2020年01月10日

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 4-2

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 4-2  





Γιατί, στην αρχή, ο Βασίλειος γλένταγε απροκάλυπτα και συχνότατα ερωτοτροπούσε και νοιαζόταν μόνο για φαγοπότια・ παράλληλα, επιδιδόταν αποκλεστικώς σε βασιλικές διασκεδάσεις και τέρψεις, απολαμβάνοντας με το παραπάνω, όπως είναι φυσικό, τη νιότη και την εξουσία του. Μόλις όμως εκείνος ο περίφημος Σκληρός και μετά από αυτόν ο Φωκάς κι ύστερα πάλι ο Σκληρός και τόσοι άλλοι, άρχισαν να υποβλέπουν την εξουσία και από τις δύο παρατάξεις να επαναστατούν εναντίον του, πέταξε μακριά τις σαγήνες της φιληδονίας και αφιερώθηκε ολόψυχα σε ζητήματα σοβαρά. Αφού μάλιστα διαδέχτηκε εκείνους που είχαν σφετεριστεί προηγουμένως την εξουσία του, επιχείρησε άρδην να εξολοθρεύσει το γένος τους οριστικά.    





その理由であるが、最初の頃には、バシリオスは、人目に着く様に遊興に耽っていて、しかも、度々恋の遊びをしていたのだ。それは、宴会のことしか考えていないからだった。同時に、人目を忍んで、王がする遊びと娯楽を楽しんでいた。またそれ以上に、それは自然のことであるのだが、自身の若さと権力を楽しんでいた。けれども、良く知られているスキリロス、その後にはフォカス、そしてまたスキリロス、そしてその他の多くの者たちが権力を窺い始め、両陣営から反乱を起こされると、直ぐに、快楽への誘惑は遠くへ投げ捨て、全霊を挙げてその難題に集中したのだった。先に彼らが奪った彼の権力を取り戻すと、直ぐに、バシリオスは、彼らの一族を確実に全滅しようと猛然と行動し始めた。 


posted by kyotakaba at 09:52| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Βασίλειος Β'

 ホロノグラフィアの「 Βασίλειος Β' 」、これまでは、Β' の部分を見逃していたのだけれど、( 正直に言うと、巻の初めなのに、どうしてベータなのかな?と思っていた。 ) これは、二世のことでした。 
 次に投稿する記事からは、バシリオス二世と書きます。
posted by kyotakaba at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする