2010年04月01日

エティオピア物語 第一巻 22-6

   Για μιά αιχμάλωτη δεν υπάρχει στον κόσμο πιό σπάνια τύχη από να θεωρηθεί άξια για γυναίκα του κυρίου της και ο γάμος μιάς ιέρειας με το γιο ενός ιερέα, που σε λίγο, θεού θέλοντος, θα γίνει και ο ίδιος ιερέας, είναι χωρίς αμφιβολία έργο θεϊκής πρόνοιας. Ένα μόνο ζητώ και μη μου το αρνηθείς, Θύαμη : αφησέ με να πάω πρώτα σε κάποια πόλη ή οπουδήποτε αλλού υπάρχει βωμός ή ναός αφιερωμένος στον Απόλλωνα για να αποθέσω την ιεροσύνη και τα σύμβολά της.



 「捕囚には、これよりも稀な機会は、世間にはありません。自分の主人に奴婢の女が価値があると考えられるというような機会はです。そして、巫女と神官との結婚、それはすぐに成されるでしょう、神の御心です。その神官は、疑いもなく、神が配慮して用意されたものです。シアニス様、一つだけお願い致します、お拒みにならないで下さい。最初に、どこかの都市、あるいは、他のどこでもいいのですが、神官にこの神を象徴した装飾を預けるアポロンが祭られた祭壇か、あるいは、神殿のある所に行かせて下さい。」




「θεού θέλοντος」、
神の意志。
神に望まれたもの。
θέλω のエネストータス・メトヒー ( 現在分詞 ) は、θέλοντας 。
受動完了分詞 ( パラキメノス・メトヒー ) はありません。
というか、辞書には無いのですが、、、

θεού θέλοντος という用法は、聖書に使われているので、
普段でも使われています。
Πράξεις των Αποστόλων ( 使徒行伝 )の18章21
「ἀλλὰ ἀποταξάμενος καὶ εἰπών: πάλιν ἀνακάμψω πρὸς ὑμᾶς τοῦ θεοῦ θέλοντος, ἀνήχθη ἀπὸ τῆς Ἐφέσου:」

NEW ADVENT BIBLE: Acts 18



「οπουδήποτε」、
副詞、どこでも


「σύμβολά」、
σύμβολο 、象徴。
ハリクレアの身に着けている宝飾を指して。

posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。