2020年01月30日

平泉の法華経を授かった女 3-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   





八日が経って、法華経を一通り読み終わったのです。そこで、娘は思い切って、天井裏を覗いて見ました。そこには苔に覆われた髑髏がありました。けれども、その舌は、生きている人の様だったのです。   





Οκτώ ημέρες πέρασαν. Και η κόρη τέλειωσε την όλη ανάγνωση του κείμενου. Έτσι, αυτή τολμήσε να κρυφοκοιτάξει μέσα στη σοφίτα. Και βρήκε ένα κρανίο που καλυπτόταν με τα βρύα. Αλλά, η γλώσσα του φαινόταν πώς ήταν ζωντανή.   


posted by kyotakaba at 15:19| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 5-2

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 5-2  





Στην αρχή, οι σύμβουλοι του βασιλιά είχαν χάσει κάθε τους ελπίδα, γνωρίζοντας πώς όλες οι βαριά οπλισμένες δυνάμεις είχαν προσχωρήσει στον Σκληρό. Στη συνέχεια όμως, συνήλθαν και επανεξέτασαν την τροπή των γεγονότων και πίστεψαν πως ανακάλυψαν μια έξοδο από το αδιέξοδό τους. Έκριναν, λοιπόν, πως ένας Βάρδας, άνδρας ευγενικής καταγωγής, γενναιότατος και ανιψιός του αυτοκράτορα Νικηφόρου, ήταν ο μόνος που μπορούσε να πολεμήσει κατά του στασιαστή Σκληρού. Έτσι, αφού συγκέντρωσαν τις δυνάμεις που απέμεναν, τις εμπιστεύθηκαν σε αυτόν και, αφού τον αναγόρευσαν αρχηγό όλου του στρατεύματος, τον εξαπέστειλαν να αντιμετωπίσει τον Σκληρό.    





当初は、重武装の軍隊の全てがスキリロスに加担してしまったと知った王の評議会の者たちは、どんな希望も断たれたと思ったのだった。けれども直ぐに、意気を取り戻し、事態の変り目を再度委細に検討して、窮地からの出口を発見したと確信したのだった。その確信から、バルダスこそが反逆者スキリロスと戦える人物と判断したのだった。バルダスは、皇帝ニキフォロスの甥という、高貴な出身の者であり、誰よりも勇敢な人物であった。こうして、残っていた部隊を集めると、それをバルダスに任せたのだ。そして、全軍の指揮官に任命すると、至急に派遣して、スキリロスと対決させたのだった。   


posted by kyotakaba at 09:45| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

平泉の法華経を授かった女 3-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   





「昔、ここに居た豪族に娘が一人ありました。その娘は、法華経を学びたいと思っていました。けれども、教えて呉れる僧もいません。嘆き暮らしていると、ある日、天井から「教えて遣ろう」と声がしたのです。不思議に思ったのですが、声の言う通り、下に座って教わりました。  





  ≪ Πριν από δεκαετίες, ένας φεουδάρχης εγκαταστάθηκε εδώ, και αυτός είχε μια θυγατέρα. Αυτή ήθελε να μάθει το Κείμενο του λωτού. Όμως, δεν μπόρεσε να βρει κανένα μοναχό για να την διδάξει το. Ώστε, έμενε θλιμμένη, τότε μια μέρα, άκουσε ένα λόγο από το ταβάνι : ≪ Άφησε με να σε διδάξω ≫. Το προξενούσε αμηχανία σε αυτή. Αλλά αυτή υπάκουσε στη την φωνή, και καθόταν κάτω από το ταβάνι και άρχισε να μάθει.    





posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 5-1

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 5-1  





  Για όλα αυτά, οι ανιψιοί τους ξεσήκωσαν σφοδρούς πολέμους εναντίον του. Πρώτος απ’ όλους, ξεκίνησε ο Σκληρός・ ένας άνδρας πολύ ικανός στον σχεδιασιμό κι ακόμα πιό επιδέξιος στην εκτέλεση των σχεδίων του, που κατείχε αμέτρητο πλούτο, πράγμα σημαντικί για όποιον αποβλέπει στην εξουσία, ενώ παράλληλα διέθετε το κύρος της βασιλικής δυναστείας・ ένας άνδρας που είχε κερδίσει μεγάλους πολέμους και στα σχέδια του οποίου συναινούσε ολόκληρη η στρατιωτική τάξη. Αυτός λοιπόν ο Σκληρός, αφού εξασφάλισε μαζική υποστήριξη στο πραξικόπημά του, είχε την τόλμη να πολεμήσει πρώτος κατά του Βασιλείου. Προήλασε, με όλο το ιππικό και πεζικό του στράτευμα εναντίον του αυτοκράτορα, θαρρώντας πώς, και μόνο άν άπλωνε το χέρι του, θα μπορούσε να αδράξει την εξουσία.    





 そうした次第で、スキリロスとフォカスの甥たちは、バシリオス王に対して激しい反乱を起こしたのだった。その様な反乱の数々の内、最初の反乱はスキリロスが起こしたのだった。彼は、計画立案に並々でない才能を持っており、その上に、その計画の実行に於いても、巧妙な手腕を持っていた。権力を窺うのに必要な潤沢な財と重要な物資も押さえていた。同時に、王家の本流にある人物でもあった。また、彼が立てた作戦には軍の全ての階級の者たちが同意し、その為に、いくつもの重要な戦争に勝利して来た人物でもあった。それ故に、彼が起こした反乱に多くの支持を得ることが出来たので、大胆に、王に対して先手を取って戦いを始めたのだった。そうして、騎兵と歩兵とからなる彼の軍隊を抵抗を受けることなく皇帝へ向けて進軍したのだった。その時には、彼は、もう腕程伸ばせば、権力を奪取できると考えていたのだった。   

posted by kyotakaba at 09:44| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

平泉の法華経を授かった女 2-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??    





柵で囲まれて、きれいに草刈りもされて、手入れが行き届いていた。
 集落に戻って、あれは何だろうと村人に尋ねた。こういう話だった。   





Ήταν περιτοιχισμένη. Και κάποιος φρόντιζε προσεχτηκά, έπειταμ αφαιρούσε τα αγριβότανα καθαρά. Έτσι, ήταν διατηρημένη καλά.  
  Έγω γύρισα στο χωριό και ρώτησα τους κατοικους τί ήταν αυτή. Αυτοί είπαν εξής:    



posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 4-2

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 4-2  





Γιατί, στην αρχή, ο Βασίλειος γλένταγε απροκάλυπτα και συχνότατα ερωτοτροπούσε και νοιαζόταν μόνο για φαγοπότια・ παράλληλα, επιδιδόταν αποκλεστικώς σε βασιλικές διασκεδάσεις και τέρψεις, απολαμβάνοντας με το παραπάνω, όπως είναι φυσικό, τη νιότη και την εξουσία του. Μόλις όμως εκείνος ο περίφημος Σκληρός και μετά από αυτόν ο Φωκάς κι ύστερα πάλι ο Σκληρός και τόσοι άλλοι, άρχισαν να υποβλέπουν την εξουσία και από τις δύο παρατάξεις να επαναστατούν εναντίον του, πέταξε μακριά τις σαγήνες της φιληδονίας και αφιερώθηκε ολόψυχα σε ζητήματα σοβαρά. Αφού μάλιστα διαδέχτηκε εκείνους που είχαν σφετεριστεί προηγουμένως την εξουσία του, επιχείρησε άρδην να εξολοθρεύσει το γένος τους οριστικά.    





その理由であるが、最初の頃には、バシリオスは、人目に着く様に遊興に耽っていて、しかも、度々恋の遊びをしていたのだ。それは、宴会のことしか考えていないからだった。同時に、人目を忍んで、王がする遊びと娯楽を楽しんでいた。またそれ以上に、それは自然のことであるのだが、自身の若さと権力を楽しんでいた。けれども、良く知られているスキリロス、その後にはフォカス、そしてまたスキリロス、そしてその他の多くの者たちが権力を窺い始め、両陣営から反乱を起こされると、直ぐに、快楽への誘惑は遠くへ投げ捨て、全霊を挙げてその難題に集中したのだった。先に彼らが奪った彼の権力を取り戻すと、直ぐに、バシリオスは、彼らの一族を確実に全滅しようと猛然と行動し始めた。 


posted by kyotakaba at 09:52| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Βασίλειος Β'

 ホロノグラフィアの「 Βασίλειος Β' 」、これまでは、Β' の部分を見逃していたのだけれど、( 正直に言うと、巻の初めなのに、どうしてベータなのかな?と思っていた。 ) これは、二世のことでした。 
 次に投稿する記事からは、バシリオス二世と書きます。
posted by kyotakaba at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

平泉の法華経を授かった女 2-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「平泉の法華経を授かった女」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 私は、集落を離れてあたりを歩き回った。すると、川端に人の背丈の倍ほどの石塔があるのに行き当たった。   





  Εγώ απομακρύνθηκα από την κατοικουμένη περιοχή και τριγύριζα. Όποτε έλαχα την πέτρινη παγόδα που είχε διπλάστο ύψος από άνθρωπο.     




posted by kyotakaba at 23:07| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする