2018年03月28日

46. Στον έλατο 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」7 





  Στη φωνή τους απαντούσε κανένα πουλάκι που άφηνε μικρή λαλιά κι έφευγε. Έπειτα ξαναγινόταν σιωπή.
  ≪ Μήπως αποκοιμήθηκε πουθενά; ≫ λέει ο Κωστάκης.
  Κατέβηκαν τότε πολύ κάτω. Είδαν κάτι μεγάλα κοτρώνια και δυο δεντράκια που έβγαιναν από τις σκισμάδες τους. Έψαξαν εκεί πίσω. Τίποτα.  





 二人の声に何かの小さな鳥が応えました。その鳥は小さな囀りを残して行ってしまいましたよ。それからは、また静寂になりました。 
 「もしかしたら、何所かで眠りこんでいるのかもしれないよ。」とコスタキスは言いました。 
 それで、もっと下に降りて行ったのです。二人は、大きな割れ岩と二本の小振りな樹を見つけました。樹は岩の割れ目から出ているのです。二人はその後ろも探しました。全然いないのです。 

posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

46. Στον έλατο 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」6  





  Ακόμα δεν το έκοψε ο Φάνης εκείνο το ραβδί; Είναι πολλή ώρα που πάει να κόψει μια βέργα κι ακόμα δεν γύρισε.  
  ≪ Για έβγα, Πάνο, και φώναξέ τον ≫.  
  ≪ Φάαανη! Φάαααανη! ≫  
  ≪ Παρακάτω τράβα ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ εκεί που φαίνονται τα δέντρα. Σε κάποιον ίσκιο θα κάθεται ≫.
  Σηκώθηκαν δυο και πήγαν παρακάτω. Έψαξαν στα δέντρα και στους θάμνους, φώναξαν κι οι δυο μαζί, μα μην ακούγοντας φωνή, νόμιζαν πως τους παίζει παιχνίδι.  
  ≪ Έλα, Φάνη ≫, έλεγαν, ≪ κάπου είσαι κρυμμένος ≫.  





 ファニスはまだあの杖を切り出していなかったか知ら? 細枝を切りに行ってからもう随分時間が経っています、でも、まだ彼は帰っていないのです。 
 「もう出発しなくちゃ、パノス、ファニスに呼び掛けてよ。」 
 「ファアアアニー! ファアアアアアアアニー!」 
 「下の方へ行ってご覧よ、樹が見える辺り。陰になっている辺りに座っているんじゃない。」とマシオスは言いました。 
 二人は立ち上がって下の方へ行きました。二人は木立の中を探しました。藪の中を探しました。二人は一緒に叫びながら探したのです。でも、声は聞こえません。それで、二人は、ファニスは自分たちをからかっているのだろうと考えたのです。 
 「おいでよ、ファニス、」と二人は言いました、「どこかに隠れいているんだろう。」  

posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

46. Στον έλατο 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」 5 





  Από εδώ πάνω είδαν το Χλωρό χαμηλότερα και γνώρισαν το μέρος όπου είχαν τις καλύβες. Είδαν πλαγιές και φαράγγια, είδαν την κορυφή του βουνού, μυτερή και κατάγυμνη, και τις άλλες δυο μικρότερες κορυφές του, τα Τρίκορφα. Είδαν το μοναστήρι που άσπριζε μακριά και κάτι μαύρο που περπατούσε στην πλαγιά, τα γίδια του Λάμπρου. Θα 'χουν το βράδυ να λένε...   





 ここから、子供たちはずっと下のハロロを見ました。そうして、自分たちが小屋を置いている場所も分かったのです。山腹と峡谷を見たのです。山頂を見たのです。山頂はまったく樹が無く剝き出しで尖っていました。ここは、トリコルファ[ 三連山 ] なのです。子供たちが見たのは、その小さい方のもう二つの山の頂きなのでした。それから、遠くに白く光る教会も見つけました。それから、斜面を通る何か黒いものも。それは、ラブロスの子山羊なのです。夜にはきっと…、  

posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ

 『 Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ 』 ベル・エポックのアシナで暮らして 
Μίλτος Λιδωρίκης   ミルトス・リドリキス 

 ミルトス・リドリキスは、1871年生まれ1951年没の脚本家、作家。 
 20世紀初頭の拡大する頃のアテネの回想記、なのだと思う。 

.:BiblioNet : Έζησα την Αθήνα της Μπελ Επόκ / Λιδωρίκης, Μιλτιάδης Γ. , 1871-1951 

posted by kyotakaba at 11:18| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

46. Στον έλατο 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」4 





  Όλα τα δέντρα της γης έχουν ανώμαλο σχήμα. Μα το κυπαρίσσι στους κάμπους κι ο έλατος στο βουνό στέκουν ολόισια. Γίνονται κατάρτια στα καράβια. Εδώ στα βουνά ο έλατος περιφρονεί τον χειμώνα. Κρατάει χιόνι πολύ. Λυγίζει, που νομίζεις πως θα σπάσει, μα μένει πάντα ίσιος και θυμώνει τον άνεμο που τον μάχεται. Δεν καταδέχεται να φυτρώσει στα χαμηλά. Πρέπει ν' ανεβούμε ψηλά για να τον συναντήσουμε.
  Τα παιδιά κοιτάζοντας επάνω στο βουνό είδαν ολόκληρο δάσος από έλατα ίσια. Δεν ξέρουμε γιατί τούτος ο γεροέλατος ήρθε και ζει εδώ μοναχός του.  





 地上の樹々のどれもが不規則な形をしています。でも、平原の糸杉、山上の樅は、真直ぐに立っているのです。船のマストになるのです。ここ山では、樅は冬でも平気です。たくさんの雪に耐えるのです。みなさんが折れてしまうだろうと思うくらいに曲がるのです。でも、いつも真っ直ぐなままなのです。挑んでくる風に怒っているのです。低地に生えることを潔しとしないのです。私たちは、樅に出会おうと思えば、高地に登らなければならないのですよ。 
 子供たちは、山の上を見詰めていて森全部が一本の樅の樹であることに気が付いたのです。 
 この樅の老木がどうしてここに来たのか、どうして一本だけで生きているのか、私たちには分かりません。
posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

46. Στον έλατο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」 3 





  Πήγαν τότε κοντά κι έψαχναν από κάτω με τα μάτια τα πράσινα κλαριά τους. Μα οι καστανιές δεν ήταν κεντρωμένες κι είχαν άγριο καρπό που δεν τρώγεται. Όταν κίνησαν να φύγουν ο νους τους πήγε στο καλάθι του καστανά, που περνούσε από το σχολείο και φώναζε...  
  Τέλος έφτασαν στον έλατο.  
  Ποιος τους είχε πει πως ο έλατος μοιάζει με τον πολυέλαιο της εκκλησίας; Κοιτάζουν και βλέπουν αλήθεια στα καμαρωτά κλαδιά του κάτι σαν άσπρες λαμπάδες. Είναι ο καρπός του. Από κει μαζεύουν την ελατόπισσα.  





 子供たちは近くに行きました。そして、下から緑の枝を目で調べて回ったのです。でも、栗の樹は接ぎ木されたものではなかったのです。野生の実を付けていました。食べられないのです。そこを離れようとした時に、子供たちのこころは焼き栗売りの籠に行ってしまっていたのです。ほら、学校の前を通って叫んでいるあの焼き栗売りですよ。 
 そうしてとうとう、子供たちは、樅の樹に着きました。 
 子供たちに樅の樹は教会の枝付き燭台に似ていると言ったのは誰だったか知ら? 子供たちはじっと見ました。すると、本当に立派な枝に何か白い蝋燭の様なものが見えたのです。それは、樅の実でした。それから樅脂を集めるのです。  


posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

Γέμισε με γάτες η Κύπρος

 ト・ビーマの3月15日付けの記事の見出し: 
Γέμισε με γάτες η Κύπρος
Ο πληθυσμός των γάτων είναι υπερδιπλάσιος των Κυπρίων
 
Πέμπτη 15 Μαρτίου 2018

キプロスはねこでいっぱい 
キプロス人の二倍以上のねこの頭数  

Γέμισε με γάτες η Κύπρος - κοινωνία - Το Βήμα Online
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

46. Στον έλατο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」 2  





  Πήραν το σακούλι τους, το παγούρι και το ραβδί τους και κίνησαν. Ήταν ανήφορος δύσκολος, με τη δύναμη όμως που πήραν ύστερα από το λουτρό, είχαν διάθεση για μεγάλα ταξίδια. Σε πλλά μέρη σταμάτησαν. Κυνήγησαν έντομα και γουστερίτσες, πέταξαν πέτρες στον κατήφορο και γνώρισαν φυτά που δεν τα είχαν δει ποτέ. Σε ένα μέρος στάθηκαν και καμάρωσαν πεντ-έξι ωραία δέντρα, που ήταν θεόρατα, με δυνατό κορμό.
  ≪ Είναι καστανιές! ≫ φώναξε ο Πάνος που τις γνώρισε.





 子供たちは自分たちの袋と水筒と杖を取り上げました、そして、出発しました。大変な坂でした。けれども、水浴で得た元気があるので、大旅行をしたい気持でいっぱいだったのです。たくさんの場所で、子供たちは止まりました。昆虫や小さなトカゲを追い掛けたり、坂の下の方へ石を投げたり、これまで一度も見たことのない植物を見知ったりしたのです。五、六本の綺麗な樹が取り澄まして立っている所がありました。立派な幹のとても大きな樹だったのですよ。 
 そこで、パノスは「栗の樹だ!」と叫んだのです。この樹を知っていたのです。  




3月26日訂正:  
子供たちは自分たちの袋と杖を取り上げました、 
→ 
子供たちは自分たちの袋と水筒と杖を取り上げました、
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

46. Στον έλατο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」1 





Στον έλατο




  Αφού έφαγαν, είπε ο Φάνης : ≪ Πάμε σε κείνο τον έλατο εκεί επάνω; ≫
  Σ' ένα μέρος στεκόταν ένας έλατος, καταμόναχος.
  ≪ Πάμε ≫, είπαν τα παιδιά.
  ≪ Και πότε θα γυρίσουμε στις καλύβες; ≫ ρώτησε ο Μαθιός.
  ≪ Θα έρθουμε πίσω αργά το απόγευμα ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ Θα πάρουμε το αλεύρι και θα γυρίσουμε το βράδυ ≫.
  ≪ Να πάρουμε και το σακούλι μας ≫, είπε ο Καλογιάνης. ≪ Μπορεί να πεινάσμουμε ≫.  





       樅の樹で  



 食事が終わると、ファニスがこう言ったのです。「みんなであの樅のところに行かない? あの上にある樅の樹のところに。」 
 一本の樅が立っている場所があったのです、まったく一本きりなのです。 
 「行こう。」、子供たちは言いました。 
 「それで、いつ小屋に帰るの?」とマシオスが聞きました。 
 コスタキスが「午後遅くにここに戻って来て、それで小麦粉を受け取れるだろうから、帰るのは夕方だろう。」と言いました。 
 カロヤニスが「袋を持って行こうよ、ぼくたち、お腹が空くかもしれないよ。」と言いました。 

posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」3  





  Ο Μπαρμπακούκης προσπαθούσε να φορέσει το γιλέκο του και δεν μπορούσε. Το φορούσε ανάποδα. Προσπαθούσε να πει κι ένα τραγούδι και δεν μπορούσε. Το ξεχνούσε και φτερνιζόνταν. Ωστόσο και το ρούχο ήθελε να φορέσει και τραγούδι να το τελειώσει. Ξανάρχιζε...

Τούτη η γης που την πατούμε,

όλοι μέσα θε' να μπούμε.


  Πέντε φορές φτερνίστηκε, μα προχωρούσε. Ποτέ δεν χάνει το θάρρος του. Αφού κοίταξε τα σακιά, τις μυλόπετρες και τις κρησάρες, γύρισε και είπε σ' αυτά τα πράγματα : ≪ Αν ξαναπιώ δράμι, να με πείτε όλοι σας μεθυσμένο≫.  
  Όχι ένα, μα τετρακόσια δράμια θα πιεί... το απόγευμα, όταν πάει στο χάνι.  





 バルバコウキスさんは、自分のチョッキを着ようとしていましたが、出来ませんでした。裏返しに着ました。歌を一つ歌おうとしていましたが、出来ませんでした。忘れてしまって、くしゃみをしました。それでも、服を着たくて、おしまいまで歌を歌いたかったのです。また始めました… 

  われらがふむ、この土地は 
  みんながいずれなかにはいるのさ 

 五回ほどくしゃみをしました、でも、仕事は進めたのです。ちっとも自信を失わないのです。袋と碾き臼と篩を見ると、すぐに、振り返って子供たちに具合を言いました。「私がもう一ドラミ呑んだなら、私が酔っていると君らは言っていいよ。」 
 いいえ、一ドラミではないのです。四百ドラミを呑むことでしょう…、 午後になれば、呑みに飲み屋に行くのです。  


第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」、おわり。



粉挽き職人が歌おうとした歌: 
stixoi.info: Χορέψετε χορέψετε  

   



追記、訂正: 
歌の部分 
われらがふむ、この土地は 
みんながなかにはいれるだろう 
→ 
われらがふむ、この土地は 
みんながいずれなかにはいるのさ 
に訂正
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

Λέγοντας και ξαναλέγοντας

 『 Λέγοντας και ξαναλέγοντας 』。話すこと、もう一度話すこと 
『 Logicomix 』の Απόστολος Δοξιάδης アポストロス・ドキアディスの2017年出版の本。エリオットの『荒地』の受容史の様なもの? 

.:BiblioNet : Λέγοντας και ξαναλέγοντας / Δοξιάδης, Απόστολος Κ. 

公演の様子: 
posted by kyotakaba at 08:54| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

Ο Μέγας Ανατολικός, τόμος 1ος, Κεφάλαιο 6ο 2

 アンドレアス・エンブリコスの『 Ο Μεγάς Αντατολικός 』の第一巻、6章から、ウィキソースに引用されていたもう一つの部分:  





  Τι συμβαίνει, διηρωτάτο με σπαραγμόν η νεανίς, και δεν ημπορεί κανείς να απολαμβάνη πάντοτε τον έρωτα σαν μίαν ωραίαν οπώραν {…}, σαν ένα ωραίο τοπείον, σαν ένα ωραίο ξένοιστο πρωί, πασίχαρο, αυροφίλητο, γιομάτο ευφροσύνη, σαν ένα μυροβόλο περιβόλι, ή σαν μια καθαρή αμμουδιά, λουσμένη από γαλάζιο πέλαγος ευδαιμονίας; Μήπως δεν φταίει καθόλου, μα καθόλου ο έρως – εξηκολούθησε να σκέπτεται μα αιμάσσουσαν καρδίαν η Υβόννη. Μήπως φταίει ο τρόπος με τον οποίον αντιμετωπίζουν οι άνθρωποι τον έρωτα, τόσον εις το ατομικόν, όσον και εις το κοινωνικόν επίπεδον; Μήπως, αν δεν έμπαινε στη μέση το λεγόμενον ≪αίσθημα≫ και η λεγομένη ≪ηθική≫, θα ημπορούσε τότε μόνον να είναι ο έρως τέλειος και απλός και εύκολος, επ’ άπειρον πανήδονος και απολύτως παντοδύναμος – όλο χαρά (μόνο χαρά), όλο γλύκα (μόνο γλύκα), χωρίς απαγορεύσεις, στερήσεις, πικρίες, διάφορα ≪μούπες-σούπα≫ και άλλα αηδή και ακατανόητα, όπως η αποκλειστικότης, η εντός του γάμου αγνότης και όλη η σχετική με αυτόν απέραντη όσον και μάταια ηθικολογία και φιλολογία; Με τας τελευταίας σκέψεις, η Υβόννη έπαυσε να κλαίη. Της εφάνη ωσάν να είχε λάμψει αιφνιδίως εις το σκότος ένα φως λαμπρόν, μια δέσμη φωτεινή μεγάλου φάρου τηλαυγούς.



 若い娘が悲嘆の為に自身に疑いを抱く様になり、誰も、美味しい果物の様に、美しい風景、気持のよい清々しい朝の様に、嬉しさ、気持のよい微風、胸いっぱいの喜び、薫りの好い庭、あるいは、豊穣の蒼い海に洗われた清浄な砂浜の様に、恋をまったく得られない様になるとは、何が起こったのだ? もしかしたら、まるで間違っていないのかもしれない、恋は、と、イボニーは出血する心で考え続けた。もしかしたら、人間たちが、社会的な面と個人的な面を同等にして、恋に対して疑いを持って対処すると言う方法が間違っているのではないか? もしかしたら、「感情」と呼ばれているものと「倫理」と呼ばれているものの中央に入るのでなければ、恋それだけならば、恋は完璧で純粋で簡単なものの筈ではないだろうか? どんな範囲も越えてこの上なく美しく、完全に全能なのではないのだろうか? ― 全ての喜び ( 唯一の喜び )、全ての優雅さ( 唯一の優雅さ )であるもの、どんな禁忌も欠乏も苦しみも「言えば切りがない」差異も無く、また、独占するものの様に他からの嫌悪や無理解もない様なものではないだろうか? 無限へとその関係を延ばしていて、教訓的な説話や文学は無力なものではないだろうか? 最後に考えたことで、イボニーは泣くのを止めた。それは、眩しい光が突然に闇を照らしたかの様だった。遠くまで届く巨大な灯台の光束の様だった。  

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」2  





  Ο μυλωνάς δεν απάντησε. Έχει πιει όσο χρειάζεται για να μην ακούει πολλά πράγματα. Μπορεί να τ' άκουσε, μα έλα που η γλώσσα του είναι μπερδεμένη! Κάπου- κάπου φτερνιζόταν κι ύστερα έλεγε ο ίδιος στον εαυτό του : ≪ Ίες ≫. Δηλαδή : ≪ Με τις υγείες ≫. Έπειτα όμως θυμήθηκε την ερώτηση που του είχαν κάνει κι απάντησε : ≪ Α... θα... το... ≫. Δηλαδή : ≪ Θα τ' αλέσουμε άμα αλεστεί ≫.  
  Καλά που ήρθε η γυναίκα του μυλωνά και πήρε τα σακιά. Ήταν πολύ προκομμένη. Αυτή βαστούσε τον μύλο. Μα έχει τέτοια ντροπή για το κακό του αντρός της, που σκύβει το κεφάλι εμπρός στους ξένους. Έριξε μια ματιά στον μεθυσμένο και μια στα παιδιά, σαν να τους έλεγε : ≪ Κοιτάξτε πως καταντάει ο άνθρωπος με το κρασί! ≫ Και τράβηξε μέσα στη δουλειά της.   





 粉挽き職人は答えませんでした。もうたくさん呑んでいたので、多くのことが聞いて分からなかったのです。聞くことは出来るのです、でも、ほら、彼の言葉は縺れていたのです! 時々、くしゃみして、それから、自分自身に言ったのです。「けし」。つまり、「ぼくのけんこうをしゅくして」なのです。けれども、それから、子供たちが自分にした質問を思い出したのです。そして答えました。「ア・、し・、こ・、」。つまり、「みんなで挽けば直ぐ挽けるだろう」ということです。 
 幸運にもその時、粉挽き職人の奥さんがやって来て、袋を持ち上げたのです。奥さんはとても働き者だったのです。水車小屋を支えていました。でも、知らない人たちの前で頭を下げている夫の醜態が恥ずかしかったのです。片方の視線を酔っぱらった夫に投げ、もう片方の視線を子供たちに投げたのでした。まるで子供たちこう言っているかの様でした。「人間がお酒でどんな風に零落れるか、よくご覧」。そして、奥さんは、自分の仕事ヘ向かいました。   


posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

45. Ο μεθυσμένος μυλωνάς 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十五章「酔っぱらった粉挽き職人」1 





Ο μεθυσμένος μυλωνάς




  Για τον μυλωνά του μύλου αυτού λένε πως ποτέ δεν είναι ξεμέθυστος. Μπαρμπακούκης είναι τ' όνομά του.
  ≪ Μπαρμπακούκη ≫, του είπε ο Κωστάκης, ≪ ήρθαμε να μας αλέσεις ένα φόρτωμα στάρι ≫.
  ≪ Τοθτττ... αλέθ... ≫, έκανε ο μυλωνάς. Ήθελε να πει μ' αυτό : ≪ Ξεφορτώστε να τ' αλέσουμε ≫.
  Πάλι πιωμένος είναι.
  Τα παιδιά έλυσαν το φόρτωμα και κατέβασαν τα δυο σακιά. Π Πάνος ρώτησε τον μυλωνά : ≪ Τι ώρα θα είναι αλεσμένο, για να ξέρουμε; ≫   





       酔っぱらった粉挽き職人  



 この水車小屋の粉挽き職人については、酔いが醒めているときが全然ないと言われているのです。その人の名前は、バルバコウキスです。 
 コスタキスが職人に言いました。「バルバコウキスさん、ぼくたち、ロバ一頭分の小麦をあなたに粉に挽いてもらおうと来たのです。」 
 職人は、「トシツツツ…、アレエシ…、」とか言いました。こう言いたかったのです。「それを卸しなさい、そうして、皆んなで粉に挽こう。」 
 やっぱり、酔っぱらっているのです。 
 子供たちは、荷をほどいて、二つの袋を下に卸しました。パノスが粉挽き職人にこう尋ねました。「挽いてしまうのにどれくらいの時間なのですか、ぼくらに分かりますか?」 
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

44. Το λουτρό 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」8  





  Σεντόνι βέβαια δεν είχαν μαζί τους. Πήγαν λοιπόν σε κείνον που ζεσταίνει τους φτωχούς και τους γυμνούς, στον ήλιο. Μα ενώ έμεναν στον ήλιο, σφούγγιζαν το δέρμα τους δυνατά με φύλλα από πλατάνι, από βελανιδιά κι από σκίνο. Έτσι στέγνωσαν και ντύθηκαν.
  Ο νους τους δεν έφευγε από το λουτρό. Δεν μπορούσαν να το ξεχάσουν. Αλάφρωσαν. Τους φαινόταν σαν να έγιναν κι αυτά φύλλο, νερό, αέρας. Τι καλά που έκαναν να τολμήσουν! Μα σε ποιον το χρωστούν; Στον Κοτσυφοπάνο.
  ≪ Ελάτε ≫, είπαν, ≪ ελάτε να τον σηκώσουμε ≫.
  Τον σήκωσαν ψηλά και του φώναξαν: ≪ Ζήτω! ≫
  Το κυπρί του μουλαριού που ακούστηκε παραπέρα, τους θύμισε πως είναι ώρα για τον μύλο.   





 もちろん、子供たちは、シーツなど持って来てないのです。それですから、何もない裸の彼らを太陽で暖めてくれるところに行ったのです。でも、太陽の当たっている間、子供たちは、プラタナスやクヌギそれにスキノスの葉っぱで強く身体を拭ったのです。そうして、乾かしてから服を着たのです。 
 子供たちの気持は、水浴から離れませんでした。忘れることができなかったのです。気が晴れたのです。自分たちが葉や水それに風になったように思えたのです。大胆になるってなんて素敵なんでしょう! でも、誰のお陰か知ら? クロウタドリですね。 
 子供たちは言います、「さあ、彼を上げよう。」 
 パノスを高く持ち上げて、子供たちは叫ぶのです。「ばんざあい!」 
 向こうでロバの大きな鈴が鳴っています。その音が、子供たちに水車小屋へ行く時間だと思い出させたのです。 




第四十四章「水浴」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

44. Το λουτρό 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十四章「水浴」7  





  Το φαράγγι αντιλαλούσε τα γέλια τους και τις φωνές. Δυο κοτσύφια που είχαν τρομάξει στην αρχή, ξαναήρθαν εκεί και βρέχονταν. Τα πλατάνια έπλεκαν τους κλώνους τους από πάνω και έκαναν πράσινα τόξα. Το νερό ήταν καθαρό σαν διαμάντι. Έβγαινε από την καρδιά του βουνού.  
  Ρούμελη, κρύα Ρούμελη!  
  ≪ Και τώρα πώς θα στεγνώσουμε; ≫ ρωτά ο Κωστάκης, άμα βγήκαν από το νερό.   





 渓谷は子供たちの笑い声と叫び声を谺させていましたよ。初めは恐がっていたもう二羽のクロウタドリも、やっぱりやって来てびしょ濡れになりました。何本もあるプラタナスは、上の方で小枝を編んで、緑の丸天井を作っていました。水はダイアモンドの様に透明でした。水は、山の中心から出ているのです。 
 ルウメリ、冷たいルウメリ! 
 そして、水からあがって直ぐに、「それでだけど、どうすれば乾かせるの?」とコスタキスが尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする