2018年07月31日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」3





  ≪ Για κοιτάτε, παιδια ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ πώς φαίνεται ο Αρπόβραχος από μακριά. Σαν άνθρωπος ≫.
  Γύρισαν και κοίταξαν τον Αραπόβραχο που μαύριζε στο σκοτείνιασμα. Στην κορυφή του έβλεπες αλήθεια ένα κεφάλι, ένα μέτωπο, μια πλατιά μύτη, ένα στόμα και δυο χοντρά χείλη. Από κοντά οι πέτρες εμείνες δεν έλεγαν τίποτα. Από μακιριά όμως σχημάτιζαν ένα πρόσωπο, σαν πρόσωπο αράπη. Γι’ αυτό λοιπόν πίστεψαν οι γριές πως εκεί κατοικεί αράπης!





 「みんな、ちょっと、」とマシオスは言いました。「遠くからだと、アラポブラホスがどう見えるか見てよ。人間みたいだよ。」 
 みんなは振り返って、アラポブラホスをじっと見ました。アラポブラホスは暗闇の中で黒々としていました。その頂には、人々は、本当に頭を見出すのです。額があります、広い鼻があります、口がひとつあります、そこに太い唇が二枚あるのです。近くからだと、岩のままで、何も表してはいないのです。けれども、遠くからだと、顔の形になるのです、アラビア人のような顔です。それだから、老人たちは、そこにアラビア人が住んでいると信じていたのです。 



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」2





  ≪ Πώς θα περιμένουν! ≫ είπε ο Μαθιός. ≪ Αργήσαμε, πολύ αργήσαμε ≫.
  ≪ Αργήσαμε, μα τι είδαμε; ≫ είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Είδες τι μεγάλος που ήταν ο ήλιος; ≫
  ≪ Όταν άγγιζε τη θάλασσα, σάλευε ≫.
  ≪ Για δες, κάτι σύννεφα, για δες! ≫
  Ενώ βράδιαζε, τα σύννεφα στον ουρανό ήταν κατακόκκινα. Έπαιρναν ακόμα χρώμα από τον σβησμένο ήλιο, λίγο-λίγο όμως μαύριζαν κι αυτά.





 「みんなはどんなに待っているだろう!」とマシオスが言いました。「ぼくたちは遅くなったよ、とっても遅くなった。」 
 「遅くなったね、でも、ぼくたちは何を見たの?」と、ほかの子供たちが言いました。 
 「太陽があんなに大きいのを見たことある?」 
 「海に触った時、太陽は輝いたよ。」 
 「見て、雲、見て!」 
 日が暮れている間、空の雲は真っ赤でした。まだ、消えていく太陽から色を取り出していました。でも、少しずつ、少しずつ、暗くなっていったのです。 

posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

暑気休暇

 暑いので、読んでないです、、、
posted by kyotakaba at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」1





Καληνύχτα γέρο-Αράπη!




  Κατεβαίνουν τα παιδιά γρήγορα. Βιάζονται πολύ γιατί θα νυχτώσουν.  
  Να, έφυγαν από τον Αρπόβραχο.   
  Πέρασαν τα λαγκάδια, έφτασαν στον δρόμο όπου είχαν δει το πάτημα του Φάνη και πηγαίνουν με γρήγορο βήμα προς τον έλατο. Θα κόψουν από κει πάλι δρόμο, θα φτάσουν γρήγορα στις καλύβες και θα φέρουν εκεί τον Φάνη, που τον περιμένουν.  





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」 

 子供たちは、急いで降りました。夜になりそうなので、とても急いだのです。 
 そう、アラポブラホスから立ち去ったのです。 
 谷間を通り抜けました、そして、ファニスの足跡を見つけた路に出ました。それからも、急ぎ足で 樅に向かって進んだのです。子供たちは近道をするつもりなのです。そうすると、早く小屋に着きたいのです、ファニスを連れて行きたいのです。そこで、他の子たちがファニスを待っているのです。 


posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

52. Ο Αραπόβραχος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」7 





  Όταν ήρθαν πιο κοντά και στάθηκαν στην κορυφή, τίποτα δεν βρήκαν. Οι πέτρες εκείνες ήταν πέτρες όπως όλες οι άλλες. Τις κοίταξαν καλά, τις άκουσαν, έμειναν πέτρες.  
  Πού λοιπόν είναι ο Αράπης;  
  Αντί να δουν τον Αράπη, τα παιδιά είδαν από κει επάνω ένα λαμπρό θέαμα.  
  Κάτω στο βάθος, πολύ-πολύ μακριά, η πλατιά θάλασσα περίμενε τον ήλιο. Τον ήλιο του Φάνη. Ο ήλιος κατέβαινε στο νερό, μεγάλωνε και κοκκίνιζε. Τα βουνά είχαν τις κορυφές κόκκινες. Τα σύννεφα έλαμπαν από φως. Αν είναι συννεφάκια εκείνα το μικρά που στέκουν στον αέρα ή αγγελούδια με χρυσά φτερά, δεν ξέρει κανείς. Ο ήλιος μεγάλωσε περισσότερο, κατεκοκκίνισε, άγγιξε το νερό. Κι αφού κοίταξε λίγο την πλάση, βυθίστηκε.  
  Γι’ αυτή την ομορφιά είχε χαθεί ο Φάνης.  





 子供たちはもっと頂上に近づきました、そして、頂上に立ったのです。その時、子供たちは何も見出しませんでした。岩は、他の岩どれとも同じ様に、岩でした。子供たちは、しっかりと岩を見ました。岩に耳を澄ませました。でも、岩のままでした。 
 それでは、アルピスはどこにいるのでしょうね? 
 アルピスに出くわす代わりに、子供たちは、その上から輝かしい光景を見たのでした。 
 風景の下の底の方では、それはそれは遠いのです、広い海が太陽を待っていました。ファニスの太陽を待っているのです。太陽は海水に落ちて行きつつあるのです、次第に大きくなり、赤くなっていきます。山々は、頂きを赤くしています。雲は太陽の光で輝いています。空中で動かない小さな雲なのか、金の翼の小さな天使なのか、誰も見分けられないのです。太陽は、この上なく大きくなります、真っ赤になりました、そして水に当たりました。そして、宇宙を少し見てから、沈んだのです。
 この美しさの為に、ファニスは迷子になったのでした。 




第五十ニ章「アラポブラホス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

52. Ο Αραπόβραχος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」6 





  ≪ Ελάτε, ελάτε ≫, φώναξε, ≪ από δω βγαίνουν ≫.  
Ανέβηκε πάλι στην πέτρα κι έδωσε στους άλλους. Σκαρφάλωσαν ένας-ένας. Από κει πια βάδισαν ελεύθερα προς την κορυφή. Μα στην κορυφή είδαν πάλι κάτι μεγάλες πέτρες. Αυτές εδώ ήταν πολύ αλλιώτικες. Ήταν μαύρες...  
  ≪ Δεν είναι αυτή τάχη η σπηλιά του Αράπη; Στην κορυφή θα κάθεατι για να βλέπει όλους τους τόπους. Το ασυλλόγιστοι που είμαστε. Τι θέλουμε εδώ; ≫ είπαν μέσα τους δυο-τρεις από τους μικρούς ταξιδιώτες. Αν μπορούσαν θα γύριζαν πίσω. Τώρα νιώθουν τον μεγάλο φόβο. Οι μικρές τους καρδιές χτυπούσαν δυνατά, σαν του λαγού. Δεν θέλουν να πάνε εμπρός. Περπατούν δύσκολα. Κάθε στιγμή περιμένουν πως μια πέτρα θα σηκωθεί σιγά-σιγά.  





 「おいで、おいでよ」とアンドレアスは叫びました。「ここから、岩は出ているんだ。」 
 彼は、もう一度、岩に登って他の子たちに言葉を掛けました。他の子たちは、ひとりひとり攀じ上りました。そこからは、頂きへ向かって、もう自由に歩いたのです。でも、頂きでは、子供たちは、また、もっと大きな岩に直面したのです。それは、とても変わった岩でした。黒くて…、 
 旅する子供たちの中から年少の二三人がこう言ったのです。「これが、もしかしたら、アラピスの洞窟ではないの? 頂上に座って辺り一帯を見ているんだろう。こんなことをして、ぼくたちは軽はずみだ。ぼくたちは、ここで何をしたいんだろう? 」 子供たちは戻れるでしょうか。今、子供たちは、大きな恐怖を感じているのです。彼らの小さな心臓は強く打っているのです、まるで、野兎の心臓の様です。前へ行きたくないのです。歩くのが大変なのです。一瞬、一瞬、今にもある岩がゆっくりゆっくり起き上がり出さないかと、身構えていたのです。 

posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

Logicomix 224

 『 Logicomix 』ギリシャ語版、224ページのウィトゲンシュタインとラッセルの会話を訳して見ました: 





[ Ήμουν στο διαμέρισμά μου, στο Πανεπιστήμιο, ένα φθινοριάτικο απόγευμα, όταν... ]

≪ Είστε το κύριο κατηγκητή Ράσελ; ≫



[ Μπήκε μέσα ένας νεαρός ξένος. ]
≪ Ο κύριος κατηκητής φρέγκε μ' έστειλε εσάς. ≫


≪ Τι κάνει ο κύριος καθηγητής; ≫
≪ Λέει ότι εσείς είστε ο καλύτερος κατηγκητής για λογκική. ≫
[ Άρα, απέκτησα καινούργιο μαθητή! ]



[ Εξαρχής, μου έκανε τεράστια εντύπωση η παθιασμένη σχέση του με τη φιλοσοφία. ]
≪ Μια στα σιγκουρα ξέρουμε μόνο αποτέλεσμα από λογκικές πράξεις! ≫



≪ Έχουμε όμως και τη γηώση των εμπερικών δεδομένων. ≫
≪ Όχι ≫
≪ Τότε τι λες για τις πληροφοριες των αισθησεων; ≫
≪ Όχι! ≫
[ Τέτοιο πάθος, το είχα ξαναδεί μόνο στο νεότερο εαυτό μου. ]




≪ Αυτό που είναι μόνο από εμπειρία, ντεν μπαίνει σε συζήτηση γκια την αλητεία! ≫
≪ Μα έλα τώρα! Σίγουρα θα παίρνεις και κάποια εμπειρικά δεδομένα στα σοβαρά! ≫



≪ Δε θα δεχθείς, για παράδειγμα, ως αληθή τη δήλωση ≪ Δεν ύπαρχει ένας ρινόκερος στο δωμάτιο ≫;



≪ Όχι! ≫
[ Το όνομα του νέου μου μαθητή ήταν Λούντβιχ Βίτγκενσταίν. ] 
 







 ある秋の午後、私は、大学の私の部屋に居たのだが、その時…、 
「アナタ様はラッセル・キョ授でいらっしゃいますか?」 

…中に、一人の外国の若者が入って来た。 
「フレーゲ・キョ授が僕を貴方のところに寄越したのです。」 

「教授は何と?」 
「アナタ様はロンリ学の最高のキョ授だと、言いました。」 
つまり、私は新しい学生を得たのだった。 


初めから、哲学への情熱的な関心が私に強い印象を与えた。
「論理的行為からの結果のみ、私たちは、カク実に、知ることになるのです。」 


「けれども、経験的事実の知識も、私たちにはありますよ。」 
「ないです。」 
「では、感覚の情報については、君はどう思うのですか?」 
「ないです。」 
これ程の情熱、私は、若い頃の自分自身の中だけに見たことがあるものだった。  

「経験からのみのものは、真理のダメの議論に入りまセン。」 
「けれどもね、幾つかの既知の経験を君が真剣に取り上げるだろうことは、確実だよ。」 


「例えば、「部屋には一頭の犀が居ない。」を真の命題と受け容れないのかな?」 

「いいえ!」 
この私の若い学生の名前は、ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインだ。 





追記、訂正: 
命題と受け容れるかな?

命題と受け容れないのかな?
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

52. Ο Αραπόβραχος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」5  





  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάκης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  
  ≪ Θα μπορέσουμε ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ο Κωστάκης δεν μίλησε. Από αρχή που ήρθαν στο δάσος προσέχει τα λόγια του Αντρέα. Μα σήμερα τον κοίταζε σαν μεγαλύτερο. Σήμερα ο λόγος του Αντρέα είναι σαν προσταγή. Ποιος βρήκε τον Φάνη;  
  Ο Κωστάκης ακολούθησε.  
  Ο Αντρέας βρήκε ανάμεσα σε δυο πέτρες μια σκισμάδα γεμάτη με μικρούς θάμνος. Την έψαξε πρώτα καλά με το ραβδί του, έβαλε το πόδι του μέσα, ανέβηκε σε μεγαλύτερη πέτρα κι από κει πήδησε πίσω.  





 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」 
 「きっと、ぼくたちは通り抜けられるよ。」とアンドレアスが言いました。 
 コスタキスは口を利きませんでした。コスタキスは、森に来た初めから、アンドレアの言葉に注意しているのです。でも、今日は、コスタキスは、アンドレアスが大人であるかの様に、彼を見詰めたのです。今日では、アンドレアの言葉は、命令の様です。誰がファニスを見つけたのでしょう? 
 コスタキスは従いました。 
 アンドレアスは、二つの岩の間に、小さな灌木でいっぱいの割れ目が一つあるのを見つけました。まず、杖を使ってその割れ目をしっかりと探りました。それから、足を中に入れました。そして、大きな岩に登りました。そして、そこから岩の後ろへ飛んだのです。 


posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

52. Ο Αραπόβραχος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」4 





  Ο Κωστάκης φοβόταν για το στοιχειό. Τα λόγια της γριάς Χάρμαινας για τον Αράπη τα θυμάται σαν τώρα δα. Θυμάται τον γέρο κοντά στον μύλο, που έκανε για τον Αραπόβραχο τον σταυρό του. Καθώς περπατάει συλλογιίζεται : ≪ Τι θέλουμε εδώ; Φαίνεται τόπος στοιχειωμένος! Να κλεισούρα γύρω, η απάτητη κατηφοριά, οι μεγάλες πέτρες που φυλάνε τον Αράπη. Ο Αράπης θα είναι στην κορφή. Θα κοιμάται... Θα μας ακούσει που ανεβαίνουμε... Θα τιναχτεί. Θα μας αρπάξει, θα μας ρίξει κάτω σε καμιά σπηλιά κατασκότεινη. Για χρόνια και χρόνια... ≫  





 コスタキスは、幽霊を恐がっていたのです。ハルミナおばあちゃんのアルピスについての話しを、まさしく今、思い出したのでした。水車小屋の近くの老人を思い出しました。老人は、アラポブラホスに十字を切っていました。歩きながら考えたのです。「ここでぼくたちはどうしたいのだろう? 幽霊の出そうな場所だよ! ほら、周りは隘路だ。誰も通ったことのない下り坂、大きな岩が幾つも、それらがアラピスを守っているんだ。アラピスはきっと頂きにいる。眠っている…。登って来ているぼくたちを聞くだろう。…、さっと立ち上がるだろう。ぼくたちをさっと捕まえる。きっと、ぼくたちをまっ暗な洞穴に投げ込むんだ。何年も、何年も…、、、」 



posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

52. Ο Αραπόβραχος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」3 





  ≪ Κι αν πάθουμε τίποτα; ≫
  ≪ Είμαστε πέντε ≫, είπε ο Αντρέας.
  Ακολούθησαν όλοι.
  Ανέβαιναν τον βράχο δύσκολα πολύ. Τους πιάστηκε η αναπνοή και στάθηκαν δυο φορές για ν’ ανασάνουν. Όταν έφτασαν στα κοτρώνια χρειάστηκε να περπατήσουν γύρω-γύρω για να βρουν ανάμεσα πέρασμα. Τόσο σφιχτά οι πελώριες αυτές πέτρες έζωναν τον βράχο. Νόμιζες πως έστεκαν επίτηδες εκεί για να εμποδίζουν. Πουρνάρια φύτρωναν αναμεταξύ. Άγρια πουλιά με γυριστή μύτη πετούσαν από τις τρύπες στον αέρα.
  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάλης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  





 「それで、もし、ぼくたちに何かあったら?」 
 「ぼくたちは五人だ。」とアンドレアスは言いました。 
 みんなが付いて行きました。 
 子供たちは、とても大変な思いをして、岩を登りました。子供たちは息が切れました。二度程立ち止まって、一休みしたのです。離れ岩に着いた時、中を通る道を探すのに、ぐるぐる歩き回らなければなりませんでした。大きな石が幾つも、岩を取り囲んで硬くくっついていたのです。人は、それらの石がわざとそこに立っていると思うでしょうね、そして邪魔をするんだと。柊が、その間に生えています。曲がった嘴の野鳥が、巣から空に飛び出しました。 
 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」  

posted by kyotakaba at 15:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

『高い山々』、第五十章「ファニスに向けて進む」2 の訂正。 


Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι のところ、
小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました 
→ 
小径もまるでないブナと柊の林の中、柊の茂みのなかを進みました。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分からない

 『高い山々』の次の部分は分からない。 

≪ Κι αν πάθουμε τίποτα; ≫
≪ Είμαστε πέντε ≫, είπε ο Αντρέας.
Ακολούθησαν όλοι.
Ανέβαιναν τον βράχο δύσκολα πολύ. Τους πιάστηκε η αναπνοή και στάθηκαν δυο φορές για ν’ ανασάνουν. Όταν έφτασαν στα κοτρώνια χρειάστηκε να περπατήσουν γύρω-γύρω για να βρουν ανάμεσα πέρασμα. Τόσο σφιχτά οι πελώριες αυτές πέτρες έζωναν τον βράχο. Νόμιζες πως έστεκαν επίτηδες εκεί για να εμποδίζουν. Πουρνάρια φύτρωναν αναμεταξύ. Άγρια πουλιά με γυριστή μύτη πετούσαν από τις τρύπες στον αέρα.
≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάλης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.
 


Google翻訳: 
「もし何か手に入れたら? ≫
    「私たちは5人です」とAndreasは言いました。
    彼らはすべて従った。
    彼らは一生懸命動揺していた。 彼らは呼吸を捕らえられ、呼吸するために二度立ちました。 彼らがコテージに着いたら、通路を見つけるために歩かなければなりませんでした。 だから、これらの石の石は岩に触れた。 あなたは彼らがそれを故意に防ぐためにそこにいると思った。 彼らの間にポーランド人が芽生えました。 野生の鳥が鼻で空中の穴から飛び出しました。
    「行こう」と、「私たちは合格できません」とKostalisは言った。

Bing 翻訳 
"私たちに何かが起こったら?" "我々は5です" とアンドレアスは言った。
彼らはすべて続いた。
十分に懸命に岩に登った。 彼らは息に巻き込まれ、ため息に2回立っていた。 彼らが kotrwnia に着いたとき、彼らは通路の間を見つけるために歩き回っていた。 だから、これらの巨大な石は岩を Ezwnan タイト。 あなたはそれを防ぐためにわざと立っていたと思った ホリーは成長した 曲線の鼻を持つ野生の鳥は、空気中の穴を飛んだ。
「行きましょう」と Kwstalis は言った。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする