2018年08月31日

月相 ギリシャ語

 月相をギリシャ語で。 

Φάσεις της Σελήνης 月の各段階 

Νέα Σελήνη
New moon
新月

Αύξων Μηνίσκος
Waxing crescent
三日月

Πρώτο τέταρτο
First quarter
上弦の月

Αύξων Αμφίκυρτος
Waxing gibbous
凸の月

Πανσέληνος
Full moon
満月

Φθίνων Αμφίκυρτος
Waning gibbous
凹の月

Τελευταίο τέταρτο
Last quarter
下弦の月

Φθίνων Μηνίσκος
Waning crescent
逆三日月



ただこれは、天文用語なのか、日常語なのかはわからない。


η ημισέληνος は半月。 
posted by kyotakaba at 21:22| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」2





  ≪ Να πάμε να φέρουμε γιατρό ≫, λέει ο Δήμος.
  ≪ Πού να τον βρούμε; ≫ ρωτάει ο Αντρέας. ≪ Γιατρό δεν έχει στο Μικρό Χωριό ούτε στην Πέτρα ≫.
  ≪ Να πάμε σε κανένα άλλο χωριό. Να πάμε κάτω στην πόλη ≫.
  Τη στιγμή που τα έλεγαν αυτά, φάνηκε ο κυρ-Στέφανος. Μεγάλο θάρρος πήραν μόλις τον είδαν.
  ≪ Τι κάνετε, παιδιά; Τι κάνεις, Ανδρέα; ≫
≪ Ο Φουντούλης ≫, είπαν τα παδιά.
≪ Τί έκανε ο Φουντούλης; ≫
  ≪ Είναι άρρωστος ≫.





 「お医者を連れに行こうよ。」と、ディモスは言います。 
 「どこで見つけるんだい?」とアンドレアスは尋ねます。「お医者は、ミクロ・ホリオにはいないし、ペトラにもいないよ。」 
 「どこかの他の村に行こうよ。下の町に行こう。」 
 このことを話しているちょうどその時、ステファノスさんが現れたのです。ステファノスさんを見ると、すぐに、大きな勇気が湧いたのです。 
 「どうしたんだい、みんな、どうしたんだい、アンドレアス?」 
 子供たちは言いました、「フォンドゥリスが」 
 「フォンドゥリスがどうしたんだい?」 
 「病気なの。」  

posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1





Ο Φουντούλης άρρωστος



  Την άλλη μέρα το πρωί ο Φουντούλης δεν μπόρεσε να σηκωθεί. Το χέρι του καίει και ο σφυγμός του χτυπάει δυνατά. Πρώτη φορά τους έτυχε αρρώστια εδώ ψηλά.
  Ο Αντρέας κάθισε στο κρεβάτι του μικρού συντρόφου του και τον κοιτάζει λυπημένος. Το παιδί θέλει να πετάξει τα σκεπάσματα. Βυθίζεται λίγο σε ύπνο, τινάζεται και γυρίζει από το άλλο πλευρό. Διψάει και θέλει νερό.





第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1 



 翌日の朝、フォンドゥリウスは起き上がれませんでした。彼の手は熱があったのです。脈が強く打っていました。この高地で、子供達が病気に罹るのはこれが最初でした。 
 アンドレアスは、小さな仲間のベッドに座って、悲しそうにフォンドゥリウスを見つめていました。この子は、毛布を脱ぎ捨てたがっていました。眠りに少し沈むと、飛び上がり、反対側に向くのです。喉が渇いて水を欲しがりました。  

posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」5





  Όποιος πέρασε από τα Σάλωνα είδε τον Θύμιο σκυμμένο στο εργαστήρι του. Τίμησε την τέχνη του. Κανένας δεν τον πέρασε στη μαστοριά. Έχει πολλούς καλφάδες. Στέλνει κουδούνια στον Παρνασσό, στο Βελούχι, στον Όλυμπο. Ποιος βιολιτζής μπορεί να μετρηθεί με τον Μαστροθύμιο που κάνει και τραγουδούν οι ράχες;





 サロナを訪れた人は、作業所で屈みこんでいるシミオスを目に留めました。彼の技術を高く評価したのです。誰もその熟達度で彼を超えることはありませんでした。シミオスはたくさんの弟子を持っていました。そして、鐘をパルナッソスやベロウヒやオリンポスに送っていたのです。どのバイオリン奏者がシミオス名人と優劣を競えるでしょうか? 名人が歌えば、峰々も歌うのですから。 





第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」4





  Μέρες πολλές, εβδομάδες δούλευε στο εργαστήρι του γι’ αυτά τα κουδούνια. Τα έβαζε μέσα στο καμίνι του, ώσπου να γίνουν κόκκινα σαν κάρβουνα. Τα σφυροκοπούσε στο αμόνι, πάλι τα έκαιγε, πάλι τα δούλευε με το σφυρί.
  ≪ Όχι, όχι, ακόμα δεν τραγούδησες ≫, έλεγε. Κι όλο τα χτυπούσε, ώσπου τα έφτιαχνε όπως ήθελε. ≪ Εσύ θα ‘χεις τη φωνή σου και συ τη φωνούλα σου. Εσύ θα τραγουδάς σαν κούκος, εσύ σαν σταλαγματιές νερό. Κι όλα μαζί θα λέτε το τραγούδι που ξέρω εγώ ≫.





 何日も、何週間も、この鐘のために作業所で働いたのです。炉の中に入れるのです。そこで、炭の様に赤くなるまで入れて置きます。それを金床で打つのです、また、焼きます、また、ハンマーを使うのです。 
 「いえいえ、それでは、まだ歌いません。」と言います。望んだ様になるまで、どれも全部を打つのです。「君は君の声を持っているはず、君は可愛い君の声を。君はカッコーの様に歌えるはず。君は滴る水の様に。そして、みんなが一緒に、私の知っている歌を歌うでしょう。」 


posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」3





  Κι άκουγαν όλοι τα κουδούνια. Από τον χτύπο των κουδουνιών καταλαβαίνουν πώς περπατούν τα πρόβατα, πώς τινάζουν το κεφάλι για να κόψουν το χροταράκι, πώς πάνε λίγα βήματα και στέκουν, πώς βόσκουν, όλο βόσκουν.
  Τραγουδούσαν τα βαθιά κουδούνια, τραγουδούσαν και τα ψηλά, όπως τους είχε πει ο Κουδουνάς. Κι άκουγαν τα βουνά...
  Έτσι τα έφτιαξε τα κουδούνια ο Μαστροθύμιος. Κάθε ένα με τη φωνή του.





 全部の鐘が聞こえたのです。鐘の打つ音で、羊たちがどういう風に歩いているか、どういう風に頭を振って草を切るのか、どんな風に少ない歩数を歩むのか、立ち止まるのか、どういう風に草を食べているのかが分かるのです。全部が草を食べているのです。 
 低い音の鐘が歌っています、そして、高い音の鐘が歌っています。鐘叩きが鐘に教えていた歌なのです。そして、それが山々に聞こえていました。 
 そうして、その鐘は、シミオス名人が作ったものなのです。それぞれにそれぞれの声があるのです。 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」2





  Να πούμε την αλήθεια δεν ήταν εκεί ο Θύμιος ο Κουδουνάς. Ήταν στα Σάλωνα. Μα έπαιζε τη μουσική του σαν να ήταν εκεί. Γιατί ακούστηκε μακριά ένα κοπάδι πρόβατα με τα κουδούνια του, κι αυτά τα κουδούνια ήταν όλα από το εργαστήρι του Θύμιου. Από κει ψωνίζει ο Γεροθανάσης.
  ≪ Άκου, άκου! ≫ είπαν ο Δημητράκης κι ο Γιώργος μαζί.





 本当のことを言えば、そこは鐘叩きシミオスの土地ではありませんでした。シミオスはサロナの人なのです。でも、シミオスは、自分がサロナにいるかの様に音楽を奏でたのです。と言うのも、遠くから羊の群れがシミオスの鐘を鳴らすのが聞こえたのです。その鐘は、全部がシミオスの作業所で出来たものなのです。シミオスの作業所で、ゲロサナシスおじいさんは鐘を買ったのです。 
 「聞いて、聞いて」と、ディミトラキスとヨルゴスが一緒に言いました。 





アンフィサ - Wikipedia

posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」1





Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα






  Απόψε μετά το φαγητό κάθισαν έξω κι άναψαν μια μεγάλη φωτιά, γιατί έκανε ψύχρα. Άργησαν να κοιμηθούν απόψε. Ήθελαν να χαρούν τον Φάνη. Είπαν ένα τραγούδι, είπαν δεύτερο και τρίτο. Είπαν κι ένα παραμύθι. Με το παραμύθι και με φωτιά σαν χειμώνας ήταν.
  ≪ Απόψε έχετε μεγάλη χαρά ≫, είπε ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα. Σταθείτε να σας παίζω κι εγώ μια μουσική ≫.





サロナの鐘叩きシミオス


 その日の夜、食事の後、子供たちは外に座りました。そして、大きな焚き火を焚いたのです。ちょっと寒かったものですから。その夜は、眠りにつくのは遅くなりました。ファニスと楽しく過ごしたかったのです。一つの歌を歌いました、それから次の歌を歌いました、そして三番目の歌を歌いました。それから、お話を一つ語りました。お話と焚き火、冬の様でした。 
 「君たちは、今夜、大変なお楽しみだね。」と、サロナの鐘叩きシミオスが言いました。「君たちに私が一曲演奏するのを許してくれないかな。」 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」2





  Ο Καλογιάννης έβγαλε το γιλέκο του και παράστησε τον μυλωνά, όταν προσπαθούσε να το φορέσει. Όταν τραγούδησε και το:

  Τούτη η γης που την πατούμε,
  όλοι μέσα θε να μπούμε,

  ήταν απαράλλαχτος ο Μπαρμπακούκης.
  Τι γέλια έγιναν! Γελούσε κι ο Γκέκας. Έτσι έλεγαν τα παιδιά, πως γελούσε. Είχε κι αυτός το στόμα ανοιχτό και σήκωνε το κεφάλι του, τάχα πως κουβέντιαζε κι αυτός, τάχα πως τα καταλάβαινε όλα με το νι και με το σίγμα. Σαν να ‘λεγε κι αυτός για τον μυλωνά: ≪ Χι, χι, χι, τον Μπαρμπακούκη! ≫





 カロヤニスは自分のチョッキを脱ぎました、そして、チョッキを着ようとしていた時の粉挽き職人の真似をしたのです。その時には、粉挽き職人はこの歌を歌っていました。 

  われらがふむ、この土地は 
  みんながいずれなかにはいるのさ 

 それは、バルバコウキスとそっくりでした。 
 どれ程可笑しかったことでしょう! 犬のゲカスも笑ったのです。ゲカスがどの様に笑ったか、子供達はこう言っています。犬は、口を開けたまま頭を持ち上げていました。おしゃべりしている様でしたし、語頭から語尾まで何でも分かっている様でした。犬のゲカスは、「ヒ、ヒ、ヒ、バロバコウキスそっくりだ!」と、カロヤニスの粉挽き職人のことを言っている様でした。 





第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」1 





Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός






  Έφτασαν στις εννιά το βράδυ.
  Είκοσι παιδιά έτρεξαν στον Φάνη και τον σήκωσαν στα χέρια. Ήθελαν να μάθουν αμέσως πού πήγε και τι είδε. Πώς χάθηκε και πώς βρέθηκε. Όλοι μαζί τον ρωτούσαν.
  ≪ Σιγά-σιγά ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Θα σας τα πω ύστερα ≫.
  ≪ Θα σας πούμε για τον Αράπη ≫, είπε ο Μαθιός.
  ≪ Πήγαμε στο σπίτι του και τον είδααμε ≫.
  ≪ Αυτό δεν είναι τίποτα ≫, είπε ο Καλογιάννης. ≪ Είδαμε τον μεθυσμένο μυλωνά. Είχε πιει ένα αμπέλι κρασί ≫.
  ≪ Και ποιος σας άλεσε το αλεύρι; ≫ ρώτησε ο Δημητράκης.
  ≪ Το αλεύρι το άλεσε ο μύλος ≫.
  ≪ Ο μυλωνάς τι έκανε; ≫
  ≪ Να τι έκανε ≫.





 子供達は、夜の九時に着きました。 
 二十人の子供たちがファニスのことろへ駆け寄りました。そして、みんなの手で抱き上げたのです。 二十人の子供たちは、ファニスがどこに行き何を見たのかを、すぐに知りたがりました。みんなが一斉に、ファニスに尋ねたのです。 
 「ひとつ、ひとつ」とファニスは言いました。「後、みんなに話すから。」 
 マシオスは、「アラピスのことを話してあげるよ」と言いました。
 「あの人の家に行ったんだよ、僕らは会ったんだ。」 
 「なんでもなかったよ、」と、カロヤニスは言いました。「酔っ払った粉挽き職人に会ったよ。ぶどう酒を飲んでた。」 
 「それでは、誰が、小麦粉に挽いたの?」と、ディミトラキスは尋ねました。 
 「水車が小麦粉を挽いたんだよ。」 
 「粉挽き職人は何をしたの?」 
 「こうしたんだ。」  




8月7日、訂正: 
カロやニス→カロヤニス  
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」4





  Δεν είναι ο πρώτος τέτοιος βράχος. Πολλές πέτρες από μακριά μοιάζουν με ανθρώπινο πρόσωπο. Μια γριά μπορεί να τις πάρει για στοιχειά. Ένα παιδί μπορεί να τις φοβηθεί. Ένα παιδί, μα όχι άντρες όπως ο Αντρέας, ο Φάνης, ο Μαθιός, ο Καλογιάννης, ο Κωστάκης.
  Όχι αυτοί που τόλμησαν ν’ ανεβούν και να δουν.
  Και τώρα γελούν με τα λόγια της γριά-Χάρμανινας!
  Πού είναι οι φωτιές του Αράπη; Πού είναι ο Αράπης; Από μακριά κοιτάζουν τον βράχο και του φωνάζουν;
  ≪ Ε, Αράπη! ≫
  ≪ Να βάλεις τον σκούφο σου, μπαρμπα-Αράπη! ≫
  ≪ Να καπνίσεις και το τσιμπούκι σου, γερό- Αράααπη! ≫
  ≪ Καληνύχτα, γερο-Απάααπη! ≫





 それが最初の岩ではないのです。多くの岩が、遠くからだと、人間の顔に似ているのです。ある老婆が幽霊と間違ってしまうかもしれません。ある子供がそれを怖がるかもしれまでせん。ある子供、でも、それは、アンドレアスやファニスやマシオスやカロヤニスやコスタキスの様な勇者ではないのです。 
 勇敢にも登って行って直面した彼らは、怖がるような子供ではないのです。 
 今、彼らは、ハルミナおばあちゃんの言ったことを笑っているのです! 
 アラピスの火はどこですか? アラピスはどこですか? 子供達は、遠くから岩を見つめて、叫んだのす。 
 「やあ、アラピス!」 
 「頭巾をかぶりなよ、アルピスおじさん!」 
 「パイプをふかせなよ、アルピスおじいさん!」 
 「おやすみ、アルピスおじいさん!」 





第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」、おわり。 

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする