2018年05月31日

Κλεοπάτρας Θάνατος 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





7-44p
≪ Τί μπορούμε να κάνουμε, Σοφέ Κόμη του Μπούφον; Το τέρας αυτό είναι ανίκητο!!!! ≫
≪ Το δίχως άλλο πρόκειται για τον δράκο της αποκάλυψης! Τρέφεται μόνο με γυναικεία σάρκα και είναι όντως ανίκητος! ≫

≪ Σας αφήνω. Έχω σημαντικότερες εργασίες που με πιέζουν. ≫

≪≪ Αυτή είναι η τιμωρία του θεού για τις αμαρτίες μας! Μετανοείτε, αμαρτωλοί, έστω και τώρα που έφτασε το τέλος... ≫≫
≪ Έλα, βρε χρυσόστομε, κι εσύ τώρα! ≫




8-45p
Από τότε, ανάμεσα στις γυναίκες βασίλευε ο τρόμος. Δεν τολμούσαν πια να κατέβουν από το ράφι τους. Κάθε ξημέρωμα το τέρας έτρεχε ουρλιάσζοντας στο δωμάτιο...



ΣΚΡΙΙΙΙΙΙΙΙ



... καταστρέφοντας τα πάντα στο διάβα του!



Μα πιο δυστυχισμένη απ' όλες ήταν η Κλεοπάτρα, που δεν μπορούσε πια να βρέθει με τον αγαπημένο της Οθέλο.

Ώσπου, μια νύχτα που όλοι κοιμόντουσαν βαριά...

ΤΟΚ ΤΟΚ    





7-44 
「賢明なビュホン伯爵様、私たちに何が出来るでしょう? あの怪物は無敵です!!!」 
[ ジョルジュ=ルイ・ルクレール・ド・ビュフォン - Wikipedia ] 
「黙示録の龍に違いない! 女の肉だけで養われるのです、そして、本当に無敵です。」 

「貴方たちに任せましょう。私はもっと重要な仕事があるのです。それらの仕事が私に迫って来るのです。」 

『あれは、我々の罪の数々に対する神の罰である! 悔い改めなさい、罪人たちよ、然に在らん、終末が来たのだ…、』 
「ほら、見ろよ。アーメン、お前は今だよ。」


8-45 
 それから、女性たちの間では、恐怖が君臨した。女性たちは、敢えて、棚から降りて来ようとはしなかった。夜明けにはいつも、怪物が部屋を唸りながら走ったのだった。 

スキリイイイイイ 

…、通過したところの何もかもを破滅させながら! 

 ところで、すべての者の中で最も不幸だったのは、クレオパトラだった。彼女は、最愛のオセロスに会えなかったのだ。 

 そうして、ある夜、全員が深く眠っていると… 

トン、トン  

posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

50. Περπατούν για τον Φάνη 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」4 





  Πού να πάνε; Να κατεβούν κάτω στον βυθό της κλεισούρας; Θα κινδύνευε η ζωή τους. Ν’ ανεβούν επάνω στη ράχη και να τραβήξουν προς τα έλατα; Να γυρίσουν πίσω και να πάρουν άλλον δρόμο; Σταμάτησαν και άρχισαν να συλλογίζονται. Στο άγριο εκείνο μέρος λιγόστευε το θάρρος τους. Αλλιώς ξεκίνησαν, αλλιώς είναι τώρα. Αποφάσισαν να γυρίσουν πίσω, εκεί όπου είχαν αφήσει τα δέντρα, κι από κει να πάρουν άλλον δρόμο.  





 子供たちはどこへ行くのでしょう? 隘路の底まで下るのでしょうか? 子供たちの命が危ないことになるでしょう。尾根に登って樅の樹の方へ行くのでしょうか? 引き返して他の道を取るのでしょうか? 子供たちは、立ち止まって考え始めました。荒れたその場所で、子供たちは自信がなくなって行くのでした。動き出さないと、今、出発しないと。子供たちは、戻ることに決めました。後にして来た林のところまで戻るのです、そこから違う道を取ることに決めたのです。  




posted by kyotakaba at 12:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

50. Περπατούν για τον Φάνη 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」3  





  Καθένας έκανε αυτή τη σκέψη, μα φοβόταν να την πει στον άλλο.  
  Ανέβηκαν ψηλά προς το φρύδι της κλεισούρας. Έσκυβαν και κοίταζαν κάτω, με μεγάλη όμως προσοχή, πιασμένοι από πέτρες ή από καμιά ριζα. Δεν μπόρεσαν τίποτα να δουν. Φώναζαν, μα η φωνή τους κατέβαινε στο χάος της κλεισούρας, χτυπούσε στις πέτρες κι ύστερα ανέβαινε και τους έφερνε τον αντίλαλο : ≪ Φάνη! ≫ Σαν να τους έλεγε πως πρέπει ν’ απελπιστούν.  





 それぞれが、そう思ったのです。でも、みんな、それを他の子に言うのは恐かったのです。 
 子供たちは、隘路の上の高い尾根に向かって登って行きました。屈み込んで下を見詰めました。けれども、大変に用心して覗いたのです。岩か何かの根にしがみついて見たのです。何も見つけられませんでした。子供たちは叫びました。でも、子供たちの声は隘路の深淵に落ちて行ったのです。そして、岩に当たって、それから、上がって来ましたけれど、谺を子供たちの下へ持って来たのです。「ファニス」と言う声です。それは、まるで、子供たちに希望を失う他ない、と言っているかの様でした。

το φρύδι : το άκρο ενός γκρεμού, ενός βράχου, μιας τάφρου, το κράσπεδο ενός υψώματος  


posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

50. Περπατούν για τον Φάνη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」2 





  Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι, ανοίγοντας αυτοί δρόμο, τον δρόμο που θα πήγαινε προς τον Φάνη. Ποιος ήταν αυτός ο δρόμος; Έφτασαν σε γυμνούς και άγριους γκρεμούς. Αυτοί οι γκρεμοί κατέβαιναν κάτω βαθιά και σχημάτιζαν τη μεγάλη κλεισούρα. Η φωνή εκεί αντιλαλούσε. Και το μάτι έβλεπε όλον αυτό τον φοβερό γκρεμό.  
  ≪ Αν ο Φάνης γλίστρησε εκεί πουθενά κι έπεσε και πήγε κάτω; ≫  





 子供たちは前へ進みました。小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました。子供たちが道を切り開いて進んだのです。ファニスのところへ繋がる道を切り開いて行ったのです。それはどんな道でしょう? 子供たちは草木のない荒れた崖に出たのです。崖は深く落ち込んでいて、長い隘路を作っていました。そこでは、声が谺するのです。視線は、この恐ろしい崖を全部見てしまったのです。 
 「もしかして、ファニスはここのどこかで滑って、下に落ちでしまったのでは?」  




7月2日、訂正: 
Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι のところ、
小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました 
→ 
小径もまるでないブナと柊の林の中、柊の茂みのなかを進みました。 

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

Κλεοπάτρας Θάνατος 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





5-42p
ΟΧΙ!
ΑΑΑΑΑΧ

Το φριχτό τέρας που κατοικούσε στον τοίχο γλυκάθηκε. Κατάλαβε ότι υπήρχε τροφή εκεί έξω και βάλθηκε να μεγαλώνε! Το άνοιγμα της σπηλιάς του...

Και κάποια στιγμή, ώρα μετά, όρμησε στο δωμάτιο!




6-43p
Μόνο Εικόνα





止めて! 
あああああう 

恐ろしい怪物は壁に住んでいて大人しくしていた。外に食べ物があると知って、大きくなろうと外に出た! 壁の穴の開口部は…  

暫く後、ある瞬間、部屋に突進した。

6-43 
絵だけ 
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

50. Περπατούν για τον Φάνη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」1 





Περπατούν για τον Φάνη





  Το γλυκοχάραμα ξεκίνησαν οι χτεσινοί σύντροφοι του Φάνη, κι ο Αντρέας μαζί μ’ αυτούς.  
  ≪ Να κόψουμε δρόμο ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Να πάμε ίσια στον έλατο από δω ≫.  
  Έκοψαν δρόμο κι έφτασαν στον έλατο.  
  Ο Αντρέας παρατήρησε από κει επάνω καλά όλους τους γύρω τόπους.  
  ≪ Ο Φάνης ≫, είπε, ≪ βέβαια δεν θα ‘φυγε από δω για χαμηλά μέρη. Θα πήγε σε κορυφές, τον ξέρω εγώ. Λοιπόν από δώ να τραβήξουμε ≫.  





       ファニスに向けて進む 


 優しい夜明けに、昨日ファニスと一緒行った子たちが出発しました。アンドレアスも彼らと一緒です。 
 「近道をしよう。」とアンドレアスは言いました。「ここから樅の樹のところまで真っ直ぐ行こうよ。」 
 子供たちは近道をしました。そして、樅の樹のところへ着きました。 
 アンドレアスは、その上から、辺り全部をしっかりと観察したのです。 
 こう言いました。「ファニスは、ここから低い方へはきっと行かなかったと思う。きっと、頂きの方へ行ったんだろう。ぼくは彼をよく知っているんだ。それで、ぼくたちは、ここから先へ進もう。」  

posted by kyotakaba at 12:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」5 





  Μίλησε τότε ο Κωστάκης : ≪ Θυμάσαι, Αντρέα, τι μας είπε η γριά Χάρμαινα; Μας είπε πως εδώ κάπου κοντά σε κάποιον βράχο είναι ένα στοιχειό, ένας αράπης. Και πήρε πολλούς ανθρώπους. Κάπως έτσι μας τα είπε ≫.  
  Τότε σώπασαν όλοι. Σηκώθηκαν σε λίγο και πήγαν να πλαγιάσουν. Μα κανένας τους δεν μπόρεσε να κλείσει μάτι καλά.  
  Ο Αντρέας γύριζε στο στρώμα. Δυο-τρεις φορές βγήκε έξω και κοίταξε. Περίμενε ανήσυχα το φως πού έφερνε την αυγή επάνω στα βουνά.





 それから、コスタキスはこう言ったのです。「アンドレアス、君は、ハルミナおばあちゃんがぼくたちに言ったことを覚えている? どこかの岩の近くに、おばけ、アラピスがいるって言ったよね。それで、たくさんの人間を取ってしまったって。それから、
もう少し話してた。」 
 すると、みんな黙り込みました。少しして、立ち上がって、横になりに行ったのです。でも、子供たちの誰も、目をちゃんと閉じることが出来なかったのです。 
 アンドレアスは、マットレスの上で何度も向きを変えました。二三度、外に出て、じっと見つめました。不安な気持で、山々の上に夜明けを持って来る光を待っていたのです。  





第四十九章「小屋で大心配」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」4 





  ≪ Εδώ κοντά στον μύλο βρήκαμε έναν γέρο με σκούφο μαύρο στο κεφάλι. Έτσι σαν καλόγερος φαινόταν, μα φορούσε παλιά και σκισμένα ρούχα. " Μπάρμπα ", του λέμε, " μήπως πέρασες απ' την κλεισούρα; " " Ναι ", μας είπε. " Μήπως είδες κανένα παιδί; " " Είδα ένα παιδί από μακριά ", είπε. " Πού; " Ο γέρος δεν μας το 'λεγε αμέσως. Συλλογίστηκε όμως καμπόσο και μας κοίταξε. " Το πού ", είπε, " φοβάμαι να σας το πω. Να, στον Αραπόβραχο το είδα ". " Τι είναι ο Αραπόβραχος; " ρωτήσαμε. " Είναι ο βράχος του Αράπη ", απάντησε, " να μη ρωτήσετε περισσότερα ". Κι έφυγε κάνοντας τον σταυρό του ≫.  




 「水車小屋の近くで、ぼくたちは、頭に黒い頭巾を被った一人のおじいさんに出会ったんだ。修道士の様に見えたよ、古くてぼろぼろの服を着てたけどね。ぼくたちはその人に話し掛けたんだ。「おじいさん、もしかして、隘路から来たのですか?」、するとぼくたちに「そうです。」と言ったんだ。「もしかして、子供を見ませんでしたか?」「遠くに一人の子供を見ましたよ。」「どこで?」、お年寄りは直ぐにはぼくたちにそれを言わなかったんだ。けれども、かなり考えて、ぼくたちを見詰めたんだ。そしてこう言ったんだ。「どこでと君たちに言う事には、私は心配なのだ。いいだろう、私は、アラポブラホスで子供を見たのだよ。」「アラポブラホスと言うのはなんですか?」とぼくたちは尋ねた。「それは、アラビア人の岩だ。」と答えてくれたんだ。そして、「これ以上は尋ねない様に。」と言ったの。それから、お年寄りは、十字を切って行ってしまったんだ。」  




5月22日、訂正: 
アラビア人の岩だ。 
→ 
アラピスの岩だ。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

Κλεοπάτρας Θάνατος 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





3-40p
Μετά από τόσο καιρό, ήταν ολοί τους γνωστοί μεταξύ τους...

... Κι έτσι δεν ήταν παράξενο να βλέπεις τις πιό ετερόκλητες παρέες...

4-41p
≪ ... μεταξύ μας τώρα, και μη σου ξεφύγει λέξη... ≫
≪ ... δεν ξέρεις τι γίνεται μέσα μου, όταν δεν βλέπει κανείς... ≫
≪ ... μ' έχουν κάνει ερωτική φωλίτσα, κατάλαβες; ≫
≪ Ποίοι; ο Οθέλος και η Κλεοπάτρα! Πέφτεις απ' τα συννέφα, Ε; Δεν ήξερες ότι τα έχουν, Έτσι; Κανείς δεν το ξέρε! Εκτός από μένα το κράτουν κρυφό ... ≫
≪≪ Τώρα θα πάρεις αυτό που σου αξίζει, για να πάψεις να ανακατώνεσαι στις ζωές των άλλων! ≫≫

Κουτσομπόλα!!

Όχι! Όχι! Εκεί!

Λυπήσου με!





3-40 
相当の時が経っているので、彼ら全員はお互いの間で既知の間柄だった。 

…、それだから、貴方がお互いに全く関係のない者同志が友人になっているのを見たとしても、不思議ではないのだ。 

4-41 
「…、私たちの間で、言葉を忘れないで…」 
「… 誰も見てないのだから、貴方は私の中で起こっていることを知らない。…」 
「皆が私に小さな愛の巣を作るの、貴方は分かる?」 
「誰たちだ? オセロスとクレオパトラ! 雲から落ちたのか? それで、どういう関係なのか知らないのか? 誰も知らない! 私以外には、皆それを隠している…」 
『今こそ、自分を価値あるものにするものを取るんだ、そして、他人の人生に混じり合うのを止めろ!』 

噂話だ! 
違う! 違う! あっちだ! 
私にお情けを!
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」3  





  ≪ Θα ξεκινήσουμε από δω στο χάραμα ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Πάμε γρήγορα να πέσουμε ≫.
  ≪ Μα δεν σου είπαμε και το άλλο, Αντρέα ≫, είπε ο Μαθιός.
  ≪ Είναι τίποτ' άλλο; ≫
  ≪ Ναι, είναι κάτι άλλο που δεν το ξέρεις ≫. Και με χαμηλή, φοβισμένη φωνή, πρόσθεσε : ≪ Ο Φάνης πήγε στον Αραπόβραχο ≫.
  ≪ Ποιον Αραπόβραχο; ≫ ρώτησε ο Αντρέας. ≪ Είναι ο βράχος που μας έλεγε η γρια; ≫   





 「ぼくたちは、夜明けにここから出発するのがいい。」とアンドレアスが言いました。「今は直ぐに眠りに就こう。」 
 「でも、アンドレアス、君に言ってないことがあるんだ。」とマシオスが言いました。 
 「まるで別のことなの?」 
 「そう。君が知らない別のことなんだ。」、そして、低い怯えた声でこう続けたのです。「ファニスはアラポブラホス[ アラビア岩 ] に行ったんだ。」 
 「アラボブラホスって何のこと?」とアンドレアスは尋ねました。「おばあさんがぼくたちに言った岩のことなの?」 


posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」2 





  ≪ Πρώτα τον ζήτησε ο Πάνος κι ο Μαθιός εκεί τριγύρω ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ Έπειτα κατεβήκαμε όλοι από κει. Συλλογιστήκαμε αν πρέπει να πάμε πίσω στον μύλο ή να τραβήξουμε προς την κλεισούρα. Τραβήξαμε κατά την κλεισούρα μα δεν είχε δρόμο. Ανεβήκαμε σε ψηλώματα, φωνάξαμε, φωνάξαμε, τίποτα. Προχωρήσαμε, μα είδαμε πως ο ήλιος κόντευε να βασιλέψει. Πότε να πάμε στον μύλο, πότε να γυρίσουμε; ≫  





 「最初に、パノスが探したんだ。そして、マシオスがその辺り一面を探した。」とコスタキスは言いました。そしてこう続けました。「それから、ぼくたちはみんなでそこから降りたんだ。それで、ぼくたちは、水車小屋に戻った方が良いのか、山の細道を進んだ方が良いのか考えたの。細道の方へ進んだの、でも、路は分からなかったんだ。ぼくたちは、高台に登って、叫んで叫んだの。全然だった。まだ進んだけれど、太陽が沈みそうなのに、ぼくたちは気が付いたんだ。水車小屋に着くのは、そして、帰るの何時になる?」
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」1 





Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες





  Όταν έφτασαν οι άλλοι το βράδυ από τον μύλο στις καλύβες κι είπαν πως έχασαν τον Φάνη, λύπη μεγάλη έπεσε στα παιδιά. Τα πιο αδύνατα δάκρυσαν. Ο Σπύρος κι ο Γιώργος ήθελαν να πάνε κρυφά να κλάψουν. Τα πιο δυνατά συλλογίστηκαν τι θα κάνουν.  
  Ο Αντρέας έκρυψε την ταραχή του κι άρχισε να τα ρωτάει με λεπτομέρειες όλα. Του είπε ο Κωστάκης το πού, το πότε και το πώς.  





       小屋で大心配     

 夜になって、他の子たちが水車小屋から小屋に着いて、ファニスを見失ってしまったと言うと、大きな悲しみが子供たちに落ちて来たのです。弱い子たちは涙を流して泣きました。スピロスとヨルゴスは隠れに行きたがりました、隠れて泣くのです。しっかりした子たちは何をすれば良いのか考えました。 
 アンドレアスは、自分の動揺を隠して、細かなことも全部を尋ね始めたのです。コスタキスは彼に、どこで、いつ、どう言う風にを話しました。 
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

Ρεπό

 1982年の映画『 Ρεπό 』。監督は、Βασίλης Βαφέας バシリス・バフェアス。 
お休みなのに、雑用が次から次に、草臥れ果てて、、、と言う映画らしい。コメディ。 

Cine.gr - Τανίες Ρεπό - Day Off 

Repo (1982) - IMDb 

ERT で放送したときの予告? 
https://www.youtube.com/watch?v=7KSrfaUYknQ
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

Κλεοπάτρας Θάνατος 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





1-38p
Κοντεύε πιά να ξημέρωσει, όταν ο σοφός άφησε τη βιβλιόθηκη του για να πάει για ύπνο.

Τότε, οπώς κάθε μέρα γύρω στα ξημερώματα, το ρόλοι σταμάτησε να χτύπα. Ο χρόνος ακινητοποίηθηκε.

Ο πίνακας πάνω από το τζάκι...

2-39p
... ζώντανεψε. Οι καβαλάρηδες συγκρούονταν σώμα με σώμα.

Τα λουλούδια του χαλίου ζωντάνευαν κι αυτά.

Το πουλί που στολίζε μια κασετίνα στο γράφειο, άρχισε να κέλαηδα.

Και τότε, όπως κάθε μέρα γυρώ στα ξημερώματα, οι ήρωες και οι ηρωίδες των βιβίον βγήκα κι αυτοί.  





1-38
学者が書斎を後にして寝に行った時には、もう殆ど夜が開けるときだった。 

すると、毎日と同じ様に夜明け近くなると、時計は鳴るのを止めた。時間が止められたのだ。 

暖炉の上の絵が… 

1-39 
…生命を持った。 騎士たちは身体と身体でぶつかり合った。 

絨毯の花も生きた花になった。 

書き物机にある筆箱を飾っている鳥が、囀り始めた。 

そして、毎日と同じ様に夜明け近くになると、本のヒーローやヒロインたちが出て来た。  

posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」6   





  Ο Φάνης δεν έκλαιγε τώρα. Τα μάτια του στέγνωσαν. Σαν να πήρε θάρρος. Έπιασε το σακούλι του κι ένιωσε πως κάτι ήταν μέσα. Είχε και το παγούρι του. Είχε ψωμί και νερό. Χάιδεψε έπειτα τον θάμνο με τα δυο του χέρια. Και τον χάιδεψε, θαρρείς, κι ο θάμνος. Ήταν ένας μαλακός και φουντωμένος σκίνος.  
  Σ’ αυτό το ευωδιαστό κρεβάτι έγειρε ο Φάνης. Κι αφού δυο φορές του ήρθε ο ύπνος και δυο φορές τινάχτηκε τρομαγμένος, στο τέλος αποκοιμήθηκε.  





 ファニスは、もう泣いていませんよ。彼の両方の目は乾いたのです。勇気を手に入れた様です。自分の袋を取り上げて、中に何があるか手探りしました。水筒がありました。パンと水があるのです。それから、両手で繁みを撫でました。まるで、勇者がそうする様に繁みを撫でたのです。それは、柔かくよく繁ったスキノスの樹でした。 
 その薫りのいいベッドでファニスは起きていたのです。眠りは二度彼の所に来ました、二度怯えて飛び起きました。最後には、眠り込んだのです。  






第四十八章「ひとりぼっちのファニス」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」5  





  Ο Φάνης έκλαψε. Πόσο έκλαψε, η νύχτα το ξέρει. Μα όταν στέγνωσαν τα μάτια του, συλλογίστηκε έναν άλλο Φάνη. Εκείνον που ήταν δασοφύλακας.  
  ≪ Ντροπή να κλαις, εσύ που φύλαξες το δάσος! Εσύ που ήσουν σκοπός με τ’ άλλα παιδιά τη νύχτα ≫. Έτσι του είπε η φωνή μέσα του. Και πάλι του ξαναείπε : ≪ Είσαι λιγόψυχος, Φάνη. Την άλλη φορά, που σου ρίχτηκε το μαντρόσκυλο, δείλιασες. Όταν είδες τον Μπαρμπακώστα χτυπημένο, λιγοψύχησες. Μα δεν είναι έτσι ο Δήμος. Δεν είναι έτσι ο Αντρέας. Πρέπει να είσαι παλικάρι ≫. Και σε λίγο η φωνή είπε : ≪ Περίμενε την ημέρα ≫.  





 ファニスは泣いたのです。とても泣いたのです、夜はそれを知っていますよ。けれど、両方の目が乾くと、別のファニスのことを考えました。森林警備官のファニスのことです。 
 「泣いたりして恥ずかしい、森を監視する君だ! 他の子と一緒に夜の歩哨になった君だ。」 ファニスの中で声がこう言ったのです。その声がまた言いました。「ファニス、君は臆病だ。前、牧羊犬が君に飛び掛かった時には、怖じ気づいた。殴られたバルバコースタスさんを見た時には、意気地なしだった。でも、君はディモスじゃないし、君はアンドレアスじゃない。勇敢な若者でなければ。」 そして声は直ぐにまた言いました。「昼を待つんだ。」 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」4   





  Μόλις ακούμπησε, του ήρθε στον νου η Μαρούλα, η αδερφή του. Του φάνηκε πως τάχα έπαιζαν... Μια πεταλούδα δίπλωνε τάχα τα φτερά της επάνω σ’ ένα φύλλο κι έκανε πως αποκοιμάται. Και, όταν πλησίαζαν να την πιάσουν, έφευγε.
  Έπειτα είδε τη μητέρα του να γυρίζει δεξιά κι αριστερά μέσα στο σπίτι, όλο να σιάζει κι όλο να φροντίζει. Ήθελε να μιλήσει και στις δυο. Νόμιζε πως του μιλούσαν : ≪ Φάνη ≫. Μήπως αποκοιμήθηκε; Όχι. Στον λάρυγγά του είχε μαζευτεί ένας κόμπος από λύπη. Αυτός ο κόμπος λύθηκε κι έγινε κλάματα.   

[ σιάζει : συγυρίζει, τακτοποιεί. ]  





 横になると直ぐに、ファニスの心の中にマルウラが遣って来ました、ファニスの妹です。ファニスには、まるで、二人で遊んでいる様に思えたのです。…、そう、ちょうど。一羽の蝶が、ちょうど花びらの上で羽をたたんで、うとうとしている。それで、二人が捕まえようと近づくと、飛んで行ってしまった。 
 それに、母さんが家で右に左に立ち回っているのも見たのです。いつもいつも、家を片づけて、いつもいつも、家を直しているのです。ファニスは二人に話し掛けたいと思ったのです。二人が自分に話し掛けてると思ったのです、「ファニス」と。もしかして、ファニスは眠りこんでいるのか知ら? いいえ。悲しみの所為で、ファニスはのどには、ずっと痞えるものがあったのです。この痞えがとれると、わっと泣き出したのです。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする