2017年10月31日

エティオピア物語 第十巻 36-2

  ≪ Βασιλιά μου ≫, άρχισε, ≪ είχα μιά κόρη τόσο συνετή και τόσο όμορφη, που μόνο άν τη βλέπατε θα πιστεύατε ότι δεν υπερβάλλω・ ήταν λοιπόν παρθένος και ιέρεια της Αρτέμιδος στους Δελφούς.





 そして老人は始めました。「王様、私には一人の娘があったのです、とても聡明でとても美しい娘です。実際に娘を見て初めて、私が誇張しているのではないと信じて頂けられるでしょう。娘は処女で、デルフィでアルテミス女神の巫女でした。」
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

エティオピア物語 第十巻 36-1

  Κι όταν ο Υδάσπης κάλεσε το γέροντα να εξηγηθεί καλύτερα, εκείνος, που δεν ήταν άλλος από τον Χαρικλή, απέφυγε να πεί την πάσαν αλήθεια σχετικά με το γένος της Χαρίκλειας, φοβούμενος μήπως στραφεί εναντίον του η οργή των πραγματικών γονέων της άν εκείνη είχε αφανιστεί κατά τη φυγή της πρός το εσωτερικό της χώρας・ περικόπτοντας λοιπόν τις λεπτομέρειες, εξέθεσε μόνο τα ακίνδυνα σημεία.





 イダスピス王が老人を呼んで、もっと良く自分の立場を分からせる様にと言ったのです。すると、老人は、ハリクリスその人以外ではなかったのですが、ハリクレアの出自については本当のことは全く言う事を避けたのです。娘が国の内側に向かって去る為に姿を消してしまうと、娘の実の両親の怒りが自分に向かうのではないかと恐れていたのです。そうして、詳細は省略して、問題のないところだけを物語ったのです。
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマネコは見ていた

 アルキ・ゼイの『 Το καπλάνι της βιτρίνας 』、邦訳は『ヤマネコは見ていた』なのだと。 
ヤマネコは見ていた - Webcat Plus 

掛川恭子 訳、荻太郎 絵で岩波書店から。絶版の様。
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

Ο Μεγάλος Περίπατος της Αλκης

 ギリシャの作家、児童文学者の Άλκης Ζέη アルキ・ゼイを撮ったドキュメンタリー映画。 
Ο Μεγάλος Περίπατος της Αλκης アルキの長い散歩 

Μαργαρίτα Μαντά マルガリータ・マンダ監督、2017年作品。 

Cine.gr - Τανίες Ο Μεγάλος Περίπατος της Αλκης - Alki`s Long Walk 

 アルキ・ゼイは、1925年アテネ生まれ。モスクワに亡命したりパリに住んだり大変な人生。 
1963年発表の『 Το καπλάνι της βιτρίνας 』( ショーウィンドウのトラさん )は今も版を重ねているロングセラー。20カ国語にも翻訳。 
Το καπλάνι της βιτρίνας - Βικιπαίδεια 
.:BiblioNet : Το καπλάνι της βιτρίνας / Ζέη, Άλκη, 1925-  

Alki's long walk / Ο μεγάλος περίπατος της Άλκης - Facebook ホーム 

posted by kyotakaba at 20:41| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ディオファントスの墓碑銘

 三世紀のアレクサンドリアの数学者ディオファントスの墓碑銘。 

ウィキペディアを元に:  
Διόφαντος - Βικιπαίδεια 





Διαβάτη, σε αυτόν τον τάφο αναπαύεται ο Διόφαντος. Σε εσένα που είσαι σοφός, η επιστήμη θα δώσει το μέτρο της ζωής του. Άκουσε. Οι θεοί του επέτρεψαν να είναι νέος για το ένα έκτο της ζωής του. Ακόμα ένα δωδέκατο και φύτρωσε το μαύρο γένι του. Μετά από ένα έβδομο ακόμα, ήρθε του γάμου του η μέρα. Τον πέμπτο χρόνο αυτού του γάμου, γεννήθηκε ένα παιδί. Τι κρίμα, για το νεαρό του γιο. Αφού έζησε μονάχα τα μισά χρόνια από τον πάτερα του, γνώρισε τη παγωνιά του θανάτου. Τέσσερα χρόνια αργότερα, ο Διόφαντος βρήκε παρηγοριά στη θλίψη του, φτάνοντας στο τέλος ζωής του."





道行く人よ、この墓にディオファントスが永眠している。智慧のある貴方に、学問が彼の生の長さを教えるだろう。聞きなさい。神々は、彼に、全生涯の六分の一を幼年である事を許した。その上、全生涯の十二分の一に、黒い髭を生やす事を許した。また、全生涯の七分の一が過ぎた後、彼が結婚する日が来た。結婚生活の五年目に一人の子供が産まれた。彼の幼い息子に、なんて悲しいこと。父が生きた年月の半分に達するやいなや、死の寒さを知ってしまった。それから四年後に、ディオファントスは悲しみに対しての慰めを見つけたのだ、つまり、彼の生涯の終わりに達したのだ。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

40. Το μαύρο τραγάκι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」2   





  Ο Λάμπρος την άλλη μέρα πρωί-πρωί πήγε πίσω κι άρχισε ν' ανεβαίνει πάλι όλους τους γκρεμούς. Έψαξε στους θάμνους, έριξε πέτρες παντού, σφύριξε, φώναξε ≪ τσεπ! τσεπ! τσεπ΄! ≫. Τίποτα. Είχε απελπιστεί.  
  Τη στιγμή που κίνησε να φύγει το τραγάκι πρόβαλε από μια πράσινη τούφα. Ούτε κινήθηκε ούτε βέλαξε. Μόνο τον κοίταξε. Ήταν ξεχασμένο μέσα στο άγριο κλαρί. Μια νύχτα έζησε στο πουρνάρι και στην κουμαριά, και ξέχασε και κοπάδι και βοσκό. Ο Λάμπρος το κυνήγησε λίγο, το τσάκωσε από το πίσω πόδι με τη γκλίτσα του, το πήρε στον ώμο και το έφερε πίσω.





 ラブロスは、次の日、朝まだ早い時間に、戻って、全部の断崖に登って見たのです。薮を探しました。至る所に石を投げました。口笛を吹きました。叫びました、「ツエップ ツエップ! ツエップ!」。全然です。絶望してしまいました。 
 ラブロスが立ち去ろうとしたその時に、一頭の子山羊が緑の繁みから現れたのです。動きもしないし、メェーと鳴きもしませんでした。ただ、ラブロスを見詰めていたのです。野生の樹の中に忘れられていたのです。一晩、柊とイゴノキの下で過ごしたのです。そして、群れの事も山羊飼いの事も忘れたのです。ラブロスは直ぐに捕まえに行きました。そして、曲がった杖で、後ろ足を捕まえたのです。そして、肩に載せて、連れて帰ったのです。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高い山々 40 黒い子山羊 1の訂正

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」




 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 35-2

  Άδικα οι φρουροί προσπαθούν να τον αποσπάσουν από τα χέρια του : εκείνος τον κρατάει σφιχτά, κολλάει σχεδόν επάνω του και κατορθώνει να τον οδηγήσει μπροστά στον Υδάσπη και στα μέλη του Συμβουλίου・ ≪ βασιλιά ≫, λέει, ≪ αυτός είναι που άρπαξε την κόρη μου・ αυτός μου ρήμαξε κι ερήμωσε το σπίτι・ αυτός πήρε την ψυχή μου μέσα από το ιερό του Πυθίου και τώρα κάνει τον αθώο καθισμένος πλάι στους βωμούς των θεών ≫. Όλοι συγκλονίστηκαν με το συμβάν・ αυτοί που καταλάβαιναν τα λόγια απορούσαν για όσα άκουγαν και οι υπόλοιποι για όσα έβλεπαν.




 警護兵たちが、正当な理由もなく、老人の手を引いて、引き離そうとしたのです。老人はテアゲニスをきつく掴んでいました。ほとんどくっついていました。老人は、なんとか、テアゲニスをイダスピス王と列席者のの前に連れて行くことができました。そしてこう言いました。「王様、私の娘を攫ったのは、この男です。私の家を荒らし無人にしてしまったのは、この男です。この男が、ピュシスの神聖な社から私の魂を取ったのです。それなのに、今また、神々の祭壇に座って、無邪気にしています。」 全員が、この出来事に動揺しました。言葉が分かる人々は、耳にした事に当惑していましたし、他の人たちは、見た事にどうしていいか分からなかったのです。
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

エティオピア物語 第十巻 35-1

  Χτύπησε τότε το μέτωπό του ο γέροντας και αναλύθηκε σε δάκρυα・ καθώς όμως σήκωσε το κεφάλι και κοίταξε γύρω το πλήθος, αρχίζει ξαφνικά να τρέχει σαν τρελός πρός τους βωμούς και, τυλίγοντας σαν βρόχο την άκρη του τριβωνίου του ( αυτό έτυχε να φοράει ), την περνάει στο λαιμό του Θεαγένη και τον σέρνει φωνάζοντας μ’ όλη του τη δύναμη ≪ Σ’ έπιασα μισητό πλάσμα, σ’ έπιασα αθεόφοβε και αλιτήριε! ≫





 すると、老人は自分の額を打って、涙に暮れたのです。けれども、頭を上げると、周囲の人々を見詰めたのです。それと同時に、突然に、狂った様に祭壇に向かって駆け出したのです。そして、裾を引き摺る様なマント( その時、偶々、それを着ていたのです )の端を紐の様に巻き付けて、テアゲニスの襟に通したのです。そして、テアゲニスを引き寄せて力の限り叫んだのです。「私は、憎らしい人間、お前を捕まえた、神をも恐れない、悪辣な人間、お前を捕まえた!」
posted by kyotakaba at 15:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

エティオピア物語 第十巻 34-6

  Πρόσπεσε τότε ο γέροντας και του φίλησε τα πόδια. Όταν όμως έφεραν τις κόρες για να τις εξετάσει και δεν βρήκε ανάμεσά τους εκείνην που ζητούσε, σκυθρώπασε και πάλι. ≪ Άχ βασιλιά μου ≫, είπε, ≪ καμιά από αυτές δεν είναι ≫. ≪ Τη συγκατάθεσή μου ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ την έλαβες. Άν δεν βρίσκεις εκείνην που ψάχνεις, μόνο την τύχη μπορείς να μεμφθείς・ άλλη αιχμάλωτη ούτε οδηγήθηκε ούτε υπάρχει στο στρατόπεδο・ μπορείς να ψάξεις παντού για να το διαπιστώσεις και ο ίδιος ≫.




 すると、老人は跪いて王の足に口付けしました。そして、召使たちが少女たちを連れて来て、老人は、調べたのです。けれども、その少女たちの中には、老人が探している娘を見つけられなかったのです。再び、老人は、悲し気な顔に戻り、こう言いました。「ああ、王様、この少女たちの中の誰でもありません。」 すると、イダスピス王はこう言いました。「貴方がその娘を引き取る事には、私は同意しました。貴方が探している娘を見つけられなかった場合は、あなたが責められるのは、運命だけですよ。他に捕虜に鳴った少女たちは、連れても来られないし、この陣営には居もしないのだ。貴方ご自身が見つける為に、何所でも、探すことが出来ますよ。」
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

エティオピア物語 第十巻 34-5

  Αυτά διάβασε ο βασιλιάς κι αμέσως ρώτησε ≪ Ποιός λοιπόν από σας αναζητεί την κόρη του; ≫ Κι όταν κάποιοι του υπέδειξαν τον γέροντα, ≪ ξένε ≫, του είπε, ≪ είμαι πρόθυμος να κάμω οτιδήποτε μου ζητήσει ο Οροονδάτης・ αλλά μόνο δέκα αιχμάλωτες κόρες πρόσταξα να οδηγηθούν σε μένα・ μια από αυτές έχει ήδη αναγνωριστεί και δεν είναι η κόρη σου・ εξέτασε τις άλλες και, άν βρείς και αναγνωρίσεις τη δική σου, πάρ’ την ≫.




 王はそれを読むと、直ぐに、「それで、この使節団の中の誰が、その人の娘を捜しているのですか?」と尋ねました。使節団の何人かがひとりの老人を指すと、王は老人にこう言いました。「オロンダティスが私に求めて来るものは、なんでも、私は喜んでするつもりですよ。けれども、私が、私の下に連れて来る様にと命じた捕虜の少女たちは、十人だけです。その内のひとりは、もう既に、誰だか分かっています。その少女は貴方の娘ではありません。他の少女たちを調べなさい。貴方の娘を見分けて、見つけたのなら、その娘を引き取りなさい。」
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

Ἀναπνέουσα βαθειά, ἡ Ὑβόννη ἐκοίταζε ἀκόμη τὸν οὐρανόν.

 Ανδρέας Εμπειρίκος アンドレアス・エンブリコスの『 Ο Μέγας Ανατολικός 』の一部: 
ウィキクォートにあるものを元にして。 
Ανδρέας Εμπειρίκος - Βικιφθέγματα
第一巻の111ページから112ページにある部分、 

Ἀναπνέουσα βαθειά, ἡ Ὑβόννη ἐκοίταζε ἀκόμη τὸν οὐρανόν. Αἴφνης μία ἄλλη σκέψις, εἰς ἀδιάπτωτον ἀλληλουχίαν μὲ τὰς προηγουμένας ἐρχόμενη, ἔλαμψε εἰς τὸν νοῦν της. Ἧτο μία σκέψις γοργή, θερμή, σὰν αἷμα σφύζοντος νεανικοῦ ὀργανισμού... Μήπως ἂν ἤλλασσε πεποιθήσεις καὶ ἰδίως τὴν συμπεριφορᾶν της εἰς τὴν ζωὴν ὡς πρὸς τὸν ἔρωτα, εἰς τὸν ὁποῖον ἕως σήμερον ὑπῆρξε τόσον πολὺ ἐλλειμματίας, θὰ ἤρχιζε δι αὐτὴν νέα ζωή, μία ζωὴ πανήδονη, γλυκύτατη -ἡ μόνη ὀρθή, ἀληθινὴ καὶ φυσική. Ἀλήθεια, μήπως τοῦτο ἧτο δυνατόν; Ἀκόμη ὀλίγα δευτερόλεπτα ἐκοίταξε τὸν οὐρανὸν ὡς ἐν ἐκστάσει ἡ Ὑβόννη, γοητευμένη, μαγευμένη καὶ ἀναπνεόυσα βαθειὰ τὴν θαλασσίαν αὔραν... Ὤ, ναί, αὐτὸ ποὺ ἐσκέφθη ἧτο ἀπολύτως δυνατόν.    



 深く息をする、イボニーは、まだ空を見ていた。先だって思い浮かべていた何処までも続く物思いの最中、ふと、別の思いが彼女の心に煌めいた。敏速で熱を帯びた思い、それは、まるで、若者の身体で脈打っている血の様だった。…、もしかすると、彼女は幾つかの信念、特に、日々を恋愛に向けて行動すると言う信念を変えたのかも知れない。恋が、今日まで、まるで不足し始めていたのだ。快楽に満ちた、甘過ぎる程の新しい生活、正当で真実の自然本来の生活が始まろうとしている。現実的に、それが有り得るのだろうか? もう二分程、イボニーは、魔法に掛けられ魅了された忘我の状態で空を見詰めた。そして、海を吹くそよ風に深く息を吐いた。ああ、そう、彼女が考えた事は、まったく、有り得る事だった。
posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα

 クセノポンを主題にした歴史小説? 
『 Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα 』 クセノポンの小説 
Τάκης Θεοδωρόπουλος タキィス・セオドロプウロス 
出版社 : Μεταίχμιο 2017年刊 

.:BiblioNet : Το μυθιστόρημα του Ξενοφώντα / Θεοδωρόπουλος, Τάκης, 1954-
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

40. Το μαύρο τραγάκι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十章「黒い子山羊」1   





Το μαύρο τραγάκι



  Ο Λάμπρος ήρθε στο μάθημα και προχτές και χτες και σήμερα.  
  Κοιτάζει το ρολόι του κι έρχεται ταχτικά την ίδια ώρα. Το ρόλοι του Λάμπρου είναι μια ξερή αγριαχλαδιά. Στις δέκα το πρωί πέφτει ο ίσκιος της επάνω στο σημάδι. Τότε ξεκινά ο μαθητής τρέχοντας κι έρχεται στον Δημητράκη. Δόξα σοι ο Θεός, τα γίδια την άλλη φορά τα μάζεψε, εκτός από ένα. Ένα τραγάκι, ένα μαύρο τραγάκι, δεν μπόρεσε να το βρει πουθενά.  
  Όταν το είπε του παπππού, τον έπιασε μεγάλος θυμός.  
  ≪ Να πας πίσω να μου βρεις το τραγάκι. Ό,τι έχω κείνο το μικρό, δεν έχω όλο το κοπάδι!≫     





       黒い子山羊  

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。山羊は他の時間に集めたのです。山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」

 ラブロスは、一昨日も昨日も勉強に来たのですよ、そして今日も来たのです。 
 自分の時計を見て、几帳面に同じ時間に来るのです。ラブロスの時計は、一本の野生の梨の枯れ樹なのです。朝の十時に、その影が印しの上に落ちるのです。そうすると、この生徒は、走って出掛けディミトラキスのところに来るのです。ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
 おじいさんにそう言うと、大変な癇癪を喰らってしまいました。 
 「探しに戻りなさい。私の持っているのは、あの子山羊だけなのだ、群れを全部持っているのではないのだ!」 

10月26日、訂正: 
山羊は他の時間に集めたのです。ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。  
→ 
ある時、山羊を集めたのですが、ところが、ところが、一頭だけは駄目なのです。一匹の子山羊、黒い子山羊です。どこにも見つからないのです。 
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 34-4

  Ήδη ο άνθρωπος αυτός πρέπει να είναι κοντά σου μαζί με τούς άλλους πρέσβεις・ οι τρόποι του δείχνουν την ευγενική καταγωγή του και η μορφή του αρκεί για να εμπνεύσει το σεβασμό. Εύτυχισμένο στείλ’ τον πίσω, βασιλιά μου, πατέρα όχι μόνο κατ’ όνομα αλλά και στην πραγματικότητα ≫.





 「この方は、他の大使たちと一緒に王のお近くに居られる事が当然の方です。この方の態度は、この方の高貴な生まれを示していますし、この方の容姿は、それだけで、畏敬の念を起こさせるのです。王様、少女をこの父親のところへ送り返して下されば、幸いです。ただ名前だけの父親ではなく、現実の父親なのです。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

エティオピア物語 第十巻 34-3

  Μιά κόρη που οδηγούνταν σε μένα από τη Μέμφιδα βρέθηκε τυχαία μέσα στις περιπέτειες του πολέμου και έχω μάθει ότι, κατά δική σου διαταγή, έχει σταλεί στην Αιθιοπία・ μου το είπαν άνθρωποι που ήταν μαζί της και κατόρθωσαν τότε να διαφύγουν. Αυτήν λοιπόν την κόρη σε παρακαλώ να ελευθερώσεις και να μου τη χαρίσεις : κι εγώ ο ίδιος την επιθυμώ, αλλά κυρίως θέλω να την αποδώσω στον πατέρα της που γύρισε τον κόσμο όλο ψάχνοντας να τη βρεί・ ο πόλεμος τον βρήκε στο φρούριο της Ελεφαντίνης κι εκεί τον συνάντησα εγώ όταν αργότερα επιθεωρούσα τους επιζώντες και μου ζήτησε να τον στείλω σε σένα κάνοντας έκκληση στην ευσπλαχνία σου.




 「メンフィスから私の所へ連れて来られた一人の少女が、偶々、危険な戦争に遭遇したのですが、貴方ご自身の命令で、エティオピアに送られたと、私は知りました。少女と一緒に居て上手く逃れることが出来た者たちが、そう私に話したのです。それでなのですが、どうかその娘を自由にして、私に下賜下さいませ。私自身が、この少女がとても欲しいのです。とは言っても、私は、その少女を見つけようと世界中を探し回っている、少女の父親に戻してやりたいと、思っているのです。戦争で、彼は、エレファンディーニの要塞に居たのです。後になって、そこで、私は、生存者たちを調べていた時に、彼に会ったのです。彼は私に、貴方の憐情に訴えて彼を貴方の元に送る様に頼んで来たのです。」
posted by kyotakaba at 11:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

エティオピア物語 第十巻 34-2

  Το ξετύλιξε ο Υδάσπης και να τί διάβασε : ≪ Πρός τον φιλάνθρωπο και ευδαίμονα βασιλέα των Αιθιόπων Υδάσπη ο Οροονδάτης, σατράπης του Μεγάλου Βασιλιά. Εσύ που με νίκησες στη μάχη μα πιό πολύ με νίκησες με τη γενναιοδωρία σου παραχωρώντας μου αυθόρμητα ολόκληρη σατραπεία, δεν έχω την παραμικρή αμφιβολία ότι θα συγκατανεύσεις τώρα σε μιά μικρή παράκλησή μου.





 イダスピス王は、それを解き拡げて読みました。こう言う内容でした。「エティオピアの慈しみ深く幸福に満ちたイダスピス王へ、大王の太守、オロンダティスより。貴方様は、戦いに於いて私を打ち負かしました。けれども、それよりも、寛大さで私を打ち負かしたのです。私に太守の領地を全部私の自由にする事を認めて下さいました。その貴方に、私は、ほんの僅かの疑いも抱いておりません。私の小さな望みをきっと承知して下さるだろう、と思っております。」  


να τί διάβασε のところ、 
να は、イポタティキを繋げる接続詞ではなくて、小辞(「ほら!」等の) の να だと思う。 
何を読んだかと言うと、ほら、こうです、という様な表現なのだと。
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

エティオピア物語 第十巻 34-1

  Ο δε Υδάσπης ρώτησε τον Ερμωνία άν περιμένουν άλλοι πρέσβεις. Κι εκείνος απάντησε ≪ μόνο οι Συηναίοι, βασιλιά μου・ έφτασαν μόλις τώρα φέρνοντας γράμμα και δώρα από τον Οροονδάτη ≫. ≪ Άς έλθουν λοιπόν κι αυτοί ≫, είπε ο Υδάσπης, κι αμέσως παρουσιάστηκαν οι πρέσβεις και του έδωσαν το γράμμα.





 けれども、イダスピス王は、エルモニアスに他の大使たちが待っているかどうかを尋ねたのです。すると、エルモニアスは、こう答えました。「王様、シイニーの大使たちだけです。オロンダティスからの手紙と贈物を持って、今着いたばかりです。」 イダスピス王が「では、彼らに入って来させなさい。」と言うと、直ぐに、シイニーの大使たちが入って来て、手紙を王に渡しました。
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」3   





  Επάνω στον φόβο αυτό ήρθε κι ο φόβος της εξουσίας. Οι Πουρναρίτες είδαν τους δυο χωριανούς τους, που είχαν χτυπήσει τον Κώστα τον Κορφολόγο, να πηγαίνουν στη φυλακή δεμένοι, ανάμεσα σε τέσσερις χωροφύλακες. Την τιμωρία τους τη χρωστάμε στα παιδιά που είχαν τρέξει στο Μικρό Χωριό και ειδοποίησαν τους χωροφύλακες.  
  Στην κορφή ενός πεύκου, σε ψηλό μέρος, τα παιδιά έχουν δέσει κι ένα άσπρο πανί για σημαία. Αυτή φαίνεται κάμποσο μακριά και δείχνει πως υπάρχουν εκεί φύλακες. Η μικρή δασοφυλακή μας έκανε το χρέος της. Δεν ησύχασε όμως μ' αυτό. Εξακολουθεί τις βάρδιες.  
  Πάντα είναι έτοιμη.   





 こうした幽霊への怖さの上に、官憲への恐さが来たのです。プウルナリの人たちは、四人の警官に囲まれて、縛られて牢獄に行った、二人の村人を知っていました。二人は、コースタス・コルフォロゴスさんを殴ったのです。彼らが罰せられたのは、子供たちのお陰なのですよ。子供たちは、ミクロ・ホリオに駆け付けて、警官たちに知らせたのです。 
 松の梢、高い所には、子供たちが白い布を結んで旗にしていました。旗は、相当遠くからでも見えたのです。警備艦がここに居ると示しているのです。私たちの小さな森林警備官は、任務を遂行するのです。任務には休みはないのですけれど。見張り番は休まずに続けるのです。 
 子供たちは、いつでも、準備出来ているのです。    





第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」、おわり。
posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-4

  Οδήγησαν λοιπόν τον Θεαγένη στο καθορισμένο μέρος・ όσο για τη Χαρίκλεια, που είχε αναπνεύσει κάπως βλέποντας τη νίκη του και είχε ελπίσει το καλύτερο, βλέποντάς τον να οδηγείται, πάλι στο βωμό, ξέσπασε σε θρήνο. Κι επειδή η Περσίννα προσπαθούσε να την παρηγορήσει λέγοντάς της ≪ ίσως θα μπορούσε να σωθεί ο νέος άν ήθελες να συμπληρώσεις την εξομολόγησή σου μιλώντας καθαρά ≫, πιεζόμενη από την περίσταση η Χαρίκλεια και βλέποντας ότι το πράγμα δεν σήκωνε αναβολή, προχώρησε στη διήγηση των πιό καίριων σημείων.





 そうして、メロイボスはテアゲニスを決められた場所に連れて行ったのです。一方、ハリクレアはです。どうにかテアゲニスの勝利を見ることが出来て、胸を撫で下ろしていたのですが、テアゲニスが再び祭壇に連れて行かれるのを見ると、わっと泣き出したのです。すると、ペルシナはハリクレアを慰めようとして、こう言ったのです。「もしかしたら、あの若者は助かるかもしれません。もし、あなたが、すべてを話して、あなたの告白を補いたいと思うのならですけれど。」 追いつめられたハリクレアは、犠牲祭の進行は引き伸されることはないのだと知って、最も重要な点についての話しに踏み込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

ギリシャ語の時間

 『ギリシャ語の時間』 
ハン・ガン 著、小説。 
ギリシャ語の時間 (晶文社): 2017-10-11|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 

『희랍어 시간』2011年。

韓江 (小説家) - Wikipedia
posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-3

  Μπήκε τότε στη μέση ο Μερόηβος και ≪ φίλε ≫, του είπε, ≪ τα θύματα δεν προφητεύουν ζωντανά : μετά τη σφαγή και την ανατομή, υποδεικνύουν με τα σπλάχνα τους τα μέλλοντα στους μάντεις・ ώστε είναι σωστό αυτό που είπες, πατέρα, ότι ο ξένος παραμιλάει ως μελλοθάνατος. Πρόσταξε λοιπόν να τον οδηγήσουν στο βωμό κι εσύ, αφού ρυθμίσεις οτιδήποτε υπολείπεται, τέλεσε τη θυσία ≫.





 そうすると、メロイボスが中に入って来て、テアゲニスに話し掛けました。「貴君、生け贄は、生きたままでは、予言はしないものだよ。屠殺と解体の後に、その内臓で、予言者に未来を仄めかすのですよ。お父様、この事を貴方は正しく言われました。一人の外国の人が、死に際に、うわ言を言うと仰ったのですから。それでは、この男を祭壇に連れて行く様にお命じ下さい。そして、王ご自身は、残っているものは全て調整して、犠牲祭を終えて下さい。」
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Elfinspell

 きょうは、「 Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 」の部分が分からなくて、Elfinspell の英訳を久しぶりに見た。でも、それは、Wikipediaから初めて検索して見つけてのこと。「これは見たことがある。」と直ぐに思ったのだけど。Book 1 をブックマークに入れていたのも、すっかり忘れていた。 

 「 Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 」は、これで一文で、ディオ・テレイエスの前後は同じ内容だと考えるべきなので、、、 
 でも、ディオ・テレイエスでなくて、不通のテレイエスの方が分かりやすくないかなあ、、、それとも、「 Πρόσθεσέ ότι ούτε θα γίνει ποτέ 」とか。あるいは、「 πρόσθεσέ το κι αυτό : ούτε θα γίνει ποτέ 」の方が読み進みやすい様に思うのは、ギリシャ語を理解してないからだろうか?  
posted by kyotakaba at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2

  ≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.




 イダスピス王はこう言いました。「お前の言うことは、まったく、死に際の馬鹿馬鹿しい戯言だ。格子は、この娘は結婚が何だか知ってもいないし、男と交渉したこともない、と証明したのだ。今此所で、メロイボスのことを何か知って、彼をハリクレアの夫だと考えたのだろう。それ以外には、知りようもない。けれどもだ、メロイボスは、まだ、夫ではないのだ。婚約者として、彼の名前を挙げただけだ。」 すると、テアゲニスはこう言いました。「決してそうはなりません。そう加えて下さい。それから、もし、私がハリクレアの気持を正しく読み取ったならば、貴方は、生贄に決められた男についての神託を信じなければなりません。」   


追記: 
πρόσθεσέ το κι αυτό の αυτό は、その次の文「μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία」をテアゲニスのイダスピス王への願いに加えると言うことか? 

Thomas Underdowne の翻訳をF. A. Wright と George Routledge が編集した英訳: 
‘This man is mad,’ Hydaspes cried, ‘and in truth giveth himself over to death. The fire declared that she was a maid unmarried who never had to do with a man: unless indeed you mean Meroebus here − I cannot tell how you should come by knowledge thereof − who is not yet her husband, although I have promised her to him.’ ‘You may add that he is not likely to be,’ said Theagenes, ‘if I know anything of Chariclea’s mind. And since I am a sacrifice it is only right to believe me when I prophecy.’ 
この英訳からだと、 
「μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει」に「Κι ούτε θα γίνει ποτέ」を加えるという文に思える。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 note

 第十巻 33-2 の分からないところ: 
Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό 。
ここのディオ・テレイエス δυο τελείες の前後の文章の繋がり方。 
ディオ・テレイエスは、引用符の様な感じだと思っていたのだけれど、ここの文章ではそうでもない様。

Δύο τελείες ( : )
Οι δύο τελείες δηλώνουν ότι θ' ακολουθήσει παράθεμα από ξένο κείμενο, απόφθεγμα, παροιμία ή ευθύς λόγος. Χρησιμοποιείται ακόμη στις περιπτώσεις που αναλύομε ή ερμηνεύομε κάτι που έχομε καταγράψει, π.χ.: Σκεπτόμουν καθαρά τούτο: θα εκτελέσω όσο μπορώ καλύτερα το χρέος μου.
Η λέξη ύστερ' από τις δύο τελείες γράφεται με αρχικό γράμμα κεφαλαίο όταν οι δύο τελείες έχουν τη θέση τελείας. 

それから、ここの αυτό が何を指すのかが分からない。το だから、物ではなくて、ある事なのだと思うけれど。

そして、この文章の後の、άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ …、とどう繋がっていくのかも、分からない。
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 33-2 d

≪ Αυτά είναι ανοησίες ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όντως μελλοθάνατου λόγια. Η εσχάρα απέδειξε ότι η κόρη αυτή δεν έχει γνωρίσει γάμο ούτε έχει έλθει σε επαφή με άνδρα・ εκτός άν, άγνωστο πώς, έμαθες κάτι για τον Μερόηβο από δώ κι εκείνον θεωρείς άνδρα της・ αλλ’ αυτός δεν είναι ακόμα σύζυγος, μόνο μνηστήρα της τον έχω ονομάσει ≫. ≪ Κι ούτε θα γίνει ποτέ : πρόσθεσέ το κι αυτό ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άν εγώ διαβάζω σωστά τα αισθήματα της Χαρίκλειας・ και μάλλον πρέπει να πιστεύετε στις μαντείες ενός ανθρώπου που προορίζεται για θυσία ≫.



Google翻訳: 
「これはナンセンスです」とHypapis氏は言います。「本当に致命的な言葉です。 グリッドは、この娘が結婚しておらず、男性にも連絡していないことを証明しています。あなたに知られていない限り、あなたはMeroeibosについて何かを学んできました。あなたは彼女の夫を考慮しています。 私は名前をつけた。 「それは決して起こらないだろう:それを加えて、私がHaricleiaの感情を正しく読めば、Theogeneを言った、むしろあなたは犠牲のための男のマナーを信じなければならない」


worldlingo 翻訳: 
「これらはfooleries」、言ったYdaspisを、「全くmellothanatoy理由である。 グリルは結婚がどちらも人と接触しなかったことをこの女の子が知らなかったと証明した・ 、私からのMeroiboのための何かを彼女の人を考慮するためにいかに学んだか、未知数それ見れば・ allはまだこれmnistiraだけが彼女彼を」名前を挙げた、配偶者ではない。 「それは決してならないし、: それは加え、私が私Charikleiasの感じを正しく読んだらこれは」、Theagenisを、「言った・ そしてむしろそれは犠牲のために」意図されている人のclairvoyancesを信じるべきである。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

エティオピア物語 第十巻 33-1

  Ταράχτηκε ο Υδάσπης από τα λόγια του που του ξανάφεραν στο νού την όμοια παράκληση της Χαρίκλειας, αλλά δεν θεώρησε τη στιγμή κατάλληλη για να εξιχνιάσει το μυστήριο. ≪ Ξένε ≫, του είπε μόνο, ≪ τα δυνατά σου επέτρεψα να ζητήσεις κι αυτά συγκατένευσα να σου δώσω・ παντρεμένη πρέπει να είναι η γυναίκα που θυσιάζει, όχι παρθένος・ ο νόμος έτσι ορίζει ≫. ≪ Αλλά κι αυτή έχει άνδρα ≫, του είπε ο Θεαγένης.





 テアゲニスのその言葉を聞いて、イダスピス王は狼狽しました。その言葉は、ハリクレアの似た様な懇願を思い出させたのです。けれども、王は、その時を、謎を解明するのに相応しいと時だとは思わなかったのです。ただこう言ったのです。「成る程、私はお前に頼み事をするのを許した、お前の願う物を与えることに私は同意した。よく聞きなさい。犠牲祭を行うのは既婚の女性でなければならないのだ。乙女ではないのだ。法はそう決めているのだ。」 すると、「けれど、彼女には夫がいる。」とテアゲニスは言ったのです。     



posted by kyotakaba at 17:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

39. Οι δεντροκόποι δεν πέρασαν καλά 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十九章「伐採者たちは上手くいかなかった」2   





  Οι γριές εξήγησαν τις σφυριξιές εκείνες σαν γριές. Είπαν πως είναι από στοιχειά. Τα μεγαλύτερα στοιχειά, καθώς λένε οι γριές, είναι μέσα στον λόγγο.   Οι Πουρναρίτες, αν κι έχουν περπατήσει νύχτα πολλές φορές, πίστεψαν τις γυναίκες. Το ξαφνικό εκείνο, που το διηγήθηκαν οι φοβισμένοι δεντροκόποι, από στόμα σε στόμα μεγάλωσε. Και καθώς μέσα στο άγριο αυτό χωριό έμειναν οι άνθρωποι αγράμματοι, η ιστορία γύριζε μέρα και νύχτα. Κι όσο γύριζε τόσο πιο φιβερή γινόταν.    Στο τέλος μερικοί από τους χωριάτες πίστεψαν πως ο Χλωρός είχε στοιχειώσει.    





 老婆たちは、如何にも老婆らしく、その呼び笛の音を説明したのです。あれは幽霊の出す音だと言うのですよ。老婆たちが言うには、とっても大きな幽霊たちが薮の中にいるのですって。 
 プウルナリの人たちは、何度も夜に出歩いたことはあるのですが、女の人たちが言うことを信じたのです。恐怖に震えた伐採者たちが語った、突然起こったその音のことは、口から口へ伝わり、その度に大きくなっていったのです。こうした未開の村に文盲の人たちが住んでいるのですから、この話しは昼も夜も繰り返されるのです。そして、繰り返される度に、もっと恐ろしい出来事になるのです。 
 最後には、村人の何人かは、ハロロ村の住人全部が幽霊になってしまったと思い込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

エティオピア物語 第十巻 32-4

  Κι επειδή, όσο κι άν το θέλω, δεν μπορώ να σε σώσω από τα επικείμενα, θα εκπληρώσω οποιαδήποτε επιθυμία σου・ άν υπάρχει κάτι που μπορεί να σου δώσει ευχαρίστηση όσο είσαι ακόμα ζωντανός, ζήτησε μου το ≫. Λέγοντας αυτά και μην μπορώντας να κρύψει κάποιο δάκρυ, στεφάνωσε τον Θεαγένη με χρυσό στεφάνι στολισμένο με πολύτιμες πέτρες. Και ο Θεαγένης ≪ καλά λοιπόν, θα σου ζητήσω κάτι ≫ είπε, ≪ και δώσ’ το μου μιά και το υποσχέθηκες・ άν είναι απολύτως αδύνατο να αποφύγω τη θυσία, πρόσταξε να με σφάξει με το χέρι της η κόρη σου που μόλις ξαναβρήκες ≫.





 「その上に、私がそう望んだとしても、間近に差し迫ったことからお前を助けることは、私には出来ないのだ。それで、私は、お前の望むは何でも叶えてやろう。お前が生きている間に、お前を喜ばせる様な何かがあるのなら、私にそれを求めなさい。」 王はそう言いながらも、涙を隠すことは出来なかったのです。そして、テアゲニスに、高価な宝石で飾られた金の冠を被せました。すると、テアゲニスはこう言いました。「分かりました。貴方に一つのことを望みましょう。私にひとつの約束をして下さい。私が生贄になることを免れるのがどうしても出来ないのでしたら、今、貴方が再会されたばかりの貴方のご息女の手で私を屠る様に命じて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

エティオピア物語 第十巻 32-3

  Αναβόησε τότε το πλήθος ακόμα πιό δυνατά από πρίν κι ο ίδιος ο βασιλιάς δεν άντεξε να μη σηκωθεί από το θρόνο του και ≪ άχ ανάγκη ≫, είπε, ≪ τί άνδρα το έθιμο μου επιβάλλει να θυσιάσω! ≫ και συνάμα καλεί κοντά του τον Θεαγένη. ≪ Νέε μου ≫, του λέει, ≪ το έθιμο ορίζει να στεφανωθείς για τη θυσία・ δέξου όμως και τώρα τον στέφανο για την ένδοξη αυτή αλλ’ ανώφελη και εφήμερη νίκη σου.




 そうすると、群衆は、以前より増してもっと力強く叫んだのです。王自身も、我慢出来ずに席から立ち上がりました。そして、こう言いました。「ああ、困った。慣習が私に生贄になる様に押し付けたのは、何と言う人物だろう!」 それと同時に、テアゲニスを自分の近くに呼び寄せました。そして、彼にこう言いました。「若者よ、慣習では、お前は生贄になる為に冠を被ることに決まっている。けれども、今、お前の栄誉の冠を受け取りなさい。ただ、お前の勝利は一日限りで無意味なのだが。」     



αναβοώ : φωνάζω με δύναμη
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

エティオピア物語 第十巻 32-2

  μόλις και μετά βίας ζώνοντας με τα χέρια του τη χοντρή κοιλιά του Αιθίοπα, αρχίζει να τον σφυροκοπάει με τις φτέρνες του συνεχώς και μ’ όλη του τη δύναμη στα σφυρά και στους αστραγάλους ώσπου τον κάνει να χάσει την ισορροπία του και να γονατίσει・ ανεβαίνει τότε πάνω στα δυό του πόδια, σφηνώνει τα γόνατά του στους βουβώνες του, ξεριζώνει από το έδαφος τα χέρια πάνω στα οποία στηριζόταν ο Αιθίοπας για να μην ακουμπήσει καταγής το στέρνο του, του φέρνει τα μπράτσα πίσω από το κεφάλι του και, τραβώντας τα πρός τους ώμους και πρός τις κλείδες, τον αναγκάζει να ξαπλώσει με την κοιλιά καταγής.




 そうなるやいなや、両手をエティオピア人の太い腹に巻き付けて掴み、踵で続け様に激しく打ち始めたのです。両方の踝と足首に彼の力の全部を込めて打ったのです。そうして、エティオピア人に平衡感覚を失わせて跪かせたのです。そして、テアゲニスは、エティオピア人の両足に上がり、鼠蹊部に自分の膝を抉じ入れたのです。そして、エティオピア人が彼の胴が地面に着いてしまわない様に支えている両手を大地から打ち払ったのです。そして、腕を彼の頭の後ろに持って行ったのです。そうして、腕を、両肩の方に、鎖骨の方に引っ張ったのです。そして、エティオピア人に、地面に腹這いになる他ない様にしたのです。
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

エティオピア物語 第十巻 32-1

  Και ακριβώς τη στιγμή που ο Αιθίοπας, αποθρασυμένος από την ιδέα πώς είχε νικήσει, ορμούσε πάλι εναντίον του και είχε ήδη σηκώσει το χέρι έτοιμος να του καταφέρει το τρίτο χτύπημα, παραμερίζει ξαφνικά ο Θεαγένης σκυφτός αποφεύγοντας την επίθεση, πιάνει με το δεξιό του χέρι το αριστερό μπράτσο του αντιπάλου του και συνάμα το τραβάει πρός το έδαφος με την ίδια την ορμή του δικού του χτυπήματος που είχε καταφερθεί στο κενό・ αναδύεται ύστερα κάτω από τη μασχάλη του, σκαρφαλώνει πάνω στη ράχη του και,





 当にその瞬間、エティオピア人は、既に勝ったと言う思いで大胆になっていたので、もう一度、テアゲニスに飛び掛かったのです。もう手は挙げて、三撃目の攻撃が直ぐ出来る様にしていたのです。すると、突然に、テアゲニスは身を躱して、攻撃を避けたのです。そして、右手で相手の左腕を掴みました。それと同時に、まだ空中にあった攻撃の勢いを使って、相手を地面に向けて引っ張ったのです。すると、エティオピア人の腰から下は浮き上がり、背中より上に上がったのです。
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする