2019年08月31日

Ρημάζει το παλάτι της Μυτιλήνης

 8月24日付の、in.gr 記事から 
Ρημάζει το παλάτι της Μυτιλήνης | in.gr


Ρημάζει το παλάτι της Μυτιλήνης
Με κατάρρευση απειλείται το ιστορικό Σάρλιτζα Παλάς, το ξενοδοχείο του ≪καλού κόσμου της καθ’ ημάς Ανατολής≫, εξαιτίας της γραφειοκρατίας και της ολιγωρίας των αρμοδίων

24 Αυγούστου 2019, 13:39



≪Καθ’ εκάστην Κυριακή≫, γράφει η εφημερίδα ≪Σάλπιγξ≫ στις 5 Ιουνίου του 1910, ≪ωραία ορχήστρα παιανίζει εις τον μαγευτικόν κήπον του ξενοδοχείου. Ζύθος δε λαμπρός, παγωμένος πωλείται εις τιμάς λίαν συγκαταβατικάς. Ούτως ώστε οι θαμώνες του ή οι εκδρομείς δεν ευρίσκουν λόγους να εξωτερικεύσωσι την πολλήν των ευχαρίστησιν…≫. Το ξενοδοχείο Σάρλιτζα Παλάς, ένα αρχιτεκτονικό στολίδι, δημιούργημα γάλλων αρχιτεκτόνων και ιδιοκτησία του μεγάλου οθωμανού αξιωματούχου Χασάν Εφέντη Μολλά Μουσταφά, έχει αρχίσει να λειτουργεί στη Μυτιλήνη μόλις έναν μήνα πριν. Χτισμένο δίπλα στα ιαματικά λουτρά της Θερμής, θα αποτελέσει, πράγματι, όπως προβλέπει η εφημερίδα, ≪το εντευκτήριον του καλού κόσμου της καθ’ ημάς Ανατολής≫. Μια εποχή που το νησί ισορροπεί ανάμεσα σε δύο κόσμους, την Οθωμανική Αυτοκρατορία και την ελληνική κουλτούρα, θα γίνει σύμβολο της ανατολίτικης χλιδής και του ευρωπαϊκού εκσυγχρονισμού προσφέροντας λουτροθεραπείες, πολυτελή ανάπαυλα και κοσμική ζωή. Στους υπέροχους χώρους του, στις καμάρες του ισογείου, στους εκπληκτικούς του κήπους θα παραθερίσουν βασιλιάδες και πρωθυπουργοί, συγγραφείς, σκηνοθέτες, πλούσιοι έμποροι της Πόλης και της Σμύρνης, προσωπικότητες όπως ο Στράτης Μυριβήλης, ο Γεώργιος Παπανδρέου, ο Ελίας Καζάν. Από τον εξώστη του θα εκφωνήσει λόγο ο Ελευθέριος Βενιζέλος, ενώ αυτό θα επιλέξει για να γιορτάσει την απελευθέρωση της Μυτιλήνης το 1912 ο Παύλος Κουντουριώτης με το επιτελείο του.

Το ξενοδοχείο θα λειτουργήσει αδιαλείπτως, παρά τις διακυμάνσεις στο ιδιοκτησιακό του καθεστώς, μέχρι το 1982, οπότε και θα κλείσει οριστικά. Από τη χρονιά εκείνη το υψηλής αισθητικής και ιστορικής αξίας κτίριο θα αφεθεί έρμαιο στη σκληρότητα του χρόνου. Παρότι έχει χαρακτηριστεί διατηρητέο από το 1987, το κτίριο που συνδυάζει στοιχεία διαφόρων αρχιτεκτονικών ρυθμών και  κατατάσσεται στην κατηγορία του εκλεκτισμού, απειλείται πλέον με κατάρρευση. Οι ειδικοί λένε πως αν δεν γίνουν άμεσες σωστικές παρεμβάσεις στον σκελετό του, τότε αυτό το ξεχωριστό απομεινάρι των αρχών του 20ού αιώνα σύντομα θα πάψει να υπάρχει.





ミティリーニの宮殿が荒れ果てる

 「我が国のアナトリーにある素晴らしい世界」と言われたホテル、歴史的サーリザ・パラスが、官僚主義と担当者の怠慢の為に、崩壊に危機にさらされている。 

 新聞サールピングス Σάλοιγξ は1910年六月5日に、この様に書いています。「毎日曜日に、ホテルの素敵な庭でオーケストラが演奏します。上等なビール、それも冷えています、なのに、そのビールがお手頃な値段で売られています。それなので、ホテルの常連客たち、あるいは、旅行客は、あまりの感謝の気持ちを言い表せられる言葉を見つけられないのです。」 オスマン帝国の高官の称号を持つ、フラン人建築家ハサン・エフェンディー・モラー・ムスタファーの作品であり、宝石の様な建築物、サーリザ・パラス・ホテルはほんの一ヶ月前に営業を始めたばかりです。セルミーの療養温泉の側に建てられたこのホテルは、きっと、新聞が予想した、「我が国のアナトリーにある素晴らしい世界のラウンジ」を実現していたことでしょう。 島がオスマン帝国とギリシャ王国の間でバランスが取れていた時代、このホテルは、様々な温泉治療と贅沢な休息それに社交的な生活を提供することで、東方の贅沢な生活とヨーロッパの近代化のシンボルになっていたことでしょう。この素晴らしい場所で、地上階の丸天井で、驚く様な庭で、王侯たち、首相たち、作家たち、映画監督たち、ポリー[ イスタンブール ] やスミールニ[ イズミル ] の豪商たち、著名人たちが夏を過ごしたことでしょう。例えば、スタリス・ミリビーリス、ゲオルギオス・パパンドレウー、エリア・カザンなど。1912年にパウロス・クウンドウリオーティスが側近と共に、ミティリーニの解放を祝うのにこのホテルを選んだ時には、ホテルのバルコニーから、エレフテリオス・ヴェニゼロスが演説したことでしょう。  

 ホテルは、1982年まで所有者の変更があっても、ずっと営業されていたことでしょう。1982年に最終的に閉館したのです。その年から、歴史的価値があり、高尚な美意識に支えられていたこの建物は、時間が冷酷に過ぎる中、無人のままにされているのです。1987年からは、保存建築に指定されているのですが、様々な建築様式を組み合わせ、折衷様式に分類されている、この建物は、現在、崩壊の危機に瀕しています。専門家たちは、至急に骨組みに補強を行わないと、この20世紀の特別な遺産はすぐにも存在しなくなるだろう、と言っています。     




Σάλπιγξ は、ギリシャで最初に発行された新聞。 
Σάλπιγξ Ελληνική - Βικιπαίδεια
Σάλπιγξ はラッパの意味。  



ウィキペディアのギリシャの治療温泉地の項に、Σάρλιτζα Παλάς も紹介されている、 
Ιαματική πηγή Θερμής のところ: 
Ιαματικές πηγές της Ελλάδας - Βικιπαίδεια


posted by kyotakaba at 08:16| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

夢十夜 第一夜の3-3-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-3-2





そのうちに、女の云った通り日が東から出た。大きな赤い日であった。それがまた女の云った通り、やがて西へ落ちた。赤いまんまでのっと落ちて行った。一つと自分は勘定した。   





Εν τω μεταξύ, ο ήλιος ανέτειλε από τον ανατολικό ορίζοντα όπως έμαθε και η γυναίκα. Ήταν μεγάλος κόκκινος πύρινο μπάλα. Σε λίγο αυτός έδυσε στον δυστικό ορίζοντα. Αυτός έπεσε ξαφνικά πάλι όπως έμαθε η γυναίκα. Και εγώ υπολόγισα, ≪ πρώτος ≫.



9月五日訂正: 
≪ ένα ≫ → ≪ πρώτος ≫

posted by kyotakaba at 15:30| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

夢十夜 第一夜の3-3-1

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-3-1






 自分は苔の上に坐った。これから百年の間こうして待っているんだなと考えながら、腕組をして、丸い墓石を眺めていた。  





  Εγώ κάθισα στο βρύο. Κοίταζα την στρογγυλή ταφόπλακα με σταυρωμένα χέρια, βάζοντας με το νου να την περιμείνω σε διάστημα των εκατό ετών από τώρα.





posted by kyotakaba at 22:47| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」6






  ≪ Τι λέει εδώ; ≫ ρώτησε.
  Ο Δημητράκης πήρε το τετράδιο και του διάβασε αυτά τα λόγια, που ο Λάμπρος τα είχε γράψει μόνος του με γράμματα μεγάλα ίσαμε φασόλια.
  ≪ Την Κυριακή παντρέψαμε την Αφρόδω μας με τραγούδια και βιολιά. Και τη δώσαμε του Γιάννη απ’ το Περιστέρι. Και μας φίλησε κι έφυγε ≫.





 「ここは、何と書いてあるんだい?」とおじいさんは尋ねたのです。 
 ディミトラキスは、帳面を取って、文章をおじいさんに読んであげました。文章は、ラブロスがインゲン豆くらいの大きな文字で一人で書いたものなのです。 
 「日曜日、ぼくたちは、歌とヴァイオリンでぼくらのアフロドゥをお嫁にだした。ぼくらは、アフロトゥをペリステーリのヤニスへ上げた。姉さんは僕たちにキスしてくれた、そして行ってしまった。」   

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」5





  Ο Γεροθανάσης σήκωσε το κεφάλι, διόρθωσε τ’ άσπρα φρύδια του και πήρε το τετράδιο στα χέρια. Το κοίταξε ανάποδα. Από σεβασμό όμως τα παιδιά έκαναν πως δεν το κατάλαβαν. Ώρα πολλή το κοίταζε. Και θαύμαζε από μέσα του πως έχει εγγόνι που κατόρθωσε να βάλει όλα εκείνα τα γράμματα στη γραμμή.





 サナシスおじいさん[ ゲロサナシス ]は、頭を挙げて、白い眉毛を真っ直ぐにして、帳面を手に取ったのです。帳面を逆さまに見ていますよ。でも、子供たちは、敬意から、それが分からない振りをしたのでした。サナシスさんは、とても長い間、帳面を見つめていました。そうして、罫線に文字を全部きれいに置くことが出来る孫が自分にいることに、心の底から驚いたのです。   





posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」4





  ≪ Κοίταξε, παππούλη ≫, είπε, ≪ πως έμαθε και γράφει. Εικοσιπέντε μέρες έχει που άρχισε την άλφα. Κι όμως, να που έφτασε ≫.
  ≪ Τι είν’ αυτά ≫, είπε ο παππούς. ≪ Γράμματα; ≫
  ≪ Ναι, είναι γράψιμο του Λάμπρου. Αυτά εδώ στο τέλος τα έχει γράψει μοναχός του, με το χέρι του και με τον νου του ≫.





 「おじいさん、どんなふうにラブロスが勉強して書いているかを、見て下さい。」と、ディミトラキスは言いました。「アルファビータを初めて二十五日です。でも、ほら、ここまで来ているのですよ。」 
 「それは何だい? 文字なのかい?」とおじいさんは言ったのです。 
 「ええ、ラブロスが書いたものです。この最後のところは、ラブロスが自分だけで、自分の手と頭で書いた文字なのですよ。」   



posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

夢十夜 第一夜の3-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-2





 それから星の破片の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せた。星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている間に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖くなった。 





  Και έπειτα, βρήκα ένα θρύψαλο του αστέριου και το έφερα στην τρύπα και έθεσα επάνω στο χώμα απαλά. Το θρύψαλο ήταν στροφφυλεμένη. Φαντάστηκα ότι το αστέρι έχασε τα αγκάθια και λειάνθηκε ενώ πετούσε μέσα στον απολόχωρα ουρανό για πολλά χρόνια. Κάθως εγώ κρατούσα το θρύψαλο του αστέριου, το στήθος και χέρια μου ζεστάινινταν.





posted by kyotakaba at 15:52| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」3





  Για τον Λάμπρο βέβαια μιλούν. Τα παιδιά θέλουν να τον πάρουν μαζί τους στο σχολείο, να καθίσει χρόνια και να μάθει τα γράμματα καλά. Γιατί να μείνει τσοπάνης; Ήρθαν και παρακάλεσαν τον παππού του να τον αφήσει. Μα ο παππούς αγρίεψε. Τότε ο Δημητράκης ξετύλιξε το τετράδιο του Λάμπρου.





 皆んなは、正に、ラブロスのことについて話しているのでした。子供たちは、ラブロスを自分たちと一緒に学校に連れていきたいと思っているのです。何年も学校に通って、文字をもっとよく学んで欲しいと思っているのです。どうして、羊飼いのままでいるのでしょうか? 子供たちは、ラブロスのおじいさんのところに、彼を行かせてくれる様に頼みに来たのでした。でも、おじいさんはカンカンに怒ったのです。それで、ディミトラキスは、ラブロスの帳面を開きました。   




posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」2






  ≪ Τι λέτε, παιδιά μου; ≫ φωνάζει. ≪ Τι είν’ αυτά που λέτε; ≫
  ≪ Μα είναι καμωμένος για γράμματα, Μπαρμπαθανάση. Αφησέ τον ≫.
  ≪ Να πάρει τα μάτια του δηλαδή και να φύγει από ‘δώ το παιδί; ≫
  ≪ Ναι, να πάει σ’ όλο το δημοτικό ≫.
  ≪ Σ’ όλο το δημοτικό; Μα τι; Σοφό θα τον κάνω; ≫





 「何を言ってるんだい、子どもたち」と大きな声で言います、「君らが言っていることは、何なんだい?」 
 「サナシスおじさん、文字は習得しているんです。あの子を行かせて下さい。」 
 「つまり、この子に、ここに落胆して去っていくままにさせろと?」 
 「ええ。小学校の全過程に通わせるのです。」 
 「小学校の全過程? だが、それは何だ? 私はこの子を学者にするのかい?」  






παίρνω τα μάτια μου (ή τον ομματιών μου) και φεύγω と言う表現は、αποχωρώ απογοητευμένος. 失望して引き退る、と言う意味だけれど。 
ここでは、少し意味が違っている様に思えます。  


posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Γεροθανάσης と Μπαρμπαθανάσης

 これまで、ラブロスのおじいさん Γεροθανάσης をそのまま名前と思っていたのだけれど。ゲロサナシス。77章には、子供達の台詞の中に、Μπαρμπαθανάσης と出てくる。これは、名前は、θανάσης なのだろうと気がついた。 

 Γεροθανάσης は、年寄りサナシス、とか、サナシス爺さん、と言う意味だったのだろう。
 Μπαρμπαθανάσης は、サナシスおじさん、だから。  

posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

77. Ο Γεροθανάσης φοβάται μη δακρύση 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十七章「ゲロサナシスさんは涙が出ないかと恐れる」1





  Ο Γεροθανάσης περπατάει έξω από την καλύβα του μιλώντας με τον Αντρέα, τον Φάνη και τον Δήμο. Φαίνεται πως έχουν σοβαρή κουβέντα. Ο Γεροθανάσης έχει κατεβάσει τα κάτασπρα χοντρά φρύδια του. Το γαλανό μάτι του φαίνεται αγριεμένο.





 ゲロサナシスさんは、アンドレアスとファニスとディミトラキスとお喋りしながら、小屋から歩いて出てきました。深刻な話しをしている様です。ゲロサナシスさんは、真っ白な太い両方の眉を下げています。青い目は、ピクピクしています。   







posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

夢十夜 第一夜の3-1-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-1-2





穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。





Ύστερα από τις αρκετές ώρες, είχα τελειώσει το σκάψιμο. Εγώ έβαλα την γυναίκα μέσα στην τρύπα. Έτσι, την κάλυψα με το τρυφερό χώμα που έριξα απαλά από πάνω. Κάθε έριξα το χώμα, το φεγγαρόφωτο έπεσε στο εστωτερικό του όστρακου.



posted by kyotakaba at 09:40| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

夢十夜 第一夜の3-1-1

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-1-1





 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。真珠貝は大きな滑かな縁の鋭
どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂もした。 





  Εγώ, λοιπόν, κατέβηκα στον κήπο, και έσκαψα μια τρύπα με το όστρακο. Το εστωτερικό του ήταν πράσινο και ομαλό. Και είχε οξύ χείλος. Κάθε που φτυάρισα το χώμα, το φεγγαρόφωτο έπεσε στο εστωτερικό και άστραψε. Μύρισε το υγρό χώμα.




16日訂正: 
και έσκαψα μια τρύπα με όστρακο.

και έσκαψα μια τρύπα με το όστρακο.


posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」9





  Ο Γκέκας δεν ησύχασε ούτε στιγμή. Όλο φυσούσε, όλο έσκυβε και τη μύριζε, σαν να μην πίστευε πως ψόφησε. Έχει ακούσει από τους γέρους σκύλους πως η αλεπού κάνει κάποτε τον ψόφιο κι ύστερα σηκώνεται και γίνεται άφαντη. Αν θέλει και τούτη εδώ ας σηκωθεί. Μα όχι, αυτό δεν θα γίνει. Ο Γκέκας έχει κάνει σωστά τη δουλειά του.
  ≪ Μπράβο, μπράβο Γκέκα! ≫ του φωνάζπυν όλοι και τον χαϊδεύουν.
  Πηδάει μπροστά τους, τους κοιτάζει στα μάτια και είναι περήφανος όσο κανένας άλλος σκύλος.





 ゲカスは、一時も大人しくしていませんでした。ずっと、ハァハァしています、ずっと、身を乗り出していて、狐をクンクン嗅いでいたのです。まるで、狐が死んだとは信じていない様でしたよ。ゲカスは、年寄り犬から、狐は、時々、死んだふりをして、それから、立ち上がってどこかへいなくなってしまう、と聞いていたのです。狐は、今起き上がろうか知らと思っているかもしれません。でも、違います。そんなことは起こらないのです。ゲカスは、自分の仕事をちゃんとしたのです。 
 「すばらしい、すばらしいよ、ゲカス!」と皆んなはゲカスに向かって叫びました。そして、撫でたのです。 
 ゲカスは、皆んなの前で飛び跳ねました。そして、目を見開いて皆んなを見つめました。他のどんな犬よりも胸を張っているのです。  

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

夢十夜 第一夜の2-4

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-4





 自分はただ待っていると答えた。すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。 





  Κι εγώ απάντησα με μια λέξη: ≪ Θα περιμένω≫. Έτσι, το είδωλο μου, που είχε την καθαρή σχήμα μέσα στην κόρη της, άρχισε να θολώσει. Όπως το νερό, που είχε μείνει ακίνητο, τρέμει ξαφικά, και χαλά το είδωλο που αντανακλούσε. Μόλις εγώ έβλεπε το νερό να τρέχει, τα μάτια της έκλεισε με κρακ. Ένα δάκρυ έσταξε στο μάγουλο της μέσα από μακρά ματόκλαδα της. Αυτή ήδη ήταν νεκρή.





posted by kyotakaba at 16:19| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」8





  Έτσι, αφού πάλεψε άδικα, έμεινε ξαπλωμένη και ακίνητη. Τα παιδιά μαζεύτηκαν γύρω της και την κοίταξαν καλά στο φως του φεγγαριού. Κοίταξαν τα μυτερά της αυτιά, το μυτερό της στόμα, τη μεγάλη της ουρά, που ήταν μακριά όσο το μισό της σώμα. Αυτό λοιπόν είναι το αγρίμι που τρώι τους λαγούς, που τρώει τα πουλιά στις φωλιές και τις κότες στα κοτέτσια; Να το τέλος του!
  ≪ Την κακομοίρα ≫, λέει ο Δήμος. ≪ Που να το ‘ξερε πως δεν θα γυρίσει πίσω στη φωλιά της ≫.
  ≪ Ποιος της είπε να μας φάει τόσο μεγάλες κότες; ≫ είπε ο Κωστάκης.





 戦ったけど駄目でした。横たわったままで、動かないのです。子供たちは、狐の周りに集まって、月の光の下で、しっかりと見ました。尖った耳を見ました。尖った口を見ました。長い尻尾も。尻尾は体の半分ほどあるのです。さても、でもこれが、兎を食べる獣なのですか? 巣の中にいる鳥を食べる獣なのですか? それに、鶏小屋にいる鶏を食べる獣なのでしょうか? これが、その獣の最後なのです! 
 「かわいそう、巣に帰れないなんて、思いもしなかったよね。」とディモスは言いました。 
 「誰がこの狐に、ぼくたちのところでこんなに大きな鶏を食べな、と言ったのだろうね?」とコスタキスは言ったのです。  


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」7





  Ο κυρ-Στέφανος πέρασε το σκοινί από τα πίσω πόδια της αλεπούς και, καθώς την κρατούσε ο σκύλος από τον λαιμό, προσπάθησε να τη δέσει σφιχτά. Μα ο Γκέκας είχε τελειώσει τη δουλειά του. Τόσο σφιχτά την είχε πιάσει από τον λάρυγγα την αλεπού και τόσο βαθιά έμπηξε τα μεγάλα δόντια του, που την έπνιξε.
  Η αλεπού δεν μπόρεσε να ζήσει στο στόμα τέτοιου εχθρού.





 ステファノスさんは、狐の足の後ろから縄を通しました。犬がしっかりと首を抑えていましたよ。その間に、ステファノスさんは、狐をきつく縛ろうとしたのです。でも、外科巣は、もう自分の仕事は終えていたのですね。狐の喉にそれはきつく噛みついていましたから、それに、それは深く自分の大きな牙を食い込ませていたのですから、それで、狐を絞め殺したのです。 
 こんな敵の口では、狐は生きてはいけなかったのです。   





posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」6





  ≪ Το σκοινί! Ένα σκοινί γρήγορα! ≫ φωνάζει ο κυρ-Στέφανος όταν είδε στο φως του φεγγαριού πως ήταν η αλεπού. Θέλησε να τη δέσει και κρατούσε το τουφέκι του έτοιμο μήπως η αλεπού ξεφύγει.
  Τα περισσότερα παιδιά ρωτούν: ≪ Τρώει; Δαγκώνει; ≫ Και δεν πλησιάζουν. Πρώτη φορά βλέπουν αγρίμι ζωντανό.





 月明かりの下で狐がいるのを見ると、「縄、縄を一本早く!」とステファノスさんは叫びました。ステファノスさんは、狐を縛りたかったのですが、狐が逃げるかもしれないので、鉄砲は構えたままでした。 
 子供たちの多くが、「咬むの? 噛む?」と尋ねました。それで、近づきませんでした。子供達は、野生の動物を見るのが初めてだったのです。  





posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

夢十夜 第一夜の2-3

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-3





 自分は黙って首肯いた。女は静かな調子を一段張り上げて、
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」   





  Ένεψα σιωπηλός εγώ. Η γυναίκα μεγαλώσε την φωνή της. Και η φωνή έγινε δυνατή με μονή μια κλίμακα από την απαλή φωνή, ομώς έχει την στερότητα. Αυτή τολμήσε να πει : ≪ Εκατό χρόνια, μου περιμείνετε ≫. Η φωνή έδειχνε την απόφαση της, ≪ Εκατό χρόνια, μου περιμείνετε καθισμένος δίπλα στην ταφόπλακα. Εγώ θα σε ξαναβλέπω ασφαλώς ≫.





8月29日訂正: Εκαχό → Εκατό
posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする