張りたちの動揺を見ると、テアゲニスは、一つには、彼が本来持っている勇気に突き動かされ、また一つには、何か神に吹き込まれた激情から、祭壇の上に居た見張りたちから一本の木の破片を奪い取り、逃げ出していなかった馬たちの中の一頭を捕まえ、その背中に飛び乗のったのです。そして、馬のうなじの毛にしっかりと捕まると、たてがみを手綱に使い、自分の踵を拍車に使い、木の破片を鞭に使い、逃げる雄牛たちの後ろを全力で駈けさせて、突進したのです。


posted by kyotakaba at 14:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

36. Το πληγωμένο πεύκο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十六章「傷ついた松」1   





Το πληγωμένο πεύκο



  Το απόγευμα ήρθε ο δασοφύλακας.  
  Η πρώτη του δουλειά ήταν να κατεβεί στο μέρος που του έδειξε ο Μπαρμπακώστας. Εκεί τον ακολούθησαν τα παιδιά. Για πρώτη φορά είδαν πληγωμένα πεύκα. Μια τσεκουριά κατέβαινε από πάνω από τη μέση τους κι έφτανε ως τη ρίζα. Ήταν μια πληγή ανοιχτή, η μεγαλύτερη πληγή που μπορούσε να δει κανένας. Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.   





     
傷ついた松
   

 午後には、一人の森林警備官が来ました。 
 最初の仕事は、バルバコースタスが彼に教えた場所に降りて行くことでした。そこには、子供たちが警備官を連れて行ったのです。皆んなは、傷ついた松を見るのは初めてだったのです。斧の一振りが松の中程から根元まで振り下ろされていました。開いた傷口でした。誰も見たことが無いようなとても大きな傷だったのです。傷が閉じることは決してないでしょう。もしも閉じさせたいのなら、もう何振りかの斧を開いた傷に受けなければならないでしょう。    





 Δεν θα έκλεινε ποτέ. Και αν ήθελε να κλείσει, άλλες τσεκουριές την κρατούσαν ανοιχτή.  のところ、意味が分からない。 
ήθελε は、三人称単数。パラタティコス。主格は、πληγή か? 
κρατούσαν は三人称複数。主格はάλλες τσεκουριές か? 
この動詞の対格になっているのは、代名詞 την 。女性代名詞単数。これは、πληγή のことか? 
ανοιχτή、形容詞女性対格単数形。これは、πληγήを形容しているのか? 
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

エティオピア物語 第十巻 28-3

  από παντού ακούγονταν ανάμεικτες κραυγές : όλοι όσοι ήταν παρόντες στο συμβάν φώναζαν από φόβο σαν τούς πλησίαζαν τα ζώα και, όταν εκείνα ορμούσαν πρός άλλη κατεύθυνση, κραύγαζαν από χαρά και γελούσαν ενθουσιασμένοι που τα έβλεπαν να ρίχνουν καταγής και να ποδοπατούν τους άλλους. Ακόμα και η Περσίννα και η Χαρίκλεια δεν άντεξαν να μείνουν ήσυχες μέσα στη σκηνή, αλλά σήκωσαν λίγο το παραπέτασμα και παρακολουθούσαν τα δρώμενα.





 至る所から、混乱した悲鳴が聞こえました。その出来事に立ち会った人々は、皆、動物たちが自分たちに近づいて来ると、恐ろしさで叫び声を上げていたのです。動物たちが他の方向へ飛び出すと、喜びから大声を出したのです。そして、動物たちが地面にひっくり返ったり他の動物を踏み付けているのを見て興奮して、笑ったのです。ペルシナとハリクレアは、天幕の中で静かにしていることは、もう出来ませんでした。帷を少し持ち上げて、成り行きをじっと見たのです。
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

エティオピア物語 第十巻 28-2

  Στη θέα του ξένου, ασυνήθιστου και αλλόκοτου ζώου που πρώτη φορά αντίκριζαν καταταράχτηκαν και, γεμάτα τρελό φόβο, έσπασαν τα δεσμά που τα κρατούσαν και ο ένας από τους ταύρους ( ο μόνος, ως φαίνεται, που είχε δεί το ζώο ) και δύο από τα άλογα όρμησαν σε ακατάσχετη φυγή・ και καθώς δεν μπορούσαν να περάσουν το κυκλικό τείχος που σχημάτιζε η πυκνή παράταξη των οπλιτών, άρχισαν να τρέχουν σαν τρελά στον ενδιάμεσο χώρο ανατρέποντας ό,τι έβρισκαν μπροστά τους, είτε ζώο ήταν είτε σκεύος・




 見たこともない、異様で君の悪い動物が見えると、その時が対面するのは初めてだったので、とても動揺して、ひどい恐怖に満たされて、雄牛たちは、一頭をもう一頭に繋いでいる軛を壊したのです。( 一頭は、その動物を見たことがある様でした。 ) 牝馬の中の二頭は、抑えられない跳躍を突然に始めたのです。けれども、馬は兵士が密に並んで出来た丸い壁を飛び越すことは出来なかったのです。すると、その間の地面にひっくり返って狂った様に震え始めました。もう、自分たちの前にいるのが、動物なのか物なのかどちらでも構わないのです。
posted by kyotakaba at 12:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

エティオピア物語 第十巻 28-1

  Και να τί συνέβη : πλάι στο βωμό της Σελήνης στεκόταν ένα ζευγάρι ταύρων και, πλάι στο βωμό του Ήλιου, τα τέσσερα λευκά άλογα έτοιμα για τη θυσία.





 そうして引き続いて起こったのはこう言うことです。月の神の祭壇の側に、二頭の雄牛が立ったのです。太陽の神の祭壇の側には、四頭の白い牝馬が立ったのです。生贄の用意が出来ていたのです。
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

35. Τα παιδιά ειδοποιούν τους χωροφύλακες 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十五章「子供たちが地方警察官に通報する」3 





  Πουρναρίτης είναι κι ο Μπαρμπακώστας. Αν ζούσε κι αυτός με λαθραία ξυλεία, τι θα κέρδιζε; Θα ήταν κλέφτης, χωρίς να είναι ούτε πιο ήσυχος ούτε πιο πλούσιος. Εικοσιπέντε χρόνια ζει από το δάσος χωρίς να το βλάψει ο Μπαρμπακώστας. Έγινε κορφολόγος. Μαζεύει και πουλάει ρίγανη, λεβάντα, θυμάρια και βότανα σπάνια για τα φαρμακεία και τα σπίτια. Όταν περνάει από την πόλη, τι ευωδιά που χύνει το σακί του!   





 バルバコースタスはプウルナリの人でした。彼が盗伐で暮らしているとしたら、どういう利益を得るのが当然なのでしょう? それは泥棒でしょう。平穏でいることも豊かになることもないのです。バルバコースタスは、二十五年間、森を傷付けることなく、森に頼って生活しているのです。彼は樹々の先を摘んで歩く人になったのです。オリガニやラベンダーやタイム、それに珍しい薬草を集めて薬屋や普通の家庭に売るのです。彼が街を通る時、彼の袋から流れ出る香りは何て好い香りなのでしょう! 



「子供たちが地方警察官に通報する」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 27-4

  Στη θέα αυτού του ζώου όλος ο κόσμος έμεινε κατάπληκτος και αυτομάτως του έδωσε όνομα ταιριαστό με τη μορφή του : με βάση τα επικρατέστερα χαρακτηριστικά του σώματός του, το ζώο ονομάστηκε από το δήμο καμηλοπάρδαλη・ προξένησε όμως και μεγάλη ταραχή σε όλη την ομήγυρη.





 この動物を見て、全世界の人々は驚いているのです。それで機械的に、その形に似合った名前を人々は付けたのです。とても際立っている身体の特徴を根拠にして、この動物は人々から、麒麟[ 斑駱駝 ] と名付けられました。けれども、集まった人々に大きな動揺を引き起こしたのです。
posted by kyotakaba at 11:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

エティオピア物語 第十巻 27-3

  Παράξενο ήταν και το βάδισμά του που είχε μιά ταλάντευση διαφορετική από κάθε άλλου χερσαίου ή υδρόβιου ζώου : αντί να κινεί τα πόδια πατώντας διαδοχικά πότε στο ένα και πότε στο άλλο, μετακινούσε τα δυό δεξιά μαζί και ύστερα τα δυό αριστερά και συγχρόνως μετακινούνταν και η αντίστοιχη πλευρά του σώματός του. Και τόσο νωθρό ήταν στην κίνηση, τόσο υποτακτικό στο χαρακτήρα, ώστε ο θηροκόμος μπορούσε να το οδηγεί όπου ήθελε μόνο μ’ ένα λεπτό σχοινάκι περασμένο στο λαιμό του.





 歩き方は変わっていました。陸上の動物であれ、水中の生物であれ、他のどの動物とも違う揺れ方をするのです。足を動かして、こちらを一歩、そして引き続いて、あちらを一歩と踏み出すのではなくて、右側の二本の足を一緒に動かして、それから、左の二本の足を一緒に動かすのです。そうやって、身体のそれぞれ対応する面が同時に動くのです。動きはとても緩慢で、性質はとても従順なので、調教師は、首に掛けた一本の細い縄だけでそうしたいと思う方へこの動物を導くことが出来るのです。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

エティオピア物語 第十巻 27-2

  Τα οπίσθιά του από τη μέση και πέρα ήταν χαμηλά και σαν του λιονταριού, ένω οι ώμοι, τα μπροστινά πόδια και το στέρνο του ήταν δυσανάλογα ψηλά εν σχέσει με τα άλλα μέρη του σώματός του・ ο λαιμός του ήταν λεπτός και μακρύς σαν του κύκνου・ το κεφάλι του στη μορφή έμοιαζε με της καμήλας, αλλά στο μέγεθος ήταν σχεδόν διπλάσιο από της λυβικής στρουθοκαμήλου και τα μάτια του, που έμοιαζαν φτιασιδωμένα με μολύβι, στρέφονταν βλοσυρά πότε εδώ, πότε εκεί.





 腰から後ろは、低くなって、ライオン程でした。一方、肩と前足と胸は身体の他の部分との較べて不釣り合いに高かったのです。首は細く長くて、白鳥の様でした。頭は、形は駱駝に似ていましたが、大きさと言う点では、リビアの駝鳥のほとんど二倍程だったのです。目は、鉛筆で隈取りした様で、時にこちら時にあちらと、気味悪く、回していたのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする