2019年07月28日

Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης

 『 Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης 』
Φωτεινή Ζαμουζαρίδου - Νάκκα
Εμπειρία Εκδοτική 2015年刊 

.:BiblioNet : Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης / Ζαμουζαρίδου - Νάκκα, Φωτεινή 


 レロス島を舞台にした短編小説集。
posted by kyotakaba at 21:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

夢十夜 第一夜の2-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-2





 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」   





  Κι εγώ την ζήτησα να μάθω πότε θα έρθει να με δει.
  ≪ Ο ήλιος ανατέλλει. Και αυτός ήλιος δύει. Τότε αντέλλει ξανά. Και δύει ξανά. Ο κόκκινος ήλιος πετά από ανατολιό ορίζοντα. Έτσι πέφτει στο δυτικό ορίζοντα. ΑΠό ανατολικό, στο δυτικό. Πάλι, πάλι. Εσύ, κατά την διάρκεια, μπορείς να με περιμείνεις; ≫



posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」5





  Ο Γκέκας την πρόφτασε και την άρπαξε από τον λαιμό. Δεν θα την αφήσει! Η αλεπού φωνάζει, δέρνεται, θέλει να δαγκώσει. Σφίγγει τα δόντια του επάνω της και μουγκρίζει ο Γκέκας. Φωνάζουν οι κότες από το κοτέτσι, τρέχει ο κυρ-Στέφανος έξω με το τουφέκι. Ξυπνάει ο Αντρέας, ο Δήμος, ο Κωστάκης. Ξυπνούν όλοι.





 ゲカスは狐に追いつきました。すると、首に噛みついたのです。もう放さないでしょう! 狐は叫びます、激しく動いて嘆きます、噛みつこうとします。ゲカスは牙を狐にきつく押し当てます、そして、唸るのです。雌鶏たちは、鳥かごから鳴き立てます。ステファノスさんが鉄砲を持って外に飛び出して来ましたよ。アンドレアスが起きました、ディモスが起きました、コスタキスが起きました。みんなが起きたのです。   





posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」4





  Ήταν η αλεπού! Είχε αρπάξει στα δόντια της μια κότα κι έτρεχε. Όταν η αλεπού άκουσε θόρυβο, υποψιάστηκε πως είναι σκύλος. Τότε άφησε την κότα κι έτρεξε περισσότερο.
  Έπρεπε ένας σκύλος να είναι καλός στο τρέξιμο και να βάλει όλα τα δυνατά του για να μπορέσει να τη φτάσει. Τόσο πολύ τρέχει μια αλεπού. Όταν όμως η αλεπού έκανε λίγα πηδήματα, μετάνιωσε και γύρισε ξαφνικά πίσω για να πάρει την κότα. Γιατί τη βρήκε πολύ παχιά.
  Έτσι την έπαθε.





 それは狐でした! 牙で一羽の雌鶏に噛み付いて、逃げたのです。狐は物音を聞くと、犬ではないか知らと、勘ぐったのです。それで、雌鶏をそのままにして、ものすごく慌てて逃げたのです。 
 犬というのは、走るのが上手いに決まっているのです。狐に追いつける様に全力を出せるはずなのです。狐は必死で走っています。でも、狐は、ちょっと飛び出した後、考え直したのです。そして、雌鶏を取ろうと引き返したのです。とっても太っているのを見てたからなのです。 
 そうして、狐はひどい目に会ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」3





  Ο καημένος ο Γκέκας πολύ στενοχωριέται.
  ≪ Να μπορούσα ≫, συλλογίζεται, ≪ να τους το πω. Θα κουνήσω αύριο την ουρά μου πολλές φορές μποροστά στον Αντρέα, στον Φάνη και στον Δημητράκη. Βέβαια θα με καταλάβουν≫
  Αυτή τη συτιγμή άκουσε κατιτί στις ακρινές καλύβες. Σήκωσε το κεφάλι κι είδε έναν ίσκιο που έφευγε βιαστικός. Τρία πηδήματα έκανε ο Γκέκας. Ποτέ δεν είχε πηδήσει τόσο μακριά στη ζωή του. Ένα κρα! Ακούστηκε και μια πνιγμένη φωνή κότας.





 かわいそうなゲカスは、すっかりしょげています。 
 じいっと考えたのです。「みんなに言えたらなあ。あした、アンドレアスの前でぼくの尻尾を何度も振ってみよう、ファニスの前で振ってみよう、それで、ディミトラキスの前で振ってみよう。きっと、みんなはぼくの言いたいことがわかるよ。」 
 ちょうどその時、小屋の一番端で何か鳴るのが聞こえたのです。ゲカスは、頭を上げました。すると、さっと逃げて行った影が目に入ったのです。ゲカスは、三度飛び跳ねたのです。今まで生きていて、こんなに遠くへ飛んだことはなかったのです。カー! 雌鶏の絞められた声が聞こえました。  

posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

夢十夜 第一夜の2-1

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-1

 しばらくして、女がまたこう云った。
「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」





  Ύστερα από αρκετές ώρες, η γυναίκα ξανάρχισε να πει : ≪ Μετά θα πεθάνω, με θάβετε. Σκάβετε μια τρύπα, χρησιμοποιώντας ένα μεγάλο όστρακο που γεννάει το μαργαριτάρι. Έτσι, θέστε ένα θρύψαλο για την ταφόπλακα, που ένα αστέρι έπεσε από τον ουρανό και έσπασε. Και με περιμένετε δίπλα στην ταφόπλακα. Εγώ θα σε ξαναβλέπω ≫.






Νατσούμε Σοζέκι Ten Nights of Dreams Δέκα όνειρα




8月29日訂正:ταφόολακα → ταφόπλακα
posted by kyotakaba at 15:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」2





  ≪ Προχτές ο μπάρμπας μου ο Μούργος κι ο άλλος μπάρμπας μου ο Πιστός κι ο παππούς μου ο Κίτσος κυνήγησαν έναν λύκο… Εγώ τι κάνω εδώ; Μόνο παίζω με τα παιδιά. Και καμιά φορά γαυγίζω. Μα εγώ είμαι μεγάλος σκύλος τώρα. Κι ένας σκύλος που μεγάλωσε δεν πρέπει να τρώει το ψωμί και τα κόκαλα άδικα, όπως εγώ. Τα παιδιά δεν έχουν κοπάδια να φυλάξω ούτε άλλη δουλειά μου δίνουν. Δεν έχω κάνει τίποτα! ≫





 「おととい、ぼくのムウルゴスおじさんと、もう一人のおじさん、ピストスおじさんは、それに、おとうさん、キッツォスは、一頭の狼を追いかけて…、で、ぼくはここで何をする? みんなと遊ぶだけ。で、時々、吠える。でも、ぼくは、もう、大人の犬だよ。大人になった犬と言うものは、パンや骨を無駄に食べちゃいけないよ、ぼくみたいには。子供のみんなは、守る羊の群れも持ってないし、他の仕事をぼくにくれないし。ぼくはなにもしてない!」  





posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」1



Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε




  Ο Γκέκας περίμενε να ξαναγίνει ο γάμος της Αφρόδως και την άλλη μέρα. Είχε ροκανίσει τόσα κόκαλα την Κυριακή!
  Πήγε στις βλάχικες καλύβες και τη Δευτέρα και την Τρίτη και την Τετάρτη. Είδε όμως πως ο γάμος δεν γίνεται κάθε μέρα. Άμα γύρισε στις καλύβες των παιδιών τη νύχτα, έλαμπε στον ουρανό το στρογγυλό φεγγάρι. Ο Γκέκας δεν γαύγιζε το φεγγάρι, καθώς συνήθιζε, γιατί είχε το βράδυ εκείνο πολλά στον νου του. Κάθισε απέξω από τις καλύβες, με το κεφάλι κοντά στην ουρά του, και συλλογιζόταν.





 次の日には、ゲカスは、もう一度アフロドウの結婚式が始まるのを待っていました。ゲカスは、日曜日には、それはたくさんの骨をかじっていたのです! 
 月曜日になって、ゲカスは羊飼いの小屋に行ってみました。火曜日にも、水曜日にも行ってみたのです。けれども、結婚式は毎日はないと言うことが分かったのです。夜、子供たちの小屋に帰る時には、丸い月が空に輝いていました。ゲカスは月に吠えませんでした、いつもはそうしているのにです。夜には、多くのことが頭の中にあったからなのです。小屋の外に座って、頭を尻尾の側にくっ付けて、じっと考えていたのです。  

posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

Η έρημος

 シリアのアレッポ出身で、アルメニア系、ギリシャ在住の歌手でウード奏者のHaig Yazdjian が歌う「 Η έρημος 」。
2010年の歌? 
 作詞は、Νίκος Μωραΐτης。作曲は、Haig Yazdjian。 
Haig Yazdjian - Wikipedia

stixoi.info: Η έρημος
http://www.stixoi.info/stixoi.php?info=Lyrics&act=details&song_id=40196&hl=Έρημος

Φταίει η ερημιά
φταίει η έρημος
φταίει η τόση αμμουδιά
Που όλο αλλάζει μορφή στα βουνά

Κι όσο περπατώ
τόσο πουθενά
μόλις πλησιάζω εγώ
ό, τι αγάπησα φεύγει μακριά

νύχτα, νύχτα
πέσε νύχτα να μην βλέπω
μες στα μάτια του την ξενιτιά
νύχτα, νύχτα
κείνος που ήτανε δικός μου
έγινε του κόσμου
η ερημιά

φταίει η ερημιά
φταίει η έρημος
Που όταν φτάνω στο νερό
Δεν έχω δίψα σαν πριν να το πιω

Κι όλο περπατώ
Κι όλο στην αρχή
φταίει που μέσα μου η ψυχή
Είναι χωμάτινη, είναι από γη


荒野のせいだ、
砂漠のせいだ、 
あんまりの砂のせいだ、
山の何もかもが形を変えている。 

僕はが歩く、
どこもかしこも、
僕が好きだった場所、そこに近づけば、 
そこは遠くに行ってしまう。 

…、 


posted by kyotakaba at 22:08| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

夢十夜 第一夜の1-6

 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。  



  Τότε, την ρώτησα, χωρίς καμμία αμφιβολία, αν μπορέσει να αναγνωρίσει την όψη μου. Και αυτή μου γύρισε το χαμόγελα της: ≪ Να, εδώ εσύ αντανακλάσαι≫. Εγώ σώπασα. Απέσυρα το κεφάλι μου από το μαξιλάρι της. Και ζύγιζα με το νου με σταυρωμένα χέρια: ≪ Αυτή θα πεθάνε ο,τιδήποτε≫.






posted by kyotakaba at 16:02| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」10





Τα βιολιά έπαιζαν στο ξεκίνημα, τα κορίτσια τραγουδούσαν:

Πούν’ η νύφη μας,
το κορίτσι μας…
Πήγε στον μπαξέ,
στα τριντάφυλλα…


  Ο αδερφός του γαμπρού έσυρε το γκέμι από το άλογο της νύφης. Για τιμή της αυτός θα πάει όλο τον δρόμο πεζός. Το συμπεθερικό ξεκίνησε, ανέβηκε το ύψωμα, φεύγει για το Περιστέρι. Τώρα φαίνεται πολύ μακριά. Σε λίγο χάθηκε πίσω από το βουνό.
  Αφρόδω, καλή μας Αφρόδω!





 ヴァイオリンが、出発の時に、演奏されます。少女たちが歌います。 

わたしたちの花嫁が言うの、
わたしたちの女の子…
庭に行くの、 
バラの咲いてる…

 花婿の弟が、花嫁の馬の手綱を引きます。面目にかけて、彼は、道中ずっと歩くのでしょう。結婚の行列が動き始めました、丘に登ります、ペリステリに向けて出発したのです。今は、もう遠くに見えます。もうすぐ、山の後ろに見えなくなります。 
 アフロドウ、元気でね、アフロドウ!   



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」9





  Η Αφρόδω φίλησε τον Λάμπρο πολύ. Έπειτα φίλησε και τα παιδιά σαν τον Λάμπρο. Φίλησε τον Φάνη και τον Δήμο στα δυο μάγουλα, φίλησε τον Αντρέα, τον Φουντούλη και τον Κωστάκη. Δάκρυσε ο Φουντούλης. Δάκρυσε ο Φάνης.





 アフロドウは、ラブロスにキスしました、たくさんです。それから、みんなにも、ラブラスにと同じ様にキスしたのです。ファニスにキスしました。ディミトラキスには両頬にキスしました。アンドレアスに、フォンドゥリスに、コスタキスにキスしました。フォンドゥリスは泣きました。ファニスも泣きました。 



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」8





  Το πρωί φόρτωσαν τα προικιά.
  Η νύφη προχώρησε για ν’ ανεβεί στο στολισμένο της άλογο. Τα μάγουλά της ρόδιζαν όπως οι ράχες από τον ήλιο που πρόβαλε εκείνη τη στιγμή. Όταν χαιρέτησε τη μητέρα της, τον αδερφό της, τους δικούς της, έκλαιγαν όλα τα γεροθανασαίικα. Τα δάκρυα έτρεχαν νερό. Να τα δυο ποτάμια που είχε δει η Αφρόδω στ’ όνειρό της!





 朝、皆んなは、嫁入り道具を積み込みました。 
 花嫁は、前へ進んで、飾り付けられた馬に上がりました。アフロドウの両頬は薔薇色になりました。その時姿を現した太陽で、薔薇色になった尾根尾根と同じでした。自分の母、妹たち、家の者たちにに挨拶をすると、ゲロサナサイカはみんな泣いたのです。涙が流れ落ちました。ああ、アフロドウが夢で見た二本の川がそれなのでした。  




posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

夢十夜 第一夜の1-5-2

すると女は黒い眼を眠そうに睜たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。





Τότε η γυναίκα, κρατώντας τα μαυρλές κόρες της ανοιγομένα μεγάλα κατά της νύστας, είπε με απαλή φωνή : ≪ Το λες. Αλλά εγώ θα πεθάνω τώρα και δεν έχω άλλη επιλογή ≫. .





posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7






Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.






 すると今度は、花婿の両親が歌います: 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを受け入れて下さい、 
出て来て受け入れて下さい、 
きれいに歩くウズラを受け入れて下さい。  

ウズラを見て下さい、見て下さい、 
太陽か、月かに見間違うでしょう。 
ウズラが歩く様を見て下さい、
剣を持った天使の様。 

あなたらが捕まえようと近づくと、 
太陽か、月の様に見えるでしょう。 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを鳥かごに入れて下さい、 
きれいにさえずる小鳥の様に。  







 この歌の歌詞の訳は、見当です。 

posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7


まるで分かりません。 


Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.



Google翻訳: 
そして、新郎の新郎は再び歌いました:

私は行った、女性と義母、
ヤマウズラを受け入れる
ヤマウズラを受け入れる
誰が寛大に歩きます。

彼女に会うために、彼女のために、
太陽、月は彼女に言う。
彼の歩き方を見ると
剣を持った天使のように。

あなたが入ってきたのは
太陽、月が現れるでしょう。

私は行った、女性と義母、
ケージに入れる
歌う鳥のように。 


Bing 翻訳: 
そして、新郎は再び歌いました:

EVGA、愛人と義母、
パートリッジを受け入れるには
パートリッジを受け入れるには
レヴェンティカを歩く者

ほとんどの場合、
太陽よ、月が言うんだ
彼女の歩き方に関しては
剣を持った天使のように

体重の重い男
太陽、ムーンが登場します。

EVGA、愛人と義母、
檻に入れるには
まるで鳥が見えるかのように。


posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」6





  Ο παπάς, καθώς άκουγε πως ο Γεροθανάσης ήθελε να ξανανιώσει, τον κοίταζε και χαμογελούσε.
  Ύστερα οι συμπέθεροι της νύφης τραγούδησαν τούτο το τραγούδι:

Πουλάκι κλαίει στον ποταμό,
κι εγώ έτυχε και διάβαινα.
Εστάθηκα και το ρωτώ:
≪ Τι έχεις και κλαις, πολάκι μου; ≫
≪ Εχτές ήμουν στη μάνα μου,
Κι απόψε στο πεθερικό ≫.






 司祭は、聴きながらゲロサナシスさんはどれだけ若返りたいのだろうと思い、彼を見つめて微笑んだのです。 
 それから、花嫁の両親がこの様な歌を歌いました: 

小鳥が川で泣いてます、 
そこに、わたしは、たまたま通りかかりました。 
それで、立ち止まって小鳥に尋ねました: 
「どうして泣いてるの? 小鳥さん」 
「きのうまで、わたしは母さんと一緒にいました、 
今晩、わたしは嫁ぎ先の身になるのです。」    


posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」5





  Έπειτα ήρθε η σειρά του Γεροθανάση να τραγουδήσει. Πάντα στους γάμους του σπιτιού του λέει το πρώτο τραγούδι ύστερα από το τροπάριο. Ο τσέλιγκας, κρατώντας το άσπρο του κεφάλι ακίνητο, είπε σιγά και σοβαρά τούτο το τραγούδι:

Ένας γέρος γέροντας,
κι ουδέ τόσο γέροντας,
εκατόν εννιά χρονών,
πότιζε το γρίβα του.
Τα βουνά τριγύριζε
και τα δέντρα κοίταζε.
≪ Σεις βουνά, ψηλά βουνά,
τώρα με την άνοιξη
δε με ξανανιώνετε
μένα και το γρίβα μου,
όπως ξανανιώνονται
και καινούρια γίνονται
τούτα τα χαμόδεντρα,
τα χιλιόχρονα κλαριά,
να γινόμουν κι εγώ νιός,
όπως ήμουν μια φορά; ≫






 それから、ゲロサナシスさんが歌う番が来ました。村の結婚式では、いつも、讃詞の後は、ゲロサナシスさんが最初に歌うことになっていました。白い頭を動かさずにいる、この牧人は、ゆっくりと真剣にこの様な歌を歌うのです: 

ひとりの年取った年寄り、 
こんなに年取ったものはいない、 
百と九歳の年寄り、 
自分の灰色の馬に水を飲ませる。 
山々が取り囲んでいる、 
樹々が見つめている。 
「山よ、高い山々よ、 
今は春だからといって、 
私を若がえらさないでお呉れ、
私と灰色の馬とを、 
春には新しくなる 
この茂みの様には、 
樹齢千年の樹々の様には、 
かつて一度はそうだった、
若者の私にしないでお呉れ、 
若返らさないでお呉れ。」   







追記: 
歌の歌詞の中の台詞の最後に、疑問符が付いているのだけれど、 
それがなぜかは分かりません。文章は、疑問文ではない様に思うのですが。 

posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする