2010年04月20日

Είμαι στο μώλο

 フローベールの『ギリシャ旅行記』を読んでいると、 το μικρό μώλο と言う語がありました。意味は、小さな埠頭だと思います。辞書ですと、μώλος は、男性名詞なのですが、中性名詞として使ってあるようでした。
 それで、他の使用例はどうなのかと思って、検索してみました。

 ハリス・アーレクシウの2006年のアルバム『Βύσσινο και νεράντζι』に「Είμαι στο μόλο」という歌があります。これも、埠頭の意味ですが、たぶん中性で、オメガがオーミクロンに変わってます。こういう異表記はたくさんあるのでしょう。

Χάρις Αλεξίου [ Το επίσημο website ] :: Haris Alexiou [ The official website ]
posted by kyotakaba at 10:04| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。