2018年01月22日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」4   




  Δίψα είχε, σταλιά δεν είχε να δροσιστεί. Και περνούσαν τα καλοκαίρια και τον έκαιγαν, κι οι χειμώνες και τον πάγωναν. Κι ο Γιάννης περπατούσε, κι ήταν πάντα στον ίδιο τόπο. Ώσπου σωριάστηκε.  
  Και του έβγαλαν ένα τραγούδι, που λέει όλη αυτή την ιστορία. Έχει και σκοπό. Μα όσο για τα λόγια, εγώ δεν τα ξέρω. Στα χαρτιά θα τα βρείτε, γιατί πέρασε στα χαρτιά αυτή η ιστορία.  
  Το τραγούδι του Γιάννη από το Πουρνάρι έτσι το λένε τα χαρτιά.  





 ヤニスは喉が渇きました、喉を潤すほんの小さな滴もなかったのです。いくつもの夏が過ぎて行きました、彼を焼いたのです。そして、いくつもの冬が過ぎて行きました、彼を凍えさせたのです。それでも、ヤニスは歩いていました、同じ所にいたのです。そしてとうとう、ばったりと倒れたのです。 
 そうして、彼を歌う歌が出来たのです。歌の中に、話しが全部歌われています。曲が付いたのです。歌詞のことは、わたしは知らないです。紙に歌詞が書いてあるのが、あなたたちにはわかるでしょう。お話しは紙の上で進んでいます。 
 だから、紙がプウルナリのヤニスの話しを語るのです。


  第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

Να Μεγαλωνουμε Μαζι

 子供の合唱団のCD: 
『 Να Μεγαλωνουμε Μαζι 』 一緒に大きくなろう 

Μικρή Πολιτεία – Παιδική Χορωδία Σπύρου Λάμπρου 

posted by kyotakaba at 11:10| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

Γιατί το Βυζάντιο

 『 Γιατί το Βυζάντιο 』:ビザンチン学者の Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ エレニー・グリカチジー・アルベレル のエッセイ集。 

.:BiblioNet : Γιατί το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b184520.jpg

 エレニー・グリカチジー・アルベレルは、1926年アテネ生まれの学者。 
Ελένη Γλύκατζη - Αρβελέρ - Βικιπαίδεια 

他にも、『 Σας μιλώ για το Βυζάντιο 』
.:BiblioNet : Σας μιλώ για το Βυζάντιο / Γλύκατζη - Ahrweiler, Ελένη, 1926- 

b194294.jpg
posted by kyotakaba at 17:53| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」3   





  Κίνησε να πάει στα Δυο Χωριά, να βρει τους μαστόρους να τους πει πως έχει ξύλο για πούλημα. Πέρασε ένα μερόνυχτο, δεν έφτασε. Πέρασαν τρεις μέρες, δεν έφτασε. Πέρασε ένας μήνας κι ήταν ακόμα στον δρόμο.  
  Ο πεύκος, λένε, την ώρα που έπεφτε τον καταράστηκε. Και σαν είχε την κατάρα του πεύκου, δεν μπορούσε ο Γιάννης να βγει ποτέ από τον κάμπο. Γιαί τα δέντρα, βλέποντάς τον, περπατούσαν κι έφευγαν. Κι ο λόγγος όλο τραβούσε μακριά. Κι ο Γιάννης όλο απόμενε στα ξερολίβαδα.  





 ヤニスは、二つ村に出発しました。職人たちに会って、自分は売り物の材木を持っていると言うつもりだったのです。一昼夜が過ぎました、でも、二つ村に着かなかったのですよ。三日が過ぎました、着かなかったのです。一ヶ月が過ぎました、ヤニスは、まだ、路に居たのです。 
 松は倒れる時にヤニスに呪いを掛けたのだ、と言われています。松の呪いで、ヤニスは原野から出られなかったのです。樹々が彼を見ると、歩き出して逃げて行ったからなのです。それに、薮は遠くに退いて行くのです。そうして、ヤニスは、ずっと、枯野に残されていたのです。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

撰集抄の播磨の国のある僧 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 村人は、それを本当にはしなかった。翌朝、夜明けに、東の空に不思議な雲が立った。村人が、僧の庵に行ってみると、僧は西に向いて合掌したまま死んでいた。 





  Οι χωριάτοι δεν πείστηκαν για τον λόγο του, νομίζοντας ότι δεν θα αληθεύει. Το επόμενο ξημέρωμα, στον ανατολικό ουρανό ένα μυστηριώδες σύννεφο υψώθηκε. Όταν οι χωριάτοι πήγαν στο καλύβι του, ο μοναχός είχε πεθάνει, βλέποντας στην δύση και κάνοντας κόμπο με χέρια του.  


おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

撰集抄の播磨の国のある僧 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 僧は、只々、祈りを挙げていた。数ヶ月経った頃、僧は初めて村に現れて、「私は明朝死ぬ。皆様には大変親切にして頂いた。」と言った。 


  Ο μοναχός απορροφούσε να προσευχηθεί, μόνο προσευχύταν. Όταν δυο ή τρεις μηνές πέρασαν, ο μοναχός εμφανίστηκε στο χωρίο για πρωτή φορά. Και είπε : ≪ Θα πεθάνω το επόμενο πρωί, πολύ ευγενοκό εκ μέρους σας ≫.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

撰集抄の播磨の国のある僧 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??



 「自分には深く愛し合った妻があったのだけれど、果無くなってしまった。もしや妻が獄に落ちて呵責を受けているのではないかと思うと、自分が心苦しくてならなくなった。それで、一心に祈りを上げて、弔うことにしたのだ。」  





  Έιχα την σύζυγος, ετσί αυτή κι εγώ αγαπιόμαστε σταθερά, αλλά αυτή είχε σβύσει. Υποθέτοντας ότι η σύζυγος μου έπεσε στην κόλαση και δεχόταν την μομφή, βάραινα και εαυτός μου. Λόγω του, αποφάσισα να προσεύχομαι και πενθήσει.

posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

Απίστευτη εικόνα στον ουρανό του Ρεθύμνου – Δείτε τι σχηματίστηκε!

 cretedoc.gr の1月12日付けの記事:  
https://cretedoc.gr/apistefti-ikona-ston-ourano-tou-rethymnou-dite-ti-schimatistike/

レティムノの空に信じられない光景、何が出て来たかを見て下さい! 

Τον… ιπτάμενο δίσκο με τα μάτια τους ≪είδαν≫ κάτοικοι στο Ρέθυμνο με όσα έβλεπαν να σχηματίζονται στον ουρανό στα ανατολικά της πόλης και στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι!


Ένα σπάνιο μετεωρολογικό φαινόμενο με πυκνά νέφη που εμφανίζονται σε μορφή στροβίλου εμφανίστηκε στον ουρανό του Ρεθύμνου. Η εικόνα του φαινομένου προσομοιάζει αρκετά με… ιπτάμενο δίσκο!


≪Αυτά τα νέφη σχηματίζονται σε μεγάλο υψόμετρο και κάθετα προς την κατεύθυνση του ανέμου. Η περιοχή έχει δώσει και στο παρελθόν τέτοια νέφη λόγω των νοτίων ανέμων που πνέουν ευνοούν τον σχηματισμό τους≫, αναφέρουν με σχόλιο τους οι ≪Μετεωκρήτες≫.


Το σπάνιο αυτό φαινόμενο, που δεν είναι πρωτοφανές στην περιοχή του Ρεθύμνου, απαθανάτισε με το φωτογραφικό του φακό ο Γιάννης Γκίκας και το δημοσίευσε η Ειρήνη Καλαϊτζάκη.
Οι πιλότοι ωστόσο αποφεύγουν αυτά τα σύννεφα λόγω των αναταράξεων που τα συνοδεύουν.
  



レティムノの住人たちは自分たちの目で空飛ぶ円盤を「見た」のです。住民たちは、それが町の東の空に形成されて行く様子を見続けたのです。  

独楽の形をした濃い雲の珍しい気象現象がレティムノの空に現れたのです。この事象の見た目は、とても…、空飛ぶ円盤に似ています。 

「この様な雲は、非常に高い所に風の向きに垂直に形成されるのです。この地域は、これまでにも、この様な雲が出ています。それは、南風が雲の生成を促す所為なのです。」と、「 Μετεωκρήτες 」はコメントで述べています。 

レティムノで初めて見られたわけではないけれど、この珍しい現象が、ヤニス・ギカスのレンズで写真として永遠に保存されました。そして、エイリニー・カライザキ−が公表しました。しかしながら、パイロットは、同時に乱気流が起こる為に、この様な雲を避けるのです。   


最初の段落の 「 με όσα 」と「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι! 」は分かりません。
「 με όσα 」は、関係代名詞に近い様なものかとも思いますが。 
「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι! 」は、まるで、、、 
στις は、前置詞+冠詞、冠詞 τις は、女性/複数の対格。 
φωτός は、中性名詞/単数 φως の属格。 
ενετικό は、形容詞 ενετικός の 単数/中性形。「ヴェネチアの」の意味。 

στις と φωτός が、性と格が一致していないし、 
この文章の中に、女性の複数の実詞が見当たらないし、、、
何故ここに「ヴェネチアの」と言う語が入るのか、、、 
「 στις φωτός πάνω από τo ενετικό λιμάνι 」と言う慣用句があるのか?   


Ρέθυμνο - Βικιπαίδεια 

Meteokrites 

ouranos-rethymno-synnefa-fainomeno-periergo-1.jpg
posted by kyotakaba at 15:20| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

42. Η ιστορία του Γιάννη από το Πουράρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十ニ章「プウルナリのヤニスの話し」2   






  Ώσπου ήρθε μια χρονιά ο Γιάννης από το Πουρνάρι και τον πελέκησε με το τσεκούρι για ρετσίνι. Και την άλλη χρονιά πάλι τον πελέκησε. Κι άμα έβγαλε δυο χρόνια το ρετσίνι, ο Γιάννης άρχισε να μετρά τα κούτσουρα που θα είχε, αν τον έκοβε ολότελα. Την τρίτη χρονιά τον γκρέμισε. Και πήγε στη μάνα του και της είπε : ≪ Μάνα, καλόν χειμώνα θα περάσουμε. Τον μισό πεύκο θα τον κάψουμε εμείς στο τζάκι, τον άλλο μισό θα τον πουλήσουμε στα Δυο Χωριά ≫.  





 そこに、ある年、プウルナリのヤニスがやって来たのです。そして、松脂を採ろうとこの松を斧で切りつけたのです。次の年も、また切りつけました。二年もこの松は松脂を出したものですから、ヤニスは、この松を全部切り倒したら、幹には松脂が何れ程あるのだろうかと測り始めたのです。三年目に、ヤニスは、この松を切り倒したのです。そして、お母さんのところに行って、こう言ったのです。「母さん、僕たちは、良い冬が過ごせそうですよ。松の半分を切って暖炉に使いましょう。後の半分は、二つ村に売りましょう。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

撰集抄の播磨の国のある僧 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 





 村人の一人が、僧になった分けを聞くとこの様に語った。  





  Ένας χωριάτης τον ρωτήσε για την αιτιά που έγινε μονάχος, έτσι ο μονάχος διηγήθηκε ως εξής :
posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

撰集抄の播磨の国のある僧 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「播磨の国のある僧」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、播磨の国にいた僧の事。麓がそのまま海に面している山があった。その麓で渚である場所に、粗末な庵を建て、一人の僧が住み着いた。  





   Άκουσα την ιστορία για ένα μοναχό που ζούσε στην χώρα του Χάριμα. :  
  Υπήρχε ένα βουνό που οι πρόποδες του έβλεπαν στην θάλασσα κατευθείαν. Και στο αυτό χώρο που ήταν οι πρόποδες και εξάλλου η παραλία, έφτιαξε το φτωχό καλύβι, έτσι εγκαταστάθηκε ένας μοναχός.
posted by kyotakaba at 16:10| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

Γρα-Γρου

 『 Γρα-Γρου 』。2017年11月にイカロス社から出版された、グラフィック・ノヴェル。
作者は、Τάσος Ζαφειριάδης タソス・ザフィリアデシスと Γιάννης Παλαβός ヤニス・パラボス。 
作画は、Θανάσης Πέτρου サナシィス・ペトルウ。 
作曲は、Μιχάλης Σιγανίδης ミハリス・シガニディス。 ( 作曲って? ) 

.:BiblioNet : Γρα-Γρου / Ζαφειριάδης, Τάσος  


posted by kyotakaba at 18:10| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Γιώργης Παυλόπουλος 『 Ποιήματα 1943-2008 』

 詩人 Γιώργης Παυλόπουλος ヨルギス・パウロプウロスの詩集。 
表紙が印象的だったから。 
Κίχλη 社出版、2017年。 

.:BiblioNet : Ποιήματα 1943-2008 / Παυλόπουλος, Γιώργης, 1924-2008 

 ヨルギス・パウロプウロスは、イリア県ピルゴス出身、1924年生まれ2008年没の人。ギリシャ以外ではあまり知られていないけれど、国内では、セフィリス等に絶賛された詩人。   



b220207.jpg
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

よみかた

 エティオピア物語が終わってしまったので、次は何を読んでみようかと思っている。『エペソス物語り』とか『レウキッペとクリトフォン』とか『ダフニスとクロエ』とかもあるけど。 
 エティオピア物語の現代語訳を出版している ΑΓΡΑ 社からは、古典シリーズがいろいろあるけれど、私が興味を持っているのは、Ιπποκρατής の『 Το γέλο και η τρέλα 』、それに、Μιχαήλ Ψελλός の『 Χρονογραφία 』。  
 ああ、そうだ、エウクレイデスの『 Στοιχεία 』とかも。
 それに、現代と言うか20世紀の小説、Ανδρέας Εμπειρίκος の『 Ο Μέγας Ανατολικός 』。 
 私に読めるものがあるか知ら、、、
posted by kyotakaba at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

Απόψε το πιο φωτεινό φεγγάρι του 2018

 in.gr の1月1日付けの記事から: 
http://news.in.gr/science-technology/article/?aid=1500186838  


Δύο φορές θα υπάρξει υπέρ-Σελήνη το 2018 και η πρώτη θα είναι απόψε, Πρωτοχρονιά, λίγο πριν τα χαράματα της Τρίτης, 2 Ιανουαρίου. Θα είναι το πιο μεγάλο και φωτεινό φεγγάρι όλου του 2018. Λίγο μετά, το βράδυ της Τετάρτης 3 Ιανουαρίου θα κορυφωθεί και η πρώτη βροχή διαττόντων του έτους, οι Τεταρτίδες, αλλά το δυνατό φεγγάρι σχεδόν θα τις ≪σβήσει≫.  



 2018年には、スーパームーンが二度起こるでしょう。一回目のスーパームーンは、今夜、元日の夜ですが、日付は1月2日、夜明けの少し前に、スーパームーンになる筈です。この時には、2018年を通して最大の、そして、最も明るい月になることでしょう。そのすぐ後、1月3日水曜日の夜には、流星群が最大になると思われます。しぶんぎざ流星群です。けれども、明るい月が、「消して」しまいそうです。
posted by kyotakaba at 20:49| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする