2010年04月16日

エティオピア物語 第一巻 24-3

   Έτσι λοιπόν ο Θύαμης απέφευγε την κόρη πιστεύοντας ότι δεν ήταν δυνατό και να τη βλέπει και να σωφρονεί συνάμα. Ο δε Κνήμων, αμέσως μόλις έφυγαν οι πάντες τρυπώνοντας καθένας τους σε άλλη γωνιά της λίμνης, τράβηξε λίγο πέρα από τη λίμνη να ψάξει για το βότανο που είχε υποσχεθεί την προηγουμένη στον Θεαγέμη.



 そうして、娘に会うと、その時に慎み深くあることはありそうもないと信じて、シアニスは、娘を避けたのでした。一方、クニモンは、他の者たちが立ち去って湖の他の隅に隠れると、すぐに、湖のもう少し向こうへと出掛けたのでした。前に、テアゲニスに約束していた薬草を探すためにです。




「ήταν δυνατό και να」、
〜はありそうな。


「να σωφρονεί」、
σωφρονεί という動詞は分かりません。
σωφρονίζω は、意味も近いのですが、少し違います。
σώφρων という形容詞、分別のある、行儀のよいが意味では適当なのですが、
この語の動詞は、辞書には見つけられないのですが、たぶん、これなのだと。


「να ψάξει」、
ψάχνω
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。