2019年05月31日

夢十夜 第一夜の1-1

 αで撰集抄の現代ギリシャ語訳をしていたのだけど、( と言っても、内容を簡単にして、 ) 今度は、夏目漱石の『夢十夜』を現代ギリシャ語に訳してみようかと思って。 

第一夜の1-1: 

 こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。



  Είχα ένα όνειρο, το εξής:
  Καθόμουν με σταυρωμένα χέρια. Βρισκόμουν πέρα από το κεφάλι της μιάς γυναίκας. Η γυναίκα πλάγιαζε ανάσκελα. Έτσι, αυτή είπε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο. ≫





posted by kyotakaba at 16:39| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

72. Ο εσπερινός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」3





  Ο πατήρ Γαβριήλ, ο λειτουργός, άνοιξε ελαφρά τη δεξιά πόρτα του ιερού, που είχε ζωγραφισμένο τον αρχάγγελο με το αστραφτερό σπαθί και μπήκε μέσα. Φόρεσε το πετραχήλι του και είπε : ≪ Ευλογητός ο Θεός ημών πάντοτε, νυν και αεί και εις τους αιώνας των αιώνων ≫.
  Τότε άρχισε ο εσπερινός.





 ガブリイール司祭が、ミサの執行役だったのですが、至聖所の右の扉を優しく開けました。扉には、煌めいている剣を持った天使長が描かれていました。そして、司祭は入って来ました。ペトラヒーリを着ていました。そして言いいました。「我らが神は、この今も、永遠にも、幾世紀にも、讃えられている。」 
 そうして、晩祷が始まりました。 




posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

72. Ο εσπερινός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」2





  Πρώτος μπήκε μέσα ο πιο γέρος από όλους τους καλογέρους, ο πατήρ Ιωσήφ, σκύβοντας τη ράχη και τρέμοντας στα πόδια του. Με όλα τα γερατειά του πέρασε από όλες τις εικόνες και τις ασπάστηκε, τη μία κοντά στην άλλη, κατά την τάξη των αγίων, κρυφοψέλνοντας το τροπάριο του καθενός. Έπειτα σύρθηκε στο στασίδι του αριστερού ψάλτη και κάθισε με πολύν κόπο.





 最初に、修道士全員の中で一番歳をとった、背中は曲がり足が震えているイオシフ司祭が、入って来ました。全身老いた体で、全てのイコンに立ち寄りました。聖者たちの順に従って、ひとつ、その側のひとつと立ち寄ったのです。そして、聖者の讃歌を口の中で歌いながら、イコンに口づけしました。それから、左の聖歌隊の席に足を引きずって行って、大変な苦労をして座ったのです。   





posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

72. Ο εσπερινός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」1





Ο εσπερινός



  Στις έξι το δειλινό σήμανε η καμπάνα.
  Ο Φάνης μπήκε στην εκκλησία και στάθηκε σε μια γωνιά κοντά σε έναν στύλο. Εκεί ήρθαν ύστερα και τ’ άλλα παιδιά. Ο κυρ-Στέφανος ανέβηκε σ’ ένα στασίδι. Η εκκλησία ήταν σκοτεινή και είχε μια ευωδιά σαν από βάγια. Ο Φάνης έβλεπε στους τοίχους και στον θόλο παλιές ζωγραφιές αγίων. Το πρόσωπό τους ήταν μαυρισμένο από την πολυκαιρία, μα ο φωτοστέφανος που είχαν γύρω στο κεφάλι τους έλαμπε.





 夕方の六時に鐘が鳴りました。 
 ファニスは教会に入りました、そして、柱の近くの角に立ったのです。すると、そこに、他の子供たちも来ました。ステファノスさんは、信者席の一つに着きました。教会は暗くて、棕櫚の葉からする様な良い香りがしました。ファニスは、幾つもの壁に、そして丸天井に描かれている聖者たちの古い絵を見ました。聖者たちの顔は、長い年月で黒ずんでいました、でも、聖者たちの頭を取り巻いている光輪は輝いていました。   


posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

71. Στο μοναστήρι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」5





  ≪ Να που έγινες κι εσύ μια φορά ερημίτης σαν κι εμάς ≫, είπε ο πατήρ Δανιήλ στον Φάνη. Και τον χάιδεψε.
  Ο κελάρης έφερε τον δίσκο με το γλυκό και με το κρύο νερό. Κι όταν ξεκουράστηκαν τα παιδιά, βγήκαν να δουν το μοναστήρι. Γύρισαν στο περιβόλι, που το φυτεύουν και το σκαλίζουν οι καλόγεροι. Πήγαν στις συκιές κι έκοψαν γλυκά σύκα. Είδαν παραπέρα τις καρυδιές και τις βελανιδιές, είδαν και τα όρθια κυπαρίσσια, που στέκουν από εκατό χρόνια και φυλάνε το μοναστήρι.





 「すると、君は、一度は、私たちの様な隠者になったわけですね。」とダニイル司祭はファニスに言いました。そして、彼を撫でました。 
 ケラリス[ 修道院の食料庫の責任者 ] が一皿のお菓子と冷たい水を持って来たのです。そして、子供たちは疲れが取れて元気になると、外に出て修道院を見て回ったのです。果樹園を回りました。修道士たちが耕して植えた果樹園なのです。子供たちはイチジクの木のところへ行きました、イチジクを捥いだのです。向こうに、クルミの樹やクヌギの樹があるのにも気がつきました。それに、まっすぐな糸杉の樹が何本もあるのも目にしたのです。糸杉は、百年も立っているのです、そして、修道院を見守っているのです。   






第七十一章「修道院で、おわり。 

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

71. Στο μοναστήρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」4





  Και διηγήθηκε σ’ αυτόν και στους καλογέρους, που ήρθαν εκεί, το ταξίδι των παιδιών στο βουνό. Οι καλόγεροι, που σπάνια βλέπουν ανθρώπους, άκουγαν με προσοχή τις ιστορίες των παιδιών, το ανέβασμα στον Αραπόβραχο και το χάσιμο του Φάνη, σαν να άκουγαν καλό παραμύθι.





 そして、ステファノスさんは、山での子供たちの旅のことを、修道院長とそこにやってきた修道士たちに物語ったのです。滅多に人間を見ることのない修道士たちは、注意深く、子供たちについての物語りを聞きました。アラポブラホスに登ったこと、ファニスが行方不明になったこと、それらを、まるで面白いおとぎ話を聞く様に聞いていたのです。   






posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

71. Στο μοναστήρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」3





  ≪ Κοπιάστε ≫, τους είπε, ≪ στο ηγουμενείο ≫.
  Πρώτα πέρασαν από την εκκλησία να προσκυνήσουν. Ήταν παλιά η εκκλησία, ίσαμε τετρακοσίων χρόνων. Άναψαν το κερί τους, προσκύνησαν κι ύστερα ανέβηκαν στου ηγούμενου.
  ≪ Τι νέα φέρνετε από τον κόσμο; ≫ ρώτησε ο ηγούμενος.
  ≪ Από την ερημιά ερχόμαστε, πάτερ ≫, του απάντησε ο κυρ-Στέφανος.





 「修道院長室へお入りなさい。」と修道院長は子供たちに言いました。 
 子供たちは、まず、教会に立ち寄ってお祈りをしました。古い教会でした、ほぼ四百年の教会なのです。自分たちのロウソクに火を点けて、お祈りをして、それから、修道院長のところへ上がりました。 
 「下界からどんなニュースを持ってこられたかな?」と修道院長は子供たちに尋ねました。 
 「私達は、荒地から来たのです、司祭様。」とステファノスさんが答えました。   



posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

71. Στο μοναστήρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」2





  ≪ Κάποιοι μας έρχονται ≫, είπε ένας καλόγερος κι έδειξε με το χέρι του κάτι ανθρώπους που ανέβαιναν τον ανήφορο προς τον Αϊ-Λιά.
  Είναι τα παιδιά μαζί με τον κυρ-Στέφανο. Έρχονται στο μοναστήρι να προσκυνήσαν, όπως το ήθελαν από τόσον καιρό.
  Ευχαριστήθηκε ο ηγούμενος όταν έφτασαν και του είπαν πως έρχονται να λειτουργηθούν.





 「誰か何人かの人が、私たちのところへ遣って来ています。」と一人の修道士が言って、手で、アイ・リアスの方へ坂を登っている人を差しました。 
 それは、ステファノスさんと一緒の子供たちなのでした。お祈りに遣って来るところなのです。子供たちは、ずっとそうしたいと願っていたのですから。 
 子供たちが到着してミサをしに来ましたと言うと、修道院長は喜びました。  




posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

71. Στο μοναστήρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」1





Στο μοναστήρι



  Στο ψηλό μοναστήρι του Αϊ-Λιά, έξω από την αυλόπορτα, στέκονται οι καλόγεροι και κοιτάζουν μακριά. Οι κάμποι και οι λόφοι απλώνονται αποκάτω και πιο πέρα λάμπει το ποτάμι της Ρούμελης σαν ασημένο. Κάπου-κάπου ένας καλόγερος σηκώνει αργά το χέρι και δείχνει πέρα. Πάντα στο ίδιο ψήλωμα στέκονται τέτοιες ώρες από τον καιρό που μπήκαν στο μοναστήρι. Αγναντεύουν από κει τους τόπους που είναι πράσινοι τον χειμώνα και ξανθοί το καλοκαίρι. Κι έτσι παρηγοριούνται που δεν βλέπουν ανθρώπους. Πενήντα οχτώ σωστά χρόνια κοιτάζει από κείνο το ψήλωμα ο ηγούμενος, ο πατήρ Ιωσήφ.





 高地のアイ・リアスの修道院で、庭門の外に、修道士たちが立って遠くを眺めています。いくつもの平原といくつもの丘が下に広がっています。そして、ずっと向こうに、ルウメリの川が銀の様に輝いています。時々、一人の修道士がゆっくりと片手を上げて、遠くを指さします。修道士たちは、修道院に入ってからずっと、いつも、この同じ高台に何時間も立っているのです。ここから、冬には緑で夏には金色の土地を見晴るかすのです。そうして、人に会わないことを慰めるのです。間違い無く、五十八年も、この高台から、修道院長イオシフ司祭は眺めているのです。   



posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

70. Ένα μήνυμα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」4






  Να τι έγραψε προχτές στο τετράδιό του: ≪ Είμαι ο Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από τη Γρανίτσα, του δήμου Απεραντίων. Έχω και την Αφρόδω αδερφή και σκύλο τον Μούργο. Και παππούλη τον Γεριθανάση. Και δάσκαλο τον Δημητράκη. Κι έναν σουγιά. Τα γίδα είναι άταχτα ζωντανά. Τα καλά παιδιά πηγαίνουν στο σκολειό και μαθαίνουν να γράφουν. Το πουρνάρι έχει τον καλύτερο ίσκιο. Ένα, δύο, τρία τέσσερα, πέντε, έξι, εφτά, οχτώ, εννιά, δέκα. Έχω και καλαμάρι.
  Άγιος ο Θεός, αμήν.
  Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από Γρανίτσα ≫.
  Αυτά τα είχε γράψει ο Λάμπρος. Όλοι οι τσοπάνηδες, που είναι στα Τρίκορφα και στ’ άλλα βουνά κι ο Γεροθανάσης μαζί, δεν ξέρουν τόσα γράμματα.





 では、おととい、ラブロスは自分の帳面になんとかいたでしょう、こうなのですよ:「ぼくはペレカス・アントニオすの息子、ラブロス。アペランディオ郡のグラニツァ出身です。姉さんがいます、アフロドウです。犬のムロゴスもいます。それに、おじいちゃんのゲロサナシス。それから、ディミトラキス先生がいます。それに、ナイフを一本持ってます。ヤギ達はきかんぼうで元気でいっぱいです。いい子たちは学校に行って、字を書くのを習います。ひいらぎにはいい木陰があります。いち、に、さん、よん、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう。それから、僕は、インク壺を持ってます。 
 アギオス、セオス、アミーン。 
 グラニツァ生まれのペレカス・アントニウスの息子、ラブロス。」   
 これがラブロスが書いたものです。トリコルファや他の山にいる羊飼いたち、ゲロサナシスもそうですが、彼らはこれ程たくさんの文字を知らないのです。





第七十章「ひとつの知らせ」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

Η βασιλική δρυς 7

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Αργότερα έμαθα, διαβάζοντας μυθολογία, ότι οι Αμαδρυάδες πεθαίνουν με τη δρυ στην όποια βρίσκονται ενσωματωμένες.

Έλειπα για χρόνια από το νησί. Όταν επέστρεψα, μεγάλος πια, επισκέφτηκα τα μέρη των παιδικών μου ανάμνησεων.

Η βασιλική δρυς δεν ήταν πια εκεί.

≪ Τί απέγινε το μεγάλο δέντρο που βρισκόταν παλιά εδώ πέρα; ≫

≪ Ο σχωρεμένος ο Βαργένης το έκοψε. Κι από τότε που το έκοψε… ≫

≪ … προκοπή δεν είδε. αρρώστησε και σε λίγες μέρες πέθανε! ≫

Τελικά το μεγάλο δέντρο ήταν στοιχειωμένο!





後になって、神話を読んだことで、僕は、ハマドリュアスたちは樫の木と一緒に死ぬと言うことを知った。彼女たちは樫の中にいたのだから。 

僕は、何年も島を留守にしていた。帰ったのはずっと大きくなってで、その時に、子供時代の思い出の場所を訪ねた。 

女王の樫の樹はそこにはなかった。 

「昔ここにあった大きな樹はあれからどうなったのですか?」  

「バルゲニスが許しをもらって伐ったのです。それで、伐った後…」 

「…、儲けは見なかったのです。病気になって、ほんの二、三日で死んでしまいました。」 


結局、巨樹は霊に取り憑かれていたのだ!     





おわり   


グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』、全部終わり。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

Ερασιτέχνης επαναστάτης

 『 Ερασιτέχνης επαναστάτης 』、 
『ペトロス伯父と「ゴールドバッハ予想」』『 Logicomix 』のアポストロス・ドキアディス の新作。 
 数学の話ではなく、政治的なストーリーの様。 

Ίκαρος 出版から、2018年に刊行。 

.:BiblioNet : Ερασιτέχνης επαναστάτης / Δοξιάδης, Απόστολος Κ.  


作家本人が語る: 
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする