2017年12月28日

エティオピア物語

 2009年4月21日から、読み始めた『エティオピア物語』が終わった。自分でも驚いた。最初は、最後まで読むつもりでもなかった様に思う。それに、読通せるとも思ってなかった、と。 
 紙のノートに書いて行く、と言う方法もあったのだけれど。それに、読み始めた頃は、紙のノートに書く方が文の構成を着実に読み取れると感じていたし、訂正や書き込みも自由に入れられるので、自身の思考/試行の跡も目に見えるし、日本語の場合、変換が煩わしくて思考が途切れることもあったし、ギリシャ語/日本語の切り替えもまどろこく感じていたしで、パソコンを使うのに抵抗もあったのだけれど。結局は、パソコンだけで、書き残していた。 
 それに、自分のパソコン内の書類だけではなくて、ブログにして、公開したのは、それ程の意図があったのでもなかったのだけれど。ただ、誰かが間違いを訂正してくれるのでは、と期待はしていたのだけれど。 
 まあでも、ブログ・サービスを利用していたお陰で、パソコンがクラッシュして自分のパソコン内のファイルを失った時も、ブログにあるファイルをコピーすれば良かったので助かった。 
 それより何より、公開していて人目を受けていると言う意識が、最後まで読通せさせたのかもしれないし。 

 最初は、叙述体だったのに、途中から会話体になってしまった。訳の内容は、間違いが多くあるだろうけれど、また読み返したら、自分でそれが分かるかどうかは分からない。最初の頃は、インターネット上にある英訳を参考にしていたのだけれど、いつの間にか、それがある事も忘れていた。 
 ほんの少しずつでも、読み続けて、最後まで読通せたのは、何より、物語りが面白かっただろうけれど。途中何度も、もうわからない!とヒステリーを起こして、それを書き付けたりもしたけど。不思議なもので、そう書くと、文が分かったりして、、、でも、そんな醜態をも人目を受けていたので、読通せたのかも??? 

 何処かで読んで下さっていた方には、深く感謝。ブログ・サービスを提供してくれているシーサー社にも感謝。

 で、少しは現代ギリシャ語を身に着けたかと言えば、大いに疑問、、、、それは、一つには、パソコンだけになった理由でもあるけど、電子辞書はとても便利で、変化している語をボタンを押すだけで検索出来るので、つい頼ってしまって、、、でも、やはりそれ以前の自分の能力と言うことなのだろうけど、、、
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

Εγώ, ο Σίμος Σιμεών

 『 Εγώ, ο Σίμος Σιμεών 』 ( 小説 ) 
Γιάννης Ξανθούλης  
出版社: Διόπτρα 2017年刊 

.:BiblioNet : Εγώ, ο Σίμος Σιμεών / Ξανθούλης, Γιάννης
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

エティオピア物語 第十巻 41-4

  Έτσι έφτασε στο τέλος του το σύγγραμμα των Αίθιοπικών ή των Περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν・ το συνέγραψε ένας Φοίνικας Εμεσηνός, από το γένος του Ήλιου, ο γιός του Θεοδοσίου Ηλιόδωρος. ―


ΤΕΛΟΣ.






 さて、エティオピア人たちの、あるいは、テアゲニスとハリクレアについての物語りは、全巻の終りとなりました。この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。

おわり  


追記: 訂正 
エメシノス は姓でなく、土地の名前、
この物語りは、太陽の一族、フェニキア人の、セオドシオスの息子、ヘリオドロス・エメシノスが著しました。
→ 
この物語りは、太陽の一族、フェニキアのエメサの者、セオドシオスの息子、ヘリオドロスが著しました。
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」1   





Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι



  ≪ Βλέπετε κει κάτω μακριά ≫, είπε η Αφρόδω, ≪ κάτι χωράφια που κιτρινίζουν; ≫  
  Εκεί ήταν ένας πεύκος, μα τι πεύκος! Έκρουμε στα ουράνια, που λέει ο λόγος. Ο ίσκιος που έριχνε μαύριζε σαν το χράμι που είναι από τράγιο μαλλί. Από κάτω μπορούσε να σταλίσει ένα κοπάδι. Πουλί πετούμενο δεν περνούσε από μακριά δίχως να 'ρθει ν' αγγίξει την κορυφή του. Οι σταλαματιές από το ρετσίνι του σαν κεχριμπάρια, το φύσημά του ποτάμι, η δροσιά του γιάτρευε λαβωμένο. Λένε πως μέσα στο κορμί του κοιμόταν μια νεράιδα. Έτσι λένε. Μεγαλύτερος πεύκος δεν φάνηκε πουθενά. Τον θυμούνται δα εκείνοι που γέρασαν. Κι ο παππούλης κάθισε στον ίσκιο του.     





      プウルナリのヤニスの話し 

 「あなたたち、ずっと下の黄色になった畑の様なところが分かる?」と、アフロドウは言いました。 
 そこに、一本の松がありました。でも、なんて松なのでしょう! 空に触れているのです、言葉通りそうなのです。その松が投げ掛ける影が、山羊の毛で出来た柔らかい布の様に、辺りを暗くしているのです。その下で、群れが一つ休むことが出来るくらいです。空飛ぶ鳥は、遠くから来てこの松の梢に止まらずに通り過ぎることはないのです。その松から出た松脂の滴は、まるで琥珀のようですし、まるで川から吹く風の様なのですけれど、その爽やかさが、傷ついた人を治すのです。幹の中には、ひとりの妖精が寝ていると言われているのです。それに。これより大きな松は何所にも見られません。歳を取った人たちはこの松を思い出すのです。一人のおじいさんがその陰に座っていました。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」3  





  Τόσο την έχουν αδερφή, που σήμερα την έβαλαν σε ράψιμο.  
  ≪ Ράψε, Αφρόδω, τούτο το κουμπί ≫.  
  ≪ Ράψε μου τον αγκώνα που σκίστηκε ≫.  
  Όσο κι αν είχαν μάθει στην ερημιά να ράβονται μόνοι τους, ήθελαν το ράψιμο της Αφρόδως. Πάντα πιο καλά ράβουν οι γυναίκες.  
  Η Αφρόδω κάθισε και μπάλωσε δυο-τρεις. Αν μπορεί να μπαλωθούν οι δασοφύλακες. Ύστερα πήρε τη ρόκα κι άρχισε να γνέθει.  
  ≪ Τώρα θα μας πει κανένα παραμύθι! ≫ συλλογίστηκαν τα παιδιά.  
  Όχι δεν τους είπε παραμύθι. Τους είπε την ιστορία του Γιάννη από το Πουρνάρι. Μια ιστορία που την ξέρουν όλοι, μεγάλοι και μικροί.    





 それに、今日は、子供たちはアフロドウにお姉さんになって貰っているのですよ。今日は、裁縫をして貰っているのです。 
 「アフロドウ、このボタンを縫って下さい。」 
 「僕には、裂けた肘を縫って下さいな。」 
 この人里離れた場所で、自分たちの服を新調するとしても、子供たちは、アフロドウの縫ったものを欲しがったでしょうね。ここの女性たちは、いつも、とても上手に縫うのです。 
 アフロドウは座って、ふたつ、みっつを繕いました。もしかしたら、森林警備官たちも繕いをするかも知れませんね。それから、アフロドウは糸巻きを取り上げて、糸紡ぎを始めたのです。 
 「さあ、彼女は、きっと、何かお伽噺をしてくれるよ!」と、子供たちは思ったのです。 
 違いました、お伽噺をしてくれなかったのです。プウルナリのヤニスの話しをしたのです。大人も子供も、皆んなが知っているお話しなのです。   





第四十一章「アフロドウの歌」、おわり   

posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

41. Το τραγούδι της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十一章「アフロドウの歌」2  





  Προχτές τραγούδησε στον Φάνη και στον Δημητράκη ένα τραγούδι που άρχιζε με τα λόγια : Απόψε νειρευόμουνα. Το είπε χαμηλοβλέποντας και κοιτάζοντας τη ρόκα.

Απόψε νειρευόμουνα
-μητέρα, μητερίτσα μου-
ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα
και δυο ποτάμια με νερό
-ξήγα, μητέρα μ', τ' όνειρο!...


  Να είχε δει και κείνη τέτοιο όνειρο; Ήταν κάτι λυπητερό σ' αυτό το τραγούδι. Μα όταν το τελείωσε, χαμογέλασε. Κι άμα η Αφρόδω χαμογελάσει, όλα είναι καλά.   





 一昨日、アフロドウは、ファニスとディミトラキスに、ある歌を歌って聞かせたのです。歌は、こんな言葉で始まるのですよ。「」 この言葉を、下の方を見ながら、糸巻きを見詰めながら、口に出したのです。 

きのうのよる、こんなゆめみたの、 
母さん、わたしのおかあさん、 
高い塔に登ったの、 
お庭に入ったの、 
二本の川にお水が流れていたの、 
どんな意味なの、お母さん、この夢は!

 でも、彼女はそんな夢を見たのか知ら? その歌には、何か哀しいところがあります。けれど、アフロドウは、歌い終わると笑ったのです。アフロドウが笑うと、みんながご機嫌になりますよ。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

チョイ住み

 NHK、BSプレミアムの番組『チョイ住み』、第14弾は、アテネ。 
12月2日午後10時放送。 
posted by kyotakaba at 18:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする