2010年04月26日

エティオピア物語 第一巻 25-6

   « Το να σε παραστήσω σαν αδελφό μου ήταν μιά πολύ έξυπνη ιδέα για να αποτρέψω τη ζηλοτυπία του Θύαμη ώστε να μας επιτρέψει να μένουμε άφοβα μαζί· το ψέμα για την Ιωνία και το άτυχο ταξίδι μας στη Δήλο το είπα για να κρύψω την πραγματικότητα και να παραπλανήσω τους ακροατές μου».



 「私が貴方を私の兄と偽ったのは、シアニスの嫉妬を避けるのにとても効果的な策なのです、そうすれば、シアニスが私たちを何の憚りもなく一緒にいることを許すことになるのです。イオニアについてと、デロス島への不運な航海についての嘘は、事実を隠すためと、私の話を聞いている人たちを惑わせるために、あのようなことを言ったのです。」






「 Το να σε παραστήσω σαν αδελφό μου ήταν μιά πολύ έξυπνη ιδέα 」、
Το να は、冠詞 το の用法、〜すると言うこと。


「παραστήσω」、
παριστάνω ( 動詞:表現する、扮する、ふりをする ) の異形。
イポタテキ・アオリストは、να παραστήσω 。


「επιτρέψει」、
επιτρέπω 許可する。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。