2019年03月30日

世界の国境を歩いてみたら・・・

 BS11の番組『世界の国境を歩いてみたら・・・』、4月5日の放送は、「ギリシャ×北マケドニア 『国名変更に揺れる国境を歩いてみたら』」。
国境を歩くのは、小説家の羽田圭介さん。

https://www.bs11.jp/education/sp/national-border/
posted by kyotakaba at 22:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

Η βασιλική δρυς 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。  





Πάντα όμως με συνόδευαν οι γονείς μου και δεν μπορούσα. Περνούσαμε από ‘κει όταν πηγαίναμε στο ξωκλήσι του αι Γιάννη, στο πανηγύρι.

Τη χρόνια εκείνη όμως, η μαγική εντύπωση της βελανιδιάς με είχε κυριεύσει ζωηρότερα από ποτέ…

Όλη τη νύχτα, ξύπνιος και κοιμισμένος, την ονειρευόμουν.





けれども、いつも、両親が僕と一緒に行くので、そんなことは出来なかった。僕たちは、お祭りで聖ヤニスの祠に行く時には、そこに立ち寄っていた。 

けれども、その頃、樫の樹の不思議な印象が僕を捉えていた。最高に生き生きしている樫の樹… 

一晩中、起きていても、寝ていても、樫の樹のことを夢見ていた。  
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

68. Η θύελλα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」5





  Η θύελλα τότε πήγε από τα παράθυρα. Τα έσπασε και τα δυο, τα πέταξε κάτω στο πάτωμα κι έχυνε μέσα σωρούς νερό. Από τα σπασμένα παράθυρα φάνηκε έξω χαλασμός. Νερό και χαλάζι στριφογύριζε και χόρευε. Ήταν σαν να κυλούν βαρέλια γύαλινα. Έσπαζαν κι αυτά και κυλούσαν επάνω τους άλλα, και στα συντρίμμια τους άλλα.





 すると、嵐は窓に向かいました。二つの窓を壊しました、そして、床に投げ落としたのです、そうして、大量の水を注ぎ込んだのです。壊れた窓からは、外の大荒れの様子が見えました。雨と霰が、ぐるぐる回って踊っているのです。ガラスの樽が回っている様でした。ガラスの樽が、他の樽の上で回って割れるのです、そして、また他の樽の破片の上で回るのです。   





posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

68. Η θύελλα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」4





  Άστραψε. Πέντε χρυσές οχιές στριφογύρισουν με την ουρά στη γη και την κεφαλή στον ουρανό. Ο αέρας κρύωσε ξαφνικά. Μεγάλο βουητό ακούστηκε. Ώσπου να τρέξουν μέσα στο σπίτι, η θύελλα έφτασε κι ήθελε να μπει. Έσπρωχναν από μέσα τα παιδιά την πόρτα, έσπρωχνε αυτή απέξω. Χρειάστηκε να βάλουν όλα μαζί τη δύναμή τους για να κλείσουν και να συρτώσουν.





 ピカリと光りました。五匹の金のマムシが、大地で尻尾を、空で頭をくねらせていました。風は、突然に冷たくなりました。大きな唸り音が聞こえました。子供たちが、急いで家に駆け込む前に、嵐は遣って来てしまって、家に入り込もうとしたのです。子供たちは、中から戸を押しました。嵐は外から押したのです。戸を閉めて閂を掛けるためには、みんなの力を合わせて押さなければならなかったのです。   





posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 仏法を説く導師の語り口は神々しい様で、人々は、涙を流して有難がっていた。その人も、心の底から感銘してしまった。 
 そして、その人は、そのまま家に帰ることもなく、出家してしまったのだ。    





  Ο εκπαιδευτής εξηγούσε τον Βουδισμό. Και η ομιλία του ήταν τόσο όμορφος, ώστε οι παρευρισκόμενοι το θεώρησαν θεότητα και ήταν ευγνώμονα με δάκρυα. Αυτός επίσης σιγκινόταν πολύ και ευτύπωσε τον λόγο του εκπαιδευτή στο βάθος της καρδίας του.
  Έπειτα, αυτός άφησε τον κόσμο να γίνει μοναχός χωρίς να περνάει από στο σπίτι δικό του.





posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

68. Η θύελλα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」3





  Την ώρα που είχαν τελειώσει το φαγητό, τα παιδιά ένιωσαν στον αέρα μια παράξενη μυρωδιά. Έρχεται θύελλα. Γύρισαν και κοίταξαν μακριά. Τα πέρα βουνά είχαν χαθεί. Ομίχλη, σαν χειροπιαστό μαλλί, είχε σταθεί ανάμεσα τ’ ουρανού και της γης. Η θύελλα νόμιζες πως συλλογιζόταν που να ορμήσει. Για μια στιγμή τράβηξε κατά τον κάμπο, έπειτα άλλαξε δρόμο και γύρισε πίσω κατά το Χλωρό. Τα δέντρα ανατρίχιασαν, έσκυψαν και κάτι είπαν το ένα με το άλλο.





 食事が終わる時には、子供たちは、風に変な匂いを感じたのです。嵐がやって来たのでした。子供たちは、振り返って遠くを見つめました。向こうの山々は、見えなくなっていました。もやが、それは羊毛の様に手で触れそうでした、大地と空の間にじっとしていたのです。その様子は、嵐がどこに襲いかかろうか思いを巡らしているのだと、あなたは思うかもしれません。ある瞬間、嵐は平野の方へ進みました。それから、向きを変えて、ハロロの方へ戻って行ったのです。樹々は身震いしています、屈みこんで、次から次へ何かを言伝ています。   




posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

68. Η θύελλα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」2





  ≪ Οι λοτόμοι δεν είναι μαραγκοί ≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Και όμως κοιτάτε, παιδιά, τι λεπτοκαμωμένο πράγμα έκαναν από το άχρηστο ξύλο ≫.
  Κάθισαν σ’ αυτό το τραπέζι ο δασάρχης με όλα τα παιδιά. Μαζί τους φώναξε να καθίσει κι ο πιο γέρος λοτόμος.
  Εδώ και λίγη ώρα είναι βαριά κουφόβραση. Ξαφνικά συννέφιασε.






 「樵たちは建具師ではないのです。」、こう監督官は言ったのです。「けれども、みんな、よく見てごらん、使い道のない材木からなんて細かな細工ものを作るのでしょうね。」 
 監督官と子供達みんなは、このテーブルに座りました。その時、みんなに叫んだ人がいました、一人のとても年老いた樵だったのです。 
 すぐに、重々しく曇った天気になりました。突然、曇って暗くなったのです。  


posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

雲林院の説法で発心した人 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 その人は、京の都に住む裕福な人だった。それに、品位のある人だった。その人が、ある時、雲林院で行われた説法に出掛けて行った。その人は庭で静かに導師の説話を聴いていた。    





  Αυτός ήταν ντόπιος Κιότοιος. Και αυτός ήταν πλούσιος και αξιοπρεπής. Μια μέρα αυτός βγήκε να αφουγκραστεί το κήρυγμα που είχε στο ναό Ουνλίν-ιν. ( ο Ουνλίν-ιν σημαίει το σπίτι στο δάσος του νέφου. ) Αυτός άκουγε το αφήγημα του εκπαιδευτή ήσυχα στη αυλή.



posted by kyotakaba at 17:53| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

68. Η θύελλα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」1





Η θύελλα






  Απέξω απ’ το μικρό σπίτι οι λοτόμοι είχαν στήσει εδώ και καιρό ένα πολύ μεγάλο τραπέζι για να τρώνε. Κανένα πλάνισμα και κανένα στολίδι δεν είχε. Ήταν όλο από κλαδιά περιττά, καρφωμένα το ένα κοντά στο άλλο. Μόνο ξύλα και καρφιά.





 小さな家の外に、樵たちは、食事のために大きなテーブルを、ずっと、据えていました。鉋もかけられていませんし、飾りも何もありませんでした。全部不用の枝で出来ていて、隣り合った枝を釘で留めているのです。材木と釘だけなのです。   



posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」3




  Και τότε τους είπε πως μέσα στη γη είναι πολλές και μεγάλες τέτοιες πέτρες που έχουν μέταλλο. Άλλες έχουν σίδερο, άλλες χαλκό, άλλες μολύβι. Ακόμα κι ασήμι και χρυσάφι. Το βουνό τα δίνει όλα αυτά.
  Ενώ άκουγε ο Σπύρος εκείνα που έλεγε ο δασάρχης για τα μέταλλα, κοίταζε τ’ άλλα παιδιά και καμάρωνε. Η πέτρα του έδωσε αφορμή να τα μάθουν αυτά.
  Να που βρήκε κι ο Σπύρος ένα χρήσιμο πράγμα.




 それから、監督官は子供たちに、このような金属を含んでいる石が、それも大きな石がしかもたくさん地面の中にはあるのだと言う事を話したのです。ある石は鉄を含んでいます。ある石は銅を、ある石は鉛を含んでいるのです。さらに、銀や金を含んでいるものもあるのです。山は、それら全部をもたらしてくれるのです。 
 監督官が金属について話しているのを聞いている間、スピロスは、他の子供たちを見つめて、気取っているのでした。スピロスの石は、子供たちに金属のことを学ぶ機会を与えたのでした。 
 ですから、スピロスは役に立つものを見つけたと言うわけなのです。   




第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」、おわり。   




posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

Καζαμία Ελλήνων

 Μιχάλης Κατσαρός ミハリス・カツァロスの詩集『 Καζαμία Ελλήνων 』。 
Καζαμία は、天文暦、農事暦のような意味だと言うこと。 ギリシャの天文暦。
1996年出版。
 内容はわからないのだけど、表紙の絵がとても興味を引くので。 

b116609.jpg


.:BiblioNet : Καζαμία Ελλήνων / Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

 ミハリス・カツァロスは、1916年キパラシア生まれ、1998年没の詩人。 
.:BiblioNet : Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

Μιχάλης Κατσαρός - Βικιπαίδεια


posted by kyotakaba at 17:52| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

Η βασιλική δρυς 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 
 この作品の原文は、ウィキソースで読めます。 
Υπό την βασιλικήν δρυν - Βικιθήκη
原文での題名は、『 Υπό την βασιλικήν δρυν 』。    


Όταν πέρνουσα από εκεί κοντά, δεν χορταίνα να τη θαυμάζω…

Ήταν, με την άγρια καλλονή της, η βασίλισσα! Η ψυχή μου γέμιζε συγκίνηση σαν την αντίκριζα…

… Ποθούσα να πηδήξω από το γαϊδουράκι μου, να τρέξω κοντά της, να αγκαλιάσω τον κορμό της που θα χρειάζοταν πέντε παιδιά σαν κι εμένα για να τον αγκαλιάσουν, να σκαρφαλώσω στα κλαδιά της… να κυλιστώ στο χορτάρι από κάτω της…




その側を通り過ぎる時、僕は、踊って彼女を讃えることはしなかった…

野生の美しさを持つ、それは女王だった! 面と向かうと、僕の魂は、感動でいっぱいになった。 

僕はしてみたかった…、自分の小さなロバから飛び降りて、側まで走って行って、僕の様な子供だと抱えるのに五人は要りそうなその幹を抱きしめて、枝に攀じ登って…、それから、その下の草地で転げまわる、そんなことをしてみたかったのだ。   



posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」2





  Όταν τον είδαν τ’ άλλα παιδιά από μακριά, είπαν γελώντας: ≪ Ο Σπύρος τώρα θα βάζει στο κουτί του και λιθάρια≫. Και όμως άμα πλησίασαν, είδαν πως δεν ήταν σαν τις άλλες πέτρες αυτή που μάζεψε ο Σπύρος. Ήταν μαύρη πολύ και βαριά. Μα σε πολλές μεριές έλαμπε σαν να ήταν ασημέμια.
  ≪ Μπορεί να έχει σίδερο μέσα ≫, είπε ο δασάρχης, όταν του έδειξαν την πέτρα.





 他の子供たちが遠くからそれを見て、笑いながらこういったのです。「ほら、スピロスは、石を箱に入れるつもりだよ。」 けれども、近づいてみると、それが、スピロスが集めていた石とは違った石だと気がついたのです。とても黒くて重たいのです。あちこちの面で、まるで銀であるかの様に輝いていました。 
 子供たちがその石を監督官に見せると、「たぶん中に鉄が入っているのでしょう。」と、彼は言いました。   




posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」1





Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο






  Ο Σπύρος ήταν με φουσκωμένη την τσέπη. Κάτι έκρυβε μέσα και δεν έλεγε τίποτα. Ο Φουντούλης όλο κοίταζε την τσέπη του Σπύρου και στο τέλος τον ρώτησε.
  ≪ Αχλάδι είναι; ≫
  ≪ Αυτό που είναι δεν το τρώνε ≫, απάντησε ο Σπύρος. Κι έβγαλε από την τσέπη του μια πέτρα.





      スピロスは便利なものを見つける   


 スピロスはポケットを膨らませていました。ポケットの中に何かを隠しているですが、何も言いませんよ。フォンドゥリスがスピロスのポケットをじっと見ています。そしてとうとう尋ねたのです。 
 「梨かい?」 
 「これは食べられないよ。」と、スピロスは答えました。すると、ポケットから石を取り出したのです。 



posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」3





Οι μαύροι κάβοι καρτερούν να σε αρπάξουν.
Μα οι ναύτες έχουν σκαλώσει στα σκοινιά. Ο καπετάνιος είναι παλικάρι.
Σαν το δελφίνι που σ’ ακολουθεί χορεύεις απάνω στην πράσινη θάλασσα.
Θα φτάσεις! Θα φτάσεις!
Και θ’ αράξεις ανάμεσα στα πολλά κατάρτια.
Χαιρετισμούς να πεις στα μεγάλα λιμάνια.
Χαιρετισμούς στην πόλη να πεις!
Πάντα καλός να είναι ο γυρισμός σου.
Πάντα να φέρνεις θησαυρούς.
Μαύρο μαντήλι να μη φορεθεί για σένα.
Καλορίζικο! Καλοτάξιδο!





黒い岬々があなたをしっかり掴もうと待っている。 
ほら、もう船乗りたちはロープに登っている。船長は勇者だ。 
あなたについて来るイルカと同じように、あなたはみどりの海の上で踊っている。 
きっとたどり着く、あなたはきっとたどり着く! 
そして、あなたはたくさんのマストの間に錨をおろすだろう。 
あなたは大きな港に挨拶を送る。 
あなたは都市に挨拶を送る! 
あなたの帰りの道中がずっと無事なように。 
宝をきっと持って帰るように。 
あなたのために、黒いハンカチを着ないように。 
幸運を! 安全な道中を!     






第六十六章「新しい舟への歌」、おわり   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

Μάτση Χατζηλαζάρου 「Αντίστροφη αφιέρωση 」

 詩人アンドレアス・エンベリコスの妻だったマチィー・ハジラザロウ Μάτση Χατζηλαζάρου の自作の詩「Αντίστροφη αφιέρωση 」の朗読。 
あべこべの献身

.:BiblioNet : Χατζηλαζάρου, Μάτση, 1914-1987


posted by kyotakaba at 11:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

5. Ο Σκέλεθρας 20

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ο πληρεξούσιος γιατρός του ινστιτούτου και το Τιρίλλη βρέθηκαν μπροστά σ’ έναν σωρό κρύα στάχτη.

ΤΕΛΟΣ.



協会の代表の医師とティリリースは、一盛りの冷たい灰の前に居た。 

終わり 


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」2





Άσπροι γλάροι σ’ ακολουθούνε. Απάνω στα κατάρτια σου ξεκουράζονται.
Άσπρα χωριά σε βλέπουν από πράσινους λόφους.
Άσπρες ακρογιαλιές παρακαλούν να πας ν’ αράξεις.
Μάνες κι αδερφές φωνάζουν να σταθείς να πάρεις χαιρετίσματα.
Τα κύματα πηδούν απάνω σαν άλογα μ’ άσπρη χαίτη.





白いかもめたちがあなたについて行く。白いかもめたちはあなたのマストの上で休んでいる。 
白い村々が緑の丘からあなたを見ている。 
白い砂浜があなたに錨を下ろすようにと招いている。 
母さんたち、姉さんたち、妹たちがあなたに止まって挨拶するように叫んでいる。 
波が飛び上がる、まるで白いたてがみの馬のように上に飛び上がる。   


posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」1





Το τραγούδι στο νέο καράβι




Χαιρετισμούς στη θάλασσα!
Στ’ ακρογιάλια χαιρετισμούς!
Να! Σε στέριωσαν κιόλας. Σε βλέπω. Ξεκίνησες.
Φορτωμένο είσαι με το ξανθό σιτάρι, με το χρυσό καλαμπόκι.
Φορτωμένο είσαι με τα κίτρα και τα πορτοκάλια που τα ‘θρεψε ο ήλιος.
Στην πλώρη έχεις τον σταυρό. Στην πρύμνη έχεις το βαγγέλιο.
Κι ανάμεσα έχεις την Παναγιά Παρθένα με το καντήλι της αναμμένο.





     新しい舟への歌   



海への挨拶をたくさん! 
海辺への挨拶をたくさん! 
ほら! もうあなたにくっついている。わたしはあなたがみえる。あなたは動き出す。 
あなたは積んでいる、金の小麦、金のとうもろこし。 
あなたは積んでいる、シトロンとオレンジ、太陽が育てた果物たち。 
船首には十字架がある。船尾には福音書がある。 
真ん中には灯の点ったロウソクが供えられた全き神聖な処女を載せている。    





Παναγιά Παρθένα は、日本語では、通常、聖母マリアと訳されているのですけれど。言葉そのものには、「母」の意味は全くないので。思想の上でも、「母」という考え方はしないのだと思います。  


posted by kyotakaba at 14:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

65. Στο νεροπρίονο 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」7






  Στο θέαμα τούτο τα παιδιά ένιωσαν μια επιθυμία. Τους ήρθαν στον νου τα κύματα και τα ταξίδια που έχουν ακούσει και ήθελαν να πάνε, να πάνε…
  Ο Αντρέας και ο Φάνης θυμήθηκαν τη θάλασσα που είδαν με τον μεγάλο ήλιο.
  Τότε η μάνα του πρωτομάστορα λοτόμου, μια γριά, πολύ γριά, που δεν έβλεπε καθόλου τον κόσμο, καθισμένη σε μια πέτρα τραγούδησε το νέο καράβι με αυτά τα λόγια:





 この光景に、子供たちは、ある憧れを感じたのです。子供たちの頭の中に波がやってきたのです。それに、聞いたことがある旅の数々が頭に浮かびました。そうすると、子供達は、行きたいと思いました、行きたいのです…
 アンドレアスとファニスは、自分たちが見た、大きな太陽と一緒の海を思い出したのです。 
 それから、樵の棟梁のかあさんが、おばあさんです、とても年取ったおばあさんですけれど、その人は、まるでまわりを見ていないのですけれど、岩の上に座って、こんな風に、新しい船の歌を歌うのです:   





第六十五章「水力の製材所で」、おわり。   


posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

Η δική μου ελληνική κουζίνα

 『Η δική μου ελληνική κουζίνα 』( 書籍 )   ぼくのギリシャ料理 
Άκης Πετρετζίκης   アーキス・ペトレジーキス 

.:BiblioNet : Η δική μου ελληνική κουζίνα / Πετρετζίκης, Άκης 

 アーキス・ペトレジーキスは、セサロニキ出身の人。
posted by kyotakaba at 20:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする