2018年04月29日

マイブログリニューアル

 4月17日に、シーサーは、マイブログをリニューアルしたのだけれど。編集ページのスタイルが崩れてしまうようになった。キャッシュを空にしても正常にはならなくて。 
 投稿フォームでは、幾つかのボタンが表示されない。アクセス解析のページでは、表の表示が無効?になっているのか、横に並ぶことがないので。 
 使い辛いけれど、仕方がない。 

 このブログでは、ギリシャ語部分を文字を大きくしているのだけれど、その「文字を大きく」の 「A+」のボタンが表示されないので。コードを入力することにしたけど、、、 
 ブログサービスの初めの頃は、ギリシャ語のトノスの付いた母音、語尾シグマも入力出来なくて、コードで書かなくてはならなくて、煩わしくて、一行以上のギリシャ語文が難しかったのに較べれば、ずっと良いかと思うけど、、、
posted by kyotakaba at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」3  





  Το νερό βουίζει στο σκοτάδι. Όχι, δεν μπορεί να υποφέρει αυτή τη φοβέρα. Σηκώνεται και με το ραβδί του ανεβαίνει στην άκρη της ρεματιάς. Πέρασε τις μεγάλες πέτρες κι έφτασε σε δυο μικρά δέντρα. Από κάτω απ’ αυτά ήταν ένας θάμνος μαλακός, σαν να προσκαλούσε άνθρωπο ν’ ακουμπήσει. Και τα δυο δέντρα έγερναν έτσι από πάνω σαν να έλεγαν του Φάνη : ≪ Έλα ‘δώ να σε φυλάξουμε ≫.  
  Εκεί μαζεύτηκε ο Φάνης.   





 暗闇で水がざわざわと鳴り続けています。ああ、ファニスは、この恐がらせる音に我慢が出来ないのです。杖を持ってた仕上がり、渓谷の端を登り始めました。大きな岩を過ぎて、二本の小さな樹の所に着きました。樹の下には、柔らかな薮がありました。まるで、人間に凭れ掛かる様に誘っているかの様でした。二本の樹は屈み込んで、上からファニスに話し掛けて来るかの様でした。「おいで、私たちがお前を守ってあげよう。」 
 そこで、ファニスは縮こまったのです。 
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」2 





  Τα μαύρα φτερά που βλέπει από πάνω να πετούν, ξέρει πως είναι νυχτερίδες. Και την κουκουβάγια που κράζει αυτή τη στιγμή, την ξέρει ο Φάνης. Είναι το πουλί της νύχτας, που κοιτάζει με κίτρινα μάτια γάτας. Να φωνάζει γι’ αυτόν η κουκουβάγια;
  ≪ Δεν έπρεπε ν’ αφήσεις τα παιδιά ≫, του λέει μέσα του μια φωνή.
  ≪ Ναι, δεν έπρεπε να τ’ αφήσω ≫, απαντά στον εαυτό του ο Φάνης. Έπειτα συλλογίζεται : ≪ Και μήπως τ’ άφησα για να κάνω κακό; Πήγα να δω τα χρυσά σύννεφα ≫.  






 上を飛んで行ったのを見た黒い翼は、蝙蝠たちだとファニスは知っていました。それに、その時鳴いたのが、梟だと言うことも、ファニスは知っているのです。梟は夜の鳥です。黄色の猫の様な目でじっと見るのです。ほら、梟がファニスに向かって叫んでいるのではないか知ら? 
 「みんなを置いてきぼりにしてはいけなかった。」と一つの声がファニスの中でファニスに言うのです。 
 「そう、ぼくはみんなを置いてきぼりにしてはいけなかった。」とファニスは自分自身に答えたのです。 
 それから、こう考えたのです。「それに、もしかしたら、置いてきぼりにして、みんなに悪いことをしたのじゃないか知ら。ぼくは、金色の雲を見に行ったのだけど。」
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」1  





Ο Φάνης ολομόναχος






  Ως κι αυτές οι πέτρες που έβλεπε ως τώρα, του ήταν μια συντροφιά. Τώρα σκοτείνιασε και έμεινε κατάμονος. Τον ήλιο που ήθελε να δει, τον είχε πάρει το σκοτάδι.
  Οι σύντροφοί του ήταν μακριά. Οι άλλοι άνθρωποι μακριά. Οι ομιλίες, τα τραγούδια, οι καμπάνες μακριά απ’ αυτόν. Κι αυτός μακριά πολύ απ’ όλους τους ανθρώπους. Ας άκουγε ένα πάτημα ανθρώπου, ένα σφύριγμα τσοπάνη, ένα λάλημα πουλιού, κι αυτό του ήταν αρκετό!
  Μα όλα τον άφησαν.  





       ひとりぼっちのファニス     

 今となっては、ファニスが見て分かるのは岩だけなのですから、ファニスにとっては、岩が道連れだったのです。もう、暗くなります。一人っきりのままなのです。ファニスが見たいと思っていた太陽は、暗闇がもう取ってしまっていました。 
 友達たちは遠くにいます。他の人間たちは遠くにいるのです。たくさんのおしゃべり、歌、鐘は、彼から遠いのです。他の人間たち誰からも遠くに彼はいるのです。人の足音が一つ、羊飼いの笛が一回、鳥の囀りが一度聞こえさえすれば、それだけで、ファニスには十分なのです! 
 でも、何もかもがファニスを置いてきぼりにしたのです。 

posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

Θανάσης Παπακωνσταντίνου 『 Με στόμα που γελά 』

Θανάσης Παπακωνσταντίνου 『 Με στόμα που γελά 』 

Θανάσης Παπακωνσταντίνου, Σωκράτης Μάλαμας - Με Στόμα Που Γελά (CD, Album) at Discogs 

「 Το ζητιανόξυλο 」 
posted by kyotakaba at 23:12| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」8 





  Από τη λαχτάρα του να δει ανθρώπους είχε πάρει για σπίτια τις άσπρες μεγάλες πέτρες που έστεκαν στην άλλη άκρη της ρεματιάς.  
  Όχι, εδώ δεν ήταν ούτε ψυχή. Τι να κάνουν άνθρωποι στο άγριο τούτο μέρος;  
  Πώς αντιλαλεί το νερό στην κλεισούρα!  
  Τώρα; Εδώ θα περάσει τη νύχτα ή θα πάει να ζητήσει ανθρώπους; Μα είναι πολύ κουρασμένος. Στάθηκε για να χαρεί ακόμα λίγο το φως της ημέρας που έσβηνε. Σε λίγο θα είναι όλα σκοτεινά.  





 自分の人間に会いたいと言う願望から、ファニスは、渓流の反対側に立っている大きな白い石を人家と間違えていたのでした。 
 いいえ、ここには魂のある人間は一人もいなかったのです。このような原生林で人間たちが何をすると言うのでしょう? 
 山々の隘路に轟く水の音は何て凄まじいのでしょう! 
 今はどうしましょう? ここで夜を過ごすのでしょうか? それとも、人を探しに行くのでしょうか? でも、ファニスはとても疲れているのです。立ちすくんで、まだ少し残っている昼間の光を楽しんでいるのです。その光りは消えて行こうとしています。すぐに、あたり全部が暗闇になるでしょう。  




第四十七章「日の入りに向かって」、おわり。 


posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」7 





  Πράσινα δεντρα πολλά και φουντωμένα έκρυβαν τη ρεματιά. Και πίσω από τα δέντρα ξεχώρισε ο Φάνης άσπρα σπίτια.
  Α, τι χαρά! Να λοιπόν, θα δει ανθρώπους.
  Ξεκινά χωρίς να χάνει καιρό.
  Πηγαίνει από μονοπάτια, τα χάνει, βρίσκει άλλα. Κατεβαίνει με πηδήματα, κινδυνεύει κάποτε να γκρεμιστεί, μα η χαρά τον κάνει ν’ αλαφροπατά σαν το κατσίκι. Έφτασε στα πλατάνια και στο νερό. Ερημιά ήταν κι εδώ!  





 たくさんの生い茂った緑の木々が渓流を隠していました。そして、樹々の後ろに、ファニスは白い家を見分けたのです。 
 ああ、なんて嬉しい! 見てみましょう、きっと、ファニスは人を見つけますよ。 
 間を置かずにファニスは動き出しました。 
 細路を行きました、路を見失いました、別の路を見つけました。跳ねて下りました。そんなことをすればいつか引っ繰り返る危険があったのですけれど、でも、幸運にも、子山羊の様に軽々とした足どりが出来たのです。プラタナスの樹々のところ、水の中にやって来たのです。そこは、無人でした!  
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」6   





  Έβαλε το αυτί του και αφουγκράστηκε σε όλη την ερημιά. Μέσα στη σιωπή άκουσε μια βοή μακρινή, ένα φύσημα, σαν από αέρα, σαν από νερό. Αυτή η βοή ερχόταν από το άλλο μέρος του βράχου κι από χαμηλά.
  Ο Φάνης πήγε από κει και κοίταξε. Είδε αριστερά του μια απότομη και βαθιά κλεισούρα. Και κάτω στο βάθος είδε να σχηματίζεται μια ρεματιά. Είδε ακόμα να πετιέται από τη σχισμάδα ενός γκρεμού και να χύνεται στη ρεματιά άφθονο νερό, χοντρό σαν τη ρίζα ενός δέντρου. Έπεφτε από μια οργιά ψηλά όλο μαζί με ορμή κι έκανε πολλή βοή.  





 ファニスは聞き耳を立てました。荒野全体に耳を澄ませたのです。静けさの中で、遠くのぼーんと言う音が聞こえました。風の様な、水の様な雑音です。そのぼーんと言う音は、岩の反対側から、低い方から遣って来ていました。 
 ファニスはそちらへ行って、目を凝らしました。左側に切り立って深い隘路を見つけました。ずっと深い底に、渓流が出来ているのを見つけました。それにまた、崖の裂け目からは、大量の水が飛び出して渓流に注いでいるのを見たのです。それは、大樹の根の様に太かったのです。ファニスは、一オルギアの高さから飛び降りて、大きな水音を立てました。
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

Το βυσσινί τριαντάφυλλο の一節

 Ροδοκανάκης Πλάτων ロドカナキス・プラトンの『 Το βυσσινί τριαντάφυλλο 』の一節。1912年の作品。ロドカナキス・プラトンは、1883年イズミル生まれ、1919年没のギリシャの文学者。 
Πλάτων Ροδοκανάκης - Βικιπαίδεια 

元にしたのは、Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού の: 
Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού - Λεξικό Παραθεμάτων και Αφορισμών - Ροδοκανάκης Πλάτων  





Σα χωριζόμαστε τη νύκτα στο σκοτάδι και την αισθάνομαι να γέρνει ολότελα συντριμιασμένη από τον πόθο, νιώθω μέσα μου μια βάρβαρη δύναμη που μου δίνει την εντύπωση πως όλα μου τα μέλη σκληραίνονται και γίνονται σαν από πέτρα γερά και αιώνια. Γι’ αυτό δεν έχω άδικο να μου φαίνεται πως ο άνθρωπος είναι η προβληματική Σφίγγα της ερήμου, που υψώνει τριγύρω πυραμίδες λατρείας, για να θάψει στα βάθη των από ένα αίσθημα ταριχευμένο.



夜、暗闇の中で私たちは離れ離れにされたので、私は、夜が切望の為に粉々にされたもの全体に覆い被さる様に感じたし、また、私の中に野蛮なある力を知覚させた、その力は私の四肢すべてが硬化し石で出来ているかの様に頑丈で永続的なものになったかの様な印象を私に与えた。それ故、人間とは砂漠にある未解決のままのスフィンクスである、と私に思えたとしても、それは不当なことではないのだ。スフィンクスは崇拝の対象のピラミッドを周囲に掲げているのだが、それは、ミイラ化されたある心情からピラミッドの底に埋める為なのだ。  
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」5 





  Επάνω στα έλατα έπεφτε κόκκινο φως από τον ήλιο, απόδειξη πως ήταν αργά και πρέπει να γυρίσει πίσω. Να πάει πάλι στον έλατο; Χρειάζεται να ξαναπεράσει όλο τον δρόμο που είχε κάνει. Ν’ ανεβεί όσον κατήφορο κατέβηκε και να κατεβεί όσον ανήφορο ανέβηκε. Τα παιδιά όμως θα έχουν φύγει τώρα και θα τον ζητούν παντού. Μήπως έρχονται προς τα εδώ:
  Έβγαλε μια φωνή ο Φάνης.  
  Δεν άκουσε τίποτα. ≪ Θα γύρισαν, φαίνεται, στον μύλο ≫, είπε μέσα του και ξαναφώναξε; ≪ Κωστάκη, Μαθιέ..., παιδιάααα ≫.  



προς τα εδώ : this way  





 樅の木の上に太陽からの赤い光が掛かっていました。もう遅いことは明らかです、戻らなければいけないのです。樅の樹のところへ戻りましょうか? 辿って来た路全部を戻る必要がありますよ。降った下り坂を全部登って、登った登り坂を全部降るのです。でも、みんなはもう立ち去っているに違いありません。どこかでファニスを探しているでしょう。もしかしたら、みんなはこっちの方へ来ているかも知れません。 
 ファニスは、叫び声をひとつ挙げました。 
 何も聞こえませんでした。「みんなは水車小屋に帰ったんだろう」と心の中で言いました。そうして、叫びました。「コスタキス! マシオス! みんなあああああ、」  


posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」4 





  Αλλιώς όμως τα λογάριαζε μακριά και αλλιώς ήταν.
  Βρισκόταν βέβαια στη ρίζα του βράχου και μπορούσε ν’ ανεβεί ως τη μέση. Μα από κει κι επάνω; Πέτρες μεγάλες, ορθές, σαν έτοιμες να πέσουν, έζωναν τον βράχο. Έπρεπε ο Φάνης ν’ ανεβεί πολλές από αυτές. Μα κι αν μπορούσε να σκαρφαλώσει τέτοια θεόρατα κοτρώνια, πότε θα έφτανε εκεί ψηλά; Και πότε θα κατέβαινε;
Πρώτη φορά άρχισε να λογαριάζει πόσο μακριά ήρθε και πόση ώρα πέρασε.   






 けれども、遠くになって測ってみると、違った様になるのです。 
 確かに、岩山の麓にいました、そして、半分までは登れたのです。でも、そこから上には? 大きな岩がいくつもあるのです。真っ直ぐです。今にも倒れそうに見えます。それらが岩山を取り巻いているのです。そのたくさんの岩を次々と、ファニスは登らなければならないのです。でも、そんな巨大な岩を攀じ上ることが出来たとしても、一体、高所に着けるのでしょうか? それで、一体、降りるのはどうするのでしょうか? 
 その時、自分がどれくらい遠くへ来たのか、どれくらいの時間が経ったのかを、ファニスは考え始めたのです。 
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」3 





  Ενώ τα συλλογιζόταν αυτά, έχασε τον δρόμο. Έπαθε ό,τι και την άλλη φορά, που πήγαινε στους βλάχους. Το μονοπάτι που πήρε είχε σβήσει και δεν φαινόταν πια. Κοπάδι από γίδια θα το είχε κάνει. Δοκίμασε να το βρει δεξιά και αριστερά, μα μονάχα τόπο έβλεπε, όχι δρόμο. Να πάει εμπρός; Θα παραστρατούσε περισσότερο. Κοίταξε με προσοχή να βρει δρόμο από κάπου αλλού. Κι αφού δεν έβρισκε, τράβηξε με απόφαση κατά τον κατήφορο για να φτάσει όπου θα τελείωνε αυτός.  
  ≪ Ο κατήφορος ≫, συλλογίστηκε, ≪ πάντα θα με φέρει στη ρίζα του βράχου ≫.  
  Αλήθεια, κατέβηκε σε μια λαγκαδιά. Από εκει πια βρέθηκε στην απέναντι πλαγιά, που κρατούσε επάνω της τον όρθιο βράχο. ≪ Τώρα ≫, συλλογίστηκε, ≪ δεν έχει άλλα εμπόδια. Θ' ανεβώ από 'δώ ≫.  





 そんなことを考えていたので、ファニスは道が分からなくなったのです。あの時、羊飼いたちのところにいった時にも、同じ目に会ったのですよ。彼が通ってた小径はもう消えていました、ちっとも見えないのです。山羊の群れなら路を教えてくれたかも知れません。右も左も見てみました。でも、見えたのは、路でないところばかりなのです。前に進みましょうか? もっと路に迷ってしまいそうです。どこか別のところに路がないか、ファニスは、注してじっと見ました。見つけられないので、決心して、下り坂の方へ歩き出したのです。坂が終わるところまで行こうと思ったのです。 
 ファニスはこう考えました、「坂と言うのは、いつだって、岩山の麓にぼくを連れて行ってくれるんだから。」 
 本当に、ファニスは、深い谷間を降りて行ったのです。ファニスは、もう、上に真っ直ぐな岩がある斜面の反対側の斜面にいたのです。そしてこう考えました。「さあ、もう邪魔はない。ここから登ろう。」 



posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

Τηρουμένων των αναλογιών

 『 Τηρουμένων των αναλογιών 』。  〜から類推して
Βασίλης Αλεξάκης 
.:BiblioNet : Τηρουμένων των αναλογιών / Αλεξάκης, Βασίλης, 1943-  

 2013年1月アテネで行われた創作文芸教室の講義のテキスト。 

 Βασίλης Αλεξάκης バシリス・アレクサキスは、1943年生まれ、パリで『ル・モンド』の文芸批評をしていたと言う人。
posted by kyotakaba at 12:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

Logicomix 174

 『 Logicomix 』ギリシャ語版、174ページのホワイトヘッドとラッセルの会話を訳して見ました: 


...Έχεις κάμια φαεινή ιδέα πώς να διορθώθε!!

Κοίτα.

...Γιά να ≪ διορθώει ≫
Δε νομίζω. Αλλά το παραδόξο ίσος παρακάμπτεται.

Ε;

Άς πάρουμε το ≪ Ποιός ξυρίζει τον κουρέα; ≫

Σκέψου πώς στο χωριό του κουρέα υπάρχουν...

;

...Διαφορές κοινωνικές κάστες.
Τις λένε κάστες 1,2,3,4, όπου η κάστα 4 ανώτερη της 3, η 3 ανώτερη της 2, και η 2 της 1.

Έστω τώρα ότι η τοπική θεότητα ορίζει οτι...
... Το ≪3≫ από ≪2≫, από ≪1≫, κλπ.

[ Θα ξυρίζεστε μόνο από μέλη κατώτερης κάστας! ]

Έτσι, το ≪4≫ ξυρίζεται από ≪3≫, ≪2≫ ή ≪1≫....

Ομώς, καταργώντας. Το ξύρισμα μέσα στιν κάστα, αποκλείεις και το αυτό-ξύρισμα!

Χμ.   





「君は修正が出来るインスピレーションをもう持っているんだね!」 
「注目してくれ。」 

「「修正する」ことは、僕は考えていない。けれど、パラドックスはそのまま回避出来るよ。」

「え?」 

「「誰が理髪師のひげを剃るのか?」と言う問題を立てよう。 
「理髪師だけの村がある」とするのだ。」 

「?」 

「数種類の社会的階級があるとする。 
1、2、3、4階級だ。階級4は階級3より上位、階級3は階級2より上位、階級2は階級1より上位なのだ。」 
「さて、地元の女神が「より下級の十人に依ってのみひげを剃られる。」と決めている、と仮定する。」 

「そうすると、階級4は階級3、階級2、階級1の者にひげを剃ってもらえる。」
「けれども、それは廃止された。階級でひげ剃りは自分で剃るのも禁止してしまう!」 

「ふむ」
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」2 





  Την ώρα που τον ζητούσαν οι άλλοι, αυτός ήταν μακριά. Πήγαινε, όλο πήγαινε. Αν τον έβλεπε κανένας θα ρωτούσε : ≪ Πού πάει αυτό το παιδί μοναχό του; ≫ Ο Φάνης δεν κοίταζε στον δρόμο τίποτα. Ούτε τα δέντρα πρόσεχε, ούτε τις γουστέρες που τρύπωναν στα χαμόκλαδα, πράσινες σαν φρεσκοβαμμένες. Ένας κότσυφας κατάμαυρος ήρθε με την κίτρινη μύτη του και στάθηκε μπροστά του σ' ένα κλαδί. Άλλη φορά τι χαρές θα έκανε γι' αυτόν ο Φάνης! Πώς ήθελε να τον είχε στο κλουβί! Τώρα μόλις τον κοίταζε.
  ≪ Θ' ανεβώ ≫, συλλογιζόταν, ≪ στην κορυφή. Θα δω τον ήλιο που θα βασιλεύει. Θα είναι πολύ μεγάλος... Θα 'ναι σύννεφα γύρω χρυσά και κόκκινα. Θα φαίνονταν και τα μακρινά βουνά. Θα φαίνεται και η θάλασσα... και κανένα καράβι ≫.   





 他の子たちがファニスを探していた時には、彼は、遠くにいたのです。歩きました、ずっと歩きましたよ。もし、誰か彼に出会ったならこう尋ねたでしょう。「たった一人でそれも歩いてどこに行くんだい?」 ファニスは路をちっとも見てなかったのです。樹々にも気を付けませんでした。塗り立ての様な緑の下生えに隠れている小トカゲにも眼もくれませんでしたよ。一羽の真黒で黄色い嘴のクロウタドリが来て、ファニスの前の枝に止まりました。他の時でしたら、どんなにかファニスは喜んだでしょう! どんなにか小屋に連れて帰りたがったでしょう! この時は、ただ見ただけでした。
 ファニスはこう考えていたのです。「ぼくは、頂きに登るつもりだ。そうしたら、日の入りを見ることが出来るだろう。きっと、とっても大きいよ…、きっと、金の雲に取り巻かれて真っ赤だよ。遠くの山々も見えるだろう。それに、きっと、海も見えるよ…、どこかの船も見えるよ。」  

posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

47. Για τον ήλιο που βασιλεύει 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十七章「日の入りに向かって」1  





Για τον ήλιο που βασιλεύει


  Ο Φάνης είχε σταθεί λίγο παρακάτω από τον έλατο. Ήθελε να κόψει μια βέργα. Από εκεί που στάθηκε, κοίταξε μακριά όπως πάντα. Είδε τις κρεμαστές κατηφοριές, τις φυτεμένες από πεύκα και ίσια έλατα, και τότε τον έπιασε μια επιθυμία να πάει κάπου αλλού, να δει νέους τόπους μακρινούς από ψηλά. Μέρες τώρα συλλογίζεται ν' ανεβεί σ' έναν πολύ ψηλό τόπο και ν' αγναντέψει τον ήλιο που θα βυθίζεται στη θάλασσα.
  ≪ Τι να φαίνεται από εκείνο τον όρθιο βράχο εκεί πέρα; Ίσως κάποιο πέλαγος ≫, λέει με τον νου του... ≪ Ίσως πολιτείες, χωριά με τα καμπαναριά τους... Τι παράξενος βράχος! Πώς στέκει! Ανέβηκε κανένας άλλος εκει; ≫
  Θ' ανεβεί ο Φάνης.  





       日の入りに向かって  



 ファニスは樅の樹の直ぐ下に立っていたのです。枝を切ろうとしてたのです。彼が立っている所から、遠くを見詰めました、まるで全部が見える様なのです。ぶら下がっている様な下り坂、松や樅の植栽を見ました。そうすると、ある望みが彼を捉えたのです。どこか違うところに行きたい、高みから遠くの知らない場所を見たい、と言う望みなのです。この何日か、ファニスは、とても高い所に登って、海に沈む太陽を俯瞰することを考えていたのです。 
 「向こうに真っ直ぐ立ってる岩から何が見えるかなあ? たぶん、どこかの海だ、」と心の中で言ったのです…、「たぶん、大きな町がいくつも、鐘楼のある村も、…。なんて変わった岩だろう! 突っ立てる! 誰か他の人があれに登ったかなあ?」 
 こうして、ファニスは登ったのに違いありません。   



posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

46. Στον έλατο 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十六章「樅の樹で」8 





  ≪ Δεν μπορεί να 'ναι εδώ κοντά ≫, συλλογίστηκαν. ≪ Ίσως να γύρισε στον μύλο ≫.  
  Μα πάλι γιατί να τους αφήσει; Δεν ξέρουν τι να πουν.
  Γυρίζουν πίσω στον έλατο για να ειδοποιήσουν πως δεν τον είχαν βρει. Και καθώς ανεβαίνουν, έχουν στην ψυχή τους πολλή ανησυχία.  





 「この辺りにはいそうにないね。」と、二人は考えました。「もしかしたら、水車小屋に戻ったのかもしれないね。」 
 でも、ファニスはどうしてみんなを置いて行ったのか知ら? 二人はどうしてだか分かりません。 
 二人は、ファニスを見つけられなかったと知らせる為に、樅の樹のところに戻りました。登って行くに連れて、不安が心の中で大きくなって行ったのです。  




第四十六章「樅の樹で」、おわり  

posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする