2018年06月27日

52. Ο Αραπόβραχος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」2 





  Όλοι γύρισαν και κοίταξαν αυτό το παράξενο ύψωμα. Τους έπιασε φόβος. Αυτός λοιπόν είναι ο Αραπόβραχος! Τον κοίταξαν καλά ως την κορφή.  
  ≪ Ανέβηκες ως επάνω; ≫ ρώτησε ο Ανδρέας.  
  ≪ Όχι, στάθηκα χαμηλά. Δεν μπορούσα ν’ ανεβώ ≫.  
  Ο Αντρέας είπε τότε: ≪ Πάμε όλοι μαζί ν’ ανεβούμε ≫.  
  ≪ Αντρέα! ≫ είπε ο Κωστάκης φοβισμένος.  
  ≪ Εσύ ≫, είπε ο Ανδρέας, ≪ θυμάσαι τα λόγια της γριάς Χάρμαινας και φοβάσαι. Μα για πες μου. Ο Φάνης δεν τον πάτησε τον Αραπόβραχο; Κι όμως είναι εδώ μαζί μας. Δεν έπαθε τίποτα. Είναι ντροπή μας να φοβόμαστε σαν τις γριές ≫.  





 みんなは振り返りました。そして、その変わった尾根を見たのです。恐怖が子供たちを捉えました。それがつまり、アラポブラホスなのです! 子供たちは、頂上までじっくりと見ました。 
 「君は上まで上がったの?」とアンドレアスは尋ねました。 
 「いいや。ずっと下の方で立ち止まったよ。ぼくは、登れなかったんだ。」 
 そうすると、アンドレアスはこう言いました。「みんなで行こう、そして登ろう。」 
 「アンドレア!」と恐がったコスタキスは言いました。 
 アンドレアスはこう言います。「君。君はハルミナおばあちゃんの言ったことを思い出したんだね、それで、恐くなったんだ。でも、考えてくれ。ファニスはアラポブラホスを踏まなかったのかい? それで、ここにぼくたちと一緒にいるじゃないか。少しもひどい目に会ってない。おばあさんたちみたいに恐がるなんて、ぼくたちには不面目だよ。」  



posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

52. Ο Αραπόβραχος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」1  





Ο Αραπόβραχος






  Η ωραιότερη μέρα που πέρασαν ως τώρα είναι αυτή. Ποτέ δεν αγάπησαν τον Φάνη, όσο σήμερα που τον ξαναβρήκαν. Δεν χωρίζονται σήμερα. Για να δουν το νερό που αναβρύζει από τον βράχο, πήγαν όλοι μαζί. Στα πλατάνια κατέβηκαν όλοι μαζί. Ο ένας θα έδινε για τον άλλο τη ζωή του.  
  Ήταν απόγευμα όταν ξεκίνησαν να φύγουν.  
  ≪ Πες μας, Φάνη ≫, ρώτησε ο Ανδρέας, ≪ ανέβηκες χτες σε κανέναν βράχο; ≫  
  ≪ Ναι ≫, είπε ο Φάνης κι έδειξε τον βράχο.  





 子供たちが過ごた一番いい日は、今のこの日でした。子供たちは、今日と同じ程に、ファニスを好きになった日はありませんでした、今日は、ファニスをまた見つけた日なのです。今日は、別々になりません。岩から湧き出している水を見ようと、みんなが一緒に歩き始めました。プラタナスの木立をみんなで下りました。ひとりが別のひとりに自分の元気をあげていたのに違いありません。 
 子供たちが、立ち去ろうとまた動き出したのは、午後でした。 
 「教えてくれない、ファニス、」とアンドレアスは尋ねました。「昨日、どれかの岩に登ったの?」 
 「そうなんだ。」とファニスは言いました。そして、あの岩を指差したのです。 


posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

51. Τα δώρα της ημέρας 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」6 





  Ήταν οι σύντροφοί του. Ήταν ο Αντρέας και τ’ άλλα τέσσερα παιδιά. Ναι έρχονται γι’ αυτόν...  
  Δεν μπόρεσε να μιλήσει αμέσως. Χτύπησε τα χέρια του στον αέρα σαν δυο μεγάλα φτερά. Όρμησε τον κατήφορο. Ήθελε μ’ ένα πήδημα να φτάσει απέναντι. Έπειτα στάθηκε και τους έβγαλε μια φωνή, μια μεγάλη φωνή.
  Τα παιδιά τον άκουσαν. Τότε απ’ τη μια πλαγιά ο Φάνης, από την άλλη οι σύντροφοί του έτρεχαν κάτω τρελά στο ρέμα για ν’ ανταμωθούν. Πηδούσαν γκρεμίζοντας χώματα και χαλίκια. Φωνές χαρούμενες αντιλάλησαν στην κλεισούρα :  
  ≪ Εδώ, εδώ! Από δω, έλα, έλα! ≫





 彼の仲間たちでした。それは、アンドレアスと他の四人の子供たちなのでした。ええ、彼のところに来たの… 
 ファニスは、直ぐには口が利けませんでした。空中で両手を、大きな翼の様に、打ったのです。下り坂の方へ走り出しました。一飛びして、反対側に飛んで行きたかったのです。それから、立ち止まって、子供たちに向けて、声を上げました、大きな声です。 
 子供たちはファニスの声を聞きました。そうなのです、片方の斜面ではファニスが、反対の斜面では仲間たちが、出会おうと、懸命な勢いで走っていたのです。泥や小石を跳ね散らしながら、飛び跳ねていました。喜びに溢れた声が隘路に谺しました。 
 「ここ、ここ、こっちだ、ほら、来て!」 





第五十一章「お昼の贈り物」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

51. Τα δώρα της ημέρας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」5  





  Συλλογιζόταν : ≪ Θα σηκωθώ, θα πάρω πάλι τον ίδιο δρόμο, θα πάω, θα πάω και θα κοιτάζω μόνο για τον έλατο. Αν μπορέσω και βρω τον έλατο, ξέρω από κει και πέρα να πάω για τις καλύβες. Θα τους βγω ξαφνικά μπροστά ≫.  
  Κοίταζε τη μεγάλη κατηφοριά που είχε περάσει χτες, κοίταζε τα χαλίκια, τα κόκκινα χώματα, τους μικρούς θάμνους.  
  ≪ Μπα ≫, είπε ξαφνικά , ≪ τι είναι αυτά που κατεβαίνουν; Κατσίκια; ≫  





 考えたのです。「ぼくは立ち上がろう、ぼくはまた同じ道を行こう、行こう、進もう、それに、樅の樹だけを注目しよう。樅の樹を見つけることが出来れば、それから先は分かるんだ、それで、そこから小屋に行こう。きっと、急に、小屋の前に出るだろうね。」 
 ファニスは、長い下り坂を見ました、昨日通った下り坂です。砂利を、赤い地面を小さな灌木をじっと見ました。 
 「おやっ」と突然に言いました。「下っているあれらは何? 子山羊かな?」   



posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

51. Τα δώρα της ημέρας 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」4 





  Σηκώθηκε, έτρεξε λίγο παραπέρα και ξανάρθε. Πεινούσε πολύ. Άνοιξε το σακούλι του και βρήκε το ψωμί του και το λίγο φαγητό του.  
  Όλες οι ελπίδες του ήρθαν.  
  Να, έτσι ν’ απλώσει το χέρι, του φαινόταν πως θ’ άγγιζε τις καλύβες. Έφαγε καλά και ήπιε νερό από το παγούρι του. Έπειτα ξεχάστηκε κοιτάζοντας την απέναντι πλαγιά.  





 立ち上がり、向こうに少し走って、戻って来ました。とてもお腹が空いていたのです。自分の袋を開けると、僅かの食べ物、パンを見つけたのです。 
 様々な希望が全部、ファニスの所にやって来ました。 
 さあ、それで、手を伸ばしてみたのです。小屋に触れるのではないか知ら、と彼には思えたのです。気持よく食べました、そして、自分の水筒の水を飲みました。反対側の斜面を見ながら、ファニスは思いに耽ったのです。  



posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

51. Τα δώρα της ημέρας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」3  





  Τέλος ήρθε ο ύπνος. Αυτή τη φορά ήρθε πιο βαρύς. Θα κοιμήθηκε ο Φάνης πέντε ως έξι ώρες στη σειρά. Καταλάβαινε στον ύπνο του πως κρύωνε, μα δεν μπορούσε να σηκωθεί.  
Όταν άνοιξε τα μάτια του ξέχασε όλη του τη δυστυχία. Είδε την ημέρα. Είδε δέντρα χρυσά από τον ήλιο. Όλα τον κοίταζαν σαν φίλοι. Πουλιά του μιλούσαν. Το νερό δεν φώναζε άγρια όπως τη νύχτα. Τραγουδούσε. Ο θάμνος του δεν ήταν πια μαύρος. Είχε ένα ωραίο χρώμα πράσινο βαθύ και γυάλιζε. Τα δυο δεντράκια του, δυο φουντωτά και στρογγυλά πουρνάρια, του έλεγαν : ≪ Εδώ είμαστε, Φάνη ≫.  





 遂には、眠りが来ました。その時には、とても強い眠りだったのです。ファニスは、五時間か六時間をずっと眠るのに違いありませんでした。眠っていても寒いのは分かっていたのですけれど、起き上がることは出来ませんでした。 
 目を開けた時には、ファニスは、自分の不運をすっかり忘れていました。陽を見たのです。陽光で金色の樹々を見たのです。何もかもが、彼を友達であるかの様に見詰めていたのです。鳥たちは彼に話し掛けています。水は、夜の様に荒々しく叫んではいませんでした。ファニスは歌いました。繁みは黒いところは少しもありませんでした。素敵な濃い緑色をしていましたし、輝いていました。二本の小さな樹が、二本のよく繁ってまるい柊の樹が彼にこう言いました。「ファニス、わたしたちはここにいます。」 


posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

Η Πάπισσα Ιωάννα

 『 Η Πάπισσα Ιωάννα Graphic novel 』
.:BiblioNet : Η Πάπισσα Ιωάννα / Ροΐδης, Εμμανουήλ Δ., 1836-1904  

 Εμμανουήλ Ροΐδης エマノウイール・ロイディスの小説『 Η Πάπισσα Ιωάννα 法皇イワナ 』をグラフィック・ノヴェルにしたもの。『 Η Πάπισσα Ιωάννα 』は、1886年発表の小説。女性が自分の性を隠して法皇に上り詰めると言うもの。当時、ロイディスは、法的にも告訴され、また、教会からは破門された、と言うこと。  
( 追記:オスマン帝国時代、シロス島は教皇庁の保護下にあって、島民は殆どカトリック教徒になった。ギリシャ独立戦争の時もシロス島は中立の立場。ギリシャ独立後にギリシャ王国に編入、1824年に初めての東方正教の教会が建てられた。 )
 ロイディスは、1836年、シロス島の生まれ。名前の読み方、エマニュエルでいいのか知ら? 


 表紙は重厚な感じなのだけれど、中はどうなのか知ら? ちょっと見てみたい、、、 




女教皇ヨハンナ - Wikipedia 

それから、アメリカの作家 Donna Woolfolk Cross も、1996年に小説『 Pope Joan 』を発表している。 
この小説を元に、ドイツの Sönke Wortmann 監督が映画『 Pope Joan 』を撮っている。2009年。
1972年にも、イギリスのマイケル・アンダーソン監督が『 Pope Joan 』のタイトルで映画を撮っている。
posted by kyotakaba at 11:43| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

Ερωτόκριτος Ένα σπάνιο εικονογραφημένο χειρόγραφο

 『 Ερωτόκριτος 』のルーマニア・アカデミー図書館所蔵の写本を出版物にしたもの。 
 美しい挿画も多数。
.:BiblioNet : Ερωτόκριτος / Κορνάρος, Βιτσέντζος, 1553-1613 

 この写本を書籍化したものは、67ユーロくらい。

 『 Ερωτόκριτος 』は、17世紀初頭に、クレタの詩人 Βιτσέντζος Κορνάρος ビツェンゾス・コルナロスが書いた叙事詩。 
 アテネの王女アレトウサ Αρετούσα と臣下の若者エロトクリトス Ερωτόκριτος との恋冒険物語り。 
 エロトクリトスは王女アレトウサに恋するのだけれど、身分が違うので人に開かすことも出来ず、王女の窓の下で恋の歌を歌うだけ。王女もその歌に惹かれる様に成るけれど、王がその恋を許すことはなくエロトクリトスを捉えようとするので、彼は国外に逃れて。、、、と言う様な物語り。 
 10,012アイアンブからなる。 

ウィキソース: 
Ερωτόκριτος - Βικιθήκη
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

Κλεοπάτρας Θάνατος 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





11-48p
[ Ετιέν Ζοντέλ ≪Κλεοπάτρα Αιχμάλωτος≫ ]

Ντίν Ντίν

≪ Η καμπάνα!!! Φαίνεται ότι ετοιμάζεται η κηδεία της καημένης της Κλεοπάτρας... ≫




12-49p
≪ Με ζητήσατε, κύριε; ≫

Τάκ Τάκ Τάκ

≪ Θα είναι τα καρφιά που κλείνουν την κάσα της νεκρής... ≫  





11-48 
エチエンヌ・ジョデル『囚われのクレオパトラ』 

ディン、ディン。 

「鐘だ。可哀想なクレオパトラの葬儀の用意が整った様だ。」
 
Cléopâtre captive - Wikipedia 

12-49 
「私に御用ですか、ご主人様?」 

タック、タック、タック。 

「あれは、きっと、棺桶を閉じる釘だろう。」  





『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、おわり。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

51. Τα δώρα της ημέρας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」2  





  Κρυώνει και θέλει να κουνηθεί. Μα μόλις σηκώθηκε, μαζεύτηκε πάλι. Άλλους ίσκιους είδε από κει να έρχονται. Όλα τ’ άστρα είναι και τώρα στον ουρανό, καθώς την άλλη φορά. Απόψε όμως δεν τα βλέπει ο Φάνης.  
  Σ’ αυτή τη θέση που βρίσκεται, θυμάται χίλια-δυο πράγματα. Έρχονται στον νου του όλα μαζί : τα παιχνίδια που έπαιξε, το περσινό του μάθημα, ένα φρούτο που έκοψε κι έφαγε μικρός, μια φωλιά που είχε βρει... Όλα πάνε κι έρχονται στον νου του, όπως τα μυρμήγκια στη φωλιά. Βουίζει το κεφάλι του. Τα βλέφαρά του είναι ζεστά και φουσκωμένα. Θέλει να κοιμηθεί πολύ.  





 冷えました、それで動こうと思ったのです。でも、立ち上がると、直ぐに、またしゃがみ込みました。そこから、別の影が来るのを見たのです。星々は、他の時と変わらず、空にあります。けれども、今夜は、ファニスはそれを見ないのです。 
 そんな状況にあって、ファニスは千も二千ものことを思い出すのです。それらが彼の頭の中にみんな一緒に入って来るのです。遊んだ玩具、去年の学課、切ってちょっと食べた果物、以前に見つけていた巣、…。それらみんなが彼の頭の中を行ったり来たりするのです。それはちょうど、巣の中の蟻の様でした。ファニスの頭は、ブーンと唸っていました。両方のまぶたが熱っぽくて腫れていました。とても眠たかったのです。 



posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

51. Τα δώρα της ημέρας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」1 





Τα δώρα της ημέρας






  Ο Φάνης ξύπνησε μέσα στη νύχτα. Α, πόσο τρόμαξε αυτή τη φορά!  
  Τα δέντρα στο σκοτάδι θαρρούσε πως ξεκίνησαν να έρθουν επάνω του. Τα έβλεπε ν’ αλλάζουν σχήμα, να γίνονται άνθρωποι μαύροι που ετοιμάζονται να τον πάρουν.  
  Η ψύχρα τον έκανε να μαζευτεί στον θάμνο. Βύθιζε το πρόσωπο στα φύλλα του, μα πάλι το έβγαζε ξαφνικά και κοίταζε μήπως έρχονται μαύροι άνθρωποι. Να είχε κι ένα ρούχο! Μια στιγμή ένιωσε τη μητέρα του να του ρίχνει σιγά-σιγά, από τα πόδια ως τον λαιμό, ένα μαλακό, ζεστό σκέπασμα. Άπλωσε να το πιάσει και δεν το βρήκε.  





       お昼の贈り物 


 ファニスは夜中に目を覚ましました。ああ、その時はなんて恐かったのでしょう! 
 暗闇の中の樹々が動き出して自分の上へ伸し掛って来る様に思えたのです。ファニスは、樹々が形を変えている様に見えたのです。今にも自分を捕まえようとしている黒い人間になっている様に見えたのです。 
 寒さは、ファニスが繁みで縮こまる他ない様にさせていました。繁みの葉っぱに顔を埋めたのですが、突然また、顔を出して、黒い人間たちが来るのではないか知ら、と目を見張ったのです。そうだ! ファニスは一枚の敷布を持っていたのですよ。そう気が付いた瞬間、母さんがゆっくりゆっくりと足から首まで柔らかい暖かい覆いを投げ掛けてくれたのを感じたのです。ファニスはそれを掴もうと手を伸ばしました、でも見つけられませんでした。  





posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

50. Περπατούν για τον Φάνη 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」8  





  ≪ Σιγά ≫, φώναξε ο Ανδρέας. ≪ Σιγά μη μου τα χαλάσετε. Πατάτε με προσοχή. Το πρώτο χνάρι μας οδηγεί. Είδατε; Το πόδι είναι γυρισμένο από δω. Θα πει πως εδώ πήγαινε. Μα που πηγαίνει τάχα; Μήπως σ’ αυτό τον βράχο; ≫  
  Κι έδειξε τον Αραπόβραχο.  
  Τον κοίταξαν, χωρίς να ξέρουν πως είναι ο Αραπόβραχος. Και πήγαιναν προς το μέρος εκείνο γυρεύοντας άλλα πατήματα.  





 「落ち着いて、」とアンドレアスは大声で言いました。「落ち着いて、君たち、足跡がぼくに分からない様にはしないで。慎重に地面を踏んで。最初の足跡がぼくたちを案内するんだよ。分かる? ここできびすを返している。きっとここを通ったのだろう。でも、一体、どこへ行ったのだろう? もしかしたら、あの岩?」 
 アンドレアスはアラポブラホスを見ました。 
 みんなも見ました。でも、アラポブラホスが何なのか分からないままです。そして、べつの足跡を探して、そちらの方へ進んだのです。 




第五十章「ファニスに向けて進む」、おわり。  


posted by kyotakaba at 11:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

Κλεοπάτρας Θάνατος 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





9-46p
Ο Σοφός δεν είχε φανεί απόψε, αλλά ούτε και το τέρας είχε δώσει σημεία ζωής.




10-47p
ξαφνικά...

Σκριιιιιιιι

Βοηθεια!


Ο σοφός μπήκε αγουροξυπνημένος στο γραφείο του, χωρίς να φαντάζεται τι θα αντίκριζε.   






9-46 
学者は、今夜、姿を見せなかった。けれども、怪物も活動の兆しを見せていなかった。


10-47 
突然に…、 

スキリイイイイイ 

助けて! 

半分眠っている学者が、どんなものに直面するか思いもせずに、書斎に入って来た。  


posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

50. Περπατούν για τον Φάνη 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」7 







  ≪ Έξι και στον Φάνη; ≫ φώναξε ο Ανδρέας. ≪ Αλήθεια; ≫  
  ≪ Ναι, ναι, το θυμάμαι ≫.  
  Τότε ο Ανδρέας, σκύβοντας κάτω με προσοχή, είπε : ≪ Να οι έξι πρόκες του Φάνη ≫.
  Έσκυψαν και είδαν επάνω σε λίγο μαλακό χώμα τυπωμένο ένα χνάρι παπουτσιού. Τόσο καθαρό είχε βγει, που μπορούσες να μετρήσεις όλα τα καρφιά του.  
  ≪ Από δω πέρασε ≫, είπε ο Ανδρέας.  
  Άρχισαν όλοι να πηδούν από τη χαρά τους.  





 「ファニスには六本? 本当?」とアンドレアスは叫びました。 
 「うん、うん、僕はそう覚えているよ。」 
 すると、アンドレアスは注意深く下に屈み込んで、こう言ったのです。「ほら見て、ファニスの六本の鋲だよ。」  
 子供たちは身を屈めて、柔らかい土の上にかすかに印された靴の足跡を見たのです。それはとてもはっきりと跡が出ていたので、鋲を全部数えることが出来たのです。 
 「彼は、ここを通って行ったんだ。」とアンドレアスは言いました。 
 みんなは、嬉しくて跳ね始めたのです。 
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

50. Περπατούν για τον Φάνη 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」6  





  ≪ Όχι, δεν είδα τίποτα ≫, είπε, ≪ Για πέστε μου ένα πράγμα. Όταν πήγαμε πρώτη φορά στο Μικρό Χωριό, ποιος από σας έδωσε τα παπούτσια του στον μπαλωματή και τους έβαλε πρόκες; ≫  
  ≪ Εγώ ≫, είπε ο Μαθιός.  
  ≪ Κι εγώ ≫, είπε ο Δημητράκης.  
  ≪ Πόσες πρόκες σας έβαλε στο τακούνι; Θυμάστε; ≫  
  ≪ Τέσσερις ≫.  
  ≪ Και μένα το ίδιο ≫.  
  ≪ Μα σε όλους έβαλε τέσσερις; Θυμάστε; ≫  
  ≪ Στον Γιώργο έβαλε εξι ≫, είπε ο Μαθιός. ≪ Τόσες ήθελε ο Γιώργος. Και στον Φάνη έξι ≫.  





 「いや、何も分からない、」とアンドレアスは言いました。「それで、ひとつ事実をぼくに教えてくれないか。ぼくたちが最初にミクロ・ホリオに行った時だけど、君たちのうちの誰が、靴直し職人に靴を出して、鋲を留めてもらったんだい?」 
 「ぼくだ」とマシオスが言いました。 
 「それにぼく」とディミトラキスが言いました。 
 「踵に何本の鋲を打ったの? 覚えているかい君たち?」 
 「四本だ。」 
 「ぼくにも同じ。」 
 「でも、みんなが四本なの? 覚えているかい?」 
 「ヨルゴスには六本だ。」とマシオスが言いました。「ヨルゴスはそれだけしたがってた。それに、ファニスにも六本。」 





πέστε : λέω の命令形。アオリスト、複数形。πείτε。 



posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

50. Περπατούν για τον Φάνη 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」5  





  Γύρισαν και περπατούσαν συλλογισμένοι. Πήγαιναν ο ένας πίσω από τον άλλο. Κανένας δεν μιλούσε. Είχαν βαριά την ψυχή. Ποτέ δεν έκανε κακό σε κανέναν τους ο Φάνης! Και τώρα να χαθεί έτσι από μπροστά τους; Πώς θα πάνε πίσω χωρίς αυτόν;  
  ≪ Παιδιά ≫, είπε ξαφνικά ο Αντρέας και στάθηκε.  
Χοροπήδησε η καρδιά των άλλων. ≪ Τι; Τι; Τι είδες; ≫ τον ρώτησαν.  





 考えこんでいる子供たちは、ぐるぐる回って歩いたのです。一人の子が他の子の後ろに付いて歩いたのです。誰も喋りませんでした。こころに重りを持っていたのです。ファニスは皆のだれにも悪いことはしませんでしたよ! 今、子供たちの前から消えてしまったのでしょうか? ファニスがいなくて、どうやって戻ることが出来るでしょう? 
 「みんな」と突然にアンドレアスが言って、立ち上がりました。 
 他の子たちの心臓は跳ね上がりました。みんなは彼に「何? 何? 何が分かったの?」と尋ねました。
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする