2020年05月20日

τετυφωμένη

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『メタナスティス』、第二部十二章「 Ο Ζέννος εν εαυτώ 」の次の文章が分からない。 

Ενόμιζον ότι ήτο τοιαύτη ένεκα του πένθους της, αλλ’ όχι, φεύ! ήτο υπερήφανος, σκληρά, τετυφωμένη.  

これは、ゼノスがマリナを初めて見た時のことを思い出している場面なのだけれど、 
文章は、ゼノスの台詞の中、
Ενόμιζον は、νομίζω の分詞で、一人称単数で、ゼノスが主格なのだと思う。 
τοιαύτη は、そうしたこと、と言う意味か。 
ένεκα は前置詞で、属格が続く、〜の理由で、 
ένεκα του πένθους της 彼女の深い悲しみの為。
φεύ は、感嘆詞。 
ήτο は、現代語の είμαι で、ここは三人小単数だと思うのだけれど、 
それで、その次、 
υπερήφανος は形容詞だけれど、男性形の単数に思える、
その後の、形容詞 σκληρά と形容詞化した分詞 τετυφωμένη は、女性形なのだけれど。 
υπερήφανος と σκληρά、τετυφωμένη は違うものを形容しているのか? 


まるで分からないのだけれど、 
「そうしたことは、彼女の深い悲しみのためだと思ってたんだけど、違ったんだ、ああ!」
「高慢の所為だったんだ。彼女はきつい人で、自惚れた人だったんだ。」と訳してみたけど。
posted by kyotakaba at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Χρονογραφία Βασίλειος Β' 13

ホロノグラフィア、第1巻、バシリオス二世 13   





  Ο αυτοκράτωρ Βασίλειος όμως γνώριζε πολύ καλά την αγνωμοσύνη των Ρωμαίων・ έτσι, λίγο πρίν από αυτά, μια αξιόμαχη δύναμη επιλέκτων Σκυθών από τον Ταύρο είχε προστρέξει σε βοήθεια του・ αυτούς τους άνδρες, αφού συγκρότησε σε ένα ιδιαίτερο σώμα και συμπαρέταξε με κάποια άλλη ξενική δύναμη, απέστειλε εναν τίον της φάλαγγας των στασιαστών. Αυτοί, λοιπόν, επιτέθηκαν εναντίον των επαναστατών απροσδόκητα, όταν όχι μόνο ήταν απρετοίμαστοι για μάχη, αλλά και όταν μεθοκοπούσαν αμέριμνοι・ έτσι, εξόντωσαν πάρα πολλούς και διασκόρπισαν όσους απέμειναν εδώ κι εκεί ― ακόμα και εναντίον του ίδιου του Φωκά συνήφθη σθεναρότατη μάχη.    





 しかし、皇帝バシリオスはローマ人の不誠意をよく知っていたので、この事の直前に、タウロスのスキシオ人の精鋭を集めた戦闘力の高い部隊に救援に来る様に命じていたのだった。皇帝は、彼らで特別な部隊を編成すると、他の外国人部隊と一緒の戦列に配置して、反乱ローマ人に対して派遣したのだった。すると、彼らは、反乱軍に対して不意に攻撃を掛けたのだった。その時、ローマ人たちは、戦闘も予想していなかっただけではなく、大酒を飲んで酩酊していたのだ。そうした次第で、外国人の編成部隊は、ローマ人のほとんどを殺し、あちらこちらに残っていた者たちはすべて追い散らしたのだった。その上、フォカスその人に対してさえ、激しく戦ったのだった。  

posted by kyotakaba at 10:47| Comment(0) | よみかた『ホロノグラフィア』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする