2018年09月29日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





夜も更けた頃、他に誰もいない部屋へ僧を連れて入り、人に聞かれない様に、「貴方は一体如何言うお方か?」と尋ねた。経信が静かにもう一度尋ねると、僧は泣きながら語り出した。  





Προχωρημένη νύχτα πιά, ο Τουνενοβού τον πήγε σε ένα δωμάτιο που ήταν άδειο και κανείς άλλος δεν παρευρισκόταν. Έτσι τον ρωτήσε κλεφτά: ≪ Ποιός είσαι αληθειά; ≫. Και, κατόπιν ξερωτήσε ήσυχα, ο μοναχός άρχισε να διηγήθηκε με πολά δάκρυα.



posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」8





  Ο Κωστάκης, σκυμμένος με ένα σφυρί, προσπαθούσε να καρφώσει το παπούτσι του με τις πέντε πρόκες του Σπύρου. Μόλις το κάρφωσε και το φόρεσε, κλαπ, άνοιξε κι έχασκε όπως πρώτα. Οι πρόκες του Σπύρου ήταν άχρηστες.
  Ο Κωστάκης ήταν πια με ένα πόδι! Τότε πέντε παιδιά, τέσσερα κι ο Γκέκας πέντε, πήραν το παπούτσι του Κωστάκη και τράβηξαν για το Μικρό Χωριό. Το βράδυ το έφεραν διορθωμένο. Μαζί με το παπούτσι έφεραν κι ένα νέο. Είπαν πως τα δόντια του μπαλωματή από τρία έγιναν δύο.





 コスタキスは、槌を一挺持って前屈みになり、スピロスの五本の鋲を使って、自分の靴を鋲で留めようと頑張ったのです。鋲で留めると、すぐに履いて見ました。クラップ、開いて、初めの様に、靴は大口を開けたのです。スピノスの鋲は、役に立たなかったのです。 
 コスタキスは、もう片足なのです! それから、五人の子供たちが、四人とそれから犬のゲカスで五人なのです、コスタキスの片方の靴を持ってミクロ・ホリオに向かったのです。夕方には、修繕されたのを持って帰ったのです。五人は、靴と一緒に、ニュースも持って来たのです。靴直し職人の歯は、三本から二本になったと言うのです。  




第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」、おわり。 



posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」7







  ≪ Και τι τα κάνει; ≫ ρωτάει ο Γιώργος.
  ≪ Τίποτα. Τι θες να τα κάνει; Μόνο έχει τη μανία να τα μαζεύει. Καμιά φορά προσπαθεί να τραβήξει και βαριά ρούχα ≫.
  Κι ο Σπύρος κάνει τη δουλειά της κίσσας. Απ’ όσα έχει μέσα στο κουτί, κανένα δεν του είναι χρήσιμο.





 「それでカササギは何をするのですか?」とヨルゴスは尋ねます。 
 「何も。君はカササギにそれらをどうして欲しいのかな? カササギは集めるのに熱中しているだけなんだよ。ある時など、重たい服をどうにか引きずって来ようとしていたよ。」 
 そうですね、スピロスも、カササギの仕事をしているのです。箱の中に入っているものはどれも、彼には役に立つものではないのです。 




posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」6





  ≪ Γι’ αυτό λοιπόν, Σπύρο, περπατάς όλο σκυμμένος, για να βρίσκεις αυτά; Πού είναι οι πρόκες; ≫
  Ο Σπύρος έδειξε πέντε πρόκες σκουριασμένες.
  ≪ Για να τις πάρεις ≫, είπε, ≪ θα μου δώσεις μια πένα της χήνας. ≫
  Ο κυρ-Στέφανος είπε ύστερα στα παιδιά : ≪ Ξέρετε την κίσσα; ≫
  ≪ Όχι ≫.
  ≪ Είναι ένα πουλί που μοιάζει με τον Σπύρο. Μαζεύει πράγματα που δεν του χρειάζονται. Ό,τι βρει : βελόνες, κουτιά, καρφιά, τενεκεδάκια, ακόμα και δεκάρες. Αυτά πάει και τα κρύβει σε μέρος πολύ μυστικό, καθώς στη σκεπή του σπιτιού, σε μια τρύπα όπου δεν πέφτει μάτι ανθρώπου ≫.





 「それで、スピロス、こんなのを見つけるために、ずっとかがんで歩いているの? 鋲はどこにあるの?」 
 スピロスは、五本の錆びた鋲を指さしました。 
 「ガチョウのペンをぼくにくれたら、それを持って行っていいよ。」 
 それからです、ステファノスさんは子供達にこう言ったのです。「君たちは、カササギを知っているかい?」 
 「いいえ。」 
 「スピロスと一緒で、ものを集める鳥なんだよ。自分には役に立たないものを集めるんだ。見つけたものは全部だよ。針、箱、釘、ちっちゃなブリキ缶、それに、十レプタ硬貨。それらを持って行ってね、どこか中のまるでわからないところに隠すんだ。家の屋根とか、人間の目が届かない穴とかにね。」 

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」5





  Ήταν κι ένα κλειδί από κουτί σαρδέλας, ένα τενεκεδένιο σκέπασμα, μισό ψαλίδι, ένα σίδερο που δεν φαίνεται πια τι είναι και άλλες τέτοιες σκουριές.
  ≪ Σπύρο! ≫ του φώναξε ο Κωστάκης.
  Ο Σπύρος γύρισε ξαφνικά. Όταν τον είδε, του κακοφάνηκε.
  ≪ Έλα, το είδα το κουτί σου ≫, λέει ο Κωστάκης.
  ≪ Έλα τι είδες; ≫
  ≪ Είδα τα αρχαία που έχεις. Για να το δω κι από κοντά ≫.
  Ο Σπύρος είχε μείνει με το στόμα και με το κουτί ανοιχτό.





 それに、イワシの箱の釘が一本、ブリキの蓋、ハサミの片方、もう何だからわからない鉄くず、その他の屑のようなもの。 
 「スピロス!」とコスタキスは彼に呼びかけました。 
 スピロスはハッと振り返りました。コスタキスを見ると、スピロスは気分を悪くしたのです。 
 「ねえ、ぼく、君の箱を見ちゃった。」とコスタキスは言ったのです。 
 「ええ、何を見たの?」 
 「君の持ってる骨董品を見たよ。近くで見ていい。」 
 スピロスは口と箱を開けたままにしていたのです。   


posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 僧はとても窶れていた。けれども、只人には見えなかった。経信は僧を招き入れて、もて成した。 



  Ο μοναχός ήταν πολύ κάτισχνος. Αλλά δεν φάνηκε ότι ήταν στην μετριότητα. Ο Τιυνενοβου τον οδήγησε μέσα στο σπιτι του και συμπεριφέρθηκε.


16日、訂正:
μέσα を挿入
posted by kyotakaba at 15:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」4




  Ο Κωστάκης, καθώς είναι μ’ ένα παπούτσι, πλησιάζει στην πόρτα σιγά-σιγά, χωρίς ν’ ακουστεί. Βλέπει τον Σπύρο να σηκώνει το στρώμα και να βγάζει ένα παλιό κουτί από λουκούμια. Το άνοιξε και το έψαχνε. Κανένα παλιό και σκουριασμένο πράγμα δεν έλειπε από μέσα. Εκεί ήταν το παλιό καρφί, η παλιά βελόνα, η παλιά πρόκα, η στραβή σακοράφα κι χαλασμένη πένα, το ξερό καλαμάρι και το σπασμένο κουτάλι.

σακοράφα : Μεγάλη βελόνα για ράψιμο σάκων.
καλαμάρι : Μελανοδοχείο.
λουκούμι : Λουκούμι - Βικιπαίδεια





 コスタキスは、靴が片方だけだったのですけれど、音を立てずにゆっくりゆっくり戸に近づいたのです。そして、スピロスがマットレスを上げて古いルクーミの箱を出すのを見たのです。スピロスは、箱を開けて、中を探しますよ。古い錆びた色々なもので、なくなっていたものはなかった。中にあったのは、古い釘、古い鋲、曲がった大釘、つぶれた万年筆、干からびたインク壺、折れたスプーンなのです。


posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」3





  Ο Σπύρος δεν ήθελε να βλέπει κανείς άλλος το κουτί του. Τον Σπύρο τον ήξεραν όλοι πως είναι σφιχτοχέρης. Ο,τι έχει το κρύβει και μόνο αυτός το βλέπει. Λένε πως έχει ένα κουτί με διάφορα πράγματα μέσα. Αυτό το κουτί το βάζει σ’ ένα μέρος κρυφό στην καλύβα. Μόνο άμα λείπουν οι άλλοι το ανοίγει. Τι να ‘χει μέσα;

 スピロスは、他の誰にも自分の箱を見られたくなかったのです。誰もが、彼はけちだって知っているのです。彼が隠したものは何でも、それを見るのことが出来るのは彼だけなのです。彼は中に色々なものが入っている箱を一つ持っている、と言われているのです。その箱を小屋の中のある隠し場所に置いているのです。他の人が誰もいない時に、スピロスはその箱を開けるのです。彼は中に何を入れているのでしょう? 



posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」2





  Φωνάζουν τον Σπύρο μήπως έχει καμιά πρόκα. Ο Σπύρος πάντα κάτι έχει. Βελόνες, καρφιά, κάτι τέτοια τα μαζεύει.
  ≪ Σπύρο! Σπύρο! Έχεις καμιάσ πρόκα; ≫
  ≪ Μεγάλη; Μικρή; ≫ λέει ο Σπύρος. ≪ Για παπούτσι, για ξύλο, τι τη θέλεις; ≫
  ≪ Το ποπούτσι μου ξεκαρφώθηκε ≫.
  ≪ Τώρα να κοιτάξω ≫.
  ≪ Να ‘ρθω κι εγώ; ≫
  ≪ Όχι, να μην έρθεις ≫.





 子供たちは、いつも、なにか釘を持っていないかと、スピロスを呼んでいました。スピロスは、いつだって、なにかを持っているのです。針、鋲、そう言うものを集めているのです。 
 「スピロス、スピロス! なにか釘の様なのを持ってない?」 
 「大きいの、小さいの?」とスピロスは言いました。「靴の、木の、何に使いたいの?」 
 「ぼくの靴の釘が抜けっちゃたんだ。」 
 「みせて。」 
 「そっちに行こうか?」 
 「いいや、来ないで。」 


posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

撰集抄の花林院永玄僧正 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 夕暮れ時に、六十を過ぎた様な年頃の僧が現れた。顔立ちはとても端正で聡明そうであった。その僧が物乞をした。  





Κατά το σούρουπο ένας μοναχός παρουσιάστηκε. Φάνηκε ότι έχει περάσει την ηλικία των εξήντα. Η οψή του ήταν πολύ τακτική και φάνηκε έξυπνος. Αυτός μοναχός ζητιάνεψε.



posted by kyotakaba at 15:17| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」1





Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι



  Ο Κωστάκης μ’ ένα παπούτσι. Το άλλο το χάλασε χτες στον δρόμο που πήγαν για τον Φάνη. Ξεκαρώθηκε όλο από κάτω και χάσκει. Ο Κωστάκης σέρνει το παπούτσι του σαν να είναι κουτσός ή γέρος. Δεν μπορεί να κάνει πολλά βήματα. Το παπούτσι ανοίγει και κάνει: κλαπ, κλαπ!
  Σπουδαίο πράγμα το παπούτσι... Τι αξίζει ο μπαλωματής! Να περνούσε τώρα ένας... Ή να ερχόταν εκείνος ο μπαλωματής του Μικρού Χωριού, ο γέρας με τα τρία δόντια! Θα χτυπούσε πάλι με τις γροθιές του τον αέρα και θα έραβε.





 コスタキスは靴が片方だけなのです。もう片方は、きのう、ファニスのところへ行ったときの道で駄目にしたのです。下から釘が全部抜けて、大口を開けたのです。コスタキスは、自分の靴を引き摺っていたのですが、それはまるで、びっこになったのか、おじいさんになったかの様でした。何歩も歩けないのです。靴は開いて、こう鳴るのです、クラップ、クラップって。 
 靴は両方あって価値があるので…、靴職人はなんて大切なのでしょう! 今、職人が一人通ってくれたら…、ミクロ・ホリオ靴職人さん、あの三本歯のおじいさんが来てくれたらいいのに! そうしたら、空を打って、また、縫ってくれるだろうに。 


posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο

 第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3 の中の、 
Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.  
の部分、 その中の、「 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο 」を「片手と額が痛かったのです。」と訳したのだけれど。それでいいのかどうか分からない。 
 ここの部分、三つの文なのだけれど、一つ目の主格は、Ο κυρ-Στέφανος 、三つ目の文の主格はΟ Φουντούλης 。それで、二つ目の文は、主格は何だろうか? 
 文の進行からすれば、Ο κυρ-Στέφανοςなのかな、と思う。ステファノスさんがフォンドゥリスの手と額を取った。と言うことかと。でも、έπιασε の前に、Του 単数三人称代名詞の属格( 与格? )が来ているのは何故かと、気になる。
 Τον έπιασε από το χέρι και το μέτωπο. ならば、一般的な表現なのだけれど。 
 それで、Με έπιασε το κεφάλι μου. 頭が痛くなる。 と言う表現があって、でもそれは、対格を使っているのだけれど、 
 μου αρέσει ... と言う表現もあるので、属格でもいいのかな、と思ったので。 

 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο.  英文法的にいえば、έπιασε 動詞/Του 間接目的語/το χέρι και το μέτωπο 直接目的語と言うことなのかな? でも、それでも、文の意味がよく分からないのだけれど、、、  


追記: 
Του έπιασε το χέρι για να μην πηδήξει. 彼が飛び出さないように、手を押さえた。と言う例文がオックスフォード辞書にあったので、
やはり、主格は、Ο κυρ-Στέφανος で、ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。と言うような意味なのだと。
posted by kyotakaba at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」4





  Ο κυρ-Στέφανος βγήκε έξω και κάλεσε τον Αντρέα με τον Φάνη και τον Δήμο.
  ≪ Φουντούλης ≫, είπε, ≪ είναι πολύ αγαθό παιδί και τον αγαπάμε όλοι, μα ξέρετε το ελάττωμά του. Είναι λαίμαργος. Από δω και πέρα να τον προσέχετε. Σήμερα κι αύριο θα πίνει μόνο ζεστό. Καμιά φασκομηλιά. Έχετε; ≫
  ≪ Ου! Μας άφησε ο Μπαρμπακώστας ένα σακί ≫.
  ≪ Δυο μέρες λοιπόν ο Φουντούλης θα πίνει φασκομηλιά ≫.
  Τι ατυχία! Σε λίγη ώρα η Αφρόδω έστειλε μια πίτα.





 ステファノスさんは外に出ました。そして、アンドレアスにファニス、それにディモスを
呼んだのです。 
 こう言いました。「フォンドゥリスは、とても天真爛漫な子供だね。私たち誰もがあの子が大好きだよね。でも、君たちはあの子の欠点を心得ておかないとね。あの子は、食いしん坊なんだ。これから、あの子に気をつけて世話をしなさい。今日と明日は、温かいものを飲むだけだろう。セージか何かあれば。君たち持っているかい?」 
 「ああ! バルバコースタスさんが一袋ぼくたちに置いて行ってくれたよ。」 
 「それでは、二日間は、フォンドゥリウスはセージを飲むのがいいだろう。」 
 なんて運が悪いのでしょう! それからすぐに、アフロドウがパイを一つ送って来たのです。  




第五十六章「病気になったフォンドゥリス」、おわり。   



posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3





  Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.
  ≪ Τι αισθάνεσαι, Φουντούλη; ≫ ρώτησε ο κυρ-Στέφανος. ≪ Πονάς πουθενά ≫
  ≪ Όχι ≫
  ≪ Τίποτα κουλούρια μήπως έφαγες; ≫
  ≪ Δεν έχω ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Τίποτ’ άλλο βαρύ; Τίποτα ελαφρό; ≫
  ≪ Όχι, ούτε ελαφρό ≫.
  ≪ Για πες μου ≫, σκύβει και του λέει κρυφά, ≪ μήπως έφαγες τίποτα αχλάδια άγρια; ≫
  ≪ Λίγα ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Λίγα; Ως πόσα; ≫
  ≪ Όσα βρήκα στην αχλαδιά ≫.
  ≪ Πότε έγινε αυτό; ≫
  ≪ Προχτές ≫, είπε ο Φουντούλης. ≪ Και χτες ≫.





 ステファノスさんは小屋へ進みました。そして、フォンドゥリスの上に屈み込みました。ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。フォンドゥリス両目を開けて、ステファノスさんを見つめました。 
 ステファノスさんは尋ねました。「フォンドゥリス、どういう感じだい? どこか痛むかい。」
 「いいえ。」 
 「クルウリか何か食べたかな?」 
 「食べない。」と、フォンドゥリウスは言いました。 
 「何かほかに、こってりしたものは? あっさりしたものは?」 
 「いいえ。あっさりしたものも食べないよ。」 
 ステファノスさんは屈み込んでひそひそとフォンドゥリウスに言いました。「私にだけ話してごらん、もしかして、野生の梨を食べなかったかい?」 
 「ちょっと」、とフォンドゥリウスは言いました。 
 「ちょっとなの? 何個ぐらい?」 
 「梨の木にあっただけ。」 
 「何時のことかな?」 
 「おととい、それからきのう。」とフォンドゥリスは言いました。 




9月4日追記、訂正:
片手と額が痛かったのです。→ ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά | Official Video Clip

posted by kyotakaba at 22:22| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

撰集抄の花林院永玄僧正 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 最近のことだ。宮廷の高官、源経信が田上と言う山里に住んでいた。 
 ある年の九月、月は下弦の頃だった。 





Ήταν πρόσφατο γεγονότα.
Ο Μιναμότο νο Τουνενοβου, αξιωματούχος της αυλή, έμενε στο ορεινό χωριό που ονομαζόταν Τανοκαμη.
Τον Σεπτέμβριο ενός έτους, το φεγγάρι ήταν τελευταίο τόταρτο που έφθινε.



posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする