2010年04月03日

エティオピア物語 第一巻 22-7

   Και το καλύτερο είναι να πάω στη Μέμφιδα, όταν και σύ θα ανακτήσεις το ιερατικό σου αξίωμα· έτσι ο γάμος μας θα είναι πιό χαρούμενος καθώς θα συνδυαστεί με τη νίκη σου και θα τελεστεί ως επιστέγασμα του κατορθώματος σου· άν όμως πρέπει να γίνει και πιό πρίν, τ' αφήνω σε σένα το κρίνεις· μόνο άς εκπληρώσω πρώτα το έθιμο της πατρίδας μου. Και είμαι βέβαιη ότι θα συγκατατεθείς εφόσον, όπως είπες, είσαι από παιδί αφοσιωμένος στα θεία και ξέρεις να τιμάς τα ιερά και τα όσια ».




「ですけれど、最もいいのは、メンフィスに行くことです。そして、貴方様は、神官の地位を取り戻されるのです。そうすれば、私共の結婚は、貴方様の勝利と結びついて、もっと、嬉しいものになるでしょう。結婚は、貴方様の成功を飾るものとして、執り行われるでしょう。きっとそのようになるでしょうけれど、当然、それをどうお考えになるかは、あなた様にお任せします。始めに、私の母国の慣習をしましょう。貴方様の仰る通りに、貴方様が神に献身的な御方の一人で、神殿や聖人を敬うことを知っておいでである限り、同意して下さると、確信して居ります。」



「το ιερατικό σου αξίωμα」、
所有代名詞が、形容詞と実詞の間に。


「εφόσον」、
接続詞、〜している限り


「τιμάς」、
τιμώ 、重視する、敬う。
posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。