2018年12月26日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」3





  ≪ Ήταν ένας χωριάτης ≫, άρχισε να λέει ο δασάρχης, ≪ κι είχε μια γίδα. Την πήγαινε στο δάσος κι έβοσκε. Μια μέρα που την άρμεγε, τι να δει; Αντί γάλα, έβγαζε νερό. Το νερό γέμισε την καρδάρα, πλημμύρισε τον τόπο και κατέβηκε με ορμή στους κάμπους. “Έλα, για όνομα του Κυρίου”, είπε ο χωριάτης την ώρα που πνιγόταν. Γιατί όλα αυτά στ’ όνειρό του τα είδε! Όταν ξύπνησε, πήγε σε δυο χωριάτες εκατό χρόνων να του εξηγήσουν τ’ όνειρο. Ο ένας γέρος του είπε πως το νερό θα είναι γάλα. Ο άλλος του είπε πως θα έχει να κάνει με δικαστήρια. “Οι γέροι παραγέρασαν”, είπε. “Ας πάω να δω τον ψάλτη, που διάβασε περισσότερα”.





 「それは、一人の村人がいたのです。」と、監督官は話し始めたのです。「牝山羊を一匹飼っていたのです。その山羊を森に連れて行って、草を食べさせていたのです。ある日のこと、山羊の乳を搾っていた時、その人は何を見たでしょう? 乳ではなくて、水が出てきたのです。その水は乳の樽をいっぱいにしたのです。あたりに溢れ出しました。そして勢いよく平原に下って行きました。その村人は溺れ死ぬ時に、「さあ、とうとう、主の御名のままに、」と言ったのです。と言うのは、それらすべてを、この村人は夢に見ていたからです。目が覚めて、二人いる百歳の村人のところに行って、自分の夢を解いてもらったのです。一人の老人は、その村人に、その水は乳だろうと言いました。もう一人の老人は、その村人に、裁判と関係があるのではなかろうか、と言ったのです。その村人は、「老人たちは歳を取りすぎている。教会の聖歌隊の人のところに行くことにしよう。あの人は、たくさん読んでいるから。」と言いました。」 


posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

5. Ο Σκέλεθρας 11

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Καλημέρα, Κυρ Σκελεθρά! ≫


≪ Καλημέρα… αλλά μη με λές “Σκελεθρά”… έχω όνομα… Παύλο με λένε… ≫



≪ Τι έπαθες σήμερα, που σου ’ρθε μετά από δέκα χρόνια, Κυρ-Σκελεθρά; ≫


≪ Θα φύγω! ≫
≪ Θα πάρω το τρένο να κάνω ένα ταξίδι. ≫
≪ Χρόνια έχω να πάω… ≫
≪ Η εξοχή θα μου κάνει καλό… ≫




≪ Θα με κάνει να ξεχάσω… ≫





「おはようございます、骨氏。」 

「おはよう、…、ですが、「骨氏」と呼ばないで下さい。私には名前があります…、パウロスと呼んで下さい。」 

「何があったのですか? 骨氏、今日はあれから10年経った日になりますが?」 

「私は出て行こう!」 
「列車に乗って旅に出よう。」 
「行かなければならない時だ…」 
「田舎は僕を良くしてくれるだろう…」 

「忘れさせてくれるだろう…」  



posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」2





  ≪ Είναι του Γεροθανάση ≫, είπαν τα παιδιά στον δασάρχη.
  ≪ Πόσα είναι; Μήπως ξέρετε; ≫, ρώτησε ο δασάρχης.
  ≪ Ο Λάμπρος που τα βόσκει λέει πως είναι καμιά διακοσαριά ≫.
  ≪ Μα πώς ο Γεροθανάσης, με τόσες χιλιάδες πρόβατα, έχει μόνο διακόσια γίδια; Δεν σας φαίνεται παράξενο; Έχει ο Γεροθανάσης τον λόγο του! Έχει ακούσει το όνειρο του χωριάτη ≫.
  ≪ Και ποιο είναι το όνειρο του χωριάτη; ≫ ρωτούν τα παιδιά.





 「あれは、ゲロサナシスさんの群れです。」と、子供たちは監督官に言いました。 
 「どれくらいだろう? もしかして、君たちは知っているのかい?」と、監督官は尋ねました。 
 「今草を食べさせているのがラブロですですが、だいたい二百だと言っていました。」 
 「おや、でも、何千もの羊を持っているゲロサナシスさんが、たった二百の山羊とは? 君たちには変には思えないかい? ゲロサナシスさんは何か理由があるんだ! 彼は、村人の夢を聞いたことがあるのだから。」 
 「村人の夢というのは何ですか?」と子供たちは尋ねました。   


posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」1





Τ’ όνειρο του χωριάτη





  Ο Καλογιάννης φώναξε ξαφνικά : ≪ Παιδιά, ο Λάμπρος! ≫
  Γύρισαν και είδαν εκεί παρακάτω στην πλαγιά το μαύρο κοπάδι που έβοσκε και προχωρούσε. Ο Λάμπρος είχε μείνει πίσω και τ’ οδηγούσε με το σφύριγμα. Σφύριζε τόσο ωραία! Νόμιζες πως ακούς χαρούμενη γαλιάντρα. Τα γίδια άκουγαν το σφύριγμα του κι επειδή καταλάβαιναν πως τους έλεγε να πάνε μπροστά, προχωρούσαν ευχαριστημένα.





 カロヤニスが突然に叫んだのです。「みんな、ラブロスだ!」 
 みんなは振り向きました。そして、ずっと下の斜面にひとつの黒い群れを目にしたのです。群は草を食んでは、前に進んんでいました。ラブロスは後ろにいたままです。群れを口笛で導いているのです。とても上手に吹くのです! 皆さん、楽しそうな雲雀が歌っているのを聴いていると思ってご覧なさい。ヤギたちはラブロスの口笛を聞いて、ラブロスが前に進めと言っているのか分かるのです。それで、喜んで前へ進むのです。
posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

62. Και τα δέντρα πονούν

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」  





Και τα δέντρα πονούν




  Εκεί κοντά ένας άνθρωπος κρατώντας μικρό κι ελαφρό τσεκουράκι χάραζε τα πεύκα.
  ≪ Πουρναρίτης! ≫ είπαν τα παιδιά μόλις τον είδαν.
  ≪ Δεν μπορεί να είναι κακός άνθρωπος ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ γιατί θα έφευγε μόλις μας άκουσε ≫.
  Ρώτησαν τότε τα παιδιά κι έμαθαν πως αυτός ο ρετσινάς έχει την άδεια του δασάρχη να μαζεύει το ρετσίνι.
  Όταν πλησίασαν είδαν αλήθεια με τι μεγάλη προσοχή χάραζε τ’ αγαπημένα πεύκα για να σταλάζει το ρετσίνι χωρίς να πάθουν τίποτα. Τους έκανε σιγά-σιγά μια πολύ στενή χαραματιά. Ήξερε πως και τα δέντρα πονούν.





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」 


 近くで、小さくて軽い斧を手に持ったひとりの人が、松の樹に刻みを入れていました。 
 「プウルナリの人だ!」と、子供たちは、その人を見るとすぐに言いました。 
 「悪い人ではない様だよ。」と、マシオスが言うのです。「悪い人だったら、僕たちの声が聞こえたら、すぐに逃げただろうからね。」 
 そうして、子供達は尋ねて、その人は松やに取りで、監督官の許可を持っていて、松やにを集めているのだ、と言うことを知ったのです。 
 子供達は近づいてみて、その人が、松の樹が少しも痛むことなく松やにを垂らす様に、本当に大きな注意を払って刻みを入れていると言うことを目にしたのです。ゆっくりゆっくりと、とても狭い刻み目をつけていくのです。その人は、樹がどれくらいで痛むかは知っていたのです。   





第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」、おわり。  


posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

トラブゾンの猫

 作家 小田実さんと妻で画家の玄順恵さんの旅行記。小田実さんが亡くなる直前の、ギリシャ・トルコ旅行の思い出。 

トラブゾンの猫 : 小田実との最後の旅 - Webcat Plus

posted by kyotakaba at 21:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

5. Ο Σκέλεθρας 10

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Θεός σχωρέσ’ τον, αλλά ήταν λέρα ο μακαρίτης. ≫
≪ Τί κακό έκανα; ≫




≪ Μόνο τα επαγγελματικά να βάλεις… άδικα, τοκογλυφία, ψευτιά…. και τσιγκουνιά… και… Πώς το είπε ο καλλιτέχνης; Κυνισμός! ≫
≪ Το κρανιακόν οστούν… Το μετωπικόν οστούν… ≫




ΑΑΑΑΑΑ

≪≪ Άτιμο παιδί! Το δόντι! ≫≫
≪ Τί σου ‘κανα, μπάρμπα; ≫
≪ Όνειρο ήταν, μπάρμπα, όνειρο… ≫






「神は彼を休め給うた、けれども、この故人は、人間の屑だった。」 
「私はどんな悪事をしたのだ?」 

「お前は攻撃することだけが職業で、…、不正、高利、嘘、そして吝嗇。それに、芸術家はこのことをどう言ったか? 犬儒派!」 

「これが頭蓋骨、…、これが額の骨、…、」 

ああああああ 

「恥知らずな子め! 歯か!」 
「おじさん、僕がおじさんに何をしたの?」
「夢だよ、おじさん、夢だよ…」  



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

61. Από που έρχεται το νερό 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」3





Για να σταλάζει όμως το νερό και να μπει στη γη πρέπει ο τόπος να είναι φυτεμένος. Αν δεν υπάρχουν χλωρά και ξερά φύλλα να το κρατήσουν, τότε το νερό πηγαίνει στα ξεροπόταμα και χάνεται στη θάλασσα και στον αέρα. Λοιπόν και τις βρύσες ακόμα, το ευλογημένο το δάσος μας τις δίνει. Αν αφήναμε τους ανθρώπους να κόψουν το δάσος, αυτή η βρυσούλα εδώ θα στέρευε. Θα στέρευαν όλες οι βρύσες που συναντήσαμε από την πόλη ως εδώ και μαζί μ’ αυτές και το ποτάμι ≫.





「けれども、水が浸透して大地に入る為には、植物が生えている場所が要るのです。水を保っておく青々した葉、それに枯葉がないと、水は、水の無い川床へ行ってしまい、海か空気の中へ逃れてしまうのです。つまり、泉はですね、恵まれた森が私たちにもたらしてくれているのです。もし、森を切ってしまう人間たちを放っておくと、ここにある、小さな泉は干上がってしまうでしょう。それだけでなく、町からここまで私たちが目にした泉もすべて干上がってしまうでしょうし、そららの泉と共に、川も干上がってしまうでしょう。」   





第六十一章「水はどこから来るか」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

61. Από που έρχεται το νερό 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」2





  Κανένας δεν ήξερε ν’ απαντήσει.
  ≪ Από τις βροχές και τα χιόνια ≫, είπε ο δασάρχης, ≪ το νερό σταλάζει σιγά μέσα στο χώμα και πηγαίνει σε μεγάλες δεξαμενές από πέτρα που έχει μέσα της η γη. Από κει βγαίνει με τις βρύσες και τα ποτάμια. Από τις βρύσες και τα ποτάμια το παίρνουν τα ζώα, οι άνθρωποι, τα σπαρτά, οι μύλοι.





 誰も知らないので、答えがありませんでした。 
 「雨と雪から、」と監督官は話し始めました。「水はゆっくりと地面に浸透するのです。そうして、その水は巨大な石で出来た水貯めに行くのです。その水貯めは、大地が自分の中に持っているのです。そこから、泉や川となって、出て行くのです。泉や川から、動物たちや人間たちや田畑や水車小屋は水を取るのです。」 





posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

61. Από που έρχεται το νερό 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」1





Από που έρχεται το νερό



  Σταμάτησαν σε μια βρυσούλα που μόλις ακουγόταν το λίγο και κρύο νερό της. Ήξεραν πως τόσο κρύο νερό δεν πρέπει να το πίνουμε όταν είμαστε ζεστοί από δρόμο κι έβρεξαν μόνο τα χέρια τους. Ήταν ταπεινή βρυσούλα, ήσυχη, που σπάνια έβλεπε διαβάτες εκεί ψηλά.
  ≪ Από που να έρχεται τούτο το νεράκι; ≫ ρώτησε ο Πάνος.
  ≪ Από το βουνό ≫, είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Ναι, μα πώς βρέθηκε μέσα στο βουνό; ≫ ρώτησε ο δασάρχης.





水はどこから来るのか 




 一行は、ある小さな泉で立ち止まりました。それは、冷たい水が小さく鳴っていたのです。みんなは、道中で身体が火照っている時には、こんな冷たい水を飲むものではないと言うことは、知っていました。ただ、手をその水に浸すだけが良いのです。それは、慎ましやかな小さな泉でした。こんな高地では、そこを通る人は稀にしか見ることのない様な泉でした。 
 「このちょろちょろの水はどこから来るの?」とパノスが尋ねました。 
 「山からだよ。」と他の子供たちが言いました。 
 「そうです。でも、山の中にどう言う風にあるのかな?」と監督官が尋ねました。   



posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

5. Ο Σκέλεθρας 9

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ
ΘΕΛΩ ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ.


≪ Ώστε σαύρα είχα ψυχή, άλλοι έχουν γουρούνι, άλλοι έχουν παγόνι… ≫





お前の歯、 
私はお前の歯が欲しい。 

「それで、私は蜥蜴の魂を持っていた。ある人たちは豚の魂だった、ある人たちは孔雀の魂だった、…」



posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

60. Ο χείμαρρας 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」9





Κοντά σε κείνο που κόπηκε βοηθάμε άλλο δέντρο να μεγαλώσει. Κι αν δεν φύτρωσε μόνο του, το φυτεύουμε εμείς. Έτσι το δάσος ξαναπαίρνει εκείνο που μας δίνει. Αν όμως αφήσουμε να πέσει στα δέντρα όποιος θέλει και να κόβει ό,τι θέλει, το δάσος θα χαθεί. Και άμα λείψει αυτό, εμείς οι άνθρωποι θα πεθάνουμε από τη δίψα ≫.





「木こりが樹を切った側で、私たちは、他の樹が大きくなるのを手伝うのです。樹が自力では生えてこない場合には、私たちが樹を植えるのです。こうして、森は、元に戻って、私たちに恩恵を与えるのです。けれども、もし、私たちが、欲しいだけ全ての樹を切ってしまうような人間に成り果ててしまったら、森は無くなってしまうでしょう。そして、森がなくなるとすぐに、私たち人間は、喉の渇きのために死んでしまうでしょう。」  





第六十章「急流」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

60. Ο χείμαρρας 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」8





  ≪ Καλά έκανες, παιδί μου, να το ρωτήσεις≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Οι λατόμαι κόβουν μόνο τα δέντρα που τους λέμε εμείς να κόψουν. Τα δέντρα αυτά είναι σαράντα, πενήντα κι εβδομήντα χρόνων το καθένα. Γέρασαν δηλαδή και ήρθε η ώρα τους να δώσουν ξυλεία, για να βγουν στη θέση τους άλλα μικρά, που πάλι θα μεγαλώσουν σαν αυτά.





 監督官はこう言いました。「君、そういうことを質問するとは、とても良いことです。木こりたちは、私たちが彼らに切りなさいと言った木々だけを切っているのですよ。それらの樹々は、どれも、四十年、五十年、七十年の樹なのです。つまり、年老いていて、材木になる時が来ているのです。そして、その場所に、新しい小さな樹が出てくる様になるのです。小さな木は、また、それらの樹々のように大きくなるのです。」  



posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου

 『 Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου 』 
Ιτσίρο Κισίμι
出版社:Ψυχογιό 2018年6月刊 

.:BiblioNet : Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου / Kishimi, Ichiro


 日本の哲学者、アドラー心理学研究者、岸見一郎教授と古賀史健の共著の翻訳。
『嫌われる勇気』だろうか? 
嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え - Webcat Plus
ギリシャ語の題名をそのまま訳すと、「敢えてあなた自身でいる」。
岸見一郎のギリシャ語表記は:Ιτσίρο Κισίμι
古賀史健のギリシャ語表記は:Φουμιτακέ Κόγκα

posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

Ο συλλέκτης

 『 Ο συλλέκτης 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Ίκαρος 2018年刊  

.:BiblioNet : Ο συλλέκτης / Soloúp

離婚した父親が娘の通学を伺うのだけれど、接触を恐れた母親がタクシーを使うようになった為、父親はタクシーのナンバーを書き残して集めるようになった、、、 

posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αϊβαλί

 『 Αϊβαλί 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Κέδρος 2014年刊  

.:BiblioNet : Αϊβαλί / Soloúp

イズミルからギリシャ本国へ移住させられた人々の物語。 

posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする